プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りの前

めでたい事に先日初めて自分や身内以外にキリバンをゲットしてくださった方がいらっしゃいました!!
しかも私がファンでお願いしてリンクさせていただいた素敵サイトinubou様の卯吉様です!!
あまあまな素敵なカカイルを書かれるお方で更新されるたび(されなくてもですが)とめきちすっ飛んで言ってはパチ逃げさせていただいております。
お願いしてお題とリクエストを幾つかいただきまして今回は「嫉妬するイルカ先生」です。
コメントで『嫉妬するイルカ先生』といただいた時に先日UPさせていただいた落日の高校生カカシと教師イルカでボンっとあるイメージが湧きまして・・・。

そんな訳で続くと思ってなかった高校生カカシと教師イルカです。
ちょっと長めの前編ですが読まれる方は追記よりお願い致します。

祭りの前

文化祭の準備期間って言うのは何故こんな独特の雰囲気なんだろう?
自分が当事者だった時も当日よりも準備している間の方が楽しい気がした・・・。
生徒はもうほとんど帰ってガランとしているのにどことなく浮かれたようなはしゃいだような独特の空気がまだ漂っている。
そんな事を考えながら一つ一つ教室の鍵の確認をしながら校舎の見回りをしまだ残っている生徒に声を掛け帰宅を促す。
一回りし終え自分の荷物を置いてある準備室に戻ると消しておいたはずの電気がついていた。
(今日も来てるのか・・・。)
と思いながら扉を開けると予想通り俺の机の上に腕を枕に突っ伏して寝ている銀髪の生徒が居た・・・。

「おい。畑、起きろ!!もう下校の時間だぞ!!」
そう言って肩を揺さぶるが反応が無い。
熟睡しているのかと顔をのぞき込むと片目でそっと俺を見ていて、そして肩が小刻みに震えている。
「おい、お前ってば狸寝入りしてたのかよ!!起きてるなら出て行け!とっとと帰れよ!!」
「センセってば俺が熟睡してると思った?本当にセンセったら可愛いんだから~。」
「お前大人をからかうのもいい加減にしろ!!起きてるんだったらとっと下校しろ。他の生徒はもうとっくに帰ってるぞ!」
「だってこうでもしないとセンセから俺の事触ってくれないじゃない?」
クスクス笑いながらこちらを見上げる美麗な顔を睨み付けるが彼は気にもとめず話を続ける。
「ねぇセンセ?夏休み終わってなかなか一緒に帰れる機会なんてなかなかな無かったじゃない?折角なんだから文化祭の準備の間位はゆっくり口説かせえてくれたって良いじゃない?」
「だが畑、お前その代わりに毎日のように昼休みに俺の所に来て一緒に飯食っているよな?」
「だって俺はセンセに会いに学校来てるって言ってるじゃないの?」
「・・・畑のクラスは文化祭の準備は進んでるのか?」
「うん、まあそれなりに。予算の殆ど飲食物と服の小物に充てる予定らしいから基本あるもので何とかするらしいよ。」
「そうか、ところで畑のクラスは何をやるんだ?」
「俺のクラスは執事喫茶だって。今時だよね。集客賞の1人2枚の学食タダ券狙いみたい。最初は皆で悪乗りして女装してメイド喫茶をやるって話になってたんだよ?先生が高校生の時はどんなことしていたの?」
「そうだな、畑が居れば客は集まるだろうしな。俺は男子校だったんだ。それこそ女装したり悪ノリしたりもしたなあ・・・。男子校だったから女の子が来ると妙に張り切ったりな。」
「ふうん、そうなんだ・・・。ひょっとしてまさかセンセってば彼女居ない歴が年齢の人とか?」
「だから大人をからかうな!!余計なお世話だ!!どうせ俺は畑みたいにもてないさ。畑のクラスは理系で女子が少ないだろうがもてるから関係ないだろうな。」
「センセ根に持ってるの?女子はほとんど居ないヨ。でも俺はセンセ以外どうでも良いし。ねえセンセ、安心した?」
「安心も何もないだろうが。おまえは調子に乗るな。」

そんな話をしながら帰り支度を整える。
「ほれ、俺は帰るんだ。お前もとっとと出ろ。」
「センセ一緒に帰ろうよ?」
「・・・断ったってお前は又毎回待ってるだろうが!!」
「当たり前で~すヨ。俺はセンセに会いたくて学校に来てるんだって何回も言ってるでショ?」
夏休みの間何度となく繰り返した会話が又繰り返されてどことなく不思議な気分になる・・・。
つい最近のことのような気もするけどいつの間にか畑が着ている制服は半袖から長袖に替わり季節は確実に移り変わっている。
それでも彼は今まで通り暇を見つけては準備室の俺のところに来て冗談ともいえぬ口調で口説いてく。
俺の居る準備室にいつの間にか畑のちょっとした私物が増えていく。
そしてそれらの私物は畑が来ない時でも俺の目の端を掠めてはここに居るよと自己主張してくる。
新人だからと半ば強引に頼まれ嫌々ながら引き受けたが半年も経たないうちに俺一人の聖域の様になっていた準備室。
それがいつの間にか畑が居て当たり前の空間になってしまっている事にふと気付く・・・。

夏の終わりに畑が持ちかけてきた賭けの話は・・・。
あれからお互いにあえて触れていない・・・。

「ん、畑?今日は先にいかないのか?」
「だってさ、もう校内に人もほとんど居ないしセンセと一緒に居ても下校を促されたと思われて不自然じゃないでしょ?日が暮れるのが早くなったから帰り道一緒に歩いていても目立たないし?」
そんな話をされるから今まで彼なりに気を使っていたことに気付く。
人気が無い、でも妙に浮かれた空気の残る不思議な空間をゆっくりと二人で並んで歩く。

「ねぇセンセ?なんで文化祭の準備の間って学校が不思議な独特の空間になるんだろう?皆妙に浮かれたり、普段仲の悪い奴等が仲良くしたり、目立たないやつが采配をふるったり。不思議だよね。」
「ああそうだな。俺もさっきそう思っていた。特にお前はその中の空間に居るから特に感じるのかもな。俺はその様子を外側から見ているから又違った感じに思えるよ。」
昇降口で一旦別れ、俺は職員用の昇降口へと向かう。
まだ幾人か残っている生徒がいるらしくどこからともなくさざなみのように声が聞こえてくる。
薄紫の闇に包まれた校舎は文化祭前の独特の雰囲気もあり何処か知らない空間のようだった・・・。

靴に履き替え表に出る。
裏門へは職員用の昇降口の前を通る形になる筈なのだがちょっと猫背気味の畑の姿はどこにも見当たらない・・・。
少し悩んだがもうほとんど生徒も居ない。
今までいつも畑が待ってくれていた事を考え、たまには途中まで俺が迎えに行くかと思い生徒用の昇降口へと向かう。
昇降口を出た辺りに猫背でポケットに両手に突っ込んだ独特のシルエットが灯りに照らされて見えた。
片手を挙げて声をかけようとするとそんな彼の傍らにもう一つ小柄なシルエットが寄り添っている事に気付きハッとして呼びかけた声を思わず飲み込む。
畑のポケットに入れた腕に自分の腕を絡めるようにして纏わりついてい話しかけている女子生徒の姿・・・。
かすかに聞こえる会話から畑は言葉少なく彼女の話を断っているらしいが彼女は諦めず食い下がっているらしい。
自分に纏わりついてくる手を振り解こうとポケットから手を出したところ逆に両手で握られてしまった。

それを見て思わずドキッとなる。
あの夏の日、電車の中で畑に俺の手を取られこっそりと重ねあい指先だけを絡めた手・・・。
重ねた手のひらからお互いの体温が行きかい少し汗ばんで熱いのは畑の手のひらなのか俺の手のひらなのか分からなくなったあの手のひらを・・・。

彼女は当たり前のように握り畑に話しかけている。

周りの音がすうっと聞こえなくなり頭の中で脈を打つドクンドクンと言う音だけがやけに大きく響く。
さっき呼びかけた言葉を飲み込んだ時から喉の辺りが張り付いたかの様な違和感とその先に何か重苦しい塊があり二人を見つめたまま何故か足が動かない。
自分でも訳が分からない感情がひょっこりと芽を出し俺の動きを止めた。
なんなんだこれは!!
ふと手の痛みに気付くといつの間にか握り締めていた手のひらに爪が食い込んでいるらしかった。
力を抜いてゆるゆると小指から動かしてみる。
握り締めていた手のひらがほどけたと同時に足も動くようになった。

一瞬このまま踵を返して帰ってしまおうかとも思ったが教師としての使命感のほうが勝ち、大きく息を一つ吸っては吐いて自分を落ち着けると不自然にならないよう2人に声をかける。
「おい、お前らいちゃつくのも良いがここは校内だぞ?文化祭の準備期間とはいえ下校時刻はとっくに過ぎてるんだ!とっとと帰れよ。」
「あっイルカ先生だ!先生も今帰りなの?ねえ、先生駅まで一緒に帰ろうよ?畑君も駅に向かうんでしょ?そうだ!!3人一緒に帰らない?」
畑の手を離し今度は無邪気に俺に纏わりついてくる。
そして畑は何かを咎められた子供のように俺の方を見ようとせず自分の足元の辺りをただ無言で見つめている。

夕暮れから夜に変わりつつある空を見ながら駅までの道をいつものように帰る。
ただいつもと違うのは俺と畑の間にもう一人・・・先ほどの女子生徒が居て。
彼女は当たり前のように真ん中に入り一人で延々と話しては俺と畑に相槌を求めている。
畑は節目がちに前を見て話を聞いているのか聞いていないのか生返事を繰り返していた。
その分彼女は俺に話しかけてきてほぼ俺と会話する形となる。
「ねえ?イルカ先生ってば彼女居るの?」
「ははっどうだろうなあ?秘密だな。」
「えーっいいじゃん!教えてよ?あっそうだ。先生彼女居ないなら今度私がお弁当作ってきてあげる!!それで一緒に食べようよ?」
「いや、気持ちはありがたいが遠慮するよ。」
「先生一人暮らしでしょ?家庭の味だよ~?」
「悪いが生徒からそういったものなんかは一切受け取らないようにしてるんだ。すまないな。」

それは半分は本当で半分が嘘。
新任で赴任してきたその年調理実習で作ったお菓子を受け取ってしまったことがある。
その時教務主任に『今時は誰かのは受け取って誰かのは受け取らなかったと言うだけで親が出てきて大きな問題になる事があります。特に海野先生はまだ若く生徒の年にも近く親しみやすいので特に気をつけてください!!』と言われてからバレンタインのどう見ても義理にしか見えないチョコすら申し訳ないが断っている。
だが最近畑が昼休みに来るようになって彼は作りすぎたからという理由で何回か俺にも弁当を作って持って来る事がある。
そうして俺はそれを受け取ってしまっている。
「そうだよね、先生バレンタインの時も絶対断ってるもんね・・・。ねえ先生?生徒じゃなきゃいいのかな?私達後半年もしないうちに卒業だから!!そうしたら生徒じゃなくなるよ?」
「・・・そうだな生徒じゃなくなるな。」
彼女の台詞にドキッとし思わずそう呟く。

『ねえ?先生俺と賭けをしようよ?」

『俺頑張るから卒業までに俺の事好きになって?』

『センセが俺の事好きになってくれたら。好きになってくれて、卒業して、教師と生徒で無い海野イルカと畑カカシになったら・・・。』

『おれにセンセの事抱かせて』

あの夏の日の夕暮れにこの道で畑に言われた台詞を思い出し思わずチラリと横目で畑のほうを見る。
伏目がちに前を見ていたと思っていた畑は俺のほうを見ていて一瞬視線が絡み合ったが俺は慌てて視線をほどき前を向いて話し出す。
「何馬鹿なこと言ってんだ。そんな冗談言ってる暇があったら単語や英文法の一つでも覚えろ。」
「先生ったら酷いな~。お弁当くらいいいじゃん!!ねえ?畑君もそう思わない?そう言えば畑君も確か一人暮らしでしょ?私がお弁当作ってあげるよ!!」
「・・・別に要らない。」
「んもー畑君ってば相変わらずクールだよね!女子高生の手作りお弁当だよ!!畑君こそアレだけもてるのに何で彼女作らないの?」
「興味ないし必要だと思わない。」
「・・・畑ってそんなにもてるのか?」
「転校してきた当初なんかもう半端無かったよ!!でも皆『そういう事にも君にも興味ない。』って断られてさ。最近は皆文化祭とか気分が浮かれてる時を虎視眈々と狙ってるみたいよ?」
そんな話をしているうちに駅へと着く。

やってきた電車に乗り込むと彼女は当たり前のように俺と畑の間に座り又会話を続ける。
「そう言えば畑君は確か私の降り駅より後の駅なんだよね?イルカ先生は?」
「俺はまだそのしばらく先だよ。」
「えーっどこの駅?」
「申し訳ないが個人情報だ。教えられないな。」
「ちぇっ先生のケチ~。あっ私ここで降りなくちゃ。先生、畑君じゃあね。」
そう言い残して彼女は軽やかに去っていった。

彼女が去った後俺と畑の間にはポツンと一人分の空間が空いていた。
畑は無表情のまま只じっと前を見詰めている。
俺はその空間をぼんやり横目で見る。
彼女と畑が一緒に居た時に芽生えた訳の分からない感情も今のどことなくぎこちないこの感じもポツンと空いた空間もどうしたらいいのか分からなかった。
結局畑が降りるまでその空間は埋まる事が無く駅に着いた
「じゃあ又明日。」
と短くこちらを見ずにそういうとスタスタと降りてこちらを全く見ずに階段を上っていってしまった。
今までにそんな事は全く無くいつも笑って軽く手を振ってくれてから階段を上っていった畑。
そんな畑を見て又さっきの訳の分からない感情が自分の中で少しだけ大きくなった気がした・・・。
「なんなんだよこれは!!」
と呟いても誰も答えを返してくれる訳でもなく。

俺は自分の中に初めて芽生えた感情の名前をその時はまだ知らずにいた・・・。

<< 青い嵐 | ホーム | 宿泊16日目~再結成?!僕らは木の葉探検隊~後編 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。