プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

static electricity

短い話です
多分きっとギャグ
駄文ですがもしよろしければ追記からどうぞ・・・。 深夜の受付
秋も過ぎそろそろ冬の足音が聞こえてきそうな季節。

日付変更前の報告書の駆け込み提出のピークも終わり一息ついた頃。
残りの仕事は提出された報告書を整理し、明日の朝イチの受付担当がわかりやすいように纏めるばかり。
「悪いなイルカ、お先に失礼するよ。まだ報告書の提出あったっけ?」
「おーっお疲れ様、悪いな少し残業させちゃって。えーっと後は・・・、はたけ上忍のBランクの単独任務だけだな。」
「はたけ上忍か。時間内に戻られるといいな、後一刻位だし気楽にしてろよ。じゃお先。」
「おうありがとうな、お疲れ様。ゆっくり休めよ。」

カリカリカリ、シュッシュッ、静かな受付内。
イルカの書き物をしている音だけが響く。
眉間に皺を寄せながら時折手にした鉛筆で無意識のうちに頭をほりほりと掻いている。
「よっしゃ、アカデミーの仕事完了。思ったより早く終わったな。これで明日はゆっくり休めそうだ。」
ふと後ろを見ると窓にうつっているのは無意識のうちに掻いてい乱れまくった髪型の自分。
「うわっこりゃいくらなんでも酷いな、どうせ後ははたけ上忍だけだしほどいちまうか。」
シュルシュルと髪紐をほどいてみると掻いていたからか静電気でフワフワと浮き上がる髪の毛。
窓にうつるそれを暫く見つめていたがニヤリとしながら傍らの荷物をごそごそと探る。
鞄の中から目当ての下敷きを見つけるとおもむろに脇に挟んで一心不乱に擦り出した。

「48、49、50。こんなもんかな?」
擦りまくった下敷きを頭上にかざしながら空いてある手で額宛を斜めにずらす。
窓にうつるのは左目を額宛で隠し髪は静電気で逆立った自分の姿。
「はたけ上忍!なんつって。」
腹を抱えて腿を叩いて人気の無い深夜の受付で爆笑する男。
旗からみたら結構不気味な光景である。
はたと笑いを止め額宛を直し髪をなでつけると指先にバチッと静電気が走る。
それを見て考え込むイルカ。
今度は凄い勢いで両手で髪をなでつける。
「・・・そろそろいけるかな?」
両手の平をそろそろと近づけていく。
とバチバチッと手の平の間を静電気が走る。
「雷切!!なんちゃって!」
ひとしきり爆笑した後、ふと我に返りながら窓を見ると受付の入り口にチラリと人影が・・・。
(何時の間に!この時間に来る予定の人はやっぱり一人しかいないよな。)
笑いすぎてかいた汗では無く嫌な感じの汗がじわりと滲んでくる。
若干引きつりながらいつもの受付スマイルをうかべながらそろそろと後ろを振り返る。

(やっぱりはたけ上忍かよってそれ以外いないよな。そういや俺顔赤くなってないか)
「お疲れ様です、はたけ上忍。報告書ですね。確認させて頂きます。」
「あーお疲れ様です。イルカ先生、前から言ってますがはたけ上忍はそろそろ止めて貰えますか?」
(よしっ見られて無いっぽい!多分だけど。良かった~。)
内なるイルカが心の中でガッツポーズをする。
「じゃあカカシ先生、ココ抜けてますんで記入お願いできますか。そう言えば最近ナルト達はどうですかね?」
「あーすみません。ココ書いてなかったですね。あいつら相変わらずですよ。もっとランクが上の任務させろだの騒いでますね。」
(よしっこのまま無難な会話で乗り切れ!頑張れ俺!)
「そうですか、はい確認いたしました。カカシ先生には明日・・・ってもう今日ですね一日と明日午前中休暇となっております。遅くまで任務お疲れ様でした。」
「いえいえイルカ先生こそ深夜までお疲れ様です。まだお仕事なんですか?」
(いやいや早く帰って下さい。そう言えば下敷きどこにやったっけ?)
「いや、カカシ先生が最期なんですよ。もうすぐ勤務時間も終わるんで後は書類をまとめて終わりですね。俺も朝のアカデミーから深夜シフトなんで明日は休みなんですよ。」
(いやマジで最後の最後で嫌な汗かいたよ。早く帰ってゆっくり風呂に浸かりたいよ)
「お互い遅くまでだし帰ったらゆっくり休まないと~ね。」
「本当ですね。」

いつもの眠そうな顔で猫背のままゆっくりと受付を出て行くカカシ。
と思ったらくるりとこちらを振り返る。
「イルカせんせ~」
「はい?」
すっと真剣な表情になり片手でもう片方の手を押さえるとバチバチ、チッチッチッと閃光が走る!
「千鳥!!なんちゃって。あっ額宛斜めにするなら折角ですし口布も欲しかった~ね。じゃあお疲れ様でした~。」
「っ!あ?えっ!ぐわーっ!」

・・・あああーっばっちり見られていたよ!!
そうだよなよくよく考えたら髪解いているのも突っ込まれなかったよ!
って最初から見ていたのかよ!
恥ずかしいけど雷切こと千鳥見れてラッキーだったかも。
まあカカシ先生とも明後日いや明日か。まで会わないし良しとするか。

軽くパニックになりながらも変なところで楽天的なイルカであった。

だが仕事を終わらせて帰る途中にその上忍が何故か自分を待っていて飲みに誘われ又パニックになり深夜の町を男二人で追いかけっこすることになるのだがそれは又別のお話。


static electricity=静電気

<< ハピバ | ホーム | 今日の一杯 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。