プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

表裏一体(中途半端なエロ話)

*カカイルですがカカシ先生がMです。イルカ先生が受けだけど違う意味で攻めてます。
イルカ先生の言葉攻めやらMなカカシ先生が無理だなーと思うお方や18歳未満の方は申し訳ありませんがご遠慮くださいませ。
それでも宜しければどうぞウェルカムです
*こちらの注意書きを読んだ上で記事を読まれた場合の苦情等一切お受けできません


WEB拍手にて続きの連載開始しました。

こちらですが『今年一番に拍手くださった方のリク聞くよ』企画のときに下さったのが『どMなカカシ先生』でした。
自分の中ではカカシ先生はSな感じなので第二希望で良いでしょうか?とお願いしたんですがその後ボケーっと考えてるうちにMに目覚めていくカカシ先生なら書けるかな?と部分的には話が出来たんで中途半端終わり方かもしれませんがUPしてます。
*カカイルだけどカカシ先生がM,イルカ先生が違う意味で攻めている、イルカ先生言葉攻め足攻め等ございます。細かいことは気にしなーいと言う方はどうぞお読みくださいませ・・・。


表裏一体~表~

俺がそのことに気づいたのは些細なことがきっかけだった。
むしろその事がなければ気づかないままだったろう・・・。

『イタッ!!』『あっカカシさんすいません!!大丈夫ですか?!』『うん、大丈夫だーよ?でも今度から気をつけてね?』
カカシさんと比べて俺は経験が少ないからか余り色々と上手くない。
出来るだけ頑張っているが努力だけではどうしようもないことも多い。
その日は珍しく『イルカ先生に口でして欲しいな?』というカカシさんの願いで何とか頑張ってしているときだった。
ワザとではなかったのだが俺の犬歯が思い切り当ってしまいカカシさんが苦痛の声を上げた。
口から出して萎えるんじゃないかと思って手で刺激しながら謝ったのだがふと気づくと萎えるどころかいつもより大きくなっている・・・。
(俺だったら即効萎えるよ・・・。カカシさんどうしたんだろう?)そんなことをぼんやりと考えながら俺はカカシさんに引き寄せられるがままその後の行為に没頭した。

その事が頭の片隅にいつもあったからか俺はそれからカカシさんとする度に色々試してみた。
胸を愛撫するときに突起をいきなり抓り上げてみる。
咥えている最中に徐々に歯を立ててみたり鈴口に爪を立ててみたり。
肩口に噛み付きしばらく消えない痕を残してみたり・・・。
カカシさんは嫌がることはなくむしろ恍惚とした表情を浮かべるときさえあった。
だから俺は一回だけ、俺の勘違いであるかもしれないから一回だけ試してみることにしたんだ・・・。

「んー?じゃあ今日はイルカ先生が色々してくれるんですか?俺は何もしなくて良いの?」
「そうですね。後俺が今日はしますからよっぽどイヤじゃない限り抵抗しないでくださいね?」
そう言いながらカカシさんを下着姿にしてベッドの端に深く腰掛けて座らせる。
「ねえカカシさん?手を縛ってみても良いですか?」
「んー良いけど俺、縄抜けは得意よ?」
「そんなのわかってますよ?それでもいいんですよ。」
そう言いながら頭の上の辺りで親指同士を括りあげる。
「イルカセンセ~こんなんじゃあ俺すぐに解けますよ?」
「そんなの知ってますよ。ねえ、カカシさん?」
そう言いながら俺はカカシさんの目を見ながらにっこりと言い放つ。
「いいですか?何があっても俺が許すまでは・絶・対・に・解・く・な。わかりました?」
「何?今日のセンセ強気です・・・「カカシさんわかりました?俺が良いと言うまで『絶対に解かないでください!!』返事は?」
「・・・わかりましたよ。」
怪訝そうな目で俺を見るカカシさんだが戸惑いのほかにもどこか期待したような目の色に俺は気づいた。

「ところでセンセ?俺はどうすればいいんですか?センセは何してくれるの?」
「まだ何もしないでください。そのままで。」
「・・・で?センセは何で椅子に座ったまま何しているんですか?」
俺は椅子の向きを逆にして背もたれをまたぎあごを乗せただカカシ先生を見ていた。
「ん?カカシさんを見てるんですよ?俺みたいなしがない中忍に良いようにされてされて、見られてるだけで半分勃っちゃってる様な高名な上忍様の事をね?」
「・・・今日はセンセが色々してくれるんですよね?」
「そうですよ?あれ?カカシさん又更に勃ってきてるじゃないですか!!俺まだ何もしてないですよ?」
「・・・たまにはそんな事もあるんじゃないですか?」
「今日は」カカシさんが手を使えないんです。俺も手を使わないようにしますね?」
そう言いながら半分以上勃ち上がってるカカシさんモノに足を伸ばす。
『手が使えないなら足で良いですよね?』そう言いながら親指の爪でゆっくりと上下になぞる。
ワザと一番下と一番上まではなぞらないようにしていたらカカシさんは少しだけ息を荒くしながら自分から段々足を開いてきた。
それには気づかない振りをし、今度は足の親指と人差し指で挟み込むようにして刺激し続ける。

「ねえカカシさん?カカシさんは足でされるの気持ち良いんですか?」
「はあ?そんなわけないでしょ?センセったら何言ってるの?」
「そうですか?じゃあやめましょうか?」
そう言って刺激しつつけていた指を外し足を下に下ろす・・・。
「別に誰も止めろなんて・・・。」
「じゃあちゃんとお願いしてください?そうしたら又しますよ?」
「・・・お願いします。」
「ねえカカシさん?今時アカデミーの生徒でもお願いするときはちゃんと出来ますよ?きちんと『お願いします。いやらしい俺のおちんちんをイルカ先生の足の指で気持ちよくしてください。』って言わなきゃダメじゃないですか?」

普段は自分でも使わないような単語を選んであえて言ってみる。

「センセは俺にそんな事を言って欲しいんですか?何で俺がそんな事を・・・。」
「じゃあしませんよ?これで終わりにしましょうか・・・。それに『俺が』言って欲しいんじゃないんですよ?『カカシさん』が気持ち良くなる為に言うんじゃないですか?」
「・・・。」

カカシさんは普段の俺の様子と違うことに戸惑っているらしくどこか知らない人を見るような目ででもどこかうっとりしたような目で俺を見ながら眉根を寄せて悩んでいるようだ。

「カカシさん『言いたくない』んじゃなくて『言いなさい』。わかりますか?俺の眼をみていったらご褒美でちゃんと気持ち良くさせてあげますよ?」
にっこり笑ってそう言うとカカシさんは渋々といった感じで口を開く。
「イルカ先生。お、俺のいやらしい俺のおちんちんをイルカ先生の足の指で気持ちよくしてください。お願いします。」

「良く出来ました・・・!!」

いきなり下着のうっすらシミが出来ている部分を親指と人差し指で挟み込まれてカカシさんは面白いくらい背中をのけぞられて声にならない悲鳴を上げた。
「あ、カカシさん大丈夫ですか?つい力入っちゃったみたいで・・・。でも、まさかと思うけどカカシさん痛くされるの好きなんですか?ほら見て下さいよ。もう下着ぐちょぐちょですよ?」
「痛いのが好きなわけないでしょ?馬鹿じゃないの。何言ってんの?」
「でもほら、じゃあ何でこんなになっちゃってるんですかね?わかります?この音聞こえます?」
そう言いながら今度はあざ笑うかのように先端の部分を足の指で挟んだまましごいてみせる。
下着のシミはすっかり広がって生地からニチャ二チャと卑猥な音がしている。
「ねえカカシさん気持ち良いなら気持良いって認めなさいよ?そしたらもっと気持ち良い事してあげれるかも知れないですよ・・・。」
俺の眼をみないように横を向き荒い呼吸を繰り返しているカカシさんは俺が気持ち良い事といったときビクリと体を震わせおずおずとこちらを見た。

ああ、もう少しだ。早く、早く落ちてしまえばいい。
誰も見たことのないカカシさんを早く見てみたい。

「気持ち良い事って・・・。」
「そうですねえ?カカシさんと一緒で俺も手を使わないんですから・・・。いっその事、足の裏で踏んでみますか?それにこっちも寂しそうですよ?」
そう言いながら足を高く上げポツンとほったらかしにされていた胸の突起を足の爪でスレスレを掠める。
「んっ!!クッ・・・。」
触るか触らないかの微妙な感じだが何回か繰り返すとカカシさんは顔を赤くしながらぼそぼそと呟きだした。
「カカシさん?俺も眼をみて大きな声で言いなさい!!まさか・・・キチンと言えないんですか?」
立ち上げって見下すように言ってのける。
「っく!!」
カカシさんの眼は最初の頃のような挑むような色がいつの間にか無くなり、その代わりにどこかこちらを伺うようなおびえたような強請るような色が浮かんでいる。
「お願いします。俺のいやらしいおちんちんを・・・イルカ先生の足で踏んで・・・気持ちよくしてください。」
つっかえながらもカカシさんが言ってのける。

「カカシさんよく言えましたね・・・。」
俺は彼の前に移動し彼の開いた足の間に立つと少しかがんで耳元に口を寄せる。
片膝はワザと彼の座っているベッドの股間の辺りに乗り上げるようにして軽く触れるか触れないかのあたりでグリグリと動かす。
「じゃあちゃんと言えたカカシさんにご褒美ですね?」
耳元でゆっくりと語りかける。
「足の指だけじゃなくて足の裏でも感じたいカカシさんのいやらしいおちんちんにちゃんとご褒美をあげますね?」
そう言い、乗り上げていた膝を立てると足の指先から上に向かってにじり這わせるようにして触れていく。
とたんに又ビクリとカカシさんの全身が震えて俺の足の裏に感じるカカシさんのモノが質量を増したのがわかる。

くにくにと足の裏で刺激しながら又耳の辺りで囁く。
「ねえカカシさん。わかりますよね?俺の足に踏まれてカカシさんのいやらしいおちんちんがさらに大きくなったの?」
何かに耐えるかのように俺の目を見てくるからカカシさんの目を見てにっこりと微笑んでから思い切りさげすむ様に言った。

「足の裏で感じちゃってるんですか?この淫乱が!!」

そう言いながら足の裏で強く踏みつけるとあっけなくカカシさんはイってしまった。
そのまま踏みつけていると足の裏に吐精しているビクビクとした感触がリアルに伝わってくる
茫然自失といった感じでゆるゆるとこちらを見上げた青と赤の目はうつろだ。

・・・ああ、ぞくぞくする。
早く、早く、もっと堕ちてしまえばいい。

「次は何をしましょうかね?」
そう耳元で囁く。
ぼんやりと俺を見るカカシさんの目に今までと違う何か期待するような光が強く宿ったのが見えた。





WEB拍手にて「表裏一体『裏』」連載開始しました

<< 雑記とコメントレス | ホーム | どうしよう(Side K) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP