プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後夜祭

現代パラレル・高校生カカシと教師イルカのキリリク最終話「後夜祭」ですが一番なっがいです!!
これにてキリリク「嫉妬するイルカ先生」の話何とか無事完結です。

そう言えば「落日」を書いたときはは勢いで書いたんで制服の設定すらしてません・・・。
リクいただいた素敵サイトのinudouの卯吉様に伺った時に折角なんで制服も決めていただければ良かったです・・・。
卯吉様が想像していた「嫉妬するイルカ先生」のイメージと違ってましたら申し訳ありません。

そんな訳で私の文章力の無さと計画性の無さで予想外に続いたキリリクの最終話、宜しければ追記よりお読み下さいませ・・・。

後夜祭

「少なくとも文化祭が終わるまではここには来ません。」

そういって準備室を去っていった畑はその言葉通りそれから一度も俺の元へは訪れていない。
畑がいるのが当たり前になっていた準備室は狭い筈なのになんだか妙に広く感じる。
『畑が入り浸る前の元の状態に戻っただけなんだ。』
そう思っても彼の置いていったままの私物はそのままあって、普段はあまり気にならないのだがそれらが眼に入るたびに畑のことを思い出す。

彼の気持ちを勝手にすり替えようとしたことを事を彼に謝りたい。

だがその先を何と言っていいか解らない。

『畑と彼女が一緒に居るのを見て嫉妬しました。でも俺が畑を好きなのかどうかは今だ良く解りません。』
とでも俺は言うつもりか?

彼から来てくれることがいつ間にか当たり前になってその居心地のよさに胡坐をかいていた。
俺自身は彼に何も示さず何かあったら彼から逃げようとした。
今回のことが無ければ賭けの事だってなあなあなまま、卒業まで過ごしていたんじゃないだろうか?
彼の気持ちを疑似恋愛だと言ったのも俺の逃げからだ。
彼に会うということは今度こそ彼の気持ちとキチンと向き合わなくてはいけないと言う事だ。
彼に謝りたい、でもなんていったらいいのか分からない。
俺のこの曖昧な気持ちのまま、俺を真剣に思ってくれている彼と会うのは失礼なんじゃないだろうか?
グルグルグルグルと堂々巡りのまま俺は過ごしている。

時計をちらりと見ると重い腰を上げる。
日課となった校内の点検に向かわなくては・・・。
文化祭をあさってに控えて校内はよりいっそう浮かれた空気に包まれている。
担任の教師に申告してあれば若干の居残りをしても許されているためそのクラスの確認のため一旦職員室へと向かう。
居残って作業予定のクラスの一覧のチェックシートを貰い1年のクラスから見回ることにする。
畑のクラスは居残り作業は無いらしい。
がっかりしたような安心したような妙な気持ちを抱えつつ校内を見回る。

半ばぼんやり回っていたせいか廊下の角を曲がろうとした時に誰かとぶつかりそうになり手に持っていたチェックシートを落としてしまう。
「すみません。」
「俺のほうこそ良く見てなくて申し訳ない。大丈夫か?」
とお互い謝りあいながら屈んでシートを拾ってくれようとした生徒は見慣れた銀髪で・・・。
ハッと俺に気付きシートを押し付けるようにして立ち去ろうとする畑の手首をとっさに掴んでしまった。
「・・・海野先生。何か俺に御用でしょうか?」
普段他の人達に話すような、感情が読み取れない抑揚の無い声で話しかけられる。
「・・・畑。俺お前に謝りたい事が。」
「先日の事でしたら気になさらないで下さい。先生を不快な気分にさせてしまい申し訳ありませんでした。」
「畑、そうじゃないんだ。」
「他に用事が無ければ急いでいますので。手を離していただけますか?」
淡々と抑揚の無い声でこちらを見ずに話している。
ふと掴んでいた手を見ると小指の下の辺りから手首にかけてうっすら内出血の後のようなアザになっている。
ひょっとしたらこの前壁を叩いた時のせいか?利き手じゃないだろうが相当強い力で叩いたんだろう。

思わず彼の手首を掴んでいた手を緩めそこを指で撫でてしまう。
俺が撫でた事に驚いたのかビクッとした畑はようやくそろそろと俺のほうを見た。
「・・・センセ?」
さっきまでの淡々とした話し方ではなく、舌足らずな聞き様によっては甘えたように聞こえるいつもの呼び方で畑は俺を呼んだ。
「・・・この前の時の痣か?痛かったろう?もう大丈夫なのか?」
手首を握っていた手はもう緩めているから俺の手を振り払って立ち去る事が出来るはずなのに畑は俺の指が彼の手のアザを撫でてる様子をじっと見ている。
「・・・センセ。」
「ん?何だ・・・」
と言いかけた時畑の後ろの方から呼ぶ声がした。
「畑君こんな所に居たの~?今日も一緒に帰ろうと思って探してたんだよ~?」
思わず軽く握ったままだった畑の手を離す。
パタパタと軽い足音を響かせて走ってきたのは例の彼女だった。

「あ、イルカ先生だ!先生はまだ帰らないの?」
「あ、ああ俺は当日間近で居残りの生徒たちが多いからな。今日はまだ無理だな。畑たちのクラスは居残りの申請していないだろ?早く下校しなさい。」
「ごめんね、先生。うちのクラス衣装合わせしてて遅くなっちゃたの。畑君凄く格好よかったんだよ?他のクラスの女子が見に来て凄かったんだから!!。」
「そうか、そうだな畑は格好良いからな。集客賞取れるんじゃないか?」
「イルカ先生もやっぱりそう思う?女子はミニのメイド服着るんだよ!!可愛いんだから先生絶対見に来てよ。」
「余計なこと言うなよ。」
「畑君ったら別にいいじゃん。じゃあ畑君もう帰ろうよ。イルカ先生バイバイ。」
「ぶつかりそうになってすみませんでした。失礼します。」
「・・・ああ、気をつけて帰れよ。」
そう声をかけると2人は去っていった。

・・・今日もって事は今までも一緒に帰っていたのか。
そうだよな、俺が畑に彼女と付き合えば良いんじゃないかと勧めたんじゃないか。
今更何言い訳しようとしたんだ・・・。
そんな事を考えながらもう答えを知っている湧き上がってきた醜悪な感情を押し隠すかのように大きな声で生徒たちに注意しながら俺は重い気持ちを引きずりながら校内を回っていった。

文化祭当日学校全体は浮かれたような独特の空気に包まれている。
うちの学校はこういった行事は全て生徒が主流になって開催しているため教師の出番は殆ど無い。
来賓の案内、校内の見回りや他校生徒のトラブルが無いかの確認巡回、普段出入り禁止の場所に調子に乗って出入りする生徒も居るためそういった場所の確認等が主な仕事だ。
3年のクラスの方へ向かうと妙に混雑しているクラスがある。
トラブルかと思い近くに居た生徒に聞いてみる。
「すまないがあそこのクラスは何かトラブルでもあったのか?妙に混雑してるんだが・・・。」
「あっ、イルカ先生だ!あそこは執事喫茶やってるクラスですよ。畑君目当てのお客様が凄くて捌ききれないみたいです。」
「そうか、トラブル何かじゃないなら良いんだ。ありがとう。」
そうお礼を言う。
あの混雑振りじゃ通り抜けるのも一苦労だろう・・・。
他の場所を巡回しながら反対側から確認した方が良いだろうと判断し踵を返し次の場所へと向かう。

『・・・第××回〇〇高校文化祭は終了致しました。ご来賓の方は速やかにお帰り下さい。生徒の皆さんは閉会式を行いますので〇時までに講堂に集まりクラスごとに整列し静かにお待ち下さい。・・・』
校内放送がスピーカーから流れてくる。
昼間の喧騒が嘘のように静まった校内を又巡回して鍵をかけて回る。
文化祭特有の浮かれた雰囲気は何処かに消え去り薄暗くなった校舎はまさに祭りの後といった感じの独特の空気が夕焼け間近の空と相まって余計に虚しさを募らせている。
文芸部の展示も片付けも終わったらしい図書室の内部を確認し鍵を掛けたその時後ろから声をかけられる。

「イルカ先生やっと見つけた!!何でうちのクラスに来てくれなかったの?」
彼女は先日俺に話した通りミニのメイド服を着ている。
ニーハイ?っていうのかな?膝上まである長めの靴下を履いて、普通に可愛いと言われるであろう姿だ。
「ねえ?先生見て?これどうかな?」
新しい服を自慢する子供のように彼女はくるっと回ってポーズをとる。
「良いんじゃないのか?」
「えー先生それだけ?あっところで畑君見ませんでした?彼ずっと殆ど休憩無しで接客してたんですけど終わったら居なくなっちゃって。女子たちが写真取ろうとして探してるんですよ。」
「畑とは今日は一度も会ってないよ。褒めて欲しいなら俺じゃなくて畑に言えば良いだろう?」
「何で畑君に褒めてもらうんですか?」
と小首をかしげた彼女に逆に聞かれた。
「だって畑と一緒に帰ったり仲が良いじゃないか?付き合ってるのか?」
と無理やり笑顔を作って訊ねる。

「畑君とは付き合ってなんて無いですよ?色々と相談に乗ってもらおうと思って追いかけてたんですけど一緒に帰りながら色々聞いても『無駄だと思うが。』とか『知らない。聞いてないし聞いたことが無い。』とかばっかりで全然相手にしてくれなかったんですよね?」
「・・・そうなのか?」
彼女の言葉に内心ホッとした自分に改めて驚いた。
「それでですね、イルカ先生に話があるんですけど・・・。」
「何だ?ここでいいなら今聞くぞ。」
えー、ここですか?でも今なら人も居ないしとひとしきりブツブツ呟いていた彼女は『よしっ』と気合を入れた後俺の眼をまっすぐ見て告げてきた。
「イルカ先生、私イルカ先生のことが好きです。私と付き合ってください。」

「へっ?」

ついさっきまで畑と何かあるんじゃないかと思っていた子にいきなり告白されて思わず変な声が出てしまった。
「先生!私本気です。」
そんな彼女の言葉を聴きながら配属先が決まったときに『女子高生に告白とかされたらどうする?』なんてふざけていっていた同級生の言葉を思い出す。
「・・・申し訳ないんだが。」
「先生!生徒が駄目って言うならもう少しで卒業なんでそれまで待っててください。」
彼女の言動を思い返すと畑に言ってるようで俺に向かっていっていた言葉が結構あったことに気付く。
俺って鈍いって昔から言われてたな・・・。そう思いながら次の言葉を口にする。
「悪いんだが生徒とだとか生徒じゃなくなったらとか関係なく君とは付き合えない。」
「何でですか?他に好きな人がいるんですか?もしいないなら私でも良いじゃないですか?」
食い下がってくる彼女には本当に申し訳ないと思ったがやはり無理なものは無理だ。

「悪いんだが俺には俺の事を前から真剣に大事に思ってくれている人がいる。俺がその人の事が好きなのか今は自分でもハッキリして無い。先日揉めてしまいまだその人が俺のことをどう思っているのかは今は分からない。」
「だったら駄目だったら私でも・・・。」
俺は首を横に振って話を続ける。
頭の中で考えて悶々としているだけだったけど口に出して言うとなんだか自分の気持ちがはっきり分かってきた
「この前は俺が臆病で逃げて誤魔化そうとしてその人に事を傷つけた。その人がまだ俺のことを好きでいてくれるなら改めて気持ちをちゃんとと受け止めたい。その後俺の気持ちがどう変わっていくのかはまだ分からない。けれども今度はその人に対する自分の気持ちを誤魔化さないでいきたいと思ってる。だから悪いが君と付き合う事は出来ない。」

彼女は黙って俯いている。
「ごめん・・・。」
「謝らないで下さい。」
そういって俺の顔を見た彼女は笑っていた。
「先生知らないかもしれないけど理系クラスの女はもてるんですよ?その人と先生が駄目になって惜しい事をしたな~と思っても後の祭りなんですからね?」
そういって彼女は立ち去ろうとした。
「ごめん、ちょっと待って。」
引き止められ不思議そうに俺を見る彼女。
そんな彼女に俺は一礼する。
「気持ちにこたえられなくてごめん。こんな俺を好きになってくれてありがとう。」
一礼したままの俺の頭上に彼女の声が降ってくる。
「先生どうもありがとう。私、先生の事好きになって良かったです。」
そういうとパタパタと軽い足音は走り去っていった。
「本当にごめん。でも君のお陰で色々気付く事が出来た。ありがとう。」
俺はそう呟きながら下げた頭を中々上げることが出来なかった。

生徒は講堂に行っている為、ガランとした夕焼けに照らされた校内を一周し終える。
本来なら俺も講堂に行かなければ行けないのだが巡回担当なので特別に免除されている。
勿論終わったら行ってもいいのだが何となく予感がして俺は準備室に戻る。
自分でも少し緊張しているのがわかる。
この前のように一呼吸して思い切って扉を開ける。

「お帰りなさいませ。ご主人様。」
「・・・畑。」
やっぱり彼は居た。
只この前と違うのはこの前は外を向いていた彼は今日は夕焼けをバックに俺のほうを見ていた。
彼は制服ではなく彼のクラスの出し物である執事風に開襟シャツの袖を肘までまくり、蝶ネクタイとベストという格好をしていて髪もオールバックにしていた。
「・・・お前その格好本当に似合うな?こりゃあ廊下まで客があふれるはずだよ。」
「センセ、俺のクラス来たの?」
「いや、見回りで通りかかったんだよ。人があふれて凄かったな。」
「そう・・・。センセにはこの格好見せてなかったから。折角だから見てもらおうと思って。」
畑は今までと同じ口調だったがいきなり切り出してきた。

「ねえ?彼女と会った?」
「ああ、さっき会ったよ。お前の事も探していた。」
「コクられた?」
「ああ。申し訳ないが断った。」
「そう・・・。」
「なあ畑?俺はお前に謝りたい事があるんだ。」
「何?この前のこと?俺もう気にしてないよ?」
「お前が気にしてなくても俺が気にするんだ!!この前は色々とすまなかった。」
畑は黙って聞いている。

「お前の気持ちを踏みにじるような真似をしてすまなかった。俺はお前の俺に対する気持ちが恐かったんだと思う。それで誤魔化して逃げようとした。本当にすまなかった。」
「・・・今は違うの?」
「俺自身も良く分かってない。だけど今の畑の気持ちがもし本物ならそれを聞いてそして受け止めたいと思う。俺の気持ちがどうなるのかは今は分からない。けど今度は今までと違ってちゃんとしていきたいと思ってる。」
「センセは今俺の事どう思ってる?」
「なあ畑?お前と購買の焼きそばパンの話っていつしたんだっけ?」
「・・・多分夏休み終わってすぐだったと思うけど?」
いきなり俺に質問されて畑はきょとんとした顔をしている。
「焼きそばパン位には・・・。」
「何?センセ?」
「購買で残っていた焼きそばパンを見て『畑が一回食べたいって言っていたな。これ買って行ったら喜ぶだろうな。』と思うくらいには俺の中に畑はいるよ。」
「・・・センセさ、この前俺とぶつかった時手の心配してくれたでしょ?それとこの話だけで今は十分だよ。」
そう言ってにっこり笑った。

「ねえ先生?俺も話があるんだ?聞いてくれる?」
俺の前に立ち真剣な顔になる。
髪の毛に夕日が当たってキラキラして綺麗だななんて俺が余計なことを考えていたら畑は話し出した。

「イルカ先生。俺はイルカ先生が好きです。本当なんです。この前の賭けの話だって本気です。だから先生も俺との事今度は真面目に考えてください!」

俺の眼を見て真剣に話す畑。
おれはびっくりして何も言えない。
「あのね、先生?この前先生と揉めてから俺も良く考えた。でもやっぱり俺は先生のことが好きだしその事についてちゃんともう一回話しがしたかった。でね、良く考えたら俺は先生にちゃんと好きだって言った事が無い事に気付いてちゃんと言いたかったんだ。ねえ、先生?俺はやっぱり先生のことが好きだよ。」
畑はおれの眼を見ながらそんな事を言ってきた・・・。
俺は自分の顔が赤くなっていくのが分かって思わず顔を隠してしゃがみこむ。
「ねえ、先生?耳まで真っ赤だよ?」
クスクス笑いながら畑が言う。
「うるさい大人をからかうな!!お前その格好に髪形で分かっててやってるのか?反則だろう?」
「ねえセンセ?それで先生の答えは?」
「・・・前向きに、善処します。」
もっとちゃんとした答えを出したかったけど畑のいつもと違う格好と真剣な眼差しにドギマギしてしまって俺は上手く答える事が出来なかった。
「まあ、今日のところはごうか~っくって所かネ?先生?」

そう言うと畑はしゃがんでいる俺の背中に腰掛けてきた。
「・・・重い。降りろ!!そう言えばお前珍しく彼女とは仲が良かったじゃないか?一緒に帰ったりしてたんだろう?」 
「ああ、あれね?あの人がセンセ狙いだって知ったから。あの人とセンセを一緒に帰らせる位ならと思って俺が一緒に帰っただけ。」
「お前ひょっとして独占欲強いのか?淡々としているからそんな風には見えないけど・・・。」
「俺はイルカ先生に関しては欲張りなんですよ~。何?センセひょっとしてヤキモチ焼いたとか?」
「うるさい~!!いい加減に降りろ!!」
そういって急に立ち上がったから畑はよろけておたおたしてる。
「ねえセンセ?そう言えば焼きそばパンの話ししたけど俺に買ってくれたの?」
「ああ、買ったよ。だけど一人で食べた!!」
「え~ずるいよ。俺一回でいいから食べたかったのに!!」
「又今度だ。どうせお前これからも俺のところで昼飯食べるんだろう?時間はまだあるんだ。」
「・・・そうだね。じゃあ、又今度楽しみにしてる。」
後頭部をガシガシと書きながら畑が答える。

「ねえ先生夕日が綺麗だね?」
「ああそうだな・・・。」
いつか交わした会話と同じような会話をしながら窓の外を見る。
ただこの前まで俺たちの間にあった一人分の空間は今はもう無く。
今は肩が触れ合うくらいの距離でそのままずっと夕日が落ちるのを2人で見ていた。

<< 仔イルカ小話その5 | ホーム | 青い嵐 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。