プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことしのもくひょう

久々というか今年初の変態上忍です
受付のいつもの二人組がビックリしている事は最近私も聞いて驚いた事です。
受付の二人なんですが特に誰というわけではないので読まれた方がイズモでもコテツでもイワシさんでもお好きな方で想像していただけたらと思います。
そう言えば今年は変態上忍書いてなかったなあ・・・と思いつつ打ってましたが久々でオチが弱かったらすいません。

良ければ追記よりお読み下さいませ・・・。

ことしのもくひょう

「なあ、イルカ。そう言えばお前の今年の目標は?」
「『平穏無事に過ごす。』『カカシさんに常に長期任務を割り振る!!』以上!!」
「・・・そう言えばはたけ上忍年末から任務に出てるんだっけ?」
「そう言えば受付が平和と言うか静かだもんな・・・。」
「一ヶ月予定だからまだしばらくは平和だろうよ・・・。そう言えばお前達は今年の目標は?」
「「彼女を作る!!」」
「・・・聞いた俺が間違っていたよ。」
「だけどな、イルカ?受付でいつも笑顔で対応し、まあ給料は安いが一人暮らしが長いから炊事洗濯キチンとする俺達に何故彼女が出来ない?!」
「そうだ!!料理だってなかなかの腕だぞ!!」
「もてたかったら料理の仕上げにオリーブオイルでも振り掛けとけ・・・。」
「なんだ?オリーブオイル使うと彼女が出来るのか?!」
「そうか・・・。俺達に足りないのはオリーブオイルだったのか!!」
「冗談に決まってんだろうが・・・。おい、俺そろそろ帰るからな。あと換気で窓開けるぞ・・・。」

「イルカ先生~!!あなたのカカシが帰ってきましたよ~!!嫌だなあ、窓まで開けてくれちゃって。俺にそんなに早く会いたかったんですか?!」
「ぐふぉっ・・・。うげっ!!カカシさん?!あなたまさかもうあの任務終わったんですか?!」
「あ、はたけ上忍だ。遅くなりましたがあけましておめでとうございます。」
「本当だ。はたけ上忍。今年もよろしくお願いします・・・。」
「あんた達ひさしぶりネ。あけましておめでと。ってイルカ先生俺に新年の挨拶してくれないんですか?!」
「・・・人の上に馬乗りになって抱きついてくる人にする挨拶なんてありませんよ!!とっとと俺の上からどけてください!!」
「・・・イルカ先生が俺の上なら良いってこと?やだ大胆~。」
「そうじゃねえ!!いいから早くどけろ、報告書出してとっとと帰れ!!」
「イルカのツッコミ久々に見たな・・・。」
「ああ、最近はたけ上忍いなくて平和だったからな・・・。」

「・・・ったくカカシさん。冗談抜きで早く報告書出してください。」
「う~んと。イルカ先生ハイこれ。よろしくお願いします。」
「確認しますからしばらくお待ちください。」
「しかしはたけ上忍・・・。良くあの任務をこんな短期間に終えましたね?」
「本当に!!さすがですね・・・。」
「んー、イルカ先生に早く会いたかったからね。そう言えば今回任務先で物凄い事実を知ったんだけど知りたい?」
「何ですかいったい?!」
「・・・それって俺達が聞いてもいいんですか!?」

「実はね・・・。
「「実は・・・?」」

「姫はじめって・・・。年明け最初にするエッチじゃなくて1月2日以降にするエッチの事を言うんだって!!」

「・・・なんですって?!」
「え、じゃあ年越しからずっとナニしていて『いつが姫始めだか分からないね~』って彼女とイチャイチャして話すって言う俺の夢は?!」
「お前の夢は今、海の藻屑となって消えたよ・・・。」
「そんなーっ!!」
「ビックリよネ~。まあ俺は今年も『イルカ先生とイチャパラ的な事をしまくる!!』が目標だからいつでも関係ないけどね。そんな訳でイルカ先生!!そういう訳で早速姫始めでも・・・。」
「・・・はたけ上忍?男同士でも姫始めなんですか?」
「そう言えばそうだよな?はたけ上忍、どうなんですかね?」
「んーさすがにそこまでは聞いてこなかったわネ・・・。どうなんだろう?」

「ハイハイ、そこの馬鹿二人はさっさと仕事しろ。あとカカシさん。寝言は寝てから言え。」
「イルカ先生!!姫始めの一回や二回いいじゃないですか?!」
「姫始めは最初の一回だけだろうが!!それにアンタが一回や二回で終わる訳がないだろう?!」
「じゃあ何回なら良いって言うんですか?!一回でも延々とするのは構わないんですか?!」
「アンタただでさえしつこいのにあれ以上延々とってどんだけやる気なんですか?!」
「じゃあ短ければ回数多くていいんですか?!」
「・・・えっとすみませんがお二人とも」
「イルカ、お前忘れてるかもしれないがここは受付だぞ・・・。」
「・・・ああああっ!!ちょっ!!俺は綱手様のところに言ってカカシ先生の任務後の休み何日か聞いてくる!!お前ら後は頼んだぞ!!」

「あーっイルカ先生ってば照れて逃げちゃって。ってあんた達何じゃんけんなんてしてるの?」
「うわっ!!俺が負けたよ・・・。仕方ないか。」
「よっしゃ!!じゃあ頼むな。はたけ上忍。これイルカの荷物です。あいつもう上がりなんで。」
「ついでに俺達明日休みだったんです。で、俺がじゃんけんに負けたと・・・。」
「・・・あーなるほどね。あんた達いつも悪いね。今度任務先の地酒で構わない?」
「十分です。荷物お願いしますね。後はやっときますから。」
「了~解。じゃああんた達『今年もよろしく』ね」

「なあ、結局はたけ上忍の姫始めは回数が多いのが長いのかどっちなんだろうな?」
「賭けるか?答えははたけ上忍に聞けば良いだろうし。」
「そうだな、ついでに俺が明日出勤になったからお前今日何か作ってご馳走してくれよ。」
「しかたないな・・・」
「あ、イルカの悲鳴が聞こえた。」
「じゃあこのイルカの書類出してくるわ・・・。」

イルカの今年の目標はたてるだけ無駄だったなと思うとともにはたけ上忍の今年の目標はすでに達成できたなと思う二人でありました。

<< 宿泊21日目~優しい雨~ | ホーム | 本当のお守り >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。