プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

後悔先に立たず(大人向け)

キリ番を踏まれた方が「遅くなったのですが『どうしよう』の続きと言うか途中が読みたいです。」といただきました。
まあ成人の日だから性人の日と言うことで・・・。
先日UPしました「どうしよう」の終わり際の話で今回はカカシ目線とイルカ目線が入れ替わりながら話が進みます。
ぬるいか濃いかはわかりませんが一応大人向けです。
18歳未満の方やエロが苦手な方はご遠慮ください。
2/3がカカっさんのターンで頑張ってます

大人向けオッケーな方は追記よりお読みくださいませ・・・。



後悔先に立たず


イルカ先生も俺のことを好きだった!!
信じられないが本当らしいしイルカ先生も俺が先生のことを好きなのが信じられないらしい。
抱きしめると最初は暴れていた彼もそのまま抱きしめて好きだとか先生も俺のことを好きで居てくれたなんて嬉しいとか
話していたら段々落ち着いて抱きしめ返してくれた。
顔中に口付けたあと『気持ちが入っているのと入っていないのでは気持ちよさが断然違うはずだから今からしよう!!』と真っ赤になって怒られた。
誤魔化すように口付けしたら段々と先生もノッてきたからこれはイケル!!と思ったら『おなかが空きました!!ご飯食べないと無理です!!』と駄々をこねられた。
「いいですか?一回ですよ?一回だけならいいですからね?」
そう先生に言われたが一回とは言われたが時間は制限されていない。
イカなかったら延々とやっててイイってことだよなと俺は解釈する。
イルカ先生、後悔先に立たずですヨ。

確かに昨日ヤリまくったしと思い俺も空腹なことに気づき朝ごはんの用意をする。
俺が貸したシャツにパンツという格好の先生は妙にそそられた。
トランクスタイプのほうが良かったみたいだけど後であれこれするときに生地が柔らかいほうが良いかと言う不純な思いだけでボクサーパンツを履いてもらう。
そんな俺の思いは知らず先生は『カカシさん料理上手いですね~。』なんていいながら嬉しそうに食事をしていた。

『ご馳走様でした。』そう言ってせめて食器くらい洗わせて欲しいとカカシさんに頼み洗わせて貰う。
ふと後ろを見るとカカシさんは何やらご機嫌な様子で鼻歌を歌いながらイチャパラを読んでいた。
さっきは『もう一回やろう!!』とか言っていたけどあの調子だとゆっくりのんびり出来るかもしれない。
カカシさんが俺の事を好きだとかまだ少し信じられないけどどうせなら待ったりイチャイチャして(ヤラなくて良いから)過ごしたいと思うし。
そんなことを思っていたらカカシさんが俺のほうを見て
「イルカ先生洗い物終わったの?だったらこっちにおいでよ。」
笑顔でそう言いながら手招きしてくれた。
ああ、幸せってこんなことを言うのかな・・・なんて思いながらノコノコとカカシさんの所へ向かった俺が馬鹿だった・・・。
カカシ先生の横に座るとニコニコしながら俺を見てる。
つられて笑うと質問された。
「ねえ先生。人間の3大欲って知ってますか?」
「えっと確か『睡眠欲』『食欲』と確か・・・『性欲』でしたっけ?」
嫌な予感がする・・・。
「良く出来ました!!ごうか~くっ。さっきまで寝て、ご飯食べてって事は残り一つだーよね?」
にっこり笑ってそう言うと物凄い速さで寝室に連れ込まれた。
いつの間にかベッドは綺麗に整えられていて感心してしまった。
その隙を突いてカカシ先生が抱きついてきた!!

俺に抱きつかれたイルカ先生はまだ何がなんだかわからないと言った感じでボーっとしている。
チャンスとばかり耳朶を甘噛みし胸の突起をシャツの上からなぞる。
ついでにと自分の股間を押し付ける
「ちょっ!!カ、カシさんっ・・・。まって、んっ!ちょそこ擦れていたいですっ」
そう言えば先生胸が擦れて痛いからって話からこんなになったんだっけ・・・そう思いながら胸の突起を擦っていた手を外す。
「じゃあ口なら良いですか?それともあの軟膏薄く塗ってみます?」
そういうとイルカ先生は真っ赤な顔で首を横にブンブン振りながら『あの軟膏はイヤです。』と恥ずかしそうに言ってきた。
そうだよね、昨夜は大変なことになっちゃったもんね、でも後で使うけどね。
そう思いながらシャツを脱がせようとすると先生は『自分で脱ぎます・・・。』と裾に手をかけ一気に脱ごうとした。
へえ、今まで人の着替えなんてまじまじと見たことなかったけど、シャツを脱ごうとすると自然と胸を突き出す格好になるんだ!!
ちょうどベッドに腰掛けた目の前にイルカ先生の胸が突き出された格好になっていてこれは『据え膳喰わぬは何とか・・・』って奴だろうと思い折角なんでいただくことにすろ
「いただきます。」と言うとイルカ先生がへ?見たいな声を上げたがかまわず片手で腰を引き寄せ片方の突起をぺろりと舐めあげて湿らせてからそのまま指で愛撫しもう片方も軽く吸いながら愛撫し始めた。

シャツを脱いでいると『いただきます』と訳のわからない声が聞こえた。
なんのこっちゃと思ったらいきなり腰を引きよせられ胸に電気が走った見たいな刺激がきた!!
ちょっとカカシさん何してんだよと思ってシャツを早く脱ごうとするがカカシさんが軽く指ではじいてみたりそのまま指の腹で擦ったり、唇で軽く咥えながら舌先でもてあそんだりとか次から次にしてくるから上手く脱げない。
「あっ、はあっカ。カ、カカシさん!!ちょっと待ってえっ・・・服脱がせてっ」
頼んでいるのにカカシさんの手も口も止まらないどころか余計に激しさを増してきた。
もう膝ががくがくして立ってられなくてカカシさんの膝に乗り上げて自分からカカシさんに胸を押し付けるような形になってしまってる・・・。
「カカっさ・・・もう無理無理ぃ!」と言いながらがくがくしながら身を捩じらすとカカシさんはやっと手と口を離してくれて俺はシャツを脱ぐことが出来た。

「・・・無理ぃ!」とイルカ先生は涙声で言いガクガクしながら快楽から逃れようと体を捩じらせている。
さすがに少しやりすぎたかと思って口と手を離すとシャツの下から真っ赤な顔で涙目の先生の顔が現れた。
うわっスゲエ!!腰にくる!!と思いながら我慢できなくなって先生の股間に手を伸ばす。
バッチリ勃ってるそれを下着の上からゆるゆると撫で擦るとすでに先走りでシミになってる辺りからニチャニチャ音がしだした。
イルカ先生は腰を俺が抱えてしまってるから逃げようが無く脱いだシャツを握り締めながら真っ赤になって声を出さずに耐えている。
うーん、そういうの見ちゃうと何とか声出させてよがらせたくなるよね!!と思いイルカ先生の顔をにやりと笑ってみた後さっきまで弄られまくって赤くなってしまっている胸の突起を口に入れた。
とたんに先生は俺もビックリなあえぎっぷりでビックリした。
一回イッたら終わりと言うのを思い出し胸の口を離しと股間から手をどけるとベッドに引っ張り込んだ。
「ねえ、先生俺のも触って?」
そう言うと先生はそうっと俺の股間に手を伸ばしてこわごわと触ってくるからその上から自分の手を重ねて『こういう風に触って?』と言いながら一緒に手を動かして見せた。

カカシさんに散々胸や股間やら触られた後ベッドに引きずりこまれた。
『俺のも触って?』と言われ手を伸ばしたがどうやって動かしたらいいか分からない。
おずおず触っているとカカシさんの手が重ねられて一緒に動かされた。
ってこのでかいのをこれから俺の中に入れるのかよ!!
昨日良く入ったなあ・・・軟膏のお陰か?!とか思ったが改めてみると普通なら『無理です、勘弁してください』と言っていたかもしれない・・・。
取りあえずカカシさんにされて気持ちが良かった風にしてみようと思い先端だけ強めにしたりぐりぐり指で押し込んで見たりしていたらカカシさんの呼吸も荒くなってあえぎだした。
「先生、少し体をこっちに向けてくれる?」と言われ素直に向いたら下着を下げられ尻の間の奥に又ぬちゃりとしたものを塗られ執拗に塗り広げられた。

イルカ先生が自ら俺のモノを扱き出してくれた隙を狙って昨日の軟膏の蓋を開ける。
こんなのを先生に使おうとしたことに関してはなぶり殺しにしたいがこの軟膏は凄く良くできているし薬に罪は無い。
昨日みたく大量に使うと先生も体力が持たないから必要最低限の量を掬い取る。
『先生、体少しこっちに向けて?』と頼み素直に体を向けてきた先生の下着を膝まで一気にずり下ろし奥にある一点に軟膏を塗りこめる。
片手で先生のモノを直接扱もう片手は軟膏を塗りこめながら指を入れていく。
昨日散々したせいか最初から指はすんなに入りあっという間に3本入った。
「ねえ、先生もう3本指がはいったよ!」
と言ったら『いちいち言わないでいいです!!』と怒れれた。ちぇっ。

カカシさんに指が3本入ったといわれたが昨日に比べたら違和感が少ない。
下着越しに擦るのも布地があたって痛いんじゃないかと下着を下げて直接触る。
カカシさんが『先生キモチイイ』と言ってきたからなんか嬉しくなって頑張って触る。
『ごめんもう無理、入れてイイ?』と聞かれやっぱり怖いけど頷いた。
両膝の裏を持ち上げられて『大きく息を吐いて?』と言われたとおりにしたら指とは比べ物にならないくらいのカカシさんのモノが一気に入ってきて息が止まりそうになった。
浅く息をしていた俺に気づいて『先生大丈夫だからゆっくり息をして?」って言われてもそんな余裕はない!!
すると半分萎えかかっていた俺の股間に手を伸ばしてゆっくり擦りだした。
そっちに気をとられだしたところでカカシさんはゆっくり腰を動かし始めた。
繋がってるところからぐちゅぐちゅ音はするし軟膏の媚薬のせいか俺の中は熱くなってくるし訳が分からなくなってきた所でカカシさんがある一点をかすめ甲高い声が出てしまう。
『そうだよね~ココが先生のイイ所だよね~。』にやっと笑ってそこだけ執拗に擦ってくる。
「ダメ、無理ぃっ・・・イクっ!!」
っと俺がイキそうになった時ピタッと動くのをやめた。
「一回イッたらお終いって約束だもんね?まだまだ楽しみたいから先生もう少し頑張ってね?」
そう言って花が咲きほころぶ様な笑顔を見せたが俺には悪魔の笑みにしか見えなかった・・・。


「カカ・・・さん、もう無理ぃぃ!!ダメ、っあっイクっ!!」
「ん~もう少し頑張ってね?」
さっきから何回も先生がイキそうになるたびに止めて別の事をして気をそらす。
又先生がイキそうになると体位を変えてみたりする。
そんなことを繰り返していたら先生の意識が飛びそうになってきたのが分かった。
さすがに俺もそろそろ限界かもと思い先生に尋ねる。
「先生?そろそろ俺もイキたいんだけど最後はどんな体位にする?」
先生はボーっとしながら
「・・・昨日の抱きつくのがイイです。」
と言ってきた。
「ん~じゃあ先生昨日見たく俺の上またがってね?俺も手伝うからゆっくり腰落としていって?」
俺の首に手を回しながら素直に俺の言うことに従うけど自分で挿入するのは怖いらしく俺のほうを見てくる。
あー可愛いなと思いつつ延々とキスしながら腰に手を添えてゆっくり入れていく。
全部入った所で一回唇を離して先生には膝で立ってもらって腰を動かす。
耳朶を愛撫していたら先生も俺の真似をして俺の耳朶に悪戯してきた。
俺も限界が近かったし先生に抱きつかれて気持ち良いのもあってすぐにイキそうになってきた。
『先生、俺・・・イキそうかも!!』『カカ・・っさん俺ももう無理、あっ!!』
先生の声が耳元でイヤらしく響いて俺たちはほとんど同時にイってしまいそのまま二人で後始末もせずに寝てしまった・・・。

「あのお・・・。イルカ先生?」
「何ですか?カカシさん!!」
「せめて下着くらい履きたいんですが・・・。」
「どうせぐちゃぐちゃで履いたって気持ち悪いでしょうが!!」
「ぐちゃっぐちゃにしたのはイルカ先生なのに・・・。」
「っ!!カカシさんだって人の事言えないでしょうが!!」

爆睡した俺たちだったが起きたときに俺を待っていたのは恋人同士の甘いささやきじゃなくてイルカ先生のカミナリだった。
俺は真っ裸のまま正座させられて膝突き合わせてイルカ先生に怒られている。

「大体あんたねえ?一回は一回ですが限度ってものがあるでしょう?俺だって明日アカデミーがあるしカカシさんだっていつ任務が入るか分からないんですよ?!なのに延々とネチネチといつまでも続けるし・・・。」
「先生も悦んでいたじゃないですか?もっと違った体位とか入れた方が良かったですか?」
「そういう問題じゃないんです!!限度ってものがあるでしょうが?」
「俺はまだまだいけますが?」
「上忍と中忍の体力を一緒にしないでください!!」

イルカ先生は真っ赤になって怒っているが俺から見たら可愛いだけだ。

「分かりました。今度から気をつけます。」
「本当ですね?約束ですよ?」
そう言うとイルカ先生はほっとした様子でやっと立ち上がる。
「まあ今度からということで取りあえず今日は一緒にシャワー浴びましょうか?」
「えっ?俺一人で入りますよ?」
「いやいや、うっかり中で出しちゃったんで始末しないと。安心してください隅から隅まで念入りに洗って差し上げますね?」
「カカシさん大丈夫ですから~っ!!」

先生を小脇に抱えて風呂場に向かう。
先生が騒ぐのをBGMに明日あの薬をよこした奴を〆なくちゃいけないと思った。
でもこんなことがなければしばらくは友達付合いが続いていただろうし脅すくらいで勘弁してやろうと考て風呂場のドアを開けてどうやってイルカ先生をよがらせようかとニヤリと笑った。

<< 宿泊20日目~日常的風景~ | ホーム | プレゼント >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP