プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落し物と拾い物

へたれで気弱に見せかけて押しの強いカカシとお人好しで押しに弱いイルカの大人向けのお話です。
ギャグっぽいエロですが念の為に18禁で。
18歳未満の方やエロが苦手な方はご遠慮ください。

最近真面目な話が多かったんでちょっと馬鹿っぽい話を書きたくなりまして。

ギャグっぽいエロもお好きでしたら追記よりお読みくださいませ・・・。




落し物と拾い物


「あー思ったより遅くなったなあ・・・。」
寒さで白い息を吐きつつそんな事を呟きながら家路へと急ぐ。
時刻は日付が変わるギリギリといったところだ。

本来ならもっと早く帰れるはずだったのだかアカデミーでで書類を溜め込んでいた奴がおり半泣きで縋りつかれてきた。
「イルカ~頼むよ!!この書類提出期限明日までだったんだよ!!手伝ってくれよ。」
「いや、俺これから夕方まで受付で珍しく早く帰れるから・・・。」
「じゃあなおさら好都合じゃないか!受け付け終わったら頼むよ!!な、この通り。」
両手を合わせ土下座せんばかりに頼み込んでくる同僚にもうこれ以上嫌とは言えず・・・。
自分のお人好しさを恨みながら書類整理を付き合い結局こんな時間になってしまった。
終わった後、『お前も明日休みだろう?』と執拗に飲みに誘われたが何とか断って今帰宅中だ。
一人暮らしだから楽しく飲んで帰ってもドアを開ければガランとして寒々とした部屋が待っている。
「彼女でも居ればなあ・・・。」なんて呟いてみるがそういった方面には余り縁もなく期待もしていない。

繁華街を抜け近道である脇の小道に入る。
と置かれていたゴミ袋の山の中に微かにうごめく物がある・・・。
良くみたらごみ袋にもたれ掛かっているおそらく人間であろう物体だった。
(うわー嫌なもの見つけちゃったよ!!でもなあ・・・見ちゃったら声かけなくちゃこの寒さだしなあ)
見たら放って置けない自分のお人好しさを恨みながらゴミ袋の山に近づくとその人は俺と同じ忍服に支給のベストと言った格好だった。
「・・・あれ?ひょっとしてカカシさん?」
うつぶせ気味に横を向いているから顔は見えないけどほうきを逆さまにした髪型と里には珍しい銀髪だ。
意識がなくて重い体をひっくり返してみると
「やっぱりカカシさんだ!!カカシさん、起きてください!!幾ら上忍とはいえこんな所で寝てたら風邪引きますよ?」
そう言って何回か体を揺するとカカシさんは額宛で隠れていないほうの目をうっすら開けて俺を見た。

「イルカ・・・先生?」
俺を見るとふっと笑って名前を読んできた。
「はいそうですよ。カカシさん。何でこんな所で寝てるんですか?」
「飲んでいて・・・愚痴ってたら・・・置いていかれて・・・」
そう言いながらへにょっと泣きそうな顔で困ったように笑うカカシさん。
取り合えず起こそうと手を差し伸べるとか嬉しそうな戸惑ったような泣きそうな顔をしながら手を伸ばしては引っ込めてを繰り返し、何だか躊躇っている。
もう一度手を強く差し伸べると何か決心したかのように今度は強く俺の手を握り締めてきた。

助け起こし手を離そうとするがカカシさんは手を握ったまま離そうとはせずしかも何だかキラキラした目で俺を見ている。
あー何だか面倒な落としものを拾ってしまった・・・。
けど拾ってしまったんだから最後まで面倒見なくては・・・せめて家に送り届けよう。
「カカシさん、家の場所教えていただけますか?まだ酔いがさめてないみたいですしカカシさんのお宅まで一緒に行きますね。」
「すいません。ありがとうございます。」
そう言いながらやっぱり俺の手を離そうとしないカカシさんの手を引いて帰宅した・・・はずだった。


俺が欲しくて欲しくてたまらないものは・・・俺が手を伸ばすとすり抜けて逃げていってしまうんです。
父さんに、折角出来た大事な仲間のオビトにリン。先生である四代目も俺を置いて行ってしまった・・・。
俺が欲しいものを見つけて手を伸ばすときっとどこからか誰かが見ていてサッと横取りしてしまうんだ!
いつの間にか俺はそう思うようになって自分に欲しい物が出来ても手を伸ばす前に諦めるようになったんです・・・。

カカシさんの話は続くが申し訳ないが一旦口を割り込ませて貰う。

「・・・カカシさん。その話は良く分かりました。」
「イルカ先生。この話はこれからが肝心なんですよ?」
「すみません。でも俺にも話をさせてください。俺は酔い潰れたカカシさんを送ってきました。それは構いません。で、なんでいつの間にかこんな状況であなたの過去を聞くことになってるかが知りたいんですが?!」
「こんな状況って?」
「っ!!何で俺もカカシさんも裸でしかもカカシさんが俺の上に乗っかりながら・・・。何で俺カカシさんにあちこち触られながらカカシさんの過去を聞いてるんですか?!し、しかもカカシさんっ変な事聞きますけど女の人を抱くみたく俺のこと抱こうとしていませんか?!何でこんな事になってるんですか?!」
「嫌だな~先生。ただ触ってるんじゃなくて愛撫してるんです!!女抱くのなんて目じゃないくらい丁寧にさせていただきますよ?」
「ちょっと、どこ触ってるんですか?!そうじゃなくて何でカカシさんが俺相手にこんな事してるかってことですよ!!」
「え、イルカ先生気持ちよくないんですか?胸もほら乳首立ってますよ?・・・ほら触ってないのに下もちゃんと勃ってきてますけど?」
「気持ち良い悪いの問題じゃないんです!!とにかく手を離してください!!」
「手がダメなら口なら良いんですか?・・・わかりました!!」
「カカシさんそうじゃなくて!!っつあっ・・・止めて下さい・・・っつ!!」

被さるように圧し掛かり、今度は口で俺の上半身を・・・厳密に言えば俺の乳首を執拗にくまなく愛撫していたカカシさんを何とか止めると愛撫されるよりはまだましだと話の続きを促す。

はい、続きですね。えっとどこまで話しましたっけ・・・。
そう、そうです。俺が欲しくて手を伸ばしてもいつも手に入らないから俺はいつの間にか手を伸ばす前に諦める癖がついていたんです。
あなたの事もそうです。受付でもアカデミーでも人気者で。俺が手を伸ばしても届かないと思っていました。
元教え子と現部下という立場から若干は親しくさせていただきましたがそれだけです。

恥ずかしそうに顔を赤らめて俺の胸にのの字を書きながら話を続けるカカシさん。
いや恥ずかしいのは今の俺のこの状況だからと思って何とか脱出しようとするが流石は上忍!!ピクリとも動かない!!

続けますね?中途半端に仲良くしていても逆に苦しいだけでどうしようもなくなってきていたんですね?
それでアスマや紅相手に良く愚痴って飲んでいたんですが今日は『面倒くせえからとことん飲んどけ』って言われてアスマにめちゃめちゃ飲まされて、珍しく俺もアスマも紅も酔っ払っちゃったんですよね。
その後なんかどうでも良くなっちゃって『うだうだしてる俺はゴミみたいな奴だ~!!』って叫んでゴミの山に飛び込んだのをアスマと紅が指差して笑いながら見ていたのは覚えてるんです・・・。

そう言うとカカシさんは自分の位置を少しずらし、俺の上に乗ったまま俺の上半身をそっと抱き起こした。
そのままそっと俺の頬を挟み込むとおでこをくっつけて「やっぱり本物のイルカ先生・・・」と小さな声で呟きながら鼻の先を擦り合わせてくる。
おでこをそっと離すとカカシさんは話を続ける

そのまま自棄になって寝ていたら・・・誰か声をかけてくる人がいて、しかもそれがイルカ先生で・・・。
俺は夢の中でまた夢でも見てるんじゃないかと思いました。
しかも先生から手を伸ばしてくれていて・・・手を取ったら消えてしまうんじゃないかと思って何回も躊躇いました。
でも思い切って手を伸ばしたら、手を伸ばして掴んでも先生は消えなくて・・・。
夢を見てるんじゃないかって何度も思いました。夢みたいだけど本当で。先生の手は暖かくて離したくなくて・・・。
だから・・・だからね?イルカ先生・・・。
俺は産まれて初めて手に入れた俺の欲しかったものをいつもみたく横から掻っ攫われてしまう前に自分のモノにしてしまおうって決めたんです!!

カカシさんはそう言って花の様にっこり笑ってきた。
見惚れてしまう様な笑顔だが俺は何となく嫌な予感が全身を駆け抜け冷や汗が背中を伝う。
「自分のモノにしてしまうって・・・それって一体どういうことでしょうか?」
聞きたくなかったが恐る恐る聞いてみる・・・。

フフッと笑いながらカカシさんは又俺の頬を両手で挟み込んできた。
「ねぇイルカ先生?」
そう言いながら俺の目を見つめて大事な事を誓うかのように俺に言ってくる。
「絶対に大事に、大事にしますから。」
いや、そんな事を言われてもと反論しようとしたがその前に俺の口はカカシさんの口で塞がれてしまった。
逃げようにも頬を押さえられているから逃げようがなくカカシさんからの口づけを受け入れるしかなかった。
少し我慢すれば解放してもらえるだろうと思い大人しく口づけを受け止めていたが何だか段々と口づけは深くなり挙げ句の果てにはぬるりと舌まで入ってきた。

『んーっ!!』っとカカシさんの背中を叩いて止めようとするが逆に角度を少しずらしてきて舌で口の中を蹂躙された。
ふと気づくと俺の頬を押さえていた手は片手は腰の辺りにまわされていてもう片手は胸の辺りを撫で擦っている。
口腔内を蹂躙する舌に気をとられていると今度は胸の辺りに電気が走ったみたくビリっとした衝撃が走った。
胸を撫でていたかと思えば指先で俺の乳首を摘まんだり引っ張ったりしている。
と思えば今度は指の腹で擦ってみたりクニクニと押し潰したりしている。
と今度は下半身に衝撃が走る。
見えないがカカシさんのモノを俺に擦り付けているらしい。
思わずビクッとして腰が浮いてしまう。

その隙をついて腰にまわされていたカカシさんの手が俺の尻の間を滑り降りてあり得ない所へ進入してくる。
思わず両手で顔を押し退けて逃げようとすると逆にトンッと上半身を押し倒され力が抜けた隙に今度は片足を持ち上げられあられもない格好にさせられる。
「カカっカカシさん!ちょっと待って、あっ?んっーっ」
カカシさんは俺に覆い被さってくると片手は胸の突起をいじりだし、もう片手で俺のモノを擦り始めた!!
「はっあーっんーっ!ちょっと・・・んあっ!んっだ・・・だめぇっ。」
自分で恥ずかしくなる位鼻にかかった甘い声しか出てこない。
あちこち愛撫されもう訳が分からなくなってきた。
とカカシさんは小さな瓶の中から何かとろりとしたものを自分の手に取った。
そしてぬるりとした感触が又尻の間を滑り降りてあり得ない所へ進入してきた。

ぬるりとした感触と共に何かとてつもない違和感が体内に押し寄せてきた。
ビクリと全身をひきつらせると胸を突起を愛撫され力が抜けたのを見計らったように更に指を入れられゆっくりと動かされる。
違和感と共に吐き気のようなものを感じ萎えかけたがそうすると又胸を愛撫され力が抜けた隙に指を大きく動かされ更に指の数を増やされる。
とカカシさんの指がどこか掠めたた途端全身がビクリとなり萎えかけたものがいきなり勃っただけじゃなくて射精しそうな位の衝撃がきた。
ポカンとした顔をした後ニヤリと笑うとカカシさんは執拗にその一点を攻め立ててくる。
俺はといえば喘ぎすぎて声は掠れ、刺激が強すぎて涙もボロボロ出てきた。
その涙をカカシさんはチュッと吸い上げると軽く口づけして耳元囁くように話しかけてきた。
「そんな顔して煽らないで?我慢できなくなっちゃったでショ?まだ頑張れる?」
口を利く余裕などあるわけなくひたすら首を横に振る。
「最初はちょっとキツイかもしれないけど頑張ってね?」
チュッと軽く口付けながらカカシさんは俺の中に入っていた指を引き抜くと代わりに指なんか比較にならないくらいの質量のモノをゆっくり入れてきた。

「イルカ先生大丈夫だから、全部入ったから力抜いて?」
「んくっ・・・!!いや・・・無理ぃ!!」
「ほら、そんな可愛いこと言わないで。動くから頑張って。」
そう言うとカカシさんは俺の片足を持ち上げ思い切り揺さぶり動いていた。
(大事にするって言われた気がしたけど全く大事にされてない・・・。)と一瞬思ったがカカシさんに言いように翻弄されてそんな考えはあっという間にどこかに言ってしまった・・・。
あっという間にイってしまった俺はなかなかイカないカカシさんに付き合わされて最終的に自分がイッた回数すら分からなくなっていた。
「ずっと大事にしますから・・・。」
やっとイッたカカシさんはあちこちデロデロでぐちゃぐちゃネチャネチャな俺の体を抱きしめ髪に顔をうずめそう囁いてきた・・・。
(・・・今の時点で大事にされている気が全くしないんだが。)そう思ったがヘにゃっと嬉しそうに笑いながら俺の顔を見てきたカカシさんを見ると俺は何も言えなくて・・・。
(まあ、今日の事は酔った勢いもあるんだろう。きっと酔いが醒めたらカカシさんも我に返るだろう。)そんな風に気楽に考えてすらいた・・・。

その後カカシさんは『ご飯を食べに来ただけだから』と言いながらうちに上がり込み『今回だけだから!!』と言いながら俺を押し倒す。『イルカ先生が嫌がったら止めますから!!』と言いながら執拗に愛撫を繰り返しコトに及ぶ。
「ンッカカシさん、そこは・・・あっ!
「イルカ先生!ここ気持ち良いんですか?じゃあここは?」
「だから・・・ダメって・・・一回って・・・んあっ!」
『あと一回だけだから!一回で止めますから!!』と言いながらへにょっと泣きそうな顔で言われたらどうにも断れない。

最近では週末なんかはそのまま泊まって行くもんだから半同棲状態だ。
何だかへにょっと泣きそうな顔でカカシさんに言われると断ることが出来ない俺が悪いんだが・・・。
なし崩しにコトを進められてしまった気がする。
それでも帰宅したときに自分の部屋に明かりが灯っているのは嬉しいし、玄関を開けたときにカカシさんが出迎えてくれて『お帰りなさい』と『ただいま』と言い交わすときは何だか胸の奥の柔らかい部分をギュッと鷲掴みにされたみたいく切ないような嬉しいような気持ちになる。

俺はあの時カカシさんを面倒な落としものだと思いながらカカシさんを拾ったと思っていた。

けど、俺がカカシさんを拾ったと思っていたけど実はカカシさんに拾われたのは俺のほうだったんじゃないか?と俺の横で安心しきって寝ているカカシさんの寝顔を見ながら最近は時々考えたりもするんだ。

<< リゾートホテル木の葉へようこそ番外編 連作「チョコレート」 | ホーム | 週末のUP予定とコメントレス >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。