プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

プレゼント

機械音痴のあーさんの書いてくださった素敵イラスト見ていたら書こうかどうしようか悩んでた年末からのカカシ視点の話をもう少し書こうかと・・・。
あーさんのサイトの捧げモノ部屋に『大晦日』の素敵なカカシ君とイルカ先生がいらっしゃいます。
『イルミネーション・イミテーション』前後のカカシ君の話で渦巻一家とあった後はその時の心理状況みたいな感じです。
なんで読まなくても本文に差し支えないのですが意外とカカシ君頑張ってますしイッパイイッパイです(笑)

「先生と生徒と先生」→「プレゼント」→「本当のお守り」で年末から現在までの話になります。


プレゼント

「お邪魔しまーす。」
玄関先のインターフォンを鳴らすとそのまま玄関のドアを開ける。
かつて知ったるなんとかで遠慮は無い。
「あ、カカシ君。ナルトなら上よ。後でお茶もって行くから。」
「こんにちは、クシナさん。いや、俺ナルトの期末の結果見たらすぐに帰りますから。確かサスケ君の剣道の練習試合見に行くってナルトから聞いてますし。」
「試合はお昼からだったと思うってばね。じゃあミナトを部屋に向かわすわ。いつも悪いってばね。」
「いえ、こちらこそお世話になってますし。父からもよろしく伝えてくれと言付かりました。」
そのまま二階のナルトの部屋へ向かうと玄関先での会話が聞こえていたらしくナルトは階段の上で仁王立ちしニヤニヤしながら俺を待っていた。

「カカシ兄ちゃん!!見てってばよ!!」
そう言いながら手にした紙をヒラヒラさせている。
「お前ココで見えるわけ無いだろうが。」
「ナルト、自慢したいのはわかるから取りあえず部屋に戻りなさい。」
俺の後ろから声がする。
「あ、ミナトさん。ナルトご機嫌ですね。」
「うん、カカシ君のおかげだね。今回は本人もびっくりするくらい出来たみたい。」
そう会話しながらナルトの部屋へ向かう。
「ナルト随分ごきげんだけど結果と順位見せてみろ?」
ナルトはヒラヒラとさせていた紙を自慢そうに渡してきた。

「へぇっ頑張ったじゃないか!!」
思っていた以上の成績に俺も素直に褒めていた。
「俺様の実力だったてばよ!」
「そういえばサスケ君は?」
「・・・サスケなら今回もトップだってばよ。でもよ、でもよ、そのうちあっという間に抜かしてやるってばよ。」
キーキーいっているナルトを尻目にミナトさんが俺に封筒とぽち袋を渡してきた
「はい、カカシ君これ。いつもありがとうね。約束通り少しだけどお礼と、あとこれまだ早いけどお年玉。」
「こちらこそありがとうございます。父がよろしく伝えてくれと連絡がありました。」
「サクモさんは年末年始は日本に帰ってこないの?まぁ半年くらい前行ったばっかりだもんね。」
「帰国は発掘物の整理がもう少しついてからって言ってましたよ。でも年明けに俺が大学受かったらその関係の手続きと又本を出版するみたいでその関係でメールで処理できない部分があるらしく一回帰国しなくちゃって言ってましたね。」
「そう、帰国するときには教えてね。ほら、ナルト。サスケ君の試合見に行くなら用意しなさい。」
そう言いながらミナトさんと玄関に向かうが封筒をしまおうとしてふとその厚みに気づいた。

「ミナトさん・・・。これ俺が思っているよりずいぶん多いみたいなんですけど・・・?!」
「ん?カカシ君頑張ってくれたし、ナルトの成績も思った以上に上がったからね。カカシ君なら無駄遣いしないだろうし。どうせこれから海野君へのプレゼント見に行くんでしょ?良いのが見つかるといいね。」
「・・・ありがとうございます。じゃあ遠慮なく受け取らせていただきます。」
そう言いながら玄関を出る。
いつの間にかミナトさんの傍に集まったクシナさんとナルトにもまとめて挨拶する。
「じゃあ、今年は本当にお世話になりました。少し早いですが来年もよろしくお願いします。」
一礼し門を出る。
髪の色等で色々騒がれるとめんどくさいので帽子を深めに被りマスクを取り出しつけると駅に向かう。
「さーて、センセに何あげたら喜ぶかねえ?取りあえず色々みてみるかね・・・。」
きっと気に入るものは見つからないだろうとわかっているけど取りあえずセンセのために何かしたくて買い物に向かう。

「畑、暇ならお使い頼めるか?飲み物もう無くてな。」
そう言われて準備室を出て買いに行こうとするとセンセに小銭入れにしては少々大きめの物を渡される。
『お前の分も買っていいから。遠慮するなよ?』そう言われて思わず笑みが出る。
ああ、やっとここまで近づけた。
以前のセンセなら生徒に何か買ってやるなんて思いもよらなかっただろう。
そう思いながら手にした小銭入れを眺めるとかなりくたびれた感じだがキーリングと良くみたら定期入れにもなっているみたいだ。
へえ、こんなのあるんだ、便利そうだなと思いつつ飲み物を買って準備室へ戻る。

センセに聞くと便利で使っていたが若干古くなってきて買い換えたいらしい。
『よし!!これだ!!』と思いつつ問題のセンセのクリスマスの予定をもう一回聞くと午前中だけ仕事らしい。
さっきも誘ったのだがちょっと図々しく強気になって誘ってみたらセンセは『生徒と教師が出かけること』ではなく『俺たちの外見が目立つからどうしよう』ということがネックになっていた・・・。
あーどうしよう。幸せすぎて指先まで痺れたようになって叫びだしたいくらいだ。
その後、終業式までもう準備室にいけないことになったがドサクサ紛れに脅したりしょげたりしてみたらセンセは陥落してクリスマスを一緒に過ごせるようになった。
しかも場所や時間はセンセが色々決めてくれるらしい!!思わず抱きついたらあの時俺を肩車してくれた大きな背中が今は俺がすっぽり抱きかかえれるくらいになっていた・・・。
何となく目が潤んできそうになって慌てておどけた振りをしてノートの端に電話番号とメルアドを書いて渡す。
耳まで赤くなってコップを片付けている先生を見ていたらあの日肩車された俺のと眼下にあったのと同じ髪の毛が尻尾みたいに揺れていて思わずチュッとしてしまい誤魔化しながら準備室を退散した・・・。

その日の夜にセンセは登録したとののメールをくれた。
何回かメールのやり取りをした後も挨拶程度の簡単なメールを送るとセンセも返事を返してくれた。
終業式が終わって休みになり、俺はセンセのクリスマスプレゼントを探すべくあちこちのデパートやらショッピングモールやらを探す。
探すがなかなか『これ!!』というのが見つからず気分転換にセンセに楽しみにしている旨をメールすると何か凄い内容のメールが返ってきて思わず電話してしまう。
少しだけ電話した後『やっぱりこの人の事が凄く好きだな・・・。』と改めて思いもう一息頑張って探すかといった気分になった。
その後気に入ったのが見つかり『折角だから』『使いやすそうだったし』と自分に言い訳しながら俺も御揃いで買ってみた。
父やミナトさん一家以外でプレゼントなんて買ったのは初めてだからどうやって渡したら良いかわからず頭の中でシュミレーションを繰り返してみる。

クリスマスイブの日センセは車だった!!しかも高速に乗っていくらしい・・・。
確かに外見が目立つなら多少は遠くに行こうかって話していたから電車のつもりでICカードにも多めにチャージしていた。
いつもと違い俺がびっくりさせられまくっていたのと楽しみにしていて余り寝れなかったので車の中で爆睡してしまった・・・。
着いてからも寝起きでボーっとしているセンセに絡んでいたが俺を見てセンセは手を差し伸べてくれた。
どこかと思ったら海の上で夕日が沈む時間に合わせて俺を連れてきてくれたらしい。
二人で海に沈む夕日を見た。
今まで見てきた中で一番綺麗だと思った・・・。
これで終わりだと思ったらまだ出かけるらしい。
どこだろうと思っていたら俺が準備室においていった雑誌に載っていたイルミネーションが有名な場所だった・・・。

俺はどこかその辺で映画とか買い物でもしてご飯でも食べて街中のイルミネーションでも見れてセンセが雰囲気にのまれたらキスでも出来たらいいなとか思っていた。
そんな感じで軽い気持ちでセンセを誘ったんだがセンセは俺の予想を遥かに超えて色々なことを計画してくれていた。
色々なことが一気に起こって頭の中がグルグルして、どうしていいのか自分でわからない。
そんな中観覧車に乗り込んでセンセに聞いて隣に座る。
手を重ねてみても夏休みの頃と違ってびっくりされるわけでなく逆にどうしたのかと気遣われる。
だからイルミネーションにビックリしてと誤魔化した。
俺とセンセの距離は確実に縮まってきていると思うんだが『あくまでちょっと毛色の変わった生徒とちょっと仲良くしただ』と卒業して俺が生徒でなくなってから拒否されたらどうしよう・・・。
そんなことを考えていたらセンセは俺を気遣って昔のように首をかしげてどうしたか聞いてくるから又泣きそうな気持ちになって慌てて首を横に振った。

イルミネーションを見終わり車に乗り込んだ先生は迂回路ではなくゲートに向かうと途中で車を止めた。
出るように促され外に出て言われた通りに上を見上げる・・・。
降ってきそうな星空が広がっていてセンセは自慢げに俺を見る。
昔は俺に限りなく広がる青空と世界を見せてくれた。
今日は海に沈む夕日と降るような星空を見せてくれる。

・・・ああもう駄目だ。
溜め込んでいた想いがあふれ出しそうになってどうしていいかわからない

そのまま先生の前に立ちセンセの肩に頭を乗せる。
センセは嫌がる訳でもなくされるがままになっている。
そのままポツポツと俺はしゃべりセンセは相槌をうつ。
段々自分で何を言ってるか分からなくなってきて取りあえずこれだけは伝えなくちゃと『大好き』というと『ありがとうな』と言われた。

もう我慢が出来ずに思わず泣き出す。

センセはそんな俺の背中を小さい子をあやすようにトントンと叩きながら色々なことを話してくれていた。
俺が泣き止んだ頃センセは車に戻ろうと言うからそっと手を出してみた。
あの時は彼から手を差し伸べてくれたが今は俺が差し出した手を握ってくれた。
それだけで幸せで又泣きたくなった。

高速を使って帰りセンセは俺の家の近くまで送って貰い車の中でプレゼントを渡すとセンセはその場で開けて喜んでくれた。
俺も御揃いで買ったと言っても嫌そうな顔もしなかった。
『俺ばっかり貰って』とセンセに言われたがそんなことは無い。
俺はセンセに昔も、今も色んなものを貰っている。

あなたの傍にいられるだけで

あなたとの距離が近づくたびに

あなたが俺にだけ何か許すたびに

俺はあなたから贈り物を貰った気分になる

ただ俺は欲張りだからあなたが俺のどこまで許すのかそのギリギリの所まで踏み込んでいく。
余裕あるように見せてるけどね、俺だって結構イッパイイッパイなんだよ。
でも卒業までに出来るだけ距離を縮めたいからちょと隙を見せた所にぐいぐいと踏み込んでいくんだ。

だからねえセンセ、これからも覚悟しておいてよね。


<< 後悔先に立たず(大人向け) | ホーム | うたた寝 >>


 BLOG TOP