プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当のお守り

明日センター試験と言うことで高校生カカシと教師イルカのシリーズです。
これで来月のバレンタインまでこの二人はお休みかもです?
でも朝晩とメールしてるんだろう・・。
この二人の話が書き進まない時はイチャパラ的な感じになって若干モゲロと思いながら書いているからです・・・。

カカシ視点の話の最後になります。
宜しければ追記よりお読みくださいませ・・・。



「失礼しま・・・・えっ!!センセこれから授業なの?」
「えっ?畑、どうしたんだ?ああ、授業の振り替えでこれから行って来る。」
「あー俺一緒にお昼食べたら帰ろうと思って弁当作って来たから。」
「いつもすまんな・・・。なぁ畑?お前今日自由登校だよな・・・?」
「うん、そうだよ。あっセンセ。待ってるから戻ったら一緒に食べよー。そしたら帰るから。」
「・・・なぁ畑?弁当はありがたいんだがな。俺が間違ってなかったら・・・。お前確か明日センター試験だよな?」
「うん、そうだよ。」
「『うん、そうだよ』じゃないだろ?!お前は何考えてんだーっ!!俺に弁当作って一緒に食ってる暇があったら明日の用意しておけ!!」

本当のお守り

「ねえセンセ?俺の事怒るのも良いけどもう授業始まるよ?」
「あーっもうこんな時間じゃないかよ!!っ畑、来ちゃったものはしょうがないからココで勉強してろ!!判ったな?」
「はーい。センセいってらっしゃいネ。」
センセはお弁当を持って準備室にきた俺を見てビックリした後顔を真っ赤にして叱りだした。
可愛いなあと思ってみていたがもうすぐ授業が始まる事を告げるとバタバタと用意をしだし慌てて出て行こうとした。

ドアを開けたところでふと思い出したかのようにズボンのポケットからごそごそと何かを取り出し俺に向かって放って来た。
「俺が出たら内側から鍵閉めとけ。トイレ行くときは一応鍵を掛けていってくれな。ちゃんと勉強してろよ!!」
そう言い捨てるとセンセの尻尾みたいな髪の毛はバタバタと消えていった。
渡されたものは俺があげたキーケースだった。
『年明けから使うって言ってくれていたもんな・・・。』
使ってくれているとは聞いてはいたけどやっぱり自分の目で見たら凄く嬉しい。
ちょっとニヤッとしながらキーケースを先生の机の上に置きにいく。

「さーて、何しよう?」
センセは勉強しろって言っていたけど道具は何も持ってきていない。
俺は普段からやってれば大丈夫だろう、今更慌ててもダメだろうと思ってるからセンセには申し訳ないんだけど特に何もしていない。
だったら体調管理に気をつけておいた方がよっぽどいい気がするがセンセの前でそれを言ったら怒られそうな気がするから止めておこう。
「・・・そう言えばココに一人きりって文化祭のとき以来だよな。」
キーケースを置きながらぼんやり考える。

文化祭の前この窓から女子生徒に纏わりつかれていたセンセを見た。
その後俺が居る事に気づいて戻ってきたセンセと口論になってしばらくセンセから離れた。
センセに『畑が俺を好きなのは擬似恋愛じゃないのか?』と言われカッとなった!!
俺がどれだけ苦労してここまで来たか知らないくせに!!思い『先生に会うためにこの学校に来た!!』と言うと冗談にされカッとなって壁を殴りつけて一気に捲くし立てた。
ふっと冷静になると、俺は男だし・・・。途中からこの学校に来たし・・・。いくらセンセを昔から好きだったと言ってもその事をセンセが知っているわけではないし・・・。そんな考えが浮かんできた。
普通に考えたらさっきセンセに纏わりついていた彼女の方がよっぽど有利なのかも・・・。
そう思うとなんだか情けなくなって自分の頭を冷やす意味でも『しばらくはココに来ません』と言って準備室から去っていった。

その後色々あったけどセンセにはキチンと自分の気持ちを伝えなおしたしセンセからも『前向きに善処します。』と以前のセンセなら考えられないような言葉を貰った
彼女にはある意味感謝している。
あの時普通に文化祭を過ごしていただけだったらセンセはのらりくらりと言葉を濁して俺の事をかわし続けていただろうし今見たく近しい関係にはなってなかったろう・・・。
感謝してるけど年末のあれはないだろうよ!!
思い出したらイラっとしてきた・・・。
あの時彼女にあって一緒に初詣にいったからその後海見に行ったり初日の出一緒に見たり出来たんだけどさ・・・。
自分なりに色々調べたのに!!と思い出したらイライラしてきた。

あの後初詣の帰り際に送ってくれたセンセからお守りを貰った。
『お守りは人から貰ったほうが効くんだって。残りの冬休み勉強頑張れよ。』と言って俺にくれた。
俺はあんまりお守りとか信じているほうじゃないけど先生が俺のために買ってくれた事が嬉しかった。
でも出来ればセンセに俺がお守りを買って、俺もセンセに選んで買って・・・。
お互いに交換できれば一番良かったんだけど・・・。
そんな事を考えていたら回収に出すらしい雑誌の束の中に俺が持ってきたイルミネーションの特集の雑誌を見つけた。
何気なく手にとってパラパラ見てるとふとあるページで開いたままになった。

ずいぶん見ていたのか折り癖がついたそのページはクリスマスにセンセと俺が行った場所だ。
(なんだ?この数字・・・?時間か?)
ページのあちこちに数字が書き込んである。
時間や電話番号のようだけど一体・・・。
場所と時間と簡単な地図に東西南北が書いてあって西に矢印が引いてある・・・?
「わかった!!これは多分日の入りの時間と方向だ!!」
ってことはこの約何分って矢印で書いてあるのは・・・ひょっとして高速でそこの場所まで行く所要時間か?!
大きく丸で囲ってあるのは・・・。
そうだ!!これは俺がセンセと駅で待ち合わせした時間だ・・・。
電話番号に線が引いてあるのは?
そう言えば食事が混んでいるって言っていたけど電話してチェックした後か?!

雑誌を持ったままずるずると床に座り込む。
「あーヤバイ。今なら幸せすぎて死ねるかも・・・。」
多分今俺の顔は真っ赤になってるんだろうなと自分でも分かる。
「センセ・・・。これは反則でしょ・・・。」
座り込んだまま雑誌を良く見ると他にも細かい書き込みが所狭しと書いてある。
調べたとは言っていたけどここまでしてくれていたとは思わなかった・・・。

「あーっセンセの事これ以上好きにさせてどうすんの!!」

雑誌を片手に火照った顔を冷ますようにペチペチと叩く。
ふと時計を見るともうすぐセンセが帰ってきてもおかしくない時間だ。
と、扉がノックされてセンセの声が響く。
「畑、開けてくれ!!」
慌てて雑誌を置いて扉の鍵を開ける。
「すまんがキーケースをくれ。今購買の前通りかかったら焼きソバパン売っていたから買ってくる。お前まだ食べてないんだろう?」
そう言いながら手にした教材をバサバサと机の上に置く。
「うん、まだ食べてない。はい、センセ。結局鍵は使わなかったよ。」
そう言いながらキーケースを渡す。
「買いに行って来るからお湯沸かしてコーヒー入れておいてくれ。頼むぞ。」
そう言いながら出て行こうとするから後ろから声を掛ける。
「センセ!!この捨てちゃう雑誌に欲しいページがあったんだけど切り取っても良い?」
「ああ、構わないぞ。カッターと定規は机の上にあるからな。」

そう言いながらセンセは又出て行った。
ポットに水を入れてお湯を沸かす間に慎重に書き込みのしてあるページを切り取る。
丁寧に切り取ってどうしようか悩んだけど小さくたたんで胸のポケットにしまう。
「センセには悪いけど貰ったお守りよりも俺にはこっちの方が効く気がするよ。俺にとってはこっちが本当のお守りだよ・・・。」
そう言いながら雑誌を回収の束に戻す。
センセがこの記事を俺が持ってるって知ったら真っ赤になって凄い勢いで奪い返しにくるんだろうなあ・・・。
そんな事を考えながらコーヒーの用意をする。

「すまん、畑。扉開けてくれ~。途中で会議の資料渡されて手が塞がってんだよ。」
扉の外からセンセの声がする。
「はーい、今開けますよ。」
「そう言えばお前ちゃんと勉強してたか?明日お守りも忘れるなよ?」
「してましたよ~。大丈夫ですヨ~。」
「本当か?まあ取りあえず開けてくれ・・・。」
そんな会話をしながら思わず笑い出しそうになる。

(俺にはこれがあれば試験だろうがなんだろうが余裕でショ・・・。)

偶然見つけた俺にとっての本当のお守りをポケットの上から軽く叩きながら俺は扉を開けに向かった・・・。

<< ことしのもくひょう | ホーム | 仔イルカ小話その10 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。