プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

くちはわざわいのもと

短い話。イルカ先生珍しく反撃しています
追記から読めます。

宜しければどうぞ・・・。

くちはわざわいのもと

午後ののんびりした雰囲気の上忍待機所
話をする者、煙草を吸う者、本を読む者、鏡に向かってポージングの練習をする者と各々のんびりと過ごしている。
甲高いノックの音と同時に鼻の上に横一文字に傷があり髪を頭の天辺で括った一人の中忍が入ってきた。
「お寛ぎの所失礼致します。今度の会議で使うプリントを持って来ました。これから配らせていただきます。」
ハキハキとそう言うとまずはとばかりに近くに居るポージングをしていた上忍に差し出した。

「お疲れ様です。ガイ先生。こちら宜しくお願いします。今日もポーズバッチリ決まっていますね。」
「ハハハッ☆ありがとうな。イルカだって今日も髪型☆バッチリ☆決まっているじゃないか。」
「はいありがとうございます。でも俺の髪の毛はガイ先生のサラサラした髪とと違って剛毛って言うか結構硬くて太いんですよね。」
「ハハッ☆だがイルカの髪の毛も黒々としていて綺麗だぞ☆」
「ありがとうございます。」

「へーっイルカ先生のって固くて太いんですね・・・。」

「・・・お疲れ様です。カカシ先生。プリントお願いします。後、大変申し訳ないのですが何時も言ってますように背後で耳元に向かってボソボソ喋るのを止めていただけますか?」

「そうなんですか固くて太くて・・・あっ!しかも黒いですよね。」

「カカシ先生!俺の話聞いてますか!俺の髪の毛の話ですよね?!」

「はいはーい勿論聞いていますよ。イルカ先生のモノが~固くて~黒くて~しかも太いって話でショ。」

「カカシ先生!申し訳ありませんが人の腰に手を回さないで貰えますか?全くいつもいつもいい加減にしてください!!」

「あっしかもこの前太くてゴムが切れたって話していましたよネ~。ご立派だと困っちゃいますネ~。」

「だから人の話を聞けって!!手を離せ!!」

(どこで聞いていたんだこのエロ上忍!!だが聞きようによっては髪の毛ともセクハラ発言とも聞き取れるギリギリの範囲だ!下手に反論すると又セクハラ発言のオンパレードで追いかけられることになる!落ち着け俺!そうだギリギリにはギリギリで返せばいいんだ!!)

一歩前にでるとクルリと後ろを振り向きカカシに向かってビシッと指差すイルカ。

「そうですね、確かに俺はモノは黒くて!固くて!太いんです。でもそうでしたらカカシ先生のモノは白っぽくて!柔らかくて!細い!んですね!」

一瞬の沈黙の後、上忍待機所は爆笑の渦に包まれた。
問題のカカシはと言えば一瞬青くなった後、耳まで真っ赤になり涙を浮かべ『イルカぜんぜいのばがーっ!!』と泣きながら開いている窓から外へと飛び出して行った。
「イルカお前も言うなぁ。しかしあいつどこに行ったんだか。」
笑いすぎたらしく目に涙を浮かべたアスマに言われたが
「三代目が居なくなられてからあの人のセクハラは日に日に酷くなって来て本当にうんざりしているんですよ。綱手様に何とかして下さいとお願いすると『幾ら出す』って言われてお終いになるし。」
とため息と共に返事すると納得したようで大きく頷かれた。
「まあどこ行ったんだか知らないが放って置けよ。そのうち帰ってくるだろうよ。写輪眼指名の任務じゃなければ俺たちが代わりに行ってやるからこっちに回してくれ。」
「アスマ先生。ありがとうございます。宜しくお願いしますね。」
言われなくても端から探す気など毛頭無いイルカである。
プリントを配り終わると今日は少しは静かに過ごせそうだと思いながら爽やかに待機所を後にした。

そしてその夜
『そういやカカシ先生あの後どうしたんだろう?結局あの後も姿を見かけなかったし。でも結構ショックだったみたいだしこれでしばらくは追いかけられなくて済むかも!せめて少しで良いから静かな生活が送れると良いんだけど。』
明日からの静かな生活を夢見つつ目を閉じたそのとき窓から何か飛び込んできた!

「イルカぜんぜい!何で探しに来てくれないんですかー!!酷いですよー!!」
突然飛び込んできたカカシに馬乗りになられとっさに声の出せないイルカ。
「先生、俺あの後考えたんですけどね。」
話しながらズボンのベルトをカチャカチャとはずし始めた。
嫌な予感しかしないが馬乗りの状態のため体が動かせない。
「先生が言った言葉が本当かどうかは先生が見て確かめてくれれば良いんじゃないかなーって。」
にっこりと微笑みながらズボンに手をかける。

「・・・っふざけんな!このエロ上忍!!早くどきやがれ!ああっ手を止めろ!ズボンを下ろすなーーーっ!!」

今日も平和な夜の木の葉の里に哀れな中忍の声が響き渡るのでありました

<< ±0(プラスマイナスゼロ) | ホーム | 宿泊1日目~再会~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP