プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にぎればこぶし ひらけばてのひら

エロと言うよりハードなお下品な感じのギャグです・・・。
もう一つがガッツりエロなんですがいきなりUPするのもどうかと思いましてもう一つ書いてみた割とソフトな方を・・・。
何となくここから今の変態上忍につながる話っぽいですがつなげるかどうかは読んだ方にお任せします
いつもと違って長めです。
注意)前半は普通ですが後半は普段の変態上忍をパワーアップさせてただけの気もします。
ですがカカシ先生もイルカ先生お下品な言葉遣いですし一応念の為
18禁で・・・。
えーっと高校生カカシやリゾートなんかのシリアスっぽい話が目当てでいらっしゃってる方はどん引きされる話かもしれないので読まれる場合は本当にお気をつけ下さい。
以上の注意書きをお読みの上で恐いもの見たさに読もうかなと言う方は追記からお願いいたします・・

にぎればこぶし ひらけばてのひら

幸せな夢を見た。
温かい何かに包まれて大事にされている幸せな夢・・・。
俺の名前を優しく呼んで頭を撫でてくれていた。
そのままずっとその中にたゆたっていたい様な幸せな夢だった・・・。

・・・眩しい。
降り注ぐ朝日で目が覚めた。
眩しくて思わず右腕で顔を覆う。
ああもう朝か・・・って俺のベッドは窓際に無い!!
布団もこんなふわふわじゃないしベットのマットレスもスプリングがきいていない!!
布団から出ている手は服も着てないから恐る恐る掛け布団の中にある手でスースーする下半身の辺りをまさぐってみる・・・。
俺ってばパンツ履いてないんですけど、そんでもって下半身は妙にすっきりとしてるんですけど!!
最近忙しくて一人でイタシても無かったのにこのすっきり感ってまさかまさか・・・。
そしてよくよく気配を探れば右側に誰かの気配がある・・・。
天国のお父さん、お母さんゴメンナサイ。
あなたの息子は一晩の過ちを過ごしてしまったみたいです。
取り合えず昨日の事を思い出せ!!
確か昨日は受付が珍しく定時で終わって・・・。

「お疲れ様です。カカシさん。報告書お預かりいたしますね。」
「ん~イルカ先生こそお疲れ様です。イルカ先生は今日は何時まで仕事なんですか?」
「実はもう勤務時間過ぎてるんですよ。なんでカカシさんの報告書の処理が終わったら上がりですね。」
「そうなの?予定無ければ呑みに行きません?美味しい小料理屋教えてもらったんですよネ?」
「カカシさん誘っていただけるのは嬉しいんですが。俺で良いんですか?」
「ふふっイルカ先生が良いんですよ?じゃあ俺は上忍待機所で待ってますね。」
「はい、これが終わったらすぐに伺いますね。」

ヒラヒラっと手を振りながら高名な二つ名を持つ銀髪の美麗な上忍は姿を消す。
受付からは思わずため息が漏れる。
「しかし格好良いよな、はたけ上忍って。誘われるイルカが羨ましいよ。」
「まあ俺はさほら元教え子たちがあの人の下についているからな。」
「だとしても羨ましい限りだぜ!!」
「じゃあ俺もう帰るから。お先。」
「おう楽しんで来いよな。」

そうだ、そうしてカカシさんを迎えにいって小料理屋に向かって・・・。
「えっ?イルカ先生明日は休みなんですか?じゃあ遠慮なく飲んでもらっちゃおうかな?すいません、ここお銚子2本追加で~。」
「そう言うカカシ先生はって任務明けで休みなんですよね?じゃあカカシ先生もガンガン飲んじゃってくださいよ!!」
なんて話をして良い感じになってきた時にカカシ先生の知り合いらしいくの一が話しかけてきたんだ・・・。
「あら、カカシじゃない?久しぶり。元気だった?」
「ん~まあね?」
「こっちも2人で飲んでるんだけどどう?一緒に飲まない?」
「・・・悪いけど。こっちはこっちで楽しんでるから。」
「冷たいのね?まあ暇になったら又声かけて頂戴。」
「綺麗な方ですね~」
「・・・イルカ先生はああいったのがタイプなんですかネ?」
「いや、タイプとかじゃなくて俺なんかには縁が無いような人だからどうも照れちゃって。カカシ先生なんかもてるから慣れてるんでしょうが。」
「慣れてるって?どんな風にですか?」

確かだんだん酔ってきた俺は気分も口も軽くなっていた。

「いや~里一番の技師だとか花街泣かせとか、一番の太夫がお金は要らないから来て欲しいなんて言ったなんて逸話もあるくらいじゃないですか?」
「ん~どうでショ?俺の事より先生はどうなのよ?」
「いや~俺はもてないんでそっち方面はトンとご無沙汰なんですよね。」
「へーじゃあそっちに関しては俺の方が先生かもね。」
「そうですね!!カカシ先生!!俺に色々教えてください!!なんっつって!!」

その後2人で爆笑したところまでは記憶がある。
ひょっとしてあの後くの一と合流してお持ち帰りされたとか!?そんな嬉しい事!!いやいや・・・。
次の記憶は・・・。
ん?カカシ先生のアップ?他には・・・又カカシ先生だ。・・・だけどなんで額宛を付けてないんだ?
・・・もしかして、俺カカシ先生と?!
いや!!そんなわけは無い。
でも腰の辺りはスッキリしているが変な言い方だが尻の辺りに違和感はない。
右側を見る勇気は無くそっとベッドから抜け出そうとした俺の背後からスルッと手が回わされて俺を羽交い絞めにする!!

「ふふっ起きました?イルカ先生?」
「うわーーーーっや、や、やっぱりカカシさん。ひょっとしてここはカカシさんの部屋?なんで俺達服着てないんですか?!」
「やだな~イルカ先生ったら?カカシ先生でショ?昨日色々俺が先生に教えたじゃないですか?」
「色々って・・・ちょっとカカシさんドコ触ってるんですか?!」
「どこって?イルカ先生の乳首としりのあ「あーーーーーっ言わなくていいから手を離しやがれ!!」
とっさに後ろに向かって放ったエルボーが効いたらしくカカシさんはわき腹を押さえながら
「くっ中忍の癖にやりますね・・・。」
なんて言っている。
うっせー中忍舐めんな!!
「とにかくちょっと話を聞かせてください!!」

そう言って起き上がって何気なく下を見た俺は絶叫した。

「ちょっと何なんですか?これは?!」
「何なんですかって?俺がつけたキスマークですよ?一応気を使って腕とか見える位置にはつけてません!!」
「あっすいません。お気遣いありがとうございます・・・じゃねえよ!!人の体に勝手に何してくれてるんですか?!」
「頑張って俺の年の数分だけつけたんですよ?!努力を認めてくださいよ!!」
「年の数だけって節分の豆じゃないんですよ!!努力って何ですよ?!」
「先生が散々おねだりするから俺頑張ったんですよ?」
「俺が何をねだったって言うんですか?!」
「イルカ先生が俺とキスするのが気持ち言って言ったんじゃないですか!!それだけじゃないですよ?俺が先生の事、口で何回抜いたと思ってるんですか?口でするの初めてなのに俺ってば頑張りましたよ?顎ガクガクなのに頑張ってキスマークつけた俺の努力を認めてくださいよ?!」
「どんな努力だよ!!って言うか聞きたくないよ!!」

馬鹿馬鹿し過ぎて肩の力が抜けた・・・。

そんな俺を見てカカシさんは真面目な顔になった。
「・・・イルカせんせ?俺話したいことがあります。」
何?今までのは酔っ払った上での冗談でした!!とか話してくれるのか?!
「イルカ先生・・・。俺、散々触ったり舐めたりして分かりました。イルカ先生は・・・左より右の乳首の方が感じるんです!!」
「あああーーーーっ!!お前何言ってくれてんだ!!ちょっと話がある床に座れ!!正座しろ!!」

もう上忍とか里の誉れとか俺には関係なかった。

のそのそと俺に言われた通りに床に座るカカシ先生・・・。
「すみません、目のやり場に困るんでパンツくらい履いて下さい・・・。」
「いえ、遠慮なさらずに見ていただいて結構なんで。」
「見たくないって言ってるんです。とにかくお願いしますよ・・・。」
のそのそとパンツを履く気配がするカカシ先生
「俺もパンツ履くんで待っててください・・・あれ、無い?って何であんたが俺のパンツ履いてるんだよーーーっ!!」
「てへっ。」
「てへっじゃねーよ。・・・すみませんカカシ先生なんで人のパンツはいた途端チンコおっ勃ててるんですか?」
「やだーイルカ先生ったらチンコとか言ってお下品。」
「アカデミー生相手にしていたらチンコとか日常茶飯事ですよ。そんな事よりなんでいきなり勃ってるんですか?」
「え?だってこのパンツは常日頃イルカ先生の大事なお宝を守ったり文字通り尻にひかれたりしてるんじゃないですか!!興奮するの決まってますよ!!」
「何逆切れしてんだよ!!とにかく俺のパンツ脱げよ!!」
「イルカ先生履いてしまったお詫びじゃありませんが良ければ新しい下着ご用意できますが?」
「本当ですか?」
「シルクのTバックと越中ふんどしどちらにします?俺的にはふんどしがオススメですが?」
「両方お断りします!!早く俺のパンツを脱げ!!」

一回カカシ先生が履いた挙句に興奮されたパンツを履くのは躊躇われ仕方が無いの余り気持ちは良くないがズボンを直接履く事にした。

「先生~興奮しちゃってパンツが上手く履けないんですけど。どうしましょ?」
「一回しょんべんしてくるかトイレで抜いて来い!!」
「あっじゃあ履かないんでしたら先生のパンツをおかずにお借りしても・・・。」
「いいから早く行って来い!!」

ひょっとしたら俺はまだ夢の中なんじゃないだろうか?
それとも狸に化かされているとか?
あの真面目で紳士だったカカシ先生と顔かたちは同じなのに中身は全く同じ人物とは到底思えない・・・。
確かに昨日飲んだときは普通だったのに、ともかくその辺りを問い詰めたい。

「スッキリしました~。あれ?先生何がって聞かないんですか?」
「はいはい、どうでも良いんで。では座ってください。って俺の膝の上じゃねえ!!」
「先生のケチ~。」
「ケチじゃねえ!!カカシ先生あなた一体どうしたって言うんですか?昨日一緒に飲んだ時は普通でしたよね?それがどうしたら・・・。まさか誰かに術でもかけられているんじゃ?!」
「え~イルカ先生に恋の魔法にはかけられてますけど?」
「煩い、黙れ。何があったんですか?」
「うーん、今までの俺って常に頑張っていたんですね。」
「何をですか?任務をですか?」
「いえ、『里の誉れ』や『写輪眼のカカシ』という名に相応しい様にです。天才やら仰々しい二つ名やら背負ってそれに相応しい人物にならなくちゃと思って頑張ってきたんですよ、俺も。」
「そうですか、すいません。ただの中忍の俺には想像もつかないくらい大変だったんでしょうね・・・。」
「父の事もありましたし俺の背負った名に相応しいように過ごしてきました。まあその名につられて来た女たちと浮名を流した事もありますし、清純な生活をしてきたとは言いがたいですが。ですがそんな時俺に転機が訪れたんですよね。」
「転機ですか?いったいどんな・・・?」
「あなたですよ、イルカ先生。」
「はあ?俺って何で俺なんですか?!」
「あなたに出会って俺の人生変わったんですよ。自分でも散々浮名を流しておいて男に惚れるなんて思っても見ませんでしたよ。」
「はあ。・・・ってカカシ先生俺の事好きなんですか?!」
「惚れてなかったら男相手に色々したりしませんよ。ましてや他の男のモノ咥えたりなんて。」
「はあ、って咥えたって何を?!」
「だからナニをですよ。俺が頑張ったら先生散々よがってよろこんで「あーーーーっ聞こえません!!」
「・・・涙目になりながら凄いとかもっととか言っていたくせに。」
「聞こえません~っ!!それですみません、カカシ先生それで俺のせいで今のあなたになるんですか?」

知りたくない事実やら何やらが次々出てきてもう俺の頭の中は理解不能な感じになってしまっている。

「うーんとですね、何となくイルカ先生なら『写輪眼のカカシ』じゃなくて『はたけかかし』であっても受け入れてもらえそうな気がしてたんですよネ。昨日は先生かなり酔っていたしやっぱり好きな人とは合意の上でしたいからと。最初は何もする気が無くて先生の事抱っこして寝ていたんですよ。髪の毛撫でたりしていたら先生がいきなりフフッて笑って。『気持ちいですね?ずっとこうしていたいですね。』って言ったんですよ。」
「・・・全く覚えていません。」

嘘だ。全くではないが誰かに抱きしめられていた感じや名前を呼ばれた事はうっすらと覚えている。
今までに感じた事が無いくらい幸せな夢のようだった。

「これはチャンス?と思ってじゃあもっと気持いい事しても良いですか?ありのままの俺でも良いですかって聞いたら『カカシさんは俺の先生ですもんね?どんなカカシさんでも俺はいいですよ。』って。いや~照れますね。あれ?イルカ先生・・・?」

何か知りたくない事が次々出てきてついでに魂まで少し出てきた気がするよって・・・『アッ!アアンッ!』
「先生何ぼおっとしてるんですか?ほら左より右の乳首の方が反応いいデスヨ!!」
「何すんだ、アンタは!!続きはどうした!」
「先生ったら積極的!乳首の続きで「話の続きだ!」
「それでですね、あなたが受け入れてくれるんなら自分を偽らないでありのままに過ごしてみようかな~と。」
「申し訳ないんですが酔っ払っていた為ありのままのカカシさんを受け入れた覚えはないんですよ。・・・今のカカシさんがありのままのカカシさんなんですか?!」
「そうですね~。ありのままって言うか『写輪眼のカカシならこうするだろう、ああするだろう』と思って行動してないです。自分が思った通りに話して行動して・・・。今の俺は身も心も物凄く楽です。それにイルカ先生なんだかんだ文句言いながら段々と俺の事受け入れてきてますよ?」
「・・・まあその話は後で。ところであの・・・その・・・俺、カカシ先生としてしまったんでしょうか?」
「あ、心配なく。まだ指しか入れてはいませんから。やはりそこは酔った上でなく起きてないとネ?ご安心下さい一生の記憶に残るくらい凄い事して差し上げますんで。」
「謹んでお断りしたいのですが・・・。って指入れたのかよ!!」

「まあじゃあ先生もちゃんと起きた事ですし始めましょうか?」
「はあ?っていつの間に背後に!!ちょっと耳たぶかまないでくださいって!!くっちょ・・・アッ・・・。止めてください!」
「イルカ先生大変です。先生のムスコさんが元気になってきました!!」
「ちょっとどこ触ってるんですか!!ちょっとカカシさん!!」
「任せてください。技師と言われたはたけカカシ全力を持って頑張らせていただきます!!」
「ちょっとま・・・アッイヤ・・・頑張らないで・・・クッ・・・いいんですが・・・。」
「ほらほらイルカ先生体は正直ですヨ?大丈夫昨日は指2本まで入るようになりましたしすぐですよ。」
「うるさい。何がすぐなんだよ!この変態上忍がーーーーっ!!」

俺の願いは聞かれる事は無くその後俺は彼によって一生忘れたいんだが忘れられないくらいな体験をした。
結局俺はカカシ先生を違う意味でも受け入れてしまった。
アカデミーと受付はその後2日間休まざるを得なかった位のとにかく酷い目に合わされた・・・。
ありのままのカカシ先生についてはうやむやなまま気がつけば教師という職業柄か俺は『はたけカカシ』としての彼をも受け入れてしまった状況にある。

あの日の柔らかい暖かい記憶は違う意味で忘れられないがあの記憶を受け入れるとその日にあったことなんかも一緒に受け入れなくちゃいけない気がして俺の中では無かった事にしている。

結局その後の俺達がどうなったかというとカカシ先生は上手い事『写輪眼のカカシ』と『変態な方のはたけカカシ』の折り合う点を見つけたらしい。
まあどっちかって言うと里にいる時や俺が関係する時は確実に『変態な方』のカカシさんだ。
最初は腰を抜かしそうになっていた3代目や周りの人たちは任務に影響が無いと知るとあっけらかんと受け入れていた。
今の火影様、五代目なんかは上手く良い様にカカシさんの事を使っている。
むしろ俺はくの一や『写輪眼のカカシ』のファンに詰め寄られたりして本当に大変だった。
だが徐々にカカシさんの本質が『変態』な方だと広まるにつれ騒ぎは収まっていった。
今ではむしろ俺の方が同情される始末だ。
いや、本当に毎日大変なんだよ?

「イルカ、はたけ上忍そろそろ来るんじゃないのか?」
「今日はどんな手で来るかな?」
「うるさいお前ら黙りやがれ!!」

「イルカ先生~あなたのカカシが今日も無事帰還しましたよ~。」
「俺のじゃないって何回言ったらわかるんですか!!」
「やだな~イルカ先生ってばツンデレ?」
「ツンデレじゃねえよ!!」

カカシさんは今も相変わらずだし俺も相変わらずだ。

まあそれって平和だからって事だし良いんじゃないかな?って思う自分は時々カカシさんに感化されてきてるんじゃないかと思う時がある。

「イルカ先生のためなら俺は何でもしますよ~。先生の一大事には何があっても駆けつけますね。」
「はいはい、期待してませんがもしもの時宜しくお願いしますね。」
「本当ですってば~!!」

受付からこんなやり取りが聞こえる限り木の葉の里は取り敢えずはきっと今日も平和みたいだ。



握れば拳開けば掌ーたとえ同じものでも気持ちや状況しだいでさまざまに変化する事のたとえ

<< 宿泊19日目~休暇~後編 | ホーム | 雑記とコメントレス >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。