プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

たっているものはおやでもつかえ

短編です。カカっさん今日も絶好調です。

追記から読めます。

たってるものはおやでもつかえ

夜の帳が下りる頃、受付のピークも過ぎ報告書を出す忍び達の姿もまばらになってきた

「イルカ~そろそろじゃねえか?今日はどう来るかな?」
「本当だもうこんな時間か。よしイルカ、今日も頑張れよ」
「・・・うるさいお前ら黙ってろ、もしくは代わりやがれ。」
「あらあら、アカデミー教師ともあろうイルカ先生がそんな言葉遣いで宜しいのですか?ね~?」
「本当に!イルカ先生そんな言葉遣いではあの方にも嫌われますよ。ね~?」
「・・・そのむかつく話し方を止めろ!!お前たち他人事だと思って楽しんでいるだろ?嫌われるんだったらとっくの昔にそうしてるよ。あのエロ上忍なあ乱暴な言葉遣いすると余計に喜ぶんだよ!!全く何とかしてくれよ・・・。まあいい今日の俺様には秘策がある!!」
「秘策?」
「どうせイルカの考える秘策だ。大した事はないだろうよ。」

「イ~ル~カ~せんせ~。あなたのはたけカカシが今日も無事帰還しましたヨ~。」
(((来たーーーーっ)))
「お疲れ様です、カカシ先生。報告書確認しますね。」
「やっぱりこの時間だとイルカせんせ独り占め出来ますネ~。んも~先生は付けないでカカシって呼んでって何時も言ってるじゃないですか~。」
「いえそう言う訳にはいきませんって何時も言っているじゃないですか?後、申し訳ないのですが握っている手を離していただかないと報告書の確認が出来ないのですが・・・。」
「やだ~すいませんネ、イルカせんせ。無意識のうちに握っていたみたいで~。先生さえ良ければ他のトコロも握らして欲しいんですけどネ~。って言うか是非握らせてくださいお願いします!」
「お申し出は謹んでお断りさせていただきます。カカシ先生、ここが抜けてるんでこちらにサインお願いします。」
「えーっサイン!ひょっとして婚姻届に!!イルカせんせったらこんな所で大胆なんだから~。あっそうしたら保証人は横の受付の二人?ヤダ~。」
「(怒ったら負け怒ったら負け落ち着け俺、頑張れ俺)いえ申し訳ないのですが『報告書』の『こちらの欄』に『お名前』の記入をお願いします。・・・ありがとうございます。こちら受理させていただきますね。」


「ヤダ~もう終わっちゃったの~?イルカせんせともっと一緒に居たいのに~。先生何か俺に出来ること無いですか?。」
「申し訳ないのですが手は足りております。」
「えーっ良いじゃないですか?何でもいいデスヨ。」
「・・・分かりました何でも良いんですね。ではお願いできますか?」
「イルカせんせのお願いなら何でもいいデスヨ~。」
「では分かりました。これから受付と上忍待機所のゴミを集め、分別して捨てて来ていただけますか?後、第二資料室からこの紙に書いてある週明けに使う資料を用意してアカデミーの俺の机に置いておいていただけますか?」
「任せといて下さい!!イルカせんせのお願い~♪おねだり~♪おねだりなイルカせんせ~♪」
「・・・おねだりじゃねえよ。」
歌いながら手早くゴミを回収し受付を出て行く上忍を見ながら呟くイルカ。


「おいおいイルカひょっとして秘策って今のおねだりの事か?」
「っていうかはたけ上忍にゴミ捨て頼むってお前位なもんだぜ!」
「良いんだよ。って言うかカカシ先生がやるって言ってきたんだから問題無いだろ?後もう少しで勤務時間は終わりだし荷物も纏めた!頼んだ用事を済ましているうちに俺は帰るって言うか逃げる!!明日は休みだからカカシ先生のセクハラ発言も聞かなくてもいいし。俺は明日はゆっくり休むんだ!!」
「しかしはたけ上忍がゴミ捨てね~。」
「しかも分別って・・・。」
「良いだろうが。ほら昔から言うだろ?立っているものは親でも使えって。」
「まあそうだけど。」
「でもなあ・・・。」


「・・・イルカせんせ~聞こえましたよ~。」
(((うわっもう帰って来たのか!!)))
「カカシ先生!もう終わったんですか?!」
「任せてください!イルカせんせへの愛の力で影分身使ってあっという間に終わらせて来ましたよ~。ところでイルカせんせが勃っているとかモノとか使うって言ってるのが聞こえたんですけど・・・。」
「いえ、立っているというか確かに言いましたが、あの・・・何かカカシ先生と俺の『たつ』は何となく意味が違う気がするんですが・・・。」
「やーっぱり勃ってるって言いましたよね!!やだな~俺は書類はお手伝い出来ませんがそっちの方なら任せてください!」
「いやカカシ先生今話していたのは『ことわざ』の話でしてね?」
「俺も『里一番の業師』といわれた男!その名に懸けて必ずやイルカせんせを満足させて見せます!」
「だからあんたは人の話をキチンと聞けって言ってんだろうが!!」
「荷物はこれですか?やだな~もう丁度終業時刻になったし、荷物も纏めてあるし、準備万端ですね!僭越ながらはたけカカシ、今夜はうみのイルカ先生の期待に添えるよう持てる技を全て出し切って頑張らせていただきます。」
「何を頑張るんだ?!ちょっと待て!こっちは嫌な予感しかしねえよ。おい!人をかつぐな!下ろしやがれ!!」
「ではせんせ行きましょうか?任せてくださいネ。時間はたっぷりありますヨ~じゃああんた達後の事は宜しくね~ではこれにてドロン!!」


ぼふっと言う音の後に残されたのは白い煙とひらひらと風に舞う数枚の木の葉・・・。


「凄いな~。今のはたけ上忍が印結んだの見えたか?」
「いや・・・。全く分からなかった。なあ、おいイルカは・・。」
「言うな!ほらあいつ仕事も終わっているし何の問題も無いだろ・・・。」
「だけどさ・・・。」
「良いんだよ!あいつ明日は休みって言っていたし何の問題も無いだろうが?じゃあ逆に聞くがおまえ何とか出来るのか?」
「・・・いや無理。イルカに申し訳ないが俺達にはきっと無理だ!」
「だろう?イルカには申し訳ないが。」
「そうだな・・・。よしっ」

「「俺達は何も見なかった!!」」


((・・・イルカ頑張れよ。俺たちだって自分が可愛いんだ。))
綺麗になったゴミ箱を見つめながらイルカにとって明日休みで良かったんだか悪かったんだかと悩む二人であった。

<< 宿泊3日目~第一印象が肝心?~ | ホーム | 宿泊2日目~ハジメマシテ~ >>


 BLOG TOP