プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一寸一服 ~綱手とハヤテとカカシ~

突発で書いたリゾートの小話です。
リゾートはまだですか?ハヤテの出番が少なくない?という意見をいただきまして・・・。
ちょっとした小話です。
良ければ追記よりお読みください・・・。

一寸一服 ~綱手とハヤテとカカシ~

「頼む!!この通りだ!!」
「そんな事を言われましても・・・。」
「本当に頼む!!お前だけが頼りなんだよ!!」
「ですから綱手様?私は占い師ではないんですよ?」

支配人室の机の前で両手を顔の前にあわせ目の前の人物に向かって拝み倒している巨乳で年齢不詳の美女とレストランの制服を着た若干顔色の悪そうなボブに近い髪型の若者が呆れ顔で見つめている。

「綱手様、前から言ってますけど例え私がアドバイスして当ったとしますよね?でもそういったギャンブルで当てたお金は形に残さないほうが良いんですよ?たまさかの夢なんですから。」
「ほら、大丈夫!!形には残らない筈だから。だから頼む!!」
「ですから・・・。」
「すいません、綱手様ちょっと良いですか?」
「あ、はたけチーフ。お疲れ様です。」
「何だカカシか。何の用だ?」
「あれ、ハヤテこんなところに居たのか?ゲンマが探していたぞ。すいません綱手様、今度の出張の件なんですが・・・。」
「そう出張と言えばカカシ。お前スーツは買ったのか?たまにしか着ないからってちゃんとしたのを買え!!」
「じゃあ綱手様。はたけチーフもお話があるみたいですし私はこの辺で・・・。」
「ちょっと待てハヤテ!!話はまだ終わってない!!」
「・・・何なんですか?綱手様はハヤテを連れ込んで。何をしてたんですか?」
「連れ込むなんて人聞きの悪い!!ちょっとアドバイスをだな・・・。」
「まさかハヤテの勘の良さで何だか賭け事でも予想しろとか言っていたんじゃないでしょうね?」
「ぐっ!!いや、それはだな・・・。」

胡散臭そうな目で綱手を見つめるカカシとその横でちょっと困った顔をしているハヤテ。
肝心の綱手はというと・・・。

「あーっ仕方が無いだろう?イルカの歓迎会の酒代が私持ちになったんだから少し位稼がなくちゃやってられないだろうが!!あいつらどれだけ飲むのか想像もつかないんだからな!!」
「綱手様。それって自業自得ですよね?全く大人しくしてれば良いものを・・・。」
「カカシ、煩いぞ!!お前出張のついでにスーツ見て来い!!」
「はあ、何言ってるんですか?ったく何で人が出張の日に歓迎会とか入れるんですか?俺は歓迎会に間に合うかわからないのに買い物までする気はないですよ?車で行こうかどうか悩んでるんですからね?」
「・・・はたけチーフ、私は車は止めた方が良いと思いますよ?あとスーツは今見ないほうが良いと思います。何となくなんですが。」

カカシを見ながらそういうハヤテに妙に神妙な顔でそれを聞くカカシ。
そこに綱手の声が割り込んでくる。

「おい、ハヤテ。何でカカシにはアドバイスするんだ?どうせなら私も頼む!!」
「ですから綱手様?さっきも説明しましたが・・・。わかりました、はたけチーフにしたようなアドバイスで良いんですか?」
「ああ、大体でも構わん!!」
「ちょっとハヤテ、止めておいた方が・・。」
「綱手様、カミナリに注意してくださいね?はたけチーフ、質問は又後でのほうが良いと思いますよ?」

不思議そうな顔をしている綱手とカカシ。
カツカツ言う音が近づいてきたかと思うとバンッと大きな音を立てて支配人室の扉が開いた。

「綱手様~!!一体何してるんですか?!午前中に処理してくださいとお願いしてあった書類は終わってるんですか?」
「あ、いや、シズネ。そう、今やろうと思っていたんだ。すぐ終わらせるから・・・。」
「すぐ終わらせれるなら最初にお願いした時にすぐに終わらせてください!!まだまだ目を通していただかなくちゃいけない書類は山のようにあるんですからね?」
「うっ・・・。わかった、すぐに済ませる・・。」
「カカシ君、ハヤテ君。ごめんなさいね?急ぎの用事じゃなかったら後ででも良いかしら?」
「私はもう大丈夫です。」
「じゃあ、俺も又出直します。」
「あ、ハヤテ。ちょっと待て!!話はまだ・・・。」
「綱手様!!いい加減にしてください!!」

支配人室を出る二人、後ろではまだシズネの怒号が響いている。

「ね、だから言ったでしょう?綱手様はカミナリに注意って。」
「・・・ハヤテはなんでわかったんだ?」
「簡単ですよ。綱手様の机の上には目を通していないと思われる書類が山のようにあってその上にシズネさんの字でメモが書かれて置かれていたんですよ?そろそろフロントも落ち着く時間ですしシズネさんが綱手様の仕事の確認に来るならそろそろかと思いまして・・・。」
「・・・じゃあ俺の車じゃないほうが良いって言うのとスーツの話は?」
「・・・はたけチーフ?何でもかんでも種明かししてしまうと面白くないですよ?それにチーフの場合はただ私がそう思っただけなんです。最終的な決断はチーフにお任せしますので。」
「まあ、ハヤテの勘と言うかアドバイスは信用させて貰うよ。この前のこともあるし・・・。」
「少しはお役に立てましたか?」
「まあね、約束の酒は出張帰りに買ってくるから。どんな酒が良いのかゲンマと一緒に考えといて。」
「どうもありがとうございます。楽しみにしていますね。」

そう話しながらレストランへと戻る二人。
さて、ハヤテのアドバイスは今回は役に立つのでしょうか?
役に立つかどうかわかるのはイルカの歓迎会の時、もう少しだけ後のお話・・・。


<< 雑記とコメントレス | ホーム | それいけ!木の葉探検隊(カラオケ編) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。