プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とってこい カカシ版

先日UPしたとってこいのカカシバージョンになります。
WEB拍手にUPしてましたが2週間くらい経ったんで下げて改めてこちらにUPしました。
イルカ先生がやられっぱなしなんでたまには良いかなと思ったんですが書いてる最中にもう一つオチが浮んだんでカカシ版も書いて見ました。
途中までは同じ話なんですがこちらはWEB拍手から下げた際に全体的に加筆修正しています。
WEB拍手で読まれてなかった方は宜しければこちらも読んでみてくださいませ・・・。



とってこい カカシバージョン


午後の受付
「なあイルカ?もうお前受付終わりだろ?そろそろ来るんじゃないか?」
「おっそうだな。毎日毎日イルカが受け付け終わる時間にって合わせて帰還って何かはたけ上忍が犬みたいだな。忠犬なんちゃらみたいな。それよりイルカお前何してんだ?考え込んで。」
「・・・煩い。お前らからかう位なら変わりやがれ。」
「「謹んで丁重にお断りします」」
「チッ、お前ら。・・・なあこれどうしたんだ?」
「ああ、このビー玉か?廊下に落ちていて危ないから拾っておいたんだよ。」
「・・・これ俺が貰ってもいいか?」
「ああ構わないだろうが。・・・イルカお前こんなもの何に使うんだ?」
「おいイルカ。お前そんなもの中に入れて何作ってんだ?」
「まあ後でのお楽しみで・・・。」

「イルカ先生~~~!!あなたのカカシが今日も無事に帰還しましたよ~!!頑張ったんで何かご褒美下さい。」
「・・・カカシ先生あなたは里のものであって俺のものじゃありません。ご褒美は後で依頼料が渡されますのでお待ちください。それより書類を下さい。」
「え~今日も頑張って来たのに~。何か下さいよ~。」
「やっぱりはたけ上忍って犬みたいだな。」
「ああ確かに・・・。」
「・・・ちょっとあんた達?俺がイルカ先生の犬ですって!?」
「えっいや、そんな事は・・・。」
「えっとあのすみませんでした・・・。」
「ちょっとイルカ先生聞きました?俺があなたの犬ですって!!バター犬で宜しいですか?いえ是非それでお願いします!!」
「・・・カカシ先生?仮にも里の誉れと言われるような方がそんな耳を疑う発言はお止め下さい。」
「え~良いじゃないですかきっとイルカ先生を満足させて見せます!!」

「カカシ先生分かりました。すみませんが後ろに5歩ほど下がっていただけますか?」
「え~なんですか?勿論下がりますけどネ。あっ!!助走付けて勢いよく抱きついて欲しいとか?任せてください!!」
「・・・カカシ先生は俺の犬だっておっしゃいましたね?では『ステイ!!』」
「は?イルカ先生一体なにを・・・。」
「ほらカカシ先生『ステイ』ですよ?動かないでくださいな?あとご褒美が欲しいっておっしゃってましたね?」
「え?あ、はい・・・。イルカ先生?どうしたんですか?」
「カカシ先生?これ俺の飲みかけのペットボトルです。欲しいですか?」
「えっ先生の飲みかけ?勿論欲しいです!!これって間接キス?メルヘンゲット~!!みたいな?!」

おもむろに立ち上がり窓を開ける。
振りかぶると手に持っていたモノを思いっきり遠くに放り投げる!
あっという間に見えなくなったそれを指差すにっこりとカカシに向かって一言。

「カカシ先生!!『とってこい!!』」

言い終わらないうちに目の端を銀色の残像が掠めた気がしたが刹那見えなくなった。

「・・・イルカ、お前。」
「なんだ?お前らがカカシ先生が犬みたいって言ったんじゃないか?」
「里中探してもイルカ位だろ・・・。はたけ上忍にあんな事出来るのって・・・。あれ?お前その手のペットボトルって投げたんじゃないのか?!」
「ああ。あれは受付に来る最中に拾った方だ。それだけだと軽いから重石代わりにビ-玉と「ハズレ」って書いた紙を入れて投げる直前で摩り替えたんだよね。飲みかけのペットボトルなんて渡したら何に使われるか怖くて考えたくも無いね・・・。」
「お前結構酷いな・・・。」
「まあ俺がいつもされてる事考えたら可愛いモンだろう?じゃあカカシ先生の書類の処理も終わったし俺は先に帰るぜ。」
「・・・ああ、お疲れ様。」
「じゃあお前ら又明日な。」

「イルカ珍しく鼻歌歌いながら帰っていったぜ・・・。」
「してやったり!!見たいな感じでご機嫌だったな・・・。しかし今頃はたけ上忍おとりのペットボトル拾って怒ってるんじゃないのか?」

「よいしょっと。イルカ先生もう居なくなった~?」
「えっはたけ上忍?!何で窓から?」
「あれ?取りに行かれたんじゃ?」
「とっくに取って来たよ~。あんたたちね~上忍の動体視力と運動能力舐めんじゃないよ!ペットボトルのすり替えなんてイルカ先生が投げた時に既に分かってたに決まってるでショ?」
「じゃあ何で取りにいかれたんですか?」
「あんた達ってば馬鹿?大事なご主人様の命令よ?聞かないわけにはいかないでしょうが!!そんであんた達にお願いなんだけど。」
「はあ、何でしょうか?俺達で可能な事なら伺いますが。」
「明日のイルカ先生の勤務予定調べて休みの申請しといて。」
「はっイルカのですか?」
「えっ何でですか?」
「なんでって?だってちゃんと『とってこい』って命令守って取ってきたのよ?言いつけ守ったご褒美をご主人様に貰わなくちゃダメでしょ?」
「でもだからと言って休みとか勝手に出すのは・・・。」

「良い?あんた達イルカ先生の休みの書類を だ・し・て・お・い・て・ネ!!分かった?」

「「・・・。」」

「返事は?」

「「・・・はい。」」

「ご~かっく。じゃあ後は宜しくね~。さてとイルカ先生に命令守ってご褒美をた~っぷりと貰いに行かなくちゃ!!何をしてもらうか楽しみネ~。じゃあ後の事は宜しくネ。」

ご機嫌で窓から飛び出して銀の軌跡を残して消えた上忍を見送る受付の二人・・・。

「なあ・・・。俺たちもはたけ上忍の言いつけ守ったらご褒美貰えるのかな?」
「・・・いや。俺は貰えたとしても後が怖いから要らないや。」
「そうだな俺も後が恐いからいらないや。とりあえずイルカのシフト調べて休みの申請しようぜ。」
「ああそうだな。ご褒美よりも言いつけを守らないほうが恐いもんな」

今日の木の葉の里は策を練った中忍よりも計算高い上忍の方が一枚上手な様でありました・・・。

<< 宿泊16日目~再結成?!僕らは木の葉探検隊~後編 | ホーム | 落日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。