プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めいばになんあり

変態上忍様の小話です。
よければ追記からどうぞ・・・。



めいばになんあり

「もうすぐクリスマスだな。お前ら当日の予定は?」
「俺はコイツと受付。」
「俺もコイツと受付。」
「・・・お前ら仲いいな・・・。」
「そう言うイルカはどうなんだよ?」
「そうだよ!!人の事言えるのかよ?」
「俺か?俺もお前らと一緒で受付だ。アカデミーも冬休みだしな・・・。」
「はたけ上忍と過ごさないのか?」
「そうだよ?折角のクリスマスだぜ?」
「・・・だから俺とあの人はなんでも無いって言ってんだろうが!!」
「そう言えば今日ははたけ上忍来ないな?」
「ほんとだ?いつもの時間過ぎてるじゃん!!」
「カカシさんならしばらく任務に出てるよ。クリスマス過ぎに帰還予定だよ。」

((何だかんだでスケジュール把握してんじゃん!!))

「あの人も俺が絡まなきゃ凄い人なんだけどな・・・。」
「まあ、イルカ?『名馬に難有り』って言うじゃないか?」
「そうそう、『才能がある人ほど一般的な常識では測れない個性を持ってる?』だっけ、イルカ先生?」
「・・・まあ大体それであってるな。」
「心配するなよ。はたけ上忍もきっとクリスマスには帰ってきて一緒に過ごせるよ!!」
「そうだよ!!心配するな!!。」
「一緒に過ごしたくなんてねえ!!あの人は常識で測りきれないし、難も癖もありすぎるんだよ!!お前ら去年俺がどんな目にあったかもう忘れたのか?!」
「・・・ごめん正直普段から色々ありすぎて忘れた。」
「そうそう、よっぽどのインパクトが無いと無理だ・・・。で?なんだっけ?」

「あれは去年のクリスマス。受付を終えてカカシさんにも絡まれず無事に家に帰ったんだ。玄関を開けた俺の眼に飛び込んできたのは・・・。」
「なに?ベタにリボンを巻いて『イルカ先生俺がプレゼントです~!!』とか?」
「いや、生クリーム塗りたくってケーキプレイかも!!」
「・・・お前らもカカシさんに対する扱いが段々酷くなってきたな・・・。そうじゃなくてな?玄関開けたら部屋の中で何やらチカチカしてるんだよ?何かと思ってそーっと覗いてみたら・・・。」
「「見たら?」」

「緑の全身タイツに電飾を体中巻きつけたカカシ先生が植木鉢に両足突っ込んで立ってた・・・。」

「「・・・。」」
「それで『イルカ先生、素敵なクリスマスツリーですよ!!俺からは何もしないんで一晩あなたの好きにしてください!!』って言われた・・・。」
「・・・で?」
「イルカはどうしたんだ?」
「疲れてたし腹が立ったから家中の洗濯バサミ集めて『カカシ先生、これ俺からのプレゼントです。動いて落とさないでくださいね?』って言って全身あちこち挟んで一晩放置した・・・。」
「・・・。」
「・・・それからどうした?」
「一晩たって見たら妙に上気した顔でハアハアしながら『放置プレイとはやりますネ、そんなイルカ先生も嫌いじゃないですよ。』って言われたから『嫌いで構わないんでお帰り下さい』って帰ってもらったよ・・・。まあ今年は帰還予定がクリスマス過ぎだしさ。平和に過ごせるだろうよ!!」
「・・・そうだといいな?」
「・・・でもきっと無理じゃないかな?」

「お前らどうせクリスマスの日仕事終わったら暇なんだろ?次の日も俺は受付だけど折角だから一杯のみに行こうぜ!!すまんが俺トイレ行って来るわ」
「いいぜ、分かった。」
「了解。ゆっくり行って来い。」

「・・・なあ?はたけ上忍きっとクリスマスイブには帰還するだろうな。」
「ああ、今頃必死になって任務こなしているんじゃないか?」
「なあ?お前イブの次の日は?俺は一日受付だ。」
「俺やは休みの予定だが・・・。出るつもりでいた方がいいだろうな?」
「そうだな・・・。後ではたけ上忍に手当て請求しとけ。」
「ついでに、イルカのイブの予定も押さえておいたら他にも手当て代わりに何か付けてくれるんじゃないか?」
「はたけサンタからのプレゼントか?」

「なんだお前たち楽しそうだな?」
「お帰りイルカ。じゃあイブの日は3人で呑みに行こうぜ?」
「おっどうしたんだ?急に?」
「いやな?先にスケジュール押さえておいた方が俺たちも色々楽なんだよ。」
「本当だよな。」

受付の2人も段々慣れてきまして某上忍様に言われる前に先に準備を始めるようになった模様です。

<< 宿泊17日目~休暇~前編 | ホーム | 雑記とかコメントレスとか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。