プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仔イルカ小話 その14

いつもたくさんの拍手やコメントをありがとうございます。
すみません予想外にバタバタだったもんで仔イルカで誤魔化します。
仔イルカ若干前回の続きになります。
良ければ追記よりお願いいいたします・・・。

仔イルカ小話 その14


「かあちゃん。ドア開けて!!」
「・・・ただいまが先でしょ?!まさか又雪の塊持って帰ってきたんじゃないでしょうね?持って帰らないって約束したよね?」
「ただいま。うん、『雪の塊持って帰らない』って約束はちゃんと守ったよ!!ねえかあちゃん開けてってば!!」
「はいはい、待ってて・・・はあっ?!イルカ・・・。アンタ何持ってるの?」
「雪の塊がダメだっていうから雪だるまにしてきた!!あれ?かあちゃん急に座ってどうしたの?」
(そうじゃない、そうじゃないだろうが!!変なところで知恵を働かすな!!)
「良いかい、イルカ。明日から『雪に関する全てのものを持ち帰るのは禁止』にします!!わかった?」
「・・・ちぇっ。じゃあこの雪だるま冷凍庫に入れておいて良い?」
「却下!!庭においてらっしゃい。サンダルの中に入れたら今度こそ上段蹴りだからね・・・。」
「はい!!わかりました!!」

「ねえ、かあちゃん。おやつ。」
「かあちゃんはおやつじゃありません!!」
「かあちゃんおやつ下さい。」
「はいはい、ってイルカ何の本持ってるの?」
「アカデミーの図書室で借りてきたの。すっごく面白いんだよ!!」
「へえ・・・なんて本なの?」
「あのね『おうちでしもばしらをつくろう』って本。ねえかあちゃん知ってた?家でしもばしらが作れるんだってよ!!」

(アカデミーめ!!なんて本を置いてやがる!!ふざけるな!!)

「・・・念の為に一応聞きます。うちで霜柱をどうやって作るの?」
「えっとね
その1)深めのタッパーなどに土を入れます。
その2)水を入れながらかき混ぜギリギリまで水を入れて混ぜます。
その3)冷凍庫で一晩置いて出来上がり。
だって!!簡単に作れるから作って良い?」
「へえ、うちでも作れるんだ・・・。だが断る!!うちで作る事は却下します!!」
「何で?どうして?」
「冷凍庫は食べ物を入れる場所で土を入れるところじゃありません!!土は食べれないでしょ?」
「でもとおちゃんが『新婚当時の母ちゃんの料理は土みたいな味がした。』って言っていたよ?」
「・・・はあっ?父ちゃんめ!!まあいい、それに霜柱を作ってどうするの?」
「あのね、アカデミーに行くときにねしもばしらが出来てる時があるんだけどおれたちが行く頃にはもう踏まれちゃってるの。おうちで作ったらいっぱい踏めるでしょ!!良い考えじゃない?」
「ねえ、イルカ。母さん思うんだけど・・・。」
「なあにかあちゃん?」
「あのね・・・アンタがいつまでもダラダラ寝てないで朝早く起きてアカデミー行けばすむことでしょうが!!」
「うーん、そうとも言うかも。」
「言うかもじゃなくてそうなの。とにかく霜柱はうちでは作りません。ほら、おやつ食べちゃいなさい。」
「はーい、あのねかあちゃん。」
「なに?どうしたの?」
「このシリーズね、凄いいっぱい色んな本が出てたんだよ!!又借りてくるね!!じゃあおやつ食べてくる。」
「え?今なんて・・・?!」

雪を持って帰って来る事と霜柱を作る事は阻止できたけど他の本にはどんな事が書いてあるのかと心配になったのと、父ちゃんは帰ってきたら〆ると心に誓った母ちゃんなのでありました。



ちなみにこの本は実在します・・・。

<< かぞえかたとそのこたえ | ホーム | 雑記とコメントレス2月18日~2月20日 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。