プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

catch cold [1日目]

流されやすい中忍先生と口のうまい上忍様のお話です。
風邪っぴきのイルカ先生が口のうまいカカシ先生に丸め込まれ色々流されて色々とされてしまいます。
ある意味お約束なネタです。
後半がR18の予定ですので一応こちらもR18にしてありますがまだ健全です。

読まれる方は追記よりどうぞ・・・。


catch cold 1日目

「じゃあ皆、今日はここまで!!いいか?風邪が流行ってるから帰ったら手洗いとうがいは必ずするんだぞ!!じゃあ又来週な」
「イルカ先生、さようなら~。」
「ああ、気をつけてな。」」
「お、イルカ授業終わったのか?ってお前何だか顔赤くないか?」
「ん、そうか?教室が暖房効いていたからじゃないのか?」
「なら良いんだけど・・・。風邪流行ってるんだから気をつけろよな。次は受付か?」
「ああ、大丈夫だよ。受付はこの前風邪の奴と交代したから今日はこれが終わったら直帰で週末は休みだ。羨ましいだろ?」
「何だと?!まあ、お互い風邪には十分気をつけような。」

なんて会話を同僚と話していたのは2時間位前の事だった・・・。
アカデミーの雑用を片付けているうちに何か寒気がするな?とは思ったんだ。
まあ、経費節減でストーブの数も減らしているしそのせいかと思ってた。
「じゃあ俺書庫によって資料帰しながら直帰するわ。お先に失礼します。」
「おう、イルカお疲れ。」
「イルカ先生お疲れ様です。」
そんな声に見送られながら書庫へと向かう。
あれ、涼しいというか寒いはずの書庫なのに何故か暑く感じる。
資料を返却し書庫を出て窓にもたれ掛かる。
おでこをつけると冬の外気と一枚隔てているだけのガラスが凄く冷たくて気持ち良い・・・。
(ヤバイ。完璧に風邪だ・・・。歩いて帰れるか?それとも瞬身で帰るか?どうしよう・・・。)
そう思いながらガラスの冷たさを味わっていると後ろから声がかかった。

「あれー?イルカ先生受付で見ないと思ったらこんな所で何やってるんですか?」
「・・・あ、カカシさん。任務終わったんですか?お疲れ様です。」
おでこをガラスにつけたまま振り向くと猫背気味で顔の大半を隠した姿が見えた・・・。
「・・・イルカ先生何か外でも見てるんですか?」
「いや違うんですよ?」
そう言いながらカカシさんの方を見る為におでこをガラスから離すと体がぐらりと揺らぎ体に熱がまわっているのが判る。
あー何か目も潤んできたし関節も痛くなってきた気がする。
「・・・イルカ先生。アンタなんて顔してるんですか?」
カカシさんが何かゴクリと唾を飲み込んだような音が聞こえた気がした。
「・・・なんて顔ってどんな顔ですか?すみません、カカシさん。俺風邪ひいてるみたいなんで傍に寄らないほうが良いですよ?」

そう言いながらズリズリ後ずさるがカカシさんは眉根に皺を寄せて大股で俺の所へ歩み寄ってきた。
『ちょっと失礼?』そう言いながらおれの額に手を当ててくる。
カカシさんの手はヒヤッとしていて凄く気持ち良くて思わず目を閉じる。
「カカシさんの手、冷たくて気持ちが良いですね・・・。」
目を閉じたままそう言うと又何か唾を飲み込むような音が聞こえた。
「イルカ先生!!アンタ凄い熱じゃないですか?!このあと受け付けですか?」
「いや、今日は受付は無いんです。今アカデミーで使っていた資料を返したんでこのまま直帰なんです。何かどんどん具合が悪くなってきたから本当はいけないんですが瞬身使って帰ろうか歩いて帰ろうか悩んでいたんですよ?」
「こんな状態のイルカ先生を歩いて帰せませんよ!!カバンは?ああ持ってますね・・・。」
そう言うとカカシさんは俺のおでこから手を離す。
ひんやりとした感触が無くなり何となく物足りなく思ってるとカカシさんに引き寄せられ幾つかの印を結んだのが見えたと思ったらもう俺の家の玄関の前だった・・・。

「鍵は?」
そう聞かれ内ポケットを探り鍵を取り出し渡す。
カチャリと鍵を開け俺の肩を支えながら玄関へと入る。
「俺の肩に捕まったままでいいですから。靴脱がしますんで片足ずつあげてもらえますか?」
そう言ってカカシさんは俺の靴を脱がすと『ちょっと失礼。』と言いながら俺を肩に担ぎ上げる
何度も俺の家で飲んだこともあり勝手知ったるナンとやらでスタスタと寝室へ向かう。
ひょいっとベッドの上に乗せられる。
「イルカ先生、この前飲んだときの氷はまだ残ってます?氷枕ってありましたっけ?」
「あ、まだあります。すいません、カカシさん氷枕は台所の上の右の戸棚に入ってるんで。」
台所でゴソゴソと音が聞こえ、俺はその間にノソノソとベストを脱ぎ枕元に畳んであった寝巻きに着替えベッドに倒れこむ。
とカカシさんがお盆に氷枕と水を入れたコップと水差しを乗せて持ってきた。

「あれ、自分で着替えちゃったんですか?残念です。薬ほどれだか判らなかったんで俺が常備してるので良いですか?取り合えずご飯は食べれなさそうだからこれ噛んで飲み込んじゃってください。」
そう言うと兵糧丸を取り出し口元に持ってこられる。
普段ならそんな事は絶対にしないが全身熱く酷くだるく起き上がるのも面倒だったんで口元に差し出された兵糧丸をそのまま口を開け受け取る。
口の中に押し込まれたそれを噛み砕き飲み込むだけで疲れてしまい明日から休みで本当に良かったと頭の片隅でぼんやりと考える。
「念のために熱測りましょうか?」
カカシさんにそう言われ体温計の場所を教えようとだるいがなんとか体を起こす。

ふっと目の前が暗くなったかと思うと唇がひんやりと冷たいが柔らかいもので塞がれた。
ん?と思ってゆるく口を開けるとぬるりと何か冷たいものが口の中に入ってきた。
あれ?熱測る筈なのになんで俺カカシさんとキスしてるんだろう?
ぼんやりとした頭で考えるが熱の上がっている俺にはひんやりとしたカカシさんの舌が酷く気持ちよく、なすがままにされていた。
カカシさんはひとしきり俺の口の中を貪り喰らった後スッと離れた。
ニヤリと笑って俺の口の端からこぼれた唾液を自分の親指の腹でぬぐうとペロッと何だか酷くいやらしく見える仕草で舐めて見せた。
「・・・カカシさん。熱を測るんじゃ?」
「イルカ先生。熱は粘膜の所で測るのが一番確実なんですよ?あ、今度は薬飲みましょうか?」
なるほど・・・。今のはキスされたんじゃなくて熱を測ったのか・・・。

そうぼんやりと考えながら口元に差し出されたコップから水を飲もうとして咽てしまった。
「ああ、もう仕方ないですね。」
カカシさんは俺の背中を擦りながらコップの水を口に含むと俺の顎を持ち上げて口を塞ぐと口移しで水を飲ませてきたが思わずそのまま飲み込んでしまった。
「あ、全部飲んじゃったんですか?じゃあ先にこれ口に入れておいてください。」
と口元に小さな丸薬を押し込まれ口に含むと又口を塞がれ水を注ぎ込まれる。
水と一緒に丸薬を飲み込むが今度は何故か唇が離れていかないどころか又舌が入り込んできた。
口の中をひとしきり探られたあとゆっくりと離れると
「ちゃんと薬飲みましたね。」
とカカシさんは何だか嬉しそうな顔で言ってきた。

そうか・・・。今のは俺が薬をちゃんと飲んだのか確認したのか・・・。
そう思っているとそっと肩を押されベッドに寝かせられる。
解くのを忘れていた髪紐を解かれそっと手櫛で梳かされながらカカシさんは呟いている。
「あー又そんな顔しないの。もう色々したくなっちゃうでしょうが。まあ、今日は熱も高いし我慢しますかね?」
そう言いながらもう一回熱を測るため?口付けて舌を差し入れてきた。
やっぱりカカシさんの口は冷たくて気持ち良いなと思いながらその冷たさを求めぼんやりしたまま今度は自分からも舌を差し入れた。
しばらくして離れたカカシさんは満足そうな顔をしている。
「俺はは明日待機ですが朝待機所に行く前に伺います。もし先生が寝込んでいて鍵を開けられないと困るんでイルカ先生の家の鍵借りて行っていいですよね?」
と言われて『そうだよな、鍵を壊されると困るもんな」と思い頷いた。

「じゃあ又明日。明日はもう少し色々しましょうね。」
と良く分からない事を微笑みながら言うとカカシさんは帰って行った。
・・・色々って看病の事だよなと熱で朦朧とした頭で考えるがどうもぼんやりとして上手く考えられない。
薬も効いて来たらしく段々と眠くなってきた。
『明日はカカシさんに体温計の場所教えないとな・・・。』そうぼんやり考えながら俺はゆっくりと眠りの渦に巻き込まれていった。


<< catch cold [2日目] | ホーム | 素敵な頂き物と雑記とコメントレス >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。