プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはしらない(前編)

夜中にエロの神様がいらっしゃいましたので突発的な大人向け話です。
表裏一体がちょいと書き進まないんでエロ神様の誘いに乗って気分転換に書いてみました。
後半はがっつり18禁になります。

前から書きたかった『イルカ先生を多分好きなカカシ先生』と『カカシ先生が苦手と言うかぶっちゃけ嫌いなイルカ先生』の話です。
今回の話は突発なんである程度きりが良い所で終わってます。
読みたいとリクありましたら今のリクを消化した後書かせていただくかもしれません。
そうしたら最初から細かく書かせていただくと思います。
前半は普通ですが良ければ追記よりお読みください・・・。



あなたはしらない


上忍、中忍無礼講の飲み会とは言っても結局何となく上忍は上忍同士、中忍は中忍同士で何となくまとまりってしまう。
そして大概お酌をして回るのは俺を含む中忍の皆になる。
まあ、中にはガイ先生と言う例外もいるが・・・。
さっきから俺は腰を落ち着ける暇もなく酌をして回ってる。
受付をやっていて辛いのはこんなときだ。
下手に面が割れているから声をかけられやすいし今後のことを考え無碍には出来ない。
愛想よく酌をして回るがずっとわざと避けている一角があったがその少し手前の集団からついに声をかけられる・・・。
「おい、イルカ。どうせならこっちにも来いよ。お前も酌して回ってるばかりじゃ疲れるだろう?」
そう言いながらアスマさんが空のグラスを振って見せる。
出来るだけ近くに行きたくなかった一角だが俺は今気づきましたと言う風に受付で鍛え上げられた笑顔を顔に張り付かせて卓上に置いてある中身の入っているビール瓶を確認し何本か掴むとそちらに向かった。

「イルカも酌してばっかりじゃなくて少しは飲め!!」。
そう言われてグラスを渡されそうになるが向かいにいる紅先生とアンコさんの呑みっぷりを見て渡されたグラスを一旦置いてしまう。
「アスマさん、あの二人の飲みっぷり尋常じゃないですから追加分だけ頼んできますよ。紅先生、追加は同じお酒で良いですか?」
「あら、イルカ先生やっぱり気が効くわね。横の熊とは大違い。これ、冷で一升瓶で持ってきてもらって。冷えてなかったらバケツに氷入れてそこに突っ込んできて貰えば良いから。」
横でアスマさんが『どんだけ飲むんだよ・・・。』と呟いてる。
「じゃあ頼んできます。」
と立ち上がった俺に奥の方から間延びしたような声がかかる。
「んー、イルカ先生。戻ってきたら俺にもお酌してくださいよ。全然こっちには来ないじゃないですか?」
周りにくの一をはべらかした男がそう言ってくる。

俺があなたの所に行かないのはあなたが嫌いだからだ!!そう言ってやりたい気持ちを抑えにっこり笑って答える。

「はたけ上忍の周りには綺麗どころがそんなにいらっしゃるじゃないですか?俺なんかむさい男に酌をされるより綺麗な方々にお酌をされたほうがお酒だって美味しく飲めると思いますよ?」
「イルカ先生は可愛いじゃないですか?俺はくの一達よりイルカ先生と飲みたいんですけどねえ?」
小首をかしげて言う上忍の周りでくの一達が面白い冗談だと言わんばかりにこちらを睨んで笑い声を立てる。
ギリリと奥歯をかみ締めながら笑顔のままで
「はたけ上忍は本当に冗談がお好きですね?でも毎回毎回余り面白くない冗談ばかり言わないほうが良いかと思いますよ?追加注文は?なければ失礼しますね?」
そう言って離れるおれの後ろから『本当に可愛いのにー。』と言う声と笑い声が追いかけてくる。
毎回毎回面白くない冗談言いやがって・・・。

だから俺はアンタの事が嫌いなんだ!!


あちこちから声をかけられ注文を済ませ一息つこうと思ったら元の席にあった筈の俺のグラスは陰も形も見当たらず。
辺りにあるのは汚れたグラスばかりで仕方がないから一箇所にまとめていると今度は注文した品が次々と届きだす。
最後にバケツに入った一升瓶が届き仕方なく又上座にいる紅先生たちの所にもって行く。
「イルカ先生、ありがと。今度こそ一緒に飲みましょうよ?ほら、アスマお空いてるグラス探して?」
「あ、紅先生。ありがとうございます。でも俺咽喉乾いてるからちょっと水でも飲んでくるんで・・・。」
そう言って立ち去ろうとするとスッと横からグラスを差し出される。
「はい、これどうぞ?」
そう言いながらはたけ上忍を取り巻いていたくの一の一人が透明な液体が半分弱入ったグラスを差し出してきた。
「あ、ありがとうございます。」
といって飲み干そうとした瞬間紅先生とアスマさんが同時に俺に向かって叫んできた。
「イルカ、ちょっと待て!!飲むな!!」
「ちょっと、あんた達何飲ませようとしてんのよ!!」
へ?何のことと思いながららも勢いは止まらず俺は一気にそれを半分くらい飲み干してしまった・・・。
と同時に胃の中から咽喉まで刺すような刺激と燃える様な熱さが広がってきてそのあと一瞬甘さが広がった・・・かと思うと目の前がぐらりと揺れ一気に暗くなり俺の意識はそこで途絶えた・・・。


頭が重い・・・。
頭だけではなく全身が重くだるくそのまま沈んでいってしまいそうな感覚に襲われる。
誰かがそんな俺の頭を撫で髪を梳っているがそんな刺激すらうざったいし触られたくない。
手で払いのけようとするが上手く持ち上がらないから頭を振って避けようとするが軽く振るだけでくらりと眩暈がする。
「・・・もう少し寝ててください。後が楽になりますよ?」
とどこかから低い声が聞こえて口元に何か押し込まれる。
多分解毒剤の一種だろうと思い何とか飲み込むと又すうっと意識が吸い込まれていった・・・。

もう一度目覚めると仰向けになった顔にほんのりとした朧げな光が差し込んでいた。
首を少し上に上げると窓から満月に少し足りない月が見えた。
身体はまだ重だるいが最初に起きた時ほどでもないがなんだかまだ上手く考えられないし体中が熱くてたまらない。
そっと手を持ち上げるとかなりキツイがなんとか動かせた。
(しかしここは何処なんだろう・・・。)そう思って身じろぐと同時にドアが開いた。
少し首を上げて入ってきた人物を見ようとするが後ろの明かりで陰になっていて顔は見えなかった。
だが独特な特徴のある髪型に『まさか?!』と思わず起き上がろうとしたがそのまま崩れ落ちてしまった・・・。

「んー、ダメですよ?まだ動くのはキツイでしょ?まだ休んでいてください?」
聞こえてきた間延びした声は俺が一番聞きたくない会いたくない人の声で・・・。
「・・・なんであなたが?」
そう聞くが口の中がカラカラで声がかすれて上手くしゃべれない。
持ってきたコップを傍らに置き上半身を軽く起こされる
『持てますか?』と聞かれた後に水の入ってるらしいグラスを渡される。
さっきの事があり飲むのを躊躇ってると考えていることがわかったらしく『ただの水ですよ』と苦笑しながら言われてしまった。
取り合えず一口含み飲み込むと冷たい水は渇いた咽喉を押し広げるようにして胃に収まった。
体の中から冷やされたようで気持ちよくもう一口飲むがまだ手に力が入らないらしくグラスを落としそうになる。
「 おっと、危ない!!」
そういいながらはたけ上忍は俺からグラス取ると傍らに置き『まだ寝ていてください。』と俺の肩をゆっくりと押してベッドへと戻した。

「ところでなんで俺ははたけ上忍の家にいるんですか・・・。」
そう問うと少し困ったような顔をしながら後頭部をガシガシ掻いている。
「あー申し訳ないと思ってるんですが俺の回りにいたくの一達がイルカ先生と飲みたいとか色々いっていたのが気に入らないらしくて・・・。でもまさかスピリタス飲ますなんて思ってませんでした。髭がタバコ吸ってなくて良かったです。」

そう言いながらベッドに腰掛けてきたが・・・ってことはアンタが原因じゃないのかよ!!
やっぱりアンタなんか大嫌いだ!!

「そうだったんですか。すいませんひょっとしてここは?」
「ああ、俺の家です。イルカ先生全く意識がなかったもので。そうそうベストと脚絆ははずしてベルト緩めさせていただきましたよ。」
「・・・その辺の中忍連中に頼んでおけば良かったんですけどね。俺なんか気になさらずに。」
「いや、俺のせいですしそういうわけにはいかないでしょう?」
「いえいえ、お気になさらずに。もう少しして動けるようになったら帰りますんで。」
そう言いながらこっちをじっと見ている彼から視線をはずす。
「イルカ先生、俺のこと嫌いでしょ?」
いきなりそう言われて思わず視線をはずし続けていた彼の方を見てしまう。
彼はいつの間にか額宛をはずし口布を下ろしていた。

「・・・なんでそんな事を?気のせいじゃないんですか?」
「んー、ナルト達が居なくなる前からやけによそよそしくなってきたとは思ってたんですけどね。呼び方もカカシさんからはたけ上忍に戻って立ち話なんかも『今忙しいんで』っていわれて避けられるようになりましたよね。」
「それは元々ナルと達七班繋がりで知り合ったんですから仕方がないんじゃないんですか?」
「でも多分それだけじゃないですよね?」
そう言いながら視線を逸らさずじっと俺の眼を見続けている。
何となく視線をはずしたら負けのような気がして俺も寝たまま彼を見続けているがまだ頭というか体の中が熱く色々としたり考えたりすることがキツイ。
「・・・口元。水こぼれてますよ?」
すっと伸ばしてきた手で頬を擦りあげられながらそう言われ気持ち悪いようなむず痒い様な感触に思わずぶるりと震えてしまう。
そのままぬぐわれるのかと思いきや彼の顔が近づいてきてぺろりと口元を舐められる。
「ああ、まだ熱いですね。」
そう微笑みながら言われたが俺の頭の中はこの人何してるんだ?何されたんだ?と言う問いかけがぐるぐる回っていた。

「イルカ先生、口開きっぱなしですよ。大丈夫ですか?」
そう言いながら彼は俺の頭の両脇に手を置くと今度は馬乗りになってきた。
白い長い指で俺の唇をなぞってくるから止めさせようと手を払いのけようとするとその手を顔の脇で押さえつけられる。
そんな事をしている間も彼は何の感情も見せないまま俺は軽く睨みつけるようにお互いに視線をそらさない。
「・・・はたけ上忍。何してるんですか?」
そんな俺の問いかけには答えず彼はゆっくりと顔を近づけてくる。
前髪が触れるくらい顔を近づけるとそのままじっと見つめあう。
フッと軽く笑ったかと思うと『あなたは何も知らない』と呟いたのが聞こえた。

次の瞬間彼は噛み付くように俺に口付けてきた。

あなたはしらない 後編へ

<< あなたはしらない 後編 | ホーム | 仔イルカ小話 その14 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。