プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仔イルカ小話 その8 と 仔カカシと仔イルカ

昨日も沢山の拍手やコメントありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

前回の仔イルカ小話で最後に仔カカシ君の名前だけ出したんですが、それはそれで別のカテゴリーにしようかな?とかやっぱり仔カカシは出さないほう?がとか迷います。
取りあえずどうするか悩んでるんで今回は普通の仔イルカの後に仔カカシと仔イルカの話の2本の話を載せてます。

この先のお話予定ですがリゾートでイビキさんを手伝う編(多分前後編)、新学期が始まったころに高校生カカシの年末年始のカカシ目線の話、変態上忍も書きたいしって毎日更新前提で話してますね・・・。
自分でもネタが尽きないものだなと思いつつ地味に更新しております。
現代パラレルの教師カカシとイルカも書きたいんですがそうすると多分彼らは脇役っぽくなりそうなんですよね・・・。
そう言えば昔考えていたのがイルカ先生が御茶屋の亭主で茶屋に来た人の話を聞くというネタもありました。
カカシ先生は珍しいお茶を仕入れてはイルカ先生にせっせと届けてナルトはその見習いでついて歩くみたいな・・・。

話がそれましたが追記からお読みください・・・。


仔イルカ小話 その8

「とーちゃんかーちゃん、あけましておめでとうございます。ことしもよろしくおねがいします。」
「はい、おめでとう。」
「おめでとうございます。父ちゃん、イルカにあれ渡して。」
「ほら、イルカ。アカデミーに入ったから今年からお年玉をあげよう。」
「いい、無駄遣いしないのよ?」
「うん、わかった!!おもちゃ屋が4日まで休みだから5日になったらおもちゃ屋さんに行って『新超合金マイト・ガイロボ』買ってきても良い?」
「だからあんたは年明けから怒らせないで!!無駄遣いって意味を知ってる?」

「うん、母ちゃんの化粧品でしょ?」

「・・・。父ちゃん?」
「ちちち違うよ母ちゃん!母ちゃんは美人だから化粧品なんか使わなくても十分だって事だよ!!」
「やだ、父ちゃんったら・・・。」
「なんせ、うちの母ちゃんは美人だからなあ~。(ヨシッ!!誤魔化せた!!)」

「あとブラジャーのパットも無駄遣いなんでしょ?」

「・・・父ちゃん?あんたイルカに普段何を言ってるの?」
「あーそうだ!!父ちゃんちょっとサクモさんの所に年始の挨拶に行ってくるよ。ほら、イルカも行くか?クナイと手裏剣のお礼きちんと言いなさい。」
「うん、行く!!カカシにーちゃんいるかな?」
「任務じゃなきゃ居るだろう?じゃあそういう訳で母ちゃんサクモさんの家に行ってきます。」
「いってきまーす!!」
「いってらっしゃい、父ちゃん、帰ってきたらお話があります・・・。」

「ねえ父ちゃんサクモさんって『白い牙』でしょ?おれ会った事無いから楽しみだよ。」
「そうだよ。いいか?あったらちゃんとクナイとかのお礼言うんだよ?あとな、もしカカシ君が居て明日任務が無かったらうちに泊まりに来て貰ったらどうだ?」
「ほんと?わーい!!カカシにーちゃんと一緒に寝ても良い?でもいきなりどうしてなの?」
「一緒に寝るのはカカシ君が良いって言ったらな。あのな、イルカと父ちゃんだけだと新年早々父ちゃん大変なことになりそうな気がしてな・・・。」

「・・・とうちゃんはさ、今年はお酒ひかえたほうがいいと思うよ。」

父ちゃんの酒の上での失言はついにイルカに諭されるレベルになったようです・・・。





仔カカシと仔イルカ

「カカシにーちゃん、お正月はおもち食べた?」
「んー?一応食べたよ?イルカは食べたの?」
「うん、すっごくいっぱい食べたよ?おれ、おもち大好き。」
「ふーん、イルカはおもちと俺とどっちが好き?」
「うーんとね、おもち!!だって美味しいもん!!」
「・・・でもね?俺だってモチ肌って言われるよ?おもちは食べたら終わりだけど俺はイルカにクナイも手裏剣も教えてあげれるし抱っこも肩車もしてあげれるよ?」
「うーん、でもなあ・・・。カカシにーちゃん、モチ肌ってなあに?」
「説明難しいかな?ほら、イルカ。俺のほっぺた触ってみて?こういうふうにおもちみたい・・・ってちょっとイルカ何するの?!」

「うわーん、かあちゃん消毒薬どこーっ?!」
「なに?どうしたの?!何があったの?!」
「カカシにーちゃんのほっぺに俺の歯形がついたー!!」
「は?何があったの?」
「すいません、大丈夫です。ほら、イルカ。俺は大丈夫だから泣かないで?」
「えっと・・・カカシ君、一体何が?」
「俺がモチ肌だって言ったらイルカが何か本物のおもちみたく美味しいのかって勘違いしたみたいで。ほっぺた噛んできてたんですけど、噛んだイルカが逆にびっくりしちゃって泣いちゃって。ほら、イルカ泣かないで?クナイの練習でもしようか?」
「本当に大丈夫?痛くない?」

「だいじょうぶだよ?むしろイルカにマーキングされたみたいで嬉しいって言うか・・・。」

「・・・ごめんなさい?カカシ君、今何って言ったのかしら?」
「いえ、なんでもないです。ほら、イルカ。抱っこしてあげるから泣かないで?」
「・・・カカシにーちゃん、ごめんね?おれクナイの練習したい。」
「ほら、心配しないで?じゃあ部屋にクナイ取りにいこう?すいません、失礼します。」
「・・・気をつけて練習するのよ?」

自分の子のお馬鹿加減と馬鹿な子ほど可愛いとは言うけどカカシ君のイルカに対する愛情に一抹の不安を覚えた母ちゃんでありました・・・。

<< 雑記とコメントレス | ホーム | 明けましておめでとうございます。雑記とコメントレス >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。