プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

塞翁が馬(高校生カカシ編)

キリバンでいただいたお題の最後で高校生カカシ版『塞翁が馬』です。
同じカカシで同じお題でも高校生と変態でこんなに差がつくとは・・・。

先日カウンターのキリバン22222を踏んでくださった「inubou」の卯吉様に何かお題等をいただければと思ったところ
1、嫉妬するイルカ先生
2、記憶喪失
3、塞翁が馬
というありがたくも素敵なお題をいただきました。
選んでいただければといってくださったのですが折角いただいたので頑張って見ましたが、とめきちの手に掛かると・・・何という事でしょう!!(ビ〇ォーアフ〇ー風に)
1、嫉妬するイルカ先生は高校生カカシに・・・。「祭りの前」「青い嵐」「後夜祭」
2、記憶喪失は変態上忍に・・・。「きおくそうしつ」
3、塞翁が馬は上二つのその後の話に・・・。「さいおうがうま(変態上忍編)」「塞翁が馬(高校生カカシ編)」
生まれ変わったではありませんか!!

と言うわけで素敵なお題を出してくれた卯吉様色々と本当にすみません。
スライディング土下座の練習しておきます。
そして次にキリバン踏んだ方には見てみぬ振りされそうな気が今からします・・・。

後夜祭の少し後の時刻の話です、良ければ追記からどうぞ・・・。

塞翁が馬(高校生カカシ編)

『なあ、畑。お前は一回教室にもどれ。』
『なんで、せんせ?』
『俺も生徒たちが教室に戻って下校したら最後の校内の見回りがある。服も着替えた方がいいだろうしな。』
『えーここでセンセの事待ってたいのにネ。』
『又来ればいいだろ?ほれ、どうせ一緒に帰るんだろ?俺をご主人様って呼んだんだからご主人様の言う事は聞いとけ。』
『はーい。分かりました、ご主人様。』

夕暮れ過ぎて薄紫の空に星が瞬く頃。
人気の無い道を歩く長身な影が二つ・・・。

「ねえセンセ?一緒に下校するのって久しぶりだね?」
「ああそうだな。なあ、畑?1つ聞いても良いか?」
「なに?センセ?」
「お前さ?さっき俺が謝る前に『もう気にしてない』っていってたよな?あれは何で気にしなくなったのか聞いても良いのか?」
「うーん。センセってば聞きたい?」
「ああ、出来れば聞きたい。畑さ、この前準備室で俺が今まで見たことが無いくらい怒っていただろ?一回廊下でぶつかりそうになった時も最初は淡々と海野先生って呼ばれたし。なのに途中からいきなり何時もみたくセンセって呼びだしたりて・・・。」
「うん、そうだったね。」
「今日は執事の格好見せに来たり、もう怒ってないって言ったり一体何があったのかと思って?」

「そう、あのね?センセ。俺さ、今回先生の事を好きな子が出てきて、手伝ってくれって言われて凄く焦った。先生の事好きな子が居てもおかしくは無いとは思ってたけど俺が一番近くに居るって自信があったし、平気だと思ってたから。でも彼女が原因で準備室でセンセと揉めた時は本当に悔しかったし悲しかった。センセが俺の言っていたこと本気で聞いてくれてなかったんだって。センセが賭けの事とか何となく曖昧なままにしておきたかったのは良く分かってたけどそれでもやっぱり悔しかった。」
「・・・すまなかった。」
「それでさ、俺もカッとなって壁叩いちゃったりして。とにかく頭冷やそうと思ってしばらく準備室に来ませんって言ったんだ。」
少し視線を下に向けたまま畑は静かにしゃべり続ける。

「でもさ、センセ?さっき話したけど廊下でぶつかりそうになった時あったでしょ?」
そこまで話すと畑は足を止め俺の方を向く。
俺も釣られて立ち止まると俺に手を見せる。
「その、あの・・・俺カッとして壁叩いちゃってここがアザになってたんだ。センセそれに気付いてあの時さすってくれたのの覚えてる?」
「ああ、鬱血したみたくなってて痛そうだなって思ったら思わずさわってた。すまんな、嫌だったか?手はもう大丈夫なのか?」

思わず畑の手を取って確認する。

「うん、もう大丈夫。あと逆、嫌じゃないよ?」
「そうか良かった・・・。」
「ねえセンセ、気付いてる?センセってばアレだけ俺に触らないようにしてたのに・・・。この前ぶつかった時、当たり前みたく俺の手に触れてさすっていたたでしょ?今だってそう。」
「そう言えばそうか?気にしてなかった。」
「ふふっやっぱりネ?センセが必要以外で自分から俺に触ってくれるようになったのって大きな進歩かなって?今の俺にはそれだけでも十分かなって思ったんだ。」

そういうと手の向きをするりと変えて俺の手を軽く握ってくる。
そのまま俺の眼を見ながら聞いてくる。

「ねぇ先生?『塞翁が馬』って知っている?」
「あ?ああ、確か幸運だと思っていたことが不幸になったり逆に不幸だと思っていたことが幸運になったりて事だったよな?」
「俺さ・・・。」
「なんだ?」
「今回の事は凄い悔しかったし悲しかった。俺は本気のつもりでも疑似恋愛だと思われていたのかとかさ。彼女の事だってなんか変に誤解してるっぽかたし。でも、逆にその揉めたお陰でもう一回先生にちゃんと俺の気持ちも、本気だって事も改めて伝えて分かって貰えて良かったって思ってる。」

「それで『塞翁が馬』なのか・・?」

「そう。それに彼女の告白は断っても俺との賭けの話は断らなかったでしょ?それって少なくとも夏の終わりに俺が賭けの話を持ち出した時より先生の気持ちが俺に向いてるって事だよね?」
「・・・。」
「無言は肯定と受け止めます。」

ふと手を繋いだままだった事に気付く
「畑、そろそろ手を離してくれ。」
「人も居ないし駅の近くまで?ね、センセお願い?」
「・・・人が来たら離せよ?」
「了~解!!」

くすくす笑う畑と軽く手を繋いだまま駅まで向かう。

「ねえセンセ?」
「何だ?」
「好きです」
「・・・。」
「好きだよ?」
「・・・知ってる。」
「大好きだよ?」
「・・・だから知ってる。」
「ねえ先生?暗くても耳まで真っ赤になってるの見えるよ?そんなセンセが大好きですよ?」
「知ってるって・・・あーーーーっお前は少しは恥じらいとか照れとか無いのか?!」
「そんな事気にしていたら卒業までにセンセの事口説き落とせません!!」

照れもせず大輪の花がほころぶように笑う畑。

「お前って奴は・・・。なあそろそろ手を離さないか?」
「もうちょっとだけ。」

「ほらもうすぐ駅に近いぞ?そろそろ離せ。」
「まだ平気ですヨ?」

「ほら駅が見えてきたぞ?手を離せ。」
「人が居ないから大丈夫ですヨ。」

「・・・お前このまま行ったら改札はどうするんだ!!」
「あれセンセ?改札以外なら良いって事ですか?」
「!!」
「センセったら積極的~!」
「いや、そうじゃなくて・・・!!そう、文化祭の浮かれたような非日常的な雰囲気が俺にはまだ残ってるんだよ!!」
「はいはい、センセってば本当に可愛いネ~。」
「大人に可愛いって言うな!!。」

そんなやり取りをしながら駅に向かう。
結局そんな俺たちの手は駅に着くまでつながれたままだった・・・。

<< 雑記とかコメントレスとか | ホーム | リゾート連作小話WEB拍手にUPしました。 >>


 BLOG TOP