プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぞえかたとそのこたえ

久々の変態上忍様でギャグっぽい話です。
良ければ追記よりお読みください・・・。



かぞえかたとそのこたえ

一段落ついてまったりとした空気の漂う午後の受付。
処理済の報告書を纏めながら3人いるうちの1人が横のもう2人にふと問いかける。
「そう言えばさ、俺昔から気になっている事があるんだけどさ・・・。」
「あー、どうせ碌な事じゃないと思うけど。なんなんだ、言ってみろよ?」
「なんだ、又なんで俺はもてないのか?って話か。」
「お前らうるさい!!聞く気があるんならちゃんと聞いてくれよ!!」
「ハイハイハイ、聞きますよ~。あ、イルカ明日のこの任務書なんだけど。イルカだったら誰に回すといいと思う?」
「あー聞いてる聞いてる。うーん、ゲンマさんかライドウさん向きじゃないか?」
「やっぱりそう思うか・・・。じゃあ明日頼むか・・・。」
「って言うかお前ら聞く気ゼロじゃねえかよ!!聞いてくださいお願いします!!」
「・・・仕方ないなあ。」
「ほれ、話してみろよ?」

「あのさ、服着たときの呼び方なんだけどさ?何で『パンツ一丁』なんだ?何でパンツを一丁って言うんだ?」
「・・・そう言われれば。」
「そう言われればそうだよな・・・。」

「イルカ先生~あなたのはたけカカシが今日も無事帰還しましたよ~!!」

「あなたは俺のものじゃないです。とっとと報告書出したらお帰りください。」
「今日も冷たいですね?ツンデレって奴ですか?」
「お帰りなさいはたけ上忍。イルカがデレるとどうなるんですか?」
「あ、俺も知りたい!!どんななんですか?!」
「何?あんた達聞きたいの?しかたないな・・・」
「そんな事はどうでも良いからカカシさんは早く報告書を出せ!!俺のことはどうでも良いからお前ら二人は仕事しろ!!ったくさっきまでの疑問はどうなったんだよ?!」
「えーと確かここに・・・しまったはず・・・。はい、イルカ先生報告書。」
「はい、確かにお預かりします。確認しますんで少しお待ちいただけますか?」
「ところであんた達一体何?さっきまでの疑問って。」
「あのですね?なんでパンツだけの時に『パンツ一丁』って呼び方するのかな?って」
「そうそう、俺昔から疑問だったんですよね?」

「なに?あんた達そんなことも知らないの?」

「え、はたけ上忍知ってるんですか?」
「あ、今ここで長年の俺の疑問が解決されちゃうんですか?」
「・・・カカシさん。ことわざを勘違いしたり曲解しているようなあなたが本当に知ってるんですか?あ、そのくだらない話が終わったらここに判子をお願いします」
「ん~イルカ先生ったら酷いなあ?なんでパンツ一丁買っていったらね・・・。」
「「・・・パンツ一丁かって言ったら?」」

「男は誰でも股間にビッグマグナムを隠し持ってるからじゃないの!!」

「・・・そうか!!だから一丁なのか!!」
「凄いな・・・。はたけ上忍!!さすがです!!俺そんな事考え付きもしませんでしたよ!!」
「でもお前は少なくともビッグマグナムじゃないな・・・。」
「はあっ?お前だってせいぜい水鉄砲レベルだろうよ!!」
「お前ら・・・。くだらない事喋ってないで仕事しろーーーー!!カカシさんは判子くださいって言ってますよね?!」
「・・・イルカは何だろうな?」
「水鉄・・・いやはたけ上忍に聞いた方が・・・。」
「ちょっとあんた達。節分のときに俺がイルカ先生に用意したパンツ見ればわかるでしょ?本人傷つくから止めてあげて?」
「あ、すいません。はたけ上忍。俺気付かなくて、無神経でしたね・・・。」
「そっか・・・。言わない方が良いことってあるもんな。」

「ちょっと待てお前ら!!哀れむような目でなんで見るんだ!!だから俺は普通だって言ってるだろうが!!」

「うんうん。イルカ気にすんな!!」
「ほら、はたけ上忍はそんな事気にしないからな!!良かったな!!」

「だから俺は普通だって言ってるだろうが!!カカシさんだって何だよ?ビッグマグナムって!!アンタのはそんなに立派かよ?!人に見せて自慢できるのかよ?」
「・・・ん?イルカ先生今何て言いました?」
「・・・あっ!!今のは言葉のあやって言うか何て言うか・・・。自慢なさらなくてもカカシさんのは立派でしょうから遠慮しておきます?」

「・・・なあ、これってさ。」
「ああ、用意するか・・・。」

「いいえ、遠慮なさらないでください?じゃあ早速確かめに行きましょうか?俺のマグナムが弾切れになるまで頑張りますよ~。」
「ちょっと待て!!来るな!!いや、来ないでください・・・って人を米俵みたく抱えあげるんじゃねえ!!」
「じゃあ行きましょうか・・・。」
「はたけ上忍!!お待ちください!!」
「・・・なに、あんた達?最近良くわかってると思ってたけど。今ここで止めるの?」
「はたけ上忍。すみませんが判子忘れてます!!これがないと俺たち困るんでこれだけはお願いします!!」
「すいません、はたけ上忍。イルカの荷物はこれなんで・・・。」
「ああ、判子の事すっかり忘れてた。ここに押せば良いのかな?あんた達、疑って悪かったね?」
「はたけ上忍・・・。ビッグマグナムですね!!」
「俺の疑問を解消してくれてありがとうございました!!」
「じゃあ、あんた達後はよろしくね~。」
「お前ら覚えてろよ~!!」

イルカを抱えあげた状態で器用に印を結ぶとボフンという煙とともに消えた二人・・・。

「なあ?はたけ上忍の弾切れとイルカの体力とどっちが先に尽きるかな・・・?」
「いやそんな事は今更言わなくてもわかってるだろうよ・・・。」
「それもそうだな・・・。ま、俺は長年の疑問が解消されて良かったよ・・・。」
「そりゃあ良かったな。はたけ上忍に感謝だな・・・。」

長年の疑問が解消されて良かったけれどもビッグマグナムってどのくらいのサイズの事を言うのだろうかと新たなる疑問が出来てしまった二人なのでありました・・・。

<< いばしんえん | ホーム | あなたはしらない 後編 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。