プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

catch cold [3日目]

catch cold 3日目になります。
今回はR18です。
エロが苦手な方や18歳未満の方は閲覧ご遠慮ください。

カカシ先生手加減してあげて。あとうみの家の体温計は弁償しろ。
イルカ先生頑張って早く風邪治してください・・・。

「catch cold 3日目」ご覧になる方は追記よりお願いいたします

catch cold [3日目]

『すぐ戻りますから待っていてくださいね。』そう言って任務に出て行ったカカシさんはその次の日の昼を過ぎても戻ってこなかった。

と言っても前の日の夜に飲んだ薬がかなり強かったのかカカシさんに色々されて疲れたのか分からないけど俺も起きたのが昼過ぎだったからその時点ではいなかったと言う話なのだが。
熱はもう下がったみたいだ、関節の痛みももう無い。
ただやはり寝ている間にかなりの量の汗をかいたらしく下着やシャツがぐっしょり湿っている・・・。
(カカシさんが急な任務って事はひょっとしたらこのまま戻ってこない可能性もあるんだよな。)今まで考えていなかったがそういう可能性もあったことに気づく。
取り合えず汗びっしょりのこの身体を何とかしなければと思いベッドから立ち上がる。
立ちくらみがして力が入らないが今までよりはしっかりとしている。
「取り合えず風呂に入りたい。」そうボソッと呟き俺は風呂場へと向かった。

浴槽に熱めのお湯を張る。
取り合えずあせでぐっしょりしている寝巻きを脱ぎ、もうお湯もたまるだろうからとついでにシャツも脱いでしまう。
と、玄関からカシャリと鍵の開く音が聞こえた。
「・・・カカシさん、戻られたんですか?」
そう言いながら顔を覗かれると埃まみれのカカシさんがぐったりとした顔で玄関でサンダルを脱いでいるところだった。
「うわっカカシさん、埃まみれじゃないですか!!怪我とかないですか?」
俺が慌てて玄関へ行くとカカシさんも眼を真ん丸くして俺を見てる。
「イルカ先生どうしたんですか?その格好!!」
「カカシさんが戻られないし汗で気持ち悪いから風呂に入ろうと・・・。カカシさん丁度良いです俺は後で良いんで風呂に入っちゃってください!!」
そう言いながら手を引っ張って風呂場へと向かう。

(何でだろ?何でこんな事になってるんだろう?)上手く働かない頭でぼんやりと考える。
考えてるのに自然と声は出てしまう・・・。
「カカ・・・さん。俺は良いですからっ自分・・・はっ・・・んんっ自分を洗って・・・っつ」
「ん~でもほらネ、イルカ先生ずっとお風呂入れてなかったじゃない?ちゃんと洗っておかないと。」
「でも・・・カカさ・・・んんっ!!同じ所しか・・・あっあっらってっ・・・んっ」
にこやかに話しながらカカシさんの手は執拗に俺の胸と股間を刺激し続けている。

『じゃあお風呂お借りしますが先生もそこまで脱いでるんですから一緒に入りましょうよ?」

そう言いながらいつの間にかパンツを脱がされ浴室へ連れ込まれお湯を被ったかと思ったらカカシさんに全身に石鹸を塗りたくられて洗われている・・・。
洗われてるというかいつの間にか石鹸を流された後も後ろから刺激され続けている。
カカシさんの手は片手は胸で股間で扱き続けられているが股間はゆるい刺激を与え続けられていてイキそうでイケない生殺しの状態だ。
たまにするっと先端を弄ったりされるが俺がイキそうになると又ゆるゆるとした刺激に変えられる。
「カカ・・・っさん。もう・・・っつ・・・イカせ・・・っつ」
「ん?やだなあイルカ先生。俺は身体洗ってるだけですよ~?どうしたんですか?」
ふふっと笑いながらカカシ先生が耳元で囁く。
その刺激にも身体が反応してしまい身体が大きくビクッとなってしまう。
「流石に可哀想ですからお風呂ではこの位にしておこうかな・・・。」
そう言うとカカシさんは手を離し丁寧にお湯をかけて流してくれた。

「先に上がってくださいね~。」
暢気そうなカカシさんの声に送られ何とか身体を拭くと腰にタオルだけ巻きベッドに倒れこんだ。
(着替えださなきゃ・・・。)
天井を見ながらぼんやり考えるが体が動かない。
ボーっとしてたら人の気配がして横を見るとカカシさんがいた。
「すみません、カカシさん。着替えとって貰えますか?」
と聞くとにっこり笑っている。
「えっとカカシさ・・・ん?」
「ねえ、イルカ先生。風邪を治すのに汗をかいた方が良いって言いますよね?」
「いや、それは熱いものを飲んでとか重ね着をしてとかって意味じゃないんですか?」
そう言うがカカシさんは何も言わず笑って俺をまたぐようにベッドに乗ってきた。

「じゃ熱測りましょうか?」
そう言うと当たり前のように俺の口を塞ぐ。
ぬるりと舌が差し込まれ口の中を嬲られる。
「んーお風呂入ったし分かりにくいかな?」
そう言うとカカシさんは手を伸ばし水差しの横にいつの間にか置かれていた容器から自分の指に何かを掬っている。
「イルカ先生ちょっと我慢してね。」
そう言うと俺の足を広げその間に座り込み片足を持ち上げられた。
「ちょっとカカシさん!!何をする・・・っつちょ!!いたっ!!」
俺の言葉に耳を貸さずカカシさんは又ありえないところに指で救っていた何かを塗りこめた後、指を突っ込んできた。
ただ指に何か塗っていたからか異物感はあるが痛みはそれほどでもない。
眉をひそめる俺を見てカカシさんはガバッと覆いかぶさるとキスしてきた。
舌が差し込まれ歯列をなぞられる。
そちらに気を取られていると一瞬指を抜かれた後本数を増やして入れられたらしく違和感と言うか異物感が半端ない。
余りの異物感に腰を引こうとするがカカシさんが覆いかぶさっているため動くに動けず又口腔内を探るように嬲られそちらに気を取られてしまう。

とカカシさんが何気なく指を曲げた瞬間なんでかしらないが身体が跳ね上がるくらいの衝撃があった。
思わず閉じていた目を開くと唇を少し離して意地悪く笑うカカシさんの顔があった。
「先生のイイトコはここなんだ。」
そう言いながらそこを刺激し続ける。
「・・・っつ・・・・はっはっ・・・。」
もう言葉にならない声しか、短く早く吐く息しか出ない。
「そろそろ良いかな・・・。」
カカシさんはそう言って指を引き抜くと代わりに何かあてがったかと思うと一気に押し込んできた!!
「んーっ!!」
「ゴメンネ~でも昨日からずっと我慢してきたから許して?」
そう言いながら小さくゆっくり動いているがその動きも次第に少しずつ大きく早くなっていく。
そして執拗にさっき俺が反応した箇所を擦ってきている。
俺はいつの間にか考えるのをやめてただ快感だけを追っていた。

「先生ヤバイよ、俺もうそろそろもっていかれそう。」
「んっ・・・はっはっ・・・っつ・・・。」
耳元で囁かれ耳朶を噛まれる。
思わずビクッとするとカカシさんが動きを止める。
「うわ今のヤバっ!!・・・先生ももうイキたい?」
もう快感が過ぎて気持ち良いんだか悪いんだか訳が分からなくなってきている
涙目でコクコク頷くとカカシさんはキスしながら器用に俺の股間に手を伸ばしぬるぬるになってるソコを扱き始めろと又腰を揺らし始めた。
舌で口腔内嬲られて手で刺激されて頭の中が白くなってきて訳が分からなくなってくる。
「んっ!!くっ・・・はっ・・・!!」
一足先に俺が吐精したあとカカシさんも『くっ!!』と短い声を上げ引き抜くと俺の腹の上に吐精しそのまま覆いかぶさるように乗っかってきた。

「ん~本当ならもっとしたいんだけどネ。病み上がりだから今日はこれ位にしておきますかネ。」
俺の髪を手櫛て梳りながら離すカカシさんの声が遠くから聞こえる。
今日はって又今度もする気なのかよ・・・。
そう突っ込みたいが喘ぎすぎて声が掠れて上手く出ない。

その後カカシさんはぐったりとした俺をひょいっと抱きかかえると風呂場へと連れて行った。

決して広くはない浴槽に大のの男二人で入ってるもんだからみっちりだ。
「ねえイルカ先生知ってました?風邪をひくって「catch cold」って言うんですって?」
そう言いながら俺を後ろから抱きかかえるようにして入っているカカシさんは俺の肩に顎を乗せてグリグリと甘えてくる。
「一応教師ですから知ってますよ?それがどうしたんですか?」
そう聞くと後ろから嬉しそう声で答えてくる。
「イルカ先生がキャッチしたのは風邪だったけど俺はその風邪をキャッチしたイルカ先生を更にキャッチしちゃったんだーよね。」
「・・・誰が上手い事言えといいましたか?それにキャッチしたって・・・。俺はモノですか?」
「んーこんなイイモノめったに無いです!!捕まえたら離しませ~ん。」
俺の厭味を気に留めるでもなくふふっと笑いながら離さないと言わんばかりに後ろから抱きしめなおしてくる。

きっとこのままその言葉通りにいろんな意味で離してくれないんだろうなあ・・・。
そう思いながらため息を一つ吐く。
でも親切なカカシさんも俺に無体な事をするカカシさんも同じカカシさんだ。
きっと何か言ったとしてもそのまま流されるんだろう・・・。
まあ俺もカカシさんに捕まってしまったならもっとカカシさんのことを知って逆にカカシさんが逃げようとしても離さないくらいになってやるかな。
それに流されるんなら自分の行きたい方向に流れるようにしてやる!!
そう思ったらなんだか愉快な気分になってきてひょいっと横を向くときょとんとしているカカシさんに噛み付くようにキスをしてやった。

<< 雑記とコメントレス | ホーム | 雑談・コメントレス( 1月30日~2月2日まで) >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。