プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしよう(Side I)

どうしよう(Side I)になります。
一応エロなんで18歳以下の方はみちゃだめですよ!!エロが苦手な方もご注意ください!!
先日いただいたリクがどうしても18禁な内容になってしまう予感がします。
そんな訳でリクをいただいた方に満足していただく為に幾つかイヤンな内容な話を書いてみようかなと・・・。
そういった内容が好きでない方も居るかと思いますのでパスかけさせて頂きました(パスが上手くかけれないので又明日チャレンジします)

一応カカシサイドの話も考えていて続きがあるのです。
ですがおいらごときのエロ話に需要があるか分からないのでこの記事の拍手が20超えるか『続きが見たい』とコメントをもしいただきましたら明日書いてUPします
半端ない数の拍手ありがとうございました。「どうしよう (Side K)」UPしてます。宜しければお読みください。

ぬるいエロかと思いますが生暖かい目で読んで行っていただければ幸いです。
以上のことに納得いただけた方は追記よりお読みくださいませ

どうしよう・・・。
俺の隣でぐっすりと眠る人の顔を見ながら心の中で呟く。
少しくらいなら触れても大丈夫だろうか?
そう思いながら彼の目の上から頬にかけて縦に走る傷をなぞりながらもう一度呟く・・・。

どうしよう 

きっかけは些細な事だった
カカシさんと呑みに行って何かの拍子にカカシさんがふざけて俺の胸のあたりを小突いた。
そのときに『アッ・・・。んっ!!』と自分でも自分でも恥ずかしくなるような声が出てしまいあわててカカシさんを見ると真っ赤になって俺の顔を見つめていた・・・。
「すいません、カカシさん!!あの実は体術の授業があるのうっかり忘れていてアンダーの下にサポートのシャツを着るのを忘れていたんですよ。それでですね、あの、その・・・。」
「その、何ですか?」
「耳貸して貰えますか?・・・それでですねえっと言いにくいんですが授業で体術教えてる最中に擦ったらしくてアンダーに乳首が擦れちゃってなんか変なんですよ。」
そういった瞬間にカカシさんは口にしていた酒を吹き出しそうになりゲホゲホとむせている。
あわてて背中を擦るがカカシさんは苦しいのか顔を赤くしながらハァハァと荒く息をしている。
「すいません、変な話しちゃて。こんな話聞くならどうせなら綺麗なくの一の人から聞きたいですよね。合同授業だった同僚もふざけて薬塗ってやろうかなんて言ってきてからかわれたし・・・」
そう言いながら恥ずかしくなった俺は鼻傷をホリホリと掻く。
とたんにカカシさんはバネ仕掛けの人形みたく勢い良く俺の方を見ると肩を掴んで
「はぁっ!!それでイルカ先生はそいつに塗らせたんですか?!」
と詰め寄ってきた。
「そんな訳無いでしょうが。ふざけるのが好きな奴ですから冗談ですよ。帰りに未使用だからって薬までくれたんですよ。そいつのオリジナルらしいんですが是非使ってくれって言われましたよ。俺が受け付けなんかで切り傷多いからか前から渡そうとしてくれていたみたいですよ。」
そう言って生地が擦れるのが嫌で脱いであったベストから貰った軟膏を見せる。
カカシさんは物凄い真剣な顔でその軟膏を見ては蓋を開けて匂いを確かめていた。
「・・・イルカ先生?その同僚って飲んだりするとベタベタしてきませんか?」
「ベタベタって言うか絡み酒ですかね?肩組んできたりあちこち触ってきたりしますね。カカシさん良くわかりますね?」
「まぁね。・・・ねぇイルカ先生?明日は休みなんですよね?俺も休みなんですけど良ければトコトン飲みません?」
「カカシさんがそんなこと言うなんて珍しいですね?喜んで付き合わせて貰いますよ!!」

「イルカ先生大丈夫~?もう一件行っときますか~?」
「カカシさんこそ大丈夫ですか?もうこんな時間じゃ入ったらすぐにラストオーダーになっちゃいますよ?」
「じゃあ俺んちに来ませんか?っていうか決定です。ほら行きますよ?」
「ちょっとカカシさん、肩組むのは良いですけど胸の辺り触るのはやめてくださいって言っているじゃないですか!!」
「あーすみませんね。ついつい、じゃあ行きますか~!!」

「お邪魔しますね?」
そう言いながらサンダルを脱いで部屋に入る。
「荷物その辺に適当においてくださいね。脚絆もはずしちゃってください。」
そういわれて荷物と手に持っていた荷物を下ろし脚絆をはずしまとめると後ろにカカシさんの気配がした。
振り向くとにっこり笑って
「ねえ?イルカ先生。俺、やっぱり気になりますから今から薬塗ってあげますよ?」
と言われた。
何のことか良く分からないうちに抱えあげられ今まで入ったことの無い部屋に入るとそこはカカシさんの寝室らしくベッドの上に仰向けに置かれた。

「えっとカカシ先生・・・。薬って?」
カカシ先生はいつの間にかベストもアンダーも脱いでいてボケッと仰向きに寝ている俺の上に乗り上げてきた。
「ココ、気になるんでしょ?気になるまま飲んでも楽しくないですよ?」
にっこり笑ってそう言いながら胸の片方の突起を指で軽く撫で片方の突起を甘噛みされる。
全身がビクリと跳ね上がる。
「カカシさん、何を・・・。」
そう問いかける俺には目もくれず今度は俺のアンダーを捲り上げながらバンザイの体制にされ、脱ぎかけのアンダーで軽く腕を拘束される。

「昔から言うじゃないですか、つばつけときゃ治るってね。」

嬉しそうにそう言いながら今度は直接触れてきた。
片方はねろりと舐めあげた後また軽く甘噛みされながら舌で先端を舐め上げ、もう片方は指で突起を摘まれたが擦れて敏感すぎるそこは逆に痛みを感じてしまい思わず鋭い叫びをあげる。
「ありゃ、すいません。じゃあこっちも・・・。」
そう言うと舐めあげていた方の突起から口を離すと今度はそこを親指でこねくり回し、もう片方の突起に口をつけるといきなり吸い上げてきた。
又全身が跳ね上がりそうになり自分の口から聞いた事も無いような甘い声が紡ぎだされる。
「あっ・・・かかっし・・さアアッ!ちょ・・っとまって。・・・ってあっ!駄目ですって・・・あっんっダメダメ・・。」
思わず涙目になりながらカカシさんの顔を見ると今まで見たことの無いような満面の笑みを浮かべながら執拗に口で、指で突起を弄ってると言うより嬲っている。

ワザと大きな音を立て突起から口を離した後今度は俺の顔の横に片肘をつくともう片手を首の辺りに差込みそのまま手の平で頭をも落ち上げそっとキスしてきた。
何度も何度も軽く口付けしてきて俺が思わずため息を漏らすとその瞬間を見計らっていたかのようにぬるりと舌を差し入れてきた。
とっさに『喰われる!!』と思ったほどにカカシさんの舌は俺の口腔内を蹂躙した。
それと同時に俺の股間の部分を太ももやひざの辺りで刺激し始め自分の胸の突起を使って俺の胸を刺激してくる。
ズボンの中はパンパンになって苦しい位だし口の中は彼の自在に動き回る舌に翻弄され口の横から唾液がこぼれている。
胸は刺激され続け痛いんだか気持ち良いんだか分からなくなってきた。

ようやく口を離し俺が二人分の交じり合った唾液を飲み込むのを見届けるとにんまりと笑いながら俺の口の端からこぼれた唾液を舌でなめ取ってきた。
あまりの出来事に今だ酔いの残る頭はついていかず何でこんなことになっているんだと言うのと気持ち良いという思いがぐるぐる交じり合っている。
俺は肩で息をしながら今度は耳朶を口でねちねちと愛撫し始めたカカシさんに問いかける。
「カカシさん、何でこんなこと・・・?」
そう問いかけると耳たぶの後ろを舐め上げた後、俺の顔を見つめる。
「うーん、イルカ先生ってば普段から隙がありすぎなの。思わず悪戯したくなちゃったんだよね。」
「だからって悪戯にしては限度が過ぎてますよ!!ってちょっとカカシさん。本当に止めてください!!」

俺の頭の後に差し込んでいた手をはずすと今度はその手で俺のズボンを脱がしだす。
俺が腰を引こうとするとカカシさんの頭が覆いかぶさってきて又深く口付けられる。
口腔内を蹂躙される衝撃に思わず腰が浮いた瞬間を見計らっていたかのように一気にズボンがパンツごと引き下げられる。
器用にも膝で足先でズボンを脱がすと手を伸ばしてさっき俺がカカシさんに見せた軟膏の蓋を取り指ですくう。
「ねえ、先生。この軟膏だけど普通は気づかないかもしれないけど媚薬と麻酔の効果のある薬草も入っているよ。他の薬草なんかで匂いを消してるけどね。先生の同僚ってこれを使って先生に何しようとしていたんだろうね?」
そう言いながら少し下にずれると又口で胸の突起を舌先で刺激しだす。
「んっそ、そんなあっことは・・はあっ・・・しりま・・・んっあっ、せん!!」
息も絶え絶えにそういう俺を突起を舌先で遊びながら眺めると片手で膝裏をすくって持ち上げてきた。
それと同時にさっき軟膏を掬い取った指先を尻の間に持ってくるとある一点に塗りこめる。

「イルカ先生ココ使うのは初めてでしょ?取りあえずこれ塗っておけばかなり楽なはずだよ?」
カカシさんはそう言いながら執拗に、塗りこめるように指を動かしていたがいきなりツプリとそのまま指を差し込んできた。
思わず腰が逃げそうになるのを上から押さえつけられて逃げれないようにするとカカシさんは
「ここほったらかしにしておいて悪かったーね?ねえ先生もう先っぽぬるぬるなんてもんじゃないよ?そんなに気持ちよかったの?」
そう言いながらもう片方の手の親指の腹で先端をグリグリしながら残りの指で強弱をつけて握りだす。
先端の刺激と握るだけと言う中途半端な刺激に思わずもっと強い刺激がほしくなり腰が動いてしまう。
「先生ったらいやらしいねえ~。何して欲しいの?先生いつも言ってるじゃない。言わなきゃ分からないって。」
「あっいやっ。カカシさ・・・んんっ!!もっともっとしてくださ・・・いっ!!あっんーっ」
その間にも本来は排出する場所に差し込まれた指は休むことなく動き続け確実にに本数を増やしているのが分かった。
息苦しさやこみ上げる排泄感が気持ち悪くて浅い呼吸を繰り返していると俺自身を刺激していた指がはずされたかと思うと生暖かい感触に包まれた。

びっくりして体を少し起こすと俺の股間で銀色の頭が上下に動いている。
俺に見られている事に気づいたのか上目遣いにこっちを見る。
・・・ぞくぞくした。
もっともっとと思わず腰を動かしだしそうになったとき差し込まれていた指がある一点を掠めた。
瞬間強張った体とカカシさんの口の中にあった俺自身が質量を増したらしたことでそこが何なんだか気づいたらしいカカシさんは執拗にそこを狙って刺激してきた。
今度は強すぎる刺激に涙目になりながら『いや、らめ、んあっらめえ』と繰り返すことしか出来ない。
カカシさんは口の中から俺自身を名残惜しそう離すと涙目の俺をうっとりと眺めた。
「ねえ、もう入れていい?ちゃんと気持ちよくさせてあげるから。」
そう軽い口付けの合間に囁くと膝裏を掬うように持ち上げた。
緊張して思わず深呼吸して息を吐くのと同時に深く蹂躙するような口づけをされ、一気にカカシさん自身をを押し込んできた。

カカシさんが言っていたように麻酔が入っていたのか痛みはないが違和感が半端ない。
浅く息をして違和感を逃そうとする俺に小刻みに動かし最後まで挿入しようとするカカシさん。
『最後まで入ったよ。』の声とともに何やら奥からじんわりと熱くなってきた。
「いやっカカシさん。何か変。やっ?何これ?熱い!!」
「あー媚薬が効いてきたんだね。」
こともなげにそう言うとカカシさんはゆっくり動き出す。
ゆっくりとした動きでは敏感になってる俺はもどかしくて仕方が無い。
思わず刺激を求めて腰が動くとそれを見たカカシさんは少し動きを早めてきた。

「ねえ、先生。いつまで腕そのままにしておくの?すぐ取れる事、自分で知っていたでしょ?ほら、はずしなよ。」

そう言われてのろのろと手首に絡まっていたアンダーをはずす。
自由になった両手の行き場を探しているとカカシさんに首元にまわす様に促される。
言われたとうりに首元にまわすととたんにさっきまでのゆっくりした動きが嘘のように急に勢い良くガンガンに腰を振り始めた。
熱くなっている中が強い刺激をうけ半端じゃなく気持ち良い。
そんな事を考えながらカカシさんの首につかまってその刺激を受け取る。
思わず『もっともっと』なんて普段の自分なら絶対に言わないような台詞まで飛び出してきた。
「・・・あおるあんたがいけないんだからね?今日は覚悟してよね?」
そう言うとカカシさんは俺が意識を手放すまで俺の事を蹂躙し続けた・・・。

すやすやと眠る彼の顔の傷をそっと撫でる。
俺の体はカカシさんが清めてくれたらしくさっぱりとして寝巻きも着せられていた。
俺は幾度目かで記憶が途切れていたが何回やったのかいっそ数えて置けばよかったかとおもいさえした。
しかしカカシさんも酔っ払った挙句の悪戯にしちゃあ度が過ぎるよ。
こういう色事に慣れてる人だって噂には聞いていたけどさ・・・。
きっと『すみません酔った挙句に悪戯が過ぎました。お互いに無かったことで。』とか言われんのかなあ?
傷を上から下に撫でながら呟く。
「どうしよう。あんだけやっといて今更ながら実はカカシさんがずっと好きだったんです。なんて言えないよなあ・・・。」
ため息を吐きながら傷を撫でていた手を離そうとするとパッと手をつかまれる。
びっくりしてカカシさんの顔を見ると色違いの双眸が俺を見てる。
俺を見つめたまま彼の口がひらく。

「・・・ねえ、イルカ先生?」

何を言われるんだろう?
彼の口から出てくるのは耳障りの良い嘘か?それとも残酷な真実か?
聞きたいけど聞きたくない。
ああ、出来ることならいっそこの場から逃げ出したい・・・。

どうしよう・・・。

<< どうしよう(Side K) | ホーム | 仔イルカ小話 その9 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。