プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

段差

カカシ先生がイルカ先生を追いかけてる短い話です。
よければ追記よりお読みください・・・。


段差

その高名な上忍がしがない中忍を追いかけているのはもう日常的な光景になってしまっていた。

「イルカ先生~待ってくださいよ。今日仕事終わったら飲みとかどうですか?」
「ったくいい加減にあなたも学習してください!!何回来れれても俺は行きません!!他の方を誘うか一人で行かれたらどうですか?」
「んん~でも俺はイルカ先生と行きたいんですよね?」
「だから~何でなんですか?」

クルリと振り向き追いかけてきた上忍と向かい合うがちょうど階段だった為中忍の方が一段低い位置にいる。

「良いですか?何で俺を追いかけるのか知りませんがあなたと俺は今のこの階段の段差見たいな階級差があるんです!!分かりますか?」
「階級差ですか?でもこんな段差だったら・・・。」

口布をするりと下げるとすっと腰を屈める。
噂にたがわぬ上忍の麗しい素顔に思わず見とれた中忍のおでこに迷わず軽く口付けを落とす。

「・・・?は、はっ?ちょっとカカシさん何するんですか?!」
「ん?でこちゅーです。これ位の段差でしたら逆にキスするのにちょうど良いですね?」
「・・・アンタ一体何考えてるんですか!!」

そう言いながら逃げる上忍を段差を一足飛びに飛び越え追いかける中忍。

「今見たく階級差を飛び越えて俺のところに来てくださいよ~。」
「ふざけんな!!何でカカシさんは俺にこんなことするんですか?いい加減にしてください!!」
「そりゃあイルカ先生のことが好きだからですよ~。」
「はあっ?何いきなり言ってるんですか?!」

上忍に振り向きざまに真面目な顔をしてそう言われ、顔を真っ赤にした中忍に更に追われる上忍。

いつも追いかけてばかりだった上忍は追われることを楽しんでいる。

しばらく追いかけっこを続けた後、いきなり振り向いた上忍の腕に絡め取られて中忍が更に顔を真っ赤にするのはもう少したってからの話・・・。

<< 仔イルカ小話 その12 | ホーム | 雑記とコメントレス(2月~2月10日まで) >>


 BLOG TOP