プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

うたた寝

さっき劇場版 疾 風 伝 の映画3本一挙放送をみながらうたた寝していたときに浮かんだネタです。
折角浮かんだので書かないと勿体無いかと・・・。
大人向けでカカシ目線とイルカ目線の両方入っています。
ぬるめですが大人向けです。
18歳未満の方、エロが苦手な方はご注意ください。
キリリクで「どうしよう」の続きをいただきました。
早ければ明日UPします


後で普通に高校生カカシのクリスマス前後のカカシ視点の話もUP予定です。

良ければ追記よりお願いします・・・。

うたた寝

「イルカ先生、今戻りました~。」
「ご無事で何よりです。報告書は出されたんですか?」
「勿論、そうでなくちゃイルカ先生ゆっくりさせてくれないじゃないですか?もう全身土っぽくて・・・。」
「お風呂沸かしますから取りあえずマントだけ脱いでください。後で洗いますね?」
「「ありがとうございます。これお土産です。後で飲みましょう?」
「これ、なかなか手に入れらいって有名な地酒じゃないですか?じゃあおつまみも用意しますね。」

そう言いながらカカシさんの差し出したマントと瓶を受け取る。
取りあえず一服とお茶お入れ風呂にお湯のたまるのを待つ。

「ねえ、カカシさん、今日こそ言いますね。」
「んー何をですか?」
「・・・カカシさんはいつの間にか任務の後に俺の家に当たり前のように帰ってきてますけど何でですかね?他にカカシさんの帰りを待ってる人たくさんいるんじゃないんですか?男同士で気兼ねないのわかりますけど。」
「イルカ先生は俺のことキライ?仲良くするのはイヤなの?」
「嫌なわけじゃないですけど・・・。カカシさんなら他にも綺麗な方より取り見取りでしょうに。何でかなとは思いますね。」
「んー聞きたいなら後で飲んだときに話しますね。」

「で、カカシさん俺のうちに入り浸るその理由って何ですか?」
風呂に入り簡単な食事を済ませ手土産の地酒を開ける。
少しとろりとした薄い琥珀色の液体をちびちび舐めるように飲みながらカカシさんは話し出す。
「そうですね・・・。まず俺がイルカ先生のことを好きな事は知ってましたか?」
手にした酒を思わず吹きそうになる。
「あーやっぱりわかって無かったですね。」
「カカシさん、それは友人としてですよね?」
「いえ、俺はあなたを抱きたいとずっと思ってます。」

イルカ先生は手にしたお猪口を落としそうになり俺は慌ててイルカ先生の手から取り上げテーブルの上に置く。
金魚見たく口をパクパクしてるが少し飲んだ酒が回ってきたのか目が潤んだようになり本人に話したら怒られると思うが凄く色っぽい。

「だ、抱きたいって!!この俺をですか?!本気ですか?!」
「勿論本気ですよ。俺あなたと中忍試験のときに揉めましたよね?覚えていますか?」
「覚えています、それであの後俺が謝りに伺ってカカシさんにお詫びなら一杯おごってくださいって言われてそこから仲良くさせていただいてるんじゃないですか。」
「俺中忍試験でもめた日にうたた寝していたらあなたを抱いてる夢を見たんですよ。」
「・・・俺を抱いていたんですか?こんなごついのつまらなかったんじゃないんですか?」
「いえ逆です。夢の中の俺はあなたの事が好きで好きでたまらないといった感じでした。あなたも俺のことが好きでたまらないといった表情で縋って来てくれて。正直夢でしたけど今まで色んな女を抱いたのよりも気持ちが良くて。起きてからしばらく本当に夢だったのかと。あなたが傍にいるんじゃないかと確かめたくらいでした。」

「・・・でもカカシ先生。それはあくまで夢の中の俺ですよね?実際の俺とは違いますよね?」
「それはそうです。俺もそう思ってましたがその一件であなたのことが気になりだしたのは確かです。仲良くさせていただいて一緒に過ごすようになって・・・。あなたの傍は俺にとってとても心地良いんです。任務できつい事があっても里に帰ればあなたが居てくれる。出迎えてくれると思えば頑張れるんですね。」
「俺はそんなたいした人間じゃありません。あなたが任務後俺の家に来るのも最初は正直面倒だとも思っていました。」
「それも知ってます。でもイルカせんせはいつの間にか俺のこと受け入れてくれたでしょ?夢であなたの事を意識しだしたのは確かです。でも今俺が好きなのは夢の中のイルカ先生じゃなくてここにいるイルカ先生なんです。」

いつの間にかカカシさんもお猪口を置き俺たちは膝を付き合わせた格好で話し合っている。

「・・・じゃあカカシさん。もし、もしですよ?俺のことを抱いてがっかりしたらどうするんですか?今度は又他の方のところに行くんですか?」
「・・・じゃあ抱かせてくださいって言ったらイルカ先生は俺に抱かれるんですか?」
「俺もあなたに友情以上の気持ちを持っているとは思います。そうでもなきゃこんな毎回毎日のように受け入れません。ただ俺自身この気持ちが分からないんです。変な話ですが一回そういうことをしてみればはっきりするんじゃないかと・・・。」

イルカ先生はそこまで言うと顔を伏せたが耳まで真っ赤だ。
俺は思わず唾を飲み込みながら少し上ずった声で聞き返す。

「えっと・・・。それって俺がイルカ先生を抱いてもいいってことですか?」
「・・・はい。こんなのでよければですが。」
そういい終わらないうちにカカシさんは俺を抱え上げると物凄い勢いで寝室に向かう。
俺をベッドに放り出すように置くと着ていたアンダーとズボンを脱いで俺の上にかぶさってきた。
俺の服を脱がしながら上ずった声で話してくる。
「ねえ、今更イヤだって言っても遅いよ?俺は先生のことずっと抱きたくて仕方なかったんだから!!」
そう言うとカカシさんは荒々しい言葉とはうらはらにそっと俺にキスしてきた。
唇薄いのにふにふにしていて気持ちがいいと思いながら角度を変えて何度も軽くキスきていたが唇をぺろりと舐められたかと思うと急に舌をねじりこませてきた。

俺の下で真っ赤になりながら必死になって舌を絡めてくる彼の姿を見つめる。
イルカ先生は色々と鈍い人だから気長に落とそうと思っていたからこんなことになって俺自身が一番びっくりしてるかもしれない。
でも折角のチャンスを逃す気はないからそのまま事を進めてく。
キスしながらそっと胸に手を這わせ突起を探るとそのまま指で愛撫する。
ビクッとした先生の髪を開いている片手で撫でながらもう片方の手でそっとこすってみたり軽くはじいてみたりと繰り返す。
もう片方の突起にも手を伸ばし刺激し硬くなってきたらつまんでみたり軽く抓りあげる。
お互いの下着越しに硬くなってきてるのがわかるから腰を擦り付けるようにして刺激すると先生は少しづつ鼻に抜けるような声を出し始めた。

カカシさんが俺の胸を愛撫しだし思わず体が跳ねる。
するとカカシさんはいとおしそうに俺を見ながら髪を撫でてながらキスしてくるから又力が抜けてしまう。
最初はお互い酒の混じった味だったが今は甘いとすら感じる唾液を交換し嚥下している。
するとカカシさんはいきなり自分の腰を俺の腰に擦り付けてきた。
お互いやんわりと硬くなってきていたモノがその刺激で急激に硬さを増しそれが更に刺激になって下着が先走りでぬるぬるしてきたのがわかる。
急な刺激に思わず声が出るとカカシさんはそのまま唇を離しそのままもう片方の胸の突起を軽く舌先で舐めるとそのまま一気に吸い上げてきた。
吸い上げながら軽く甘噛みされたり舌先ではじかれたりして訳がわからなくなる。
「あっ、んーっ・・・はあっ・・・。」
ひじで体を支えながら手と口で執拗に交互に胸を愛撫しもう片方は下着越しに弱くも強くも無く絶妙な力加減で擦りあげてきている。
先を擦りあげるときはワザときつめにしたり下着越しに先端の小穴に軽く爪を立てたりしてくる。
カカシさん自身はと言うと俺の太ももの辺りに下着越しにぬるぬるになったのがわかるモノを擦りつけてきていてそれはそれで何か凄くいやらしい。
「ねえ?イルカ先生キモチイイ?」
そう言うと又胸の突起を軽く噛んでみたりしながらカカシさんは俺のことをじっといとおしそうにみてくるから言うつもりなんか無いのに思わず口にしてしまう
「おれは・・・はあっ気持ち・・いいですっ!!カ、カシさんは・・・気持ちいいれすか?」

「おれはキモチイです。カカシ先生は。」
とイルカ先生に上気した顔で言われ俺は思わずイキそうにになってしまった。
何とか射精感を逃すとイルカ先生の尻に手を回しそっとその奥に触れようとするととたんに全身が強張るのがわかる。
思わず苦笑いすると体をずりあげ唇に一つキスを落とすと先生の目を見て話しかける。
「ねえ、先生。俺ねずっと待ってたしまだ待つつもりだったの。だから今日ココに凄く入れたいけど何の準備もしてないし先生にも出来るだけ痛い思いはさせたくないと思ってるの。」
そう言いながら又指先で尻の奥にそっと指を伸ばすと俺の体の下で先生の体が縮こまるのがわかる。
「先生は一回だけって言ったけど又抱かれてもいいと思ってる?それとももうイヤだ?」
先生の目を見ながら真剣に問いかける。

カカシさんの真剣な目を見て思わず問いかける。
「カカシさんは俺にがっかりしたりしてないんですか?夢の中のほうが気持ちよかったとか・・・。」
そう言うとカカシさんはおでこをくっつけ俺の鼻先に自分の鼻を擦り付けてきた。
「何馬鹿なこと言ってるんですか?夢の中なんか比べ物にならないくらい気持ちいいですし抱いていいなら毎日だって抱きますよ!!」
「・・・俺も気持ち良いです。変な言い方なんですけど気持ちが何かまだ追いついてこないんです。けど俺もカカシさんが好きなんだと思います・・・。」
そう言うとカカシさんは本当に嬉しそうに笑ったから俺もなんか幸せな気分になった。
「今日はこっちは使わないけどこのままだと二人とも苦しいから。イルカ先生手貸して貰える?」
こっちは又この次ねといいながら指を伸ばしてそっと刺激してくる。
『悪戯しちゃダメですよ!!』と言うと『次回の予約です』としれっとした顔で話してきた。

「じゃあ先生こうやって俺のと先生の両方握って持っててね?」
そういうとイルカ先生は真剣な顔で頷くからあまりにも可愛くて又軽くキスをする。
「カカシさん・・。」
と潤んだ目で見上げてくるからたまらず腰を動かし始める。
「あっ・・・ん・・・・っ」」色っぽい声を上げる先生にたまらなくなり思わず口を塞ぐようにキスすると先生から舌を絡めてきて興奮して思わず腰の動きが早くなる。
お互いの先走りでぬるぬるになってらから先生は握っているのが大変そうだけどその拙い手にまた興奮して射精感が追い上げてくる。
首を左右に振り髪を乱しながら先生は真っ赤な顔で俺のことを見つめてくる。
「も・・・無理・・イクッ!!」
「先生イキそうなの?俺もだから・・・。一緒にね?」
そう言いながら腰の動きをいっそう早めると先生は
「あ、あ、あーっイクっ!!」と体を震わせ、俺もその後「先生俺も・・・。イク!!」っと先生の腹の上にぶちまけながらイってしまった。

ふと気づくと目の前にカカシさんの顔がある。
あのまま二人でうとうとしてしまったらしいがカカシさんは俺のことを腕枕してくれていたみたいだ。
カカシさんはふっと目を開けて俺を見るとふふっと笑って小さく『イルカ先生好き。』と言ってまたうとうとし始めた。
その顔が何とも言えず無防備で安心しきってて俺は急に自分の気持ちがカカシさんの気持ちに追いついてきたのが分かった。
『俺もカカシさんが好きですよ。』思わずそう言うとぼうっとした目で俺を見て『夢でも嬉しい・・・。」そう言いながら又目を閉じた。
「夢じゃないんだけどな・・・。」
そう言いながら俺ももう一回目を閉じてうとうとし始めたらカカシさんにぎゅっと抱きしめられた。
カカシさんの見た夢はこんな風な夢だったのかなと何ともいえない幸福感に包まれながら俺たち二人は又うたた寝を始めた・・・。







<< プレゼント | ホーム | 先生と生徒と先生 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP