プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業 Side K

「卒業 Side K」
現代パラレル高校生カカシと教師イルカのシリーズです。
今回はカカシ君目線になります。

「卒業 Side K」よければ追記よりお読みください・・・。



「明日の事は大丈夫です。心配しないでください。はい、はい。すいませんがクシナさん、ミナトさんに代わって貰っても良いですか?ミナトさん?良いですか?俺はナルトと違って一人で大丈夫です。良いですか?ミナトさんもクシナさんもお願いですから絶対に明日の俺の卒業式には来ないでくださいね!!」
「えー?折角だからチラッと見る位なら・・・。」
「ミナトさん止めてください!!ところでナルトは本当にここの高校受験したいんですか?結構というか、かなりレベル高いですよ?サスケ君ならわかるんですけど・・・。」
「うん、カカシ君の話聞いていて面白そうだって思って興味わいてるみたい。とりあえず本人次第なんだけど念の為だ制服綺麗に取って置いてね?あ、ボタンあげるならその分は後でお金出すから購買で買っておいて?」
「誰にもあげるつもりは無いですよ?確かにまだそんなに着てないですから綺麗ですけど・・・。」
「じゃあ、よろしくね?明日はクシナが腕によりをかけて料理を作るってさ。」
「楽しみにしてます。明日7時過ぎには伺います。ナルトに宿題のわからない箇所以外はやっておくように伝えてください。では明日。」
「ところで海野君とはどうなったの~?良かったら明日一緒にうちに連れてきて貰っても・・・。」
「ミナトさん、明日の用意あるから切りますね。では又明日!!」

電話口でミナトさんがなにやら言っていたが強引に電話を切る。

高校に入学した時に変えたもう古い型になってしまっている俺の電話は最近先生にメールしだすまでほとんど使って無かった。
にもかかわらず最近妙に調子が悪い。
「充電は・・・。いらないか。どうせ明日学校に行ったらセンセには会えるんだし。」
そう呟きながら先生ににおやすみなさいメールだけ簡単に送る。
先生は最近やけに忙しい。
卒業、入学と続くからだろうが会議ばっかりあるらしく準備室にも殆どいないからと言われ登校日にちょっと顔を見に行ったりするくらいしか行けなかった。
と、その時携帯が震えてメールが来たことを知らせる。

『明日は寝坊するなよ。明日も午後はずっと会議だ。卒業式だからちょっと良いスーツとネクタイだよ。おやすみ』

相変わらずそっけないけど、最近は次のお日の予定なんかも書いて送ってきてくれる。
「センセのスーツ楽しみ。じゃあ又明日。おやすみなさい。」
明日少し早めに登校して準備室に行っても良いかもな。
折角だからいつもと違う先生のスーツ姿朝一で見たいしな、なんて楽しみにしていた。
楽しみにしていた筈だったのに・・・。

卒業 Side K

「ごめん、畑君ちょっと良いかな?」
「・・・申し訳ないけど。誰が来ても返す答えは同じだけど?」
「・・・それでも良いから。」
朝からうんざりする位に同じような会話を繰り返している。
折角早めに出てきたのに駅の改札を出たところから始まり、やっとの思いで教室に着いたとたんすぐに呼び出されて告白されて断って、教室に戻って又呼び出されて・・・。
何とか引き止められずに教室から出て準備室に行こうと向かう途中の階段で又声をかけられる。
碌に話したことの無い俺のドコが良いって言うんだろう?ちょっとうんざりしながら話だけでもと言われ又告白される。

「だから申し訳ないけど君だけじゃなくて皆断ってるから。悪いんだけど俺はずっと前から決めた人がいるから。」
「でもその人とは付き合っていないんでしょ?だったら私と試しにでも付き合ってみても・・・。」
半泣きになりながら俯いて同じ台詞を延々と繰り返してくる。
いい加減にしてくれないか?と思ったところで階段から知った顔がひょいと覗いて目が合った。
助けて欲しくて肩をすくめるジェスチャーをすると大きく頷いて階段を上っていってしまう。
全然分かって無いじゃん!!と心の中で突っ込みを入れたがそれは間違いだったらしく少し上の方から俺の名を呼びながら彼女は降りて来てくれた。
「あー畑君、こんなところに居たの?先生が探していたよ?」
「あ、ごめん。悪いんだけどそういう事だから・・・。」
そう言うとやっとの思いでその場から抜け出す・・・。

「しかし畑君もてるねえ。さっきから教室に居ない間にも何人も呼びに来ていたよ?」
俺が心底嫌そうな顔をすると俺を助けてくれた彼女は笑いながら肩を叩いて来た。
「卒業式が終わった後なんかもっと凄いんじゃないの?もてすぎるのも大変なんだね?」
そんな話をしながらあまり使われてない方の階段で教室に向かう。
彼女と二人で話すのはバレンタインの時に二人で教室で彼女から貰ったチョコを食べて以来だ。
日が差し込む踊り場で彼女は急に立ち止まって真正面から俺を見た。
少し沈黙した後彼女に思い切ったように話し出す。
「ごめんね、さっきの話少し聞こえてたんだけど・・・。」
「ああ、別に構わないけど?何かあった?」
「あのね・・・。畑君が言いたくなかったら答えなくて良いんだ。さっき畑君ずっと好きな人がいるって言ってたでしょ?ずっとって何時からなのかな?と思って・・・。」

少し高い位置にある窓から光が差し込んでいて埃がキラキラと光の中舞い踊っているのが見える。
彼女は何だか真剣な顔をして俺のことを見ている。
イルカ先生を好きだった筈の彼女が何で俺にそんな事を聞いてくるのか何でなんだかさっぱり見当もつかない。
なんでなんだろう?と少しだけ悩んだけど彼女には色々な意味で感謝もしているから。
多分彼女が居なければ俺一人が頑張ったとしても先生とはここまで親しくなれてなかったと思うから・・・。
ミナトさん達以外知らない事を彼女になら話しても良いんじゃないかと思い口にする。

「俺は子供の頃からずっとその人だけが好きだった。その人以外は俺はいらないし欲しくない。」
「・・・そんなに長い間?気持ちは変わらなかったの?」
「7年・・・もうすぐ8年かな?その人は俺の人生を変えてくれた大事な人だから。だから今までずっと俺はその人の事だけを想っている。」

ふーっと長いため息を吐くと彼女はにっこり笑ってきた。
「畑君、教えてくれてどうもありがとう。これで心置きなく卒業できるよ。じゃあ教室に戻ろうか?あ、今日のクラスの打ち上げはちゃんと参加してよ」
「・・・出なくちゃダメかな?」
「文化祭のときも出なかったんだから最後くらい出なくちゃ駄目だよ?うちの高校って謝恩会無いんだからそれ位は参加してよ。」
そうだ、文化祭のときは準備室で先生の事を待っていたから・・・そう思い出し最後くらいはしかたが無いかなと軽くため息を吐いて分かりましたとばかりに頷いてみせる。

どこかさっぱりしたような顔つきの彼女と一緒に話しながら、短かい間しかいなかったけど、途轍もなく大事な時を過ごせたこの学校にさよならする為の卒業式に出るために教室へと二人で戻った。

あくびを噛み殺しながら長々と話を続ける来賓の顔を見る。
先生の事はさっき入場するときに遠目からチラリと見えたくらいだ。
何処からともなくすすり泣く声が聞こえてくる。
ふとあの時に父が海外に行く事にならなかったら今頃俺はどうしていたんだろうと考える。
勿論今この場になんていなかっただろうし、今でもどこかで縁があれば又会えるからと考えてそのままだったかもしれない。
不思議なもんだよな・・・と思いながら立ち上がり長い話の終わった来賓に一礼して又着席する時に又チラリと先生の姿が見える。
朝は会いに行けなかったけどこれが終わったら、終わったらゆっくりと会いに行けるから。
先生は会議だって言っていたから短くても会える筈だから・・・。
俺は先生に何て言おう?先生は俺に何て言ってくれるんだろう・・・。
そう考えたら思わず顔がにやけてきたから慌てて少し下を見て卒業式らしく神妙な顔をした。

教室に戻り最後のHRも割と早く終わりそのまま急いで準備室に向かおうとするがこの後のクラスの打ち上げの話があるからといって捕まった。
予定ではとっとと抜け出すはずだったのに何時の間にやら他のクラスも終わりだしたのか教室の出入り口の辺りに何人か女子生徒が固まってこちらの様子をチラチラと伺っているのがわかる。
嫌な予感がするが・・・そう思いながら準備室に行こうとすると入り口の所で固まっていた集団に声をかけられる。
「畑君、ごめん。ちょっと良いかな?」
「ごめん、無理です!!」
「無理ですじゃなくてちょっとで良いんだけど・・・。」
「ごめんなさい。本当に無理です!!悪いけど誰が来ても告白されても断ることには変わりないから諦めて帰って!!」
そう言って彼女達を振り切って校内を走り出す。
「あ、ちょっと待って!!」
そう言いながら後ろから走って追いかけてくる音が聞こえる。
俺は廊下の人並みを掻い潜る様に走り抜けて少し遠回りしながら準備室へと向かった。

走っている途中も何回か声をかけられたが何とか撒いて準備室に着いた。
少し息を整えてからと思ってい立ち止まると準備室の前から話し声が聞こえた。
そっと覗くと彼女と先生が何やら話をしていた。
少し慌てたような先生とにこやかな彼女は握手をしたが彼女は急に握手の手を引き先生の耳元で何やら囁いた。
何を言われたのかわからないけど見る見るうちに先生の顔が赤くなっていく。
二言三言、言葉を交わすと彼女は先生に一礼して俺がいるのとは反対の方向へ走り去ってしまった。
その後姿を見送っている先生の後ろから声を掛ける。

先生は振り返らなくても俺だとわかってくれて、多分彼女から聞いたのか『随分もてるんだな?』と言われた。
好きでもてている訳じゃないからと思い、少しむっとしながら先生の隣に並ぶ。
何で校内で追いかけっこしなくちゃいけないのかと少し愚痴って話していた。
先生に『そろそろ準備室に入ろう?最後にお茶でもご馳走してよ?先生のスーツ姿ゆっくり見たいな?』と言おうと思った瞬間!後ろから『あー、畑君こんなところにいた!!」と甲高い声が響いた
本当ににしつこい!!やっと先生に会えたのに。
思わずチッと舌打ちすると横にいる先生の手を軽く握る。
耳元で又後で連絡する事を告げるとやっと会えた先生と名残惜しいけど手を離して又走り出す。
先生は今日もずっと会議だって言っていたからこの後会うことはきっと難しいだろう・・・。
卒業の日だからって前々から色々と考えていたのに全部駄目になってしまった!!
後ろから先生の『校内を走るなよー。』と話している声が聞こえた。
今日で生徒じゃなくなるのにと軽くため息を吐くと後ろから追いかけてくる子達を振り切るため人気の無くなって来た校内を思い切り走り出した。

疲れた!!本当に疲れた・・・。
渦巻家に向かい歩く道すがらそう言えばと思い出して携帯を取り出す。
結局学校では追いかけっこの後又教室で待っていた女子生徒達にボタンでも校章でも何でも良いからくれとしつこく付きまとわれるわやっとの思いで逃げ出して念の為にと準備室に行ったら先生はもういなくて鍵はかかっているは散々だった・・・。
その後時間ギリギリで参加した打ち上げは・・まあ楽しかったしうちのクラスは女子も少ない上に皆俺には普通に接してくれるから助かった。
念の為携帯を忘れたことにしていたから電源を切りっぱなしだったことを思い出す。
「そうだ、センセにメールしないと・・・。」
そう呟きながらボタンを長押しして電源を入れようとするが携帯はピクリとも動かない・・・。
あれ?充電まだあると思っていたんだけど?そう思いながら何回か試してみるが無反応のままだ。
充電切れたかな?ナルトかミナトさんの充電器借りるかな・・・そう思いながら歩いているうちに渦巻家の門の前に立つ。

かつて知ったる何とかでそのまま中に入り玄関先で声をかけるとパンパーンと言う甲高い音とともに紙ふぶきが舞い踊った。
一瞬何が起きたかわからなかったが「「「卒業おめでとう!!」」」との声に我に返り『ありがとうございます』とお礼をのべる。
「さ、どうぞ入っててばね?」
クシナさんにそう声をかけられお邪魔するがふと思い出しナルトに声を掛ける。
「ナルト、悪いんだけど携帯の充電させて貰っても良いかな?何かいつの間にか充電切れちゃったみたいで・・・。」
「それ位別に良いけどさ。カカシ兄ちゃんってばちゃんと充電しとけってばよ。」
玄関を上がりながらナルトにそう頼み2階のナルトの部屋に向かう。
「ほらよ、カカシ兄ちゃん。どうする?俺の部屋で充電する?」
に聞かれてちょっと考える。
「そうだな・・・。多分食事したりしている間に充電も終わるだろうし・・・。」
そう言いながらナルトから充電器を受け取り自分の携帯を差し込む。
充電しだした事を示す赤いランプがついたのを確認し、そのまま電源を入れて念の為メールの確認をしておこうか一瞬悩む・・。
「カカシ兄ちゃん。じゃあ下に行こうってば、母ちゃん張り切ってご馳走作っていたってばよ。」
そうナルトに後ろから声をかけられ手にしていた携帯の電源を入れることなくそのまま下におく。

そのときに電源を入れなかったことを・・・。
ちゃんと電源が入るか確認しなかった事を・・・。
俺は後で死ぬほど後悔することになる・・・。

卒業 へ続く

<< 卒業 | ホーム | 卒業 Side I >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。