プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

イルミネーション・イミテーション 中編

現代パラレル・高校生カカシと教師イルカの話でクリスマス企画第3弾「イルミネーション・イミテーション」中編です。
珍しくイルカ先生がリードかも?!
後編が結構長くなる予定です。
良ければ追記からお読みください。




イルミネーション・イミテーション 中編

先日半ば強引に畑にクリスマスイブを一緒に過ごす事を約束させらふれた俺はその後ずっと悩んでいた。
あの日の夜帰宅してから散々迷った挙句に俺のアドレスと電話番号を知らせるために畑にメールした。
『海野です。メールがちゃんと送れたかどうか知りたいので申し訳ないが空メールで構わないから返信してください。』と言う文と俺の電話番号を書いただけの我ながら味気無いメールだった。
少ししてから畑からメールが届いたがメールをくれて嬉しいとか飲み会は終わったのか?とか細かなメールが届いた。
簡単な文面だったから申し訳なく思い俺もきちんと勉強しろよとかゆっくり休めとかメールを送った。
又メールが届いたがキリが無いから簡単に『俺はもう寝る、お休み』とだけ送った。
畑からも似た内容のメールが届きそれ以来彼はマメに朝晩メールをよこす。

さて、何処に行こうかと思い悩み、畑が準備室に置いていった情報誌を見ながら考える。
あれ以来彼は準備室に来ていない。
前と違って心配ないんだが終業式の日なんかは来そうな気がしていたからちょっと意外だった。
雑誌に目を落としどこに行く又考える・・・。

畑は言っちゃ悪いが目立つ。
銀髪なのは勿論だが顔立ちもモデルみたいに整っているから余計にだ。
帽子をかぶるとしてもどうだかなぁ等々一人で悩む。
歩いて行ける範囲は確実に確実に生徒達に会うだろう。
後は電車で出掛けるか・・・
だがやっぱり目立つんだよなぁと一人ため息をつく。
畑が卒業してるんだったら問題ないんだがと考えて問題はそこじゃない!と自分に突っ込みを入れる!
そうだ!良く考えたらはた畑のペースに巻き込まれて流されている気がする。
これで良いんだろうかと悩むが約束は約束だからと今度は又何処に行くかで悩む。

そんな時丁度畑からメールが来た。
『センセ、何処に行くか決まったの?俺楽しみにしてるね。』呑気なもんだと思わず八つ当たりぎみ勢い余って『まだ決めてないよ!おかげで朝から晩までお前と何処に行くかで頭が一杯だよ。』と送ってしまった。
ふと、我に返ったら何かすごい文面送ってないか!
慌てて次のメールを送ろうとしたら電話がかかってきた。

『ちょっとセンセ!なにすごい文面送って来てくれてるの?びっくりしたじゃないの!』
「・・・なぁ畑?お前何でオネェみたいな話し方なんだ?すまないんだがさっきのメールはちょっとうち間違えた。悪いんだが削除してくれて。」
『何言ってんの!速攻で保護しましたよ!削除なんてするわけないじゃないですか!』
「あーっ本当に削除頼むよ。ところでお前後ろが随分賑やかだな?」
『あん?まぁちょっと買い物に来てて。』
「そうか気を付けてな。24日なんだが申し訳ないがあんまり期待するなよ?」
『期待も何も俺は大好きなセンセと過ごせればそれで良いんですよ。』
「そうか。じゃあ時間と待ち合わせ場所だけ後でメールするよ。」
『・・・うん、わかった。楽しみにしてるね。』

電話を切ってため息を一つ吐く

散々悩んだが仕方がない。
出来れば使いたくなかった手なんだが2人で目立たず出かけるとなるとこれしか無いか・・・。
雑誌をめくり、色々と確認すると畑に再びメールすべく文面を考える。
取り敢えず暖かい格好をすることと出来れば帽子があった方が良いと言うことは伝えなければ。

12月24日当日は良い天気だった。
雲一つ無い青空が広がっていて俺は畑を迎えに駅へと向かう。
畑には暖かい格好をすることと俺が普段利用する駅まで来ること。
改札の外に出てロータリーで待っていることを伝えてあった。
駅について見回すとたダッフルコートを着てスキニージーンズにゴツめのブーツを履いた長身でちょっと猫背気味の姿が目に飛び込んできた。
声をかけるには少しだけ距離があるので電話をする。

「おー畑。時間より先に来ていて偉いな。」
『あっセンセ?ごめん、どこにいるの?』
「うんとな、畑の少し斜め前なんだけど・・・。お、目が合った。」
『えっ?!センセ、車乗るんだ・・・。』
車の中から手を振る俺に少し唖然とした表情を見せていたがハッと我に返ったような表情を見せた後こちらに向かって小走りでやってきた。

助手席のドアを開け乗り込んできた彼にコートを脱ぐなら後ろの席に置くように伝える。
「センセ、車乗るんだ。俺知らなかったよ。」
「ああ、最初は出勤も車だったんだが俺の通勤路は渋滞が酷くてな。出勤初日に遅刻しそうになって一週間で電車通勤に切り替えたんだ。」
「そうなんだ、可愛い車だね。」
「これは親が乗っていた車なんだがまだまだ頑張ってるぞ。本当はな、あまり車使いたくなかったんだが。まあ安全第一で行くし。万が一何かったら責任取らせて頂きます。」
「・・・センセ。そんな事言われたら何かあった方が良いと思っちゃうじゃないですか!!」
「畑。お前こそ何言ってるんだよ?!安全運転で行くから心配するなって!ほら出発するぞ!!」

畑に言い返しながら車を発車させる。
「時間は大丈夫って言っていたよな?そんなに酷い渋滞なんかは無いと思うんだが帰り遅くなったらすまない。」
「んー時間は大丈夫ですよ。センセがどこに連れて行ってくれるのか楽しみ。」
「あんまり期待しないでくれよ?」
そんな事を言いながら高速に乗る。
「ごめん、高速乗るとは思わなかった。ねえ?センセ本当にどこ行くの?」
「んー?だから着いてからのお楽しみだ。」
いつもと逆で珍しく焦った畑を鏡越しに見ながらにししと笑ってみせる。

そのまま他愛も無い話を続けながら運転を続ける。
途中大きめのサービスエリアに1回立ち寄る。

「ほれ、トイレ休憩だ。何か飲み物も買うか?高速乗る前にコンビニでもよれば良かったな。気付かなくてすまない。」
「それは大丈夫なんだけど・・・。本当にどこいくの?」
「んーそうだな。よしヒントだ!!場所は海と山だ。」
「はあっ?・・・判るわけ無いでしょうが?!本当にどこに行くんですか・・・。」
戸惑い気味の畑と珈琲を買い車に戻る。
「ほらほらお楽しみだろ?まだまだ楽しみにしとけ。」

畑に又にししと笑ってみせると俺は車を発車させた。
時間は十分に間に合う筈だ。
その場所は色々と調べたが今日は平日だからそんな混んでいないし入場制限もかからないはず。
そう思いながら車を目的地へと走らせる。

そんなに道も混んでいなかったからかほぼ予定していた時間に到着する。
途中からうとうとしていた畑は今は完全に寝てしまっていた・・・。
のぞき込むと、うわっ睫毛長い。こんなところまで銀色なんだと思いながら揺り起こす。
「畑、起きろ?到着したぞ。」
そう声をかけながら肩を軽く揺するがまだ寝ぼけているのか
「ンンッ。」
と言いながら俺に背を向けて寝ようとする。
仕方ないと肩をつかんで乗り上げる形で起こしにかかる。
「ほら、畑起きろ!着いたぞ!」
そう強めに言うと畑はまだどこかぼんやりした感じだったが俺を見るとヘロッと笑って
「センセ、大好き。」
と言いながらギュッと抱きしめてきた!!

「畑!お前寝ぼけるのもいい加減にしろ!」
と言いながら腕を突っ張って離れようとするがますます強く抱きしめられる。
やはりまだ寝ぼけているらしく今度は
「ふふっセンセ暖かい。」
と言いながら頬ずりまでまでしてきた!!
「はーたーけーいい加減にしろ!!」
とあらん限りの力で離れ車から降りて助手席側へとまわる。

ドアを全開にすると外の冷たい空気が車内に流れ込んでくる。
「さむっ!!」
と言って飛び起きた畑に声を掛ける。
「ほれ、降りろ。取り敢えず上に行くぞ?」
寝起きのせいもありカタカタ震えてる畑に声を掛けると彼はまだ状況が把握できてないらしく
「・・・ねえセンセ、ここどこ?」
と寝起きの擦れてぼんやりした声で聞いてきた。
「ん?上に着いてからのお楽しみだ。」
そう声を掛け行こうとするが畑はぼんやりとしたまま動かない。
仕方ないなあ・・・。
と思い、まあ人目も無いし畑も寝ぼけているしと自分にいい聞かせ、畑に向かってを差し伸べる。

「ほれ、畑。上に行くぞ。」
一瞬怪訝そうに俺が差し出した手を見た後、パッと輝くような笑顔を見せて俺の手を握ってきた。
「良いか?上に着くまでだからな?って言うかもう起きてるなら手を離せ。」
「いえ、まだ寝てます。眠いです。」
「本当か?もう完全に起きてないか?」
「そんな事無いです、まだ眠くてふらついてるかも。」
と言いながら俺に寄りかかってくる。
「・・・畑、最近スキンシップ多くないか?」
「んーでもセンセ本気で嫌がってないでショ?」
と言いながら握ってる手に少し力を込めてきた。
「嫌がってるかも知れないぞ?」
「んーセンセ。俺にはお見通しですよ?」
「何がだよ?!」

そんな会話を繰り広げながらやってきたエレベーターに2人で乗り込んだ。
手は握られたままだった・・・。

<< 仔イルカ小話 その7 | ホーム | イルミネーション・イミテーション 前編 >>


 BLOG TOP