プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしよう(Side K)

昨日UPしました「どうしよう」のカカシ編になります。
*一応18禁です。18歳未満の方やエロが苦手な方はご遠慮くださいませ。
UPした後に「拍手20以上で続き書きますとか言って全然無かったら恥ずかしいな~。でも絶対某Nさんは『早く続きを~』と言ってくれるはず」とか思っていた訳ですよ。
お昼前に何気なく拍手数覗いたら30拍手超えてまして見て思わずモニターに向かってコーヒー吹きそうになり最終的に今朝の時点でお話として今迄で一番拍手を貰ってます・・・。
お忙しい中拍手くださった方一言コメントくださった方ありがとうございます。
一日でこんなに拍手を貰ったのは多分初めてではないかとも思います・・・。

これと中途半端なエロ小話でしばらく18禁的な話はリク話まではお休みになるかと思います・・・っつーかこんなんで需要あるのかいなとも思ったりしますし。

モデムの調子が悪く打ち直したら妙にエロシーンが長くなりました・・・。なんだか色々すみません。

イルカ先生版とクロスする内容もありますしエロと言ってもカカっさんが若干?ねちっこくしてる位ですが話の半分はイチャパラしてます。
よければ追記よりお読みください・・・。



半身を軽く起こし俺の腕枕で死んだように眠る彼の顔をじっと見る。
アカデミーで教えていて外での授業も多いからか割と色黒の彼だが俺が無理をさせすぎた為か今はうっすらと血の気が引いたように顔が白っぽい。
「ココまでする気は無かったんだけどね・・・。」
そう呟きながら彼の顔の鼻の辺りを横切る傷を指先でなぞる。
媚薬が入っていたとは彼の乱れっぷりは凄く、最初は冗談で済む範囲にしようかと思っていた俺も思わず彼の媚態に手加減せずに攻め立ててしまった。
彼が目を覚ましたらなんと言おう・・・。
「あーっ色々もっとゆっくりと事を進めるつもりだったのに!!」
彼の鼻の上の傷を指でなぞりながらため息を一つ吐き、そして呟く

どうしよう

口にした酒を吹きそうになり慌てて口を閉じるが鼻に入ってしまったらしくゲホゲホとむせる。
鼻の辺りがツンと痛い。
俺が何気なく小突いたときにイルカ先生がやけに艶っぽい声を出すから何かと思ったらサポーターのシャツを着ないで体術の授業をしたせいでち、ち、乳首が擦れて変なんですいきなり言われて思わず想像して赤くなってしまう。
イルカ先生は俺がむせているせいで顔が赤いと思っているからかそのまま会話を続けるがその話に先生の同僚が擦れた乳首に薬を塗ってやろうかとかいったらしくそこに思い切り反応してしまう。
先生はのほほんと『冗談が好きな奴なんですよ』とか『前から渡そうとしてくれていたらしくて軟膏貰ったんですよ』なんて言っておれにその軟膏を見せてくれる。

所謂持ち運び用の小さな軟膏ではなく蓋の直径が5センチくらいありそうな大き目の軟膏で蓋を開けてみたが見た目は普通の軟膏でかすかにハーブのような匂いがする。
その中に違和感のある匂いを感じイルカ先生の隙を見て人差し指で軽く取り親指と擦り合わせて鼻先に持ってくる。
・・・やっぱり!!他の匂いで誤魔化してあるが媚薬と若干の麻酔の効果のある薬草の匂いがする!!
先生の同僚って先生が拒否しなかったらこれを塗るつもりだったのか!!
イライラする気持ちを抑えながら何気なく先生にこれをよこした同僚は飲んだりするとベタベタしてこないかと聞いてみた。
『ベタベタって言うか絡み酒ですよ?あちこち触ってきたりとか。』そう言いながらカカシさん良く分かりますね~と感心している。
いやアンタのほほんと話してるけど確実にそいつに狙われてますから!!
いつ任務に出るか分からない俺と違って相手はいつも一緒の職場にいる同僚だ。
イルカ先生を怖がらせないようにゆっくり距離を縮めてきたけどそうも言ってられないかもしれない。
何気なく明日の予定を再確認しとことん飲もうと誘うとイルカ先生は嬉しそうに店員を呼び酒を追加した。
その隙に俺は先生が貰った軟膏をそっと自分の任務服のズボンのポケットに落とし込んだ・・・。

閉店ギリギリまで呑み、次は俺のうちに行くことにする。
イルカ先生が思っているほど俺は酔ってないのだが酔っている振りをしてイルカ先生と肩を組み、さりげなく胸の辺りをかすめてみるとビクッとして『ダメって言ってるじゃないですか!』と怒ってみせる。
そんな彼を誤魔化しながら俺の家に向かう。
『お邪魔します』と入った彼に『脚絆もはずしてくつろいでくださいね?』と告げる。
それじゃあと脚絆をはずして荷物と一緒にまとめている彼は俺がこれから彼に何をしようかなんてまったく想像もしていないんだろう。

『薬を塗ってあげます』と言い戸惑う彼を有無を言わさず抱きかかえ寝室に連れ込み仰向けに寝かせる。
良く分かっていない彼がきょろきょろと辺りを見ている間にベストとアンダーを脱ぎ捨て彼の上に乗り上げ服の上から胸の突起を片方は指でなぞり片方は甘噛みする。
全身を震わせて潤んだ目でこっちを見てくる彼に理性が吹っ飛びそうになるのを何とか押さえ込んでアンダーを脱がせながら軽く手首の辺りを拘束する。
本人も気づくだろうが服をたくし上げているだけなのでいつでもはずすことが出来る。
『唾つけとけば直りますよ』と言い呼吸が荒くなるのを抑えながら先生の胸にある突起の片方を舐めあげる。
もう片方を指で刺激したが先生が言うとおり擦れて痛いらしく鋭い悲鳴が聞こえてきた。
それならばと口で刺激いた方をそのまま唾液をたっぷりつけそのまま指で刺激しながらもう片方をいきなり吸い上げると先生はビクビクしながら聞いたことが無いような甘い声で涙目になりながら俺を見てくる。
そんなの痴態を彼を見て嬉しくなり満面の笑みを浮かべそのまま愛撫し続ける。
片方を甘噛みしてもう片方は指で軽く抓りあげる。もう片方を舐め上げ片方は親指の腹で刺激する。
先生は喘ぎっぱなしで呼吸困難でもおこすんじゃないかとふと心配になる。

乗り上げた体制のまま上のほうまでにじり上がり片手を頭の下に差し込んで口付ける。
普段しっかりと結んである髪はいつの間にか乱れていて頭の下に差し込んだ手で髪紐を解いておく。
最初は緊張して体を硬くしていたが何回か軽く口付け先生の緊張が解けた所を見計らって舌を捻り込ます。
歯列をなぞり口蓋を舌先で丁寧に舐め上げ、彼の舌を丁寧に愛撫する。
胸は自分の突起を使い細かく刺激し続けて閉じようとする足は膝を割りいれ太ももと膝で刺激する。
あちこちからの刺激に苦しくなったのか先生は口の端から唾液をこぼしている。
苦しそうに肩で息をしているから一回唇を離すと俺と先生の混ざった唾液を飲みこんだのが見え俺も先生の口の端からたれている唾液を舐め取るとそのまま耳朶を甘噛みする。
先生が苦しそうな声で『何でこんなこと』と聞くから冗談めかして『先生には隙がありすぎる』と答え頭の後ろにおいていた手をはずし先生のズボンと下着を脱がす。

キスしながら膝や太ももで刺激し続けていたのもあって下着どころかズボンまでしっとりとにじんできている。
脱がそうとしたら先生は逃げようとするから又口付けし、タイミングを見計らって一気に脱がす。
「ねえ、先生?そんなに気持ちよかった?ズボンまで染みてきていたよ?」
耳元でそう囁いた後自分のポケットからしまっておいた軟膏を取り出し指で救い上げながら先生に媚薬などが入っていることを告げると呆然としていた。自分がそういった目で見られているとは思ってもいなかったのだろう・・・。
体を少し下に下げすっかり乾いてしまった胸の突起を又交互に刺激し舌先でもて遊ぶ。
先生が又あえぎだした隙に片膝を救いあげる。
突起を刺激しながら掬った軟膏を尻の間のある一点に丁寧にねちねちと塗りこめる。
「あっや、そんな所・・・や、やんっ止めて下さい。」
あえぎながら言われるが聞くつもりはなく突起を思い切り吸い上げ弓なりになった体のの力が抜けた隙に指をツプリと差し込んだ。

膝裏を肩で押さえると今度はもうどろどろになった彼自身の先端を親指で刺激し続ける。
残りの指でゆるく握って刺激するが親指の刺激と比べ物足りないのか腰をもぞもぞと動かしている。
その隙に差し入れていた指を一気に増やしたが軟膏の麻酔の成分が効いているからか呼吸は浅いが特にイヤがられる様子もない。
もぞもぞする彼が可愛くてついつい『言わなきゃわからないと」意地悪なことを言うと『もっと、もっとしてくださいと』言われその媚態だけで思わずイキそうになる。
握っていた手をはずし代わりに口で愛撫する。
手で刺激している間にべとべとになっているのを丁寧に舐めとる。
うっすらしょっぱ苦いが先生が出したものだしと気にはならず舐めとると今度は口の中に全体を含んで上下に動かしながら合間に舌で刺激する。
その間にも増やした指で内部を緩めるように動かし続けたがどこかを掠めた瞬間俺の口の中の先生のモノがずくりと質量を増したのがわかった。
そのままその周辺を指先で探るとある一点で先生のあえぐのが止まらなくなりもっと見ていたかったが俺もそろそろ限界なので諦めて先生に口付けながら一気に押し込む。

媚薬が効いたらしく先生はその後も乱れまくっていた。
俺のことを煽るような台詞を吐き痴態をさらす。
人間も動物なんだよなと思うほど二人ともただお互いに求めまくっていた。

何回目か覚えていないが先生もどうやら体力の限界っぽい。。
あと一回と思い手を伸ばすと『もう無理です!!』と逃げられそうになった。
最後の一回だからと言うと『カかささんが激しくするから背中がシーツでこすれて痛いんです。』と真っ赤な顔で言われた。
いや、もうそんな顔見せられたら我慢とか出来ないからと思い先生を立たせて俺はベッドの端に座る。
「ねえ先生。背中痛くて無理なら俺の上乗ってよ?」
「は、は?はーーーーっ!!カ、カカシさん何言ってるんですか?!」
「だからね、俺が抱きかかえるみたくするんで先生は俺をまたぐ様にして・・・」
「いや体位の説明しろって言ってんじゃないですよ?無理無理無理です!!」
「先生はいつもアカデミーで『やってみなくちゃわからない』って言ってるじゃないですか?!」
「あれはそういう意味じゃありません!!アンタは何言ってんですか?!」


結局俺に押し切られた先生はしぶしぶと俺促され抱きつくようにして跨ってきた。
「そのまま腰ゆっくり落として貰えますか?首に手をまわしたままで良いですから。」
そう言うと俺の首に手を回したまま恐る恐る腰を落としていく。
やっぱり自分から入れるのは抵抗があるのか途中で動きが止まってしまう。
仕方がないから『先生ごめんね?』と一言謝ると先生の腰を持って引き落とす。
「!!」いきなりの衝撃に先生は声も出なかったらしくて『どうですか?動けそうですか』と聞いてみても涙目で恨みがましく俺を見ながらハアハアと浅く荒く息をしている。
仕方ないなと思い『先生膝で立ってられますか?俺に体重かけてもらって大丈夫なんで。』と聞くと少し腰を浮かして膝立ちの体勢になって俺に抱きついて先生からキスしてきた。
うわーたまんないなと思いつつ胸の突起を探りつつ下から思い切り突き上げる。

何度か繰り返していると先生は子供みたく首を振りながら俺にしがみついて『むっむっ無理!!もう・・・カカ・・・さん』と耳元で繰り返される。
『俺ももう少しだから頑張って。』と言うと『ダメ、むりぃ』と半泣きで言わて目が虚ろになってきた。
こりゃそろそろまずいなと思った所で耳元で『カカっ・・・さん・・・すきぃ』と言われ思考が停止する・・・。
え?先生今なんていったの?!びっくりして思わずイキそうになったのを我慢した・・・と思ったらいきなり先生にキスされてそのままイってしまった。
先生も限界だったらしくぐったりして荒い呼吸のまま意識が飛んでしまっている。

死んだように眠る先生の体を拭いて後始末をする。
シーツを替え服と一緒に洗濯機に放り込んだついでに自分もシャワーだけ済ませてしまう。
彼の隣に滑り込むと気配を感じたのかこちらに擦り寄ってきたので抱き寄せて腕枕をするとくふふっと笑ってそのまま寝ている。
あー可愛いなと思いつつ彼が目覚めてからのことが心配になる。
さっき言われた言葉は本当なんだろうか?

あの言葉が本当だとしても俺は昔の醜聞もあるし彼は俺が酔った上での悪戯の延長で抱いたと思っているんだろう。
取りあえず彼が狙われているのを知って焦ってしまいこんなことになったが起きたらきちんと謝ろう。
でもなあ、あれだけめちゃくちゃしておいて「あなたの事が初めて会ったときから好きでした。」なんて言われても信じて貰えないだろうな・・・そんなことを考えながら彼の顔の傷を撫でていたがいつの間にか寝てしまったらしかった。

何かが目の辺りを優しく行ったり来たりしている・・・傷をなぞられているとわかったが今度はため息を吐くのが聞こえた。
ああ・・・イルカ先生起きたんだ。体は大丈夫かな?そう思いながら優しく傷の上を撫でる彼の指が何とも言えず気持ちよくて俺はそのまま寝た振りを続けた。
しばらくして何か呟くのが聞こえたから聞き耳を立てると『今更カカシさんがずっと好きでしたなんて言えないよな』と呟いた後傷跡から指を離す気配がして思わず手を握って目を開ける。
ねえ、先生本当に俺の事好きなの?今度はちゃんと起きているよね?そう思いながら見るとイルカ先生はびっくりした顔で少し怯えた様に俺を見ている。

「ねえ、イルカ先生。・・・今言ったことは本当?本当に俺の事好きなの?ちゃんと今聞こえたよ?」
そう問いかけるとしばらく目を泳がせていたが急にキレながら話し出した。
「あーはいはい、そうですよ。好きで悪いですか?!カカシ先生は悪戯の延長だったかもしれませんけどね?そうでもなくちゃ何で男に抱かれようと思うんですか?何とも思ってなければ上忍だろう何だろうが俺は関係無くぶん殴って逃げてますよ!!」
一気に捲くし立てると肩で息をしている。
「あーもうたまんない。ねえ先生、俺も好きですよ。」
そう言ってたまらずに抱きしめるとびっくりしたようで暴れてきたがそのまま抱きしめていたらおずおずと背中に手が回されれて彼も抱きしめ返してくれた。

まだ疑っているような先生の顔中に口付けたあと耳元で囁く。
「ねえ、先生しよ?昨日は俺も先生もお互いの気持ちが分かってなかったじゃない?今はお互いに好きって分かったんだからきっともっと気持ちい筈だよ?っていうかもっと気持ちよくして見せるから。だからしようよ。」
耳元で囁いてから顔を見ると耳まで真っ赤にしてプルプル震えている。
「・・・あ、あ、あれ以上気持ちよくっておかしくなるからイヤです!!昨日だって散々したじゃないですか?!」
「お互いの気持ちがあるのと無いのじゃきっと全然違うって!!ね?先生お願い?」
「だからって・・・」
そう言いかけた先生の口を自分の口でふさぐ。
口腔内を蹂躙しているうちに先生の手が俺の背中と後頭部に回されたからこれはきっとオッケーが出たんだろうと思ってゆっくりと押し倒す。
俺の下で真っ赤になりながら『一回ですよ?一回だけですからね?!』という先生がたまらなく愛しくて。
二人で笑いあいながらもう一回深く口付けた。

ねえ、先生。一回は一回だよね?お互いにイカせなきゃ、イカなかったら良いんだよね?そう思って俺はにんまりと笑う。
そうしてイルカ先生はその後自分の言った『一回だけ』という台詞に死ぬほど後悔することになった。

次の日、書庫に行く振りをしてそろそろ受付に入る予定のイルカ先生を迎えに行く。
窓越しにこちらに向かってくるのが見えたが角を曲がる直前で同僚らしき人物に呼び止められたのが見えた。
何となく嫌な予感がして急いで向かうと二人の会話が聞こえてきた。
「イルカ、この前渡した軟膏は使ったのかよ。」
「あ、あーあれな・・・。」
「なんだ、なにお前赤くなってんだ?」
からかうような声が聞こえる。
イルカ先生が赤くなってるとしたらアンタがよこしたその軟膏を俺と使ったときのこと思い出してるからだよ!!
ぶち切れそうになるのを抑えてイルカ先生の後ろに立つ。

「あ、カカシさん。どうしたんですか?」
「イルカ先生。すぐ終わるからちょっと我慢してね?」
振り返りながら嬉しそうに俺の顔を見たイルカ先生の両耳を親指で塞ぎ残りの指で目隠しをする。
「は、は、はたけ上忍。どうかしたんですか?」
突然現れた俺に物凄い殺気をぶつけられ件の同僚はカタカタ震えだした。
「ねえ、アンタがイルカ先生にあんな媚薬の入った軟膏よこしたの?上手く匂いを誤魔化して作ってあったね~。」
「いえ、俺はそんなつもりじゃ・・・。」
「じゃあどんなつもりで渡したの?その前にイルカ先生に塗ってやろうかって言っていたんでしょ?」
「あの、それは・・・。」
彼は増していく俺の殺気をモロにぶつけられ全身が震えて膝が笑っている。
「言っとくけどあの軟膏は『俺とイルカ先生』でありがたく使わせて貰ったから。意味分かるよね?」
「は、は、ハイ分かります。」
返事をしながら壊れたんじゃないかと思うほど首をがくがくと縦に動かしている。
「アンタ以外にも俺のイルカ先生にちょっかいかけそうな奴がいたら伝えておいて。もし変な真似しようものなら死んだ方がまだマシだって思えるような目にあわせるから。それで今回の件は目を瞑ってあげるから。わかった?分かったならとっとと行って。」

脱兎のごとく去っていった奴を見ながらようやく手をはずすがイルカ先生はいまだに赤い顔をしている。
「先生、どうしたの?まだ顔赤いよ?」
「何か昨日のこと色々思い出しちゃって。あーカカシさん!!どうしましょう?!」
「先生がそういうこと言うとこっちも色々思い出しちゃうでしょ!先生責任とってくださいよ?!」
「無理ですよ!!これから受付だって知ってるじゃないですか?」
「ねえ、イルカ先生?こんな『どうしよう』だったら俺は大歓迎ですよ?」
「そりゃ俺だってそうですけど・・・。」
二人で顔を見合わせちょっと笑う。
「ねえイルカ先生?」
「ねえカカシさん?」
二人で声を合わせて呟く
どうしよう?



最後までお読みいただきありがとうございました。
UP遅くなって申し訳ないです。保存を押した瞬間に出た『このページは接続に問題があります』・・・。
いや1時間以上打ち込んでたんですけど!!とやさぐれて一人で朝から限定の雪見大福食べてました・・・。

普通のカカイルエロ話としては真面目?に初めて?書いたものなのでご満足いただけましたか分かりませんがもし満足いただけましたらぽちっと拍手ボタン押していってくださいませ。
かなりマジで更新の励みになっております。

多分カカっさんは一回は一回だからと延々とイルカ先生をねちっこくイカずイカせず攻め立ててます。
そのお話は機会があったら・・・。ってそんな話いりませんね。
後で雑記にも中途半端で読む人を選ぶようなエロ小話UP予定です。

<< 表裏一体(中途半端なエロ話) | ホーム | どうしよう(Side I) >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。