プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルミネーション・イミテーション 前編

高校生カカシ×教師イルカでクリスマスネタ第三弾です。
この2人は多分私が書いている中で一番イチャパラ状態なので書いていて自分で悶えます・・・。
イルカ先生は無自覚のうちにカカシ君に甘やかされ、それに慣れていってますね・・・。
そんなあまあまの2人で前中後編です。

高校生カカシと教師イルカ。全体的に甘い感じで良ければ追記からお読み下さいませ・・・。


イルミネーション・イミテーション 前編

「ねえ、センセ。クリスマスどうする?」
「んー?何がだ?ところで畑、お前学校はもう短縮日課なんだからとっとと帰れよ?」
「だってもう何日かで冬休みでショ?センセに毎日のように会えなくなるじゃない?」
「・・・お前夏休み中ほぼ毎日学校に来ていた奴の言う台詞か?ってお前は冬期講習なんかには行かないのか?」
「毎日ちゃんとやってるし。俺の場合は今更無理に詰め込んでも効果ないってわかってるから。だったら毎日自分で決めただけこなしていくつもりだーよ。」
「さすが出来る奴は言う事が違うなあ・・・。冬休みは俺も年末年始は休みだし畑も来るなよ?」
「ふーん?クリスマスイブは?」
「えっと確か・・・午前中だけ来て仕事だな。次の日は休みだっけな?その前の週末の3日間出勤だから休み貰っているはずだな。確か。」

くるりと上半身をひねり後ろにいる畑を見る。
彼は珍しく勉強しているんではなくて何やら雑誌をめくっている。

「珍しいな、お前がそんな雑誌見てるなんて。」
「ああ、クラスの奴が持ってきて皆で見てたんだけど。もういらないって言うから貰ってきたんだ。」
「なあ畑、お前暇なら自販機行って何か飲み物買ってきてくれ。」
「んー、センセ?インスタントの珈琲は?もう無くなったの?」
「ああ、さっき畑が昼ご飯の時に飲んだので最後だ。頼めるか?」
「了ー解。センセ何飲む?」
「大きなペットボトルか缶の炭酸頼めるか?味は任せた。おい、畑。ちょっと待った!!」

準備室のドアをするりと開けて出て行こうとする畑を慌てて呼び止める。
ポケットを探り小銭入れを取り出す。
「ほれ、これ持って行け。お前も何か買っていいからな。遠慮するなよ?」
一瞬自分の手に置かれた小銭入れと俺の顔を見比べた後、畑はふんわりと笑ってみせる。
「センセ、じゃあ俺もご馳走になります。買ってくるから待っててね。」
そう言うなりさっと走り去っていく。
銀色がさっと角を曲がっていったのを見送ると俺も準備室に引っ込む。
さっき畑が見ていた雑誌が目に入る。
『特集 彼・彼女と見たい首都近辺のクリスマスイルミネーション!』なんて書いてある・・・。
畑もこんなの見るんだなあ・・・なんて思ってぱらぱらとめくってみる。
都内のイルミネーションだけではなく近辺の県なんかのイルミネーションまで詳しく乗っている。
ふと気付きたが、所々にドッグイヤーと呼ばれるページの折り目がついている・・・。
どんな記事かと思ってみてみたが『車で見に行くイルミネーション!!少し遠いけど見に行く価値あり!!』ねえ・・・。
うわっこれは凄い!!一面のイルミネーションが様々な模様になっている!!
・・・これ折ったのはまさか畑か?でもアイツ免許証なんて持ってるのか?
なんて結構真剣に考えていたら準備室のドアがガラッと急に開いてその音にびっくりした俺は思わず手にした雑誌を取り落とす。

「センセ~買って来たよ。ってセンセそれ読んでいたの?」
「ああ、すまん勝手に見ていた。何買ってきた?」
「うーんとね、センセにはグレープの炭酸。俺はペットボトルの珈琲だよ。センセ遠慮なくご馳走になるね。」
「ああこっちこそすまない。ありがとうな。畑お前も炭酸呑むか?」
「少し貰います。ねえセンセ?センセのこの小銭入れって変わってるね?キーケースになってる?」
「ああ、ついでに言えば定期も入ってるぞ。そこのスナップのところ外してみてみろ。キーリングと定期入れるポケットがついてるから。」
「へえ、変わってるね?でも便利そうだね。」
「ああ何年か前に買って愛用してるんだが流石にそろそろくたびれてきてな。買い換えたいんだが同じタイプの品が中々売ってないんだ。」
「・・・そうなんだ。はい、センセありがとう。」

そういいながら畑は俺の手に小銭入れというかキーケースを返してきた。
代わりに俺は畑専用になってしまっているカップに入った炭酸を畑に渡す。
「その本結構面白いなイルミネーションなんかわざわざ見に行った事はないがそういうのを見ると一回くらい見に行っても良いかななんて思うな。」
「センセは24日は午前中だけ仕事って言っていたけど忘年会とかいつ頃あるの?」
「忘年会はもっと後だよ。24日は畑が今言ったとおりだよ。」
「へえっ丁度良かった。それで先生、クリスマスはどうする?」
「普通に仕事して帰って年末に向けて掃除かな?」
「そうじゃなくてどこに行く?」
「・・・畑。お前もしかしてお前と俺がクリスマス一緒に過ごす事前提として話してないか?」
「あれ、センセ他に予定あったの?」
「いや無いが・・・。]
「じゃあどこ行こうか?初デートがクリスマスってロマンティックじゃない?」
「・・・ちょっと待て、畑。お前な、自分の外見がどれだけ目立つか分かってんのか?」
「んーちょっと遠くまで行けば良くない?ほら俺一人暮らしだし時間とか気にしなくてもいいし。」
「ちょっと遠くまでとかそういう問題じゃなくてな。こういう時期は結構皆遠出しているもんなんだよ。しかも年齢差のある男2人組で片方は鼻の上に大きな傷があってちょんまげみたいな髪形で片方は銀髪だぞ?只でさえお前の外見は人目を引くんだから!!・・・ってお前何ニヤニヤしてるんだよ?」
「なんか嬉しくって。」
「何がだ?俺は今畑が喜ぶような事言ったか?」
「だってさ、センセが今気にしてるのって『生徒の俺と教師の先生がどこかに出かける事』じゃなくて『2人でいると目立つからどうしようって事』なんだもん。」

・・・しまった。畑が一緒に過ごすのが当たり前のような口調で言ってくるから何も考えずに話に乗ってしまった!!

「そうだな、生徒と一緒にしかも大学受験控えている奴と一緒に過ごすなんてもってのほかだよな!!よし、俺は家で大掃除をする。畑は家で受験勉強を頑張れ!!」
「えーセンセ息抜きも必要だよ~。」
「お前冬休み始まったばかりの時期に息抜きも何もないだろうが。あ、先に言っておくが明日から終業式まで俺準備室に居ないからな。」
「えっ先生なんで?!」
「短縮だからって会議やら講習会やら入ってるんだよ。終業式の日も終わったら昼ご飯皆で取りながらの全体会議だからな。だから畑が今学期来れるのは今日が最後だな。後な悪いんだが今日は一緒に帰れないからな。」
「なんで!!じゃあますますクリスマス一緒に過ごさなくちゃ駄目じゃん!!ねえセンセってば、聞いてるの?!」
「ん?聞いてはいるぞ。今日は同期の飲み会でここで待ち合わせて行くんだ。でもやっぱり生徒と過ごすのもなあ・・・。」

畑が手にしたカップを机の上に置き、俺の手に持っていたペットボトルもスッと取り上げてその横に置く。
そうしてそのまま俺の肩に手を置くと顔を近づけてきた・・・。

「畑?どうしたんだ?」
「センセが一緒にクリスマス過ごしてくれないなら俺にも考えがあります。」
そういうと片方の手を方から外し、俺の肩に自分の頭を乗せてきた。
首筋に息がかかってくすぐったい。
「・・・聞きたくないが一応聞いておく。どんな考えなんだ?」
「・・・センセの首筋に誤魔化しようがない位立派なキスマークつけます。と言うか襲います。」
「おまっ!!何ふざけてるんだ?冗談は止めろ!!」

そう言って畑から離れようとしたがいつの間にか肩から外された彼の手は俺の腰にがっしりと回されて身動きが取れない!!

「ねえ?センセ。俺色々頑張ってるんだからたまにはご褒美欲しいなあ?」
「畑、お前襲いますって何するつもりなんだよ?!」
「んー?イチャパラ的な何か?みたいな?センセ知りたいなら試してみようよ?」
「いや大丈夫だ試さなくていいから!!」

俺の首元でそう話すもんだからくすぐったいような鳥肌が立つような微妙な気分になる。
すっと肩に置いた頭をはずすと今度は俺の眼を見ながら
「ねえ?センセお願い。このまま冬休みの終わりまで会えないなんて俺無理だよ?どこか出かけなくても一緒に入れればいいから?」
と言ってきた。

必死になって俺に縋ってくる畑の姿を見ていたら段々と断るのが申し訳ない気になってきてしまった・・・。
あー俺って意志が弱い?それとも畑にほだされてる?

「・・・分かった。その代わり場所や時間なんかは俺が決める。それで良いか?」
「本当に?センセ嬉しい!!」
「ちょっと待て!!畑、俺に抱きついてくるな!!」
「センセごめんネー。つい嬉しくって興奮しちゃって・・・。じゃあ連絡取れないと困るよね?」
そういうと畑は俺から離れノートをちぎると何やら書き出す。
「センセ、顔赤いよ?これ俺の電話番号とアドレス。待ってるから必ず連絡してよ?」
「いきなり抱きつかれたら顔も赤くなるわ!!お前のスキンシップ何だか激しくなってないか?」
「そんなことないですヨ?じゃあ先生約束ね!!あっお休みなさいのメールとかくれてもいいから。俺待ってるね。じゃ今日は帰ります」

そう言いながらそそくさと荷物を纏める畑。

『そうか、気をつけてな?』と言いながら畑の使ったコップを片付けようと少しかがみこむと『ごめん先生そのままで』といわれ髪の結び目辺りから『チュッ』という小さな音がした。
何の音かと畑を見ると満面の笑みを浮かべながら
「センセの髪の結び目が可愛かったから思わずちゅーしちゃいました。」
と言われた・・・。
「・・・は、はあっ?!畑お前ちゅーって?!髪の結び目に可愛いも何もあるか?!」
「ふふっセンセ顔真っ赤。可愛いネー。じゃあクリスマス楽しみにしているから。バイバイ。」
と言いながらヒラヒラっと手を振り出て行ってしまった・・・。

俺は畑に渡されたメモを持ったまま首筋に残った畑の感触とか頭の上から聞こえた『チュッ』て音なんかと一緒に取り残されて・・・。
そのままどうして良いか分からずに赤い顔のまま一人で悶絶し続けた・・・。

<< イルミネーション・イミテーション 中編 | ホーム | いしんでんしん >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。