プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

コピー忍者

短い話

追記から読めます

放課後のアカデミー。
調べ物を終えたイルカは使った資料を片付けるべく両手一杯の資料と共に資料室へと急いでいた。
「お疲れ様です、イルカ先生。凄い荷物ですね。手伝いましょうか?この後1杯どうですか?」
「お疲れ様です。カカシ先生。任務帰りですか?俺今日はアカデミーなんで報告書は受付にお願いしますね。あと手伝いは結構です。呑みも三日前に一緒に呑んだばかりじゃないですか」
「あー報告書はもう提出してきたんですよ。実は今回の任務で珍しい術をコピーしてきたんす。イルカ先生前に俺が印組むところ見てみたいって話していたじゃないですか?折角だから一番に見せようと思って」
「えっ?俺ですか?そう言えばこの前呑んでいた時にナルト達は羨ましいとか話したような・・・。」
「そうですよ~ナルト達だけ見れて良いなとか酔っ払ってましたけど延々と言ってましたよ。」
「うわー酔っ払っていたとはいえ図々しくて済みません。でも本当にいいんですか?」
「勿論ですよ!この術はイルカ先生の為に覚えてきたといってもいいかもしれませんよ。」
(いつも受付で告白してきたり酔った勢いでセクハラやら尻触ろうとする迷惑な事ばかりしているだけかと思っていたけど。酔ったときの約束覚えていて見せに来てくれたなんて・・・。ちょっと見直したかも)

「じゃあ始めます」  
物凄い速さで印を結んでいく手が優雅に舞を踊っている様にも見える。

真剣な顔で複雑な印を結び続けていくカカシ。


「終わりました。」
だらりと両手を脇におろす。
「?もう術はかかってるんですか?後から分かるとか?」
「いいえもうイルカ先生に術をかけましたよ」
「俺にですか?!でも変わった所なんて・・・。ひょっとしてどこか外見が変わったとか?」
「いいえ、見た目とかじゃないですけど。何かどこか変な所とか違和感とか無いですか?」
「何かそういえばスースーするような・・・ってあれ?」
まさかとは思うが両手は資料で塞がっていて確認することが出来ない。
「はい正解。履いているパンツだけを抜き取る術なーのね。ふふふっこの術見たときからイルカ先生に掛けてみたくて堪らなかったのよね。」
「俺のパンツは?!」
「この術を考えた人ってさ、絶対自来也様みたいなひとだーよね。」
「って話を聞け!!俺のパンツはどこだよ!このエロ上忍!」
「はいはーい。ここですよ。今日は演習もあったしサポートタイプのボクサーパンツですね。」
奴の手に握られているのはさっきまで履いていた筈の俺のパンツだ。
追いかけるが両手一杯の資料は邪魔し流石は上忍と言うべきスピードでひらひらと逃げていく。

頼む!せめてパンツを振り回しながら逃げるのは止めてくれ!!

「だから最初に資料片付けるの手伝いましょうか~って言ったじゃないですか。ほらほらイルカせんせ~廊下は走っちゃいけないって生徒に言っているのに先生が走って良いんですか~。」
「ふざけるなエロ上忍。俺のパンツ返しやがれ。」
「イルカ先生大切な資料落としたら大変で~すよ。勿論返しますよ~。あっ先生今お忙しいんですよね。資料の返却もあるだろうし。じゃあ邪魔にならないようにアカデミーの裏門でお待ちしてますね。」
「おい勝手に決めるな、何時も言ってるが人の話を聞け!」
「走ったらお腹空きましたね。じゃあ今日は呑みじゃ無くて食事にしまショ。では後程。これにてドロン。」
「だから話を聞けって・・・。」
ぼふんという音がして白い煙とともに数枚の木の葉が俺の言葉とともにふわふわと漂っていた。
「勝手に決めるなよって俺帰るまでノーパン・・・。」
一瞬無視して帰ろうかとの考えが頭をよぎったが持って行かれたのは動き回る演習の時用にと奮発して買ったパンツ。中忍の安月給では買い直すのにも懐が痛む一品。
しかもカカシ先生のことだこのまま帰ったら俺が受付に居るときにパンツを持ってやってきてあらぬ誤解を招くような発言を繰り広げられるに決まっている。
「あーあ、又カカシ先生のいいようにされてんな。悔しいから今日は絶対カカシ先生に奢って貰おう。そうだ席に着いたら勝手に天麩羅定食頼んでやろうかな?」

ブツブツと呟きながら今日も気まぐれな上忍に弄ばれている哀れな中忍は当初の目的の資料の返却をすべく資料室へと向かうのだった。

<< リゾートホテル木の葉へようこそ~序章~ | ホーム | 今日のお誘い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP