プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

その後の!木の葉探検隊(カラオケ編)

現代パラレルリゾートシリーズの番外編で先日UPしましたそれ行け木の葉探検隊(カラオケ編)のその後の話になります。
寮でだらっとしてます。
出来ればイビキさんの誕生日にもイビキさん視点のカカイル話をUP出来ればなと思います・・・ってもう今日だよ!!頑張れば小話ならいけるか?

先日は風邪で何日か更新お休みしたんですがこんなに更新しなかったのが初めてで布団の中で何だかワタワタしてました。
ネタが幾つか浮かんではあるのですがまだ本調子ではないので時間がある時に書いていきたいなと。
いたわりのコメントをくださいました方々本当にありがとうございました。
コメントレスは出来れば今日中にでも・・・。

木の葉探検隊のカラオケのその後ですがどうだったのでしょうか・・・?
ライドウさんはそのうち救済回を・・・ま、そのうちそのうち・・・。
良ければ追記よりお読みください・・・。

その後の!木の葉探検隊(カラオケ編その後)

「あ、イルカお帰り。」
「イルカ君、お疲れ様。甘い系と甘くない系どっち飲みたい?」
「・・・じゃあ甘くない系で。すいません一つ聞いても良いですか?」
「うん良いよ?あ、これで良いかな・・・。イズモは飲んじゃった?じゃあ新しいの、はい。じゃあとりあえずイルカ君お疲れ様。」
「イルカお疲れ様!!」

「あ、ありがとうございます・・・ってここは俺の部屋ですよね?!アオバさんもイズモも何当たり前みたく寛いでるんですか?!」

「まあまあ、細かい事は気にしないで?とりあえず飲んでね。そう言えば今日は混んでた?」
「そうでもないですけど・・・ってそう言えば二人とも言っておきますけどライドウさん大変だったんですよ??午後の仕事のときに俺涙目で拗ねられて、こんな事言っちゃ失礼ですけど結構怖かったですよ?!」
「そう言えばイルカ一人なのか?コテツとヤマトは?」
「・・・あの二人ははたけチーフと何か話していたよ?って言うか何かネチネチ言われてたっぽいけど・・・。アオバさん、今度はきちんとライドウさん達も誘ってあげてくださいよ?」
「ん、そうだね?機会があればね。」

「そう言えばイルカ、ラーメン買ってきたぞ?ほれ、コテツと違って春雨じゃなくてちゃんとラーメンだろ?」
「あ、イズモありがとう・・・。って何これこのサイズ?」
「見ての通りミニサイズだけど?イルカはサイズの指定はしなかったろ?」
「だからってこれじゃあ小腹も満たされないって!!」
「イズモったら酷いね?はい、イルカ君にって俺も買ってきたんだ。」
「アオバさんありがとうございます。・・・ってこれなんですか?何でこんなでかいんですか?!」
「凄いでしょ?キングサイズだって!!」
「・・・二人ともお願いですから今度から普通のサイズでお願いします。って何そこで二人でハイタッチしてるんですか?!」

大小サイズのラーメンを受け取ってちょっとビックリしているイルカを見てハイタッチしている二人・・・。

「まあ冗談はこれくらいにして・・・。はい、これ普通のサイズな、後これがレシート。こっちはきちんと金貰うけどミニサイズとキングサイズは俺とアオバさんからのお土産だから。」
「あ、ありがとう。ちょっと待って、財布捜すから。そろそろ流石にあの二人も帰ってくるかな?」
「あーやっぱりここにいた。ずるい何皆で先に飲んでるんだよ?」
「先に始めるなんて酷いじゃないですか?僕達の事待っててくれたって良いんじゃないですか?全く先輩の八つ当たり宥めるの大変だったんですよ?聞けば隊長が指示したらしいじゃないですか?」
「二人ともお疲れ様。あれねぇ、アスマとイビキに頼まれたんだよね?文句なら僕だけじゃなくてあの二人にも言ってね?」
「ほらよ、お疲れ。コテツはこれで良いだろ?ヤマトは何に飲む?」
「じゃあ、炭酸じゃなくて余り甘くない系があれば・・・。あ、ありがとうイズモ。乾杯って、隊長何で今メール打ってるんですか?」
「うん、ちょっとね。待たせてごめんね?じゃあ改めて・・・。お疲れ様でした。」
「「「「お疲れ様でした!!」」」」

「・・・あれ?隊長良く見たら飲まれてのはお酒じゃ・・・ないですよね?」
「ん?ヤマト良く気付いたね?だって僕これから深夜勤だしね。」
「え、隊長これから仕事ですか?!良いんですか?」
「どうせ自分の部屋にいたってダラダラしてるだけだしね。行く前にイズモと待ち合わせておしゃべりでもしようかって話になったんだ。」
「なんだ、どうせならゆっくり飲みたかったのに。」
「コテツごめんね?それは又今度ね。イルカ君、どうしたの?」
「行く前に皆で楽しく過ごすのは良いと思います。でも・・・」
「ん、ありがとう。でも何?」

「だから何で待ち合わせ場所がというか飲むのは俺の部屋なんですか?!」

「「「「それはここは二人部屋なのに居るのはイルカ一人だからだから」」」」

「あーっ!!もうどうにかならないのかな?って四人でハイタッチするのなんか腹たつんで止めてくれない!!今度から本気で鍵掛けようかな・・・。」

「イルカ、諦めろ。鍵かかっていたら多分お前の部屋の前で飲んでるぞ。特にコテツな。」
「イズモお前さ、そうなったらコテツの事止めろよ。」
「ごめん無理。出来ればヤマトに頼みたいくらいだし。」
「イズモ、僕は謹んで辞退申し上げます。」
「なに、俺の話?」
「・・・気にしなくて良いから隊長と話してろ。」
「ちぇっ、イズモ冷たいよなー。隊長、俺今度花火したい。」
「それは夏になったらね?その前に七夕もあるでしょ?」
「なに?ここって結構そういう季節のイベント多いの?」
「イルカさんは来たばかりですものね。綱手様がお祭り好きなんでそう言ったイベントごとに色々企画してやってるんですよ。」
「そうだよな、ヤマト。去年のハロウィンとか大変だったよな?」
「ごめん、コテツその話はやめようよ。僕・・・余り思い出したくないんだ。」

「ヤマトさん一体どんな格好をしたんですか?って隊長どうしたんですか?さっきから何だかじかん気にしていますけど。そろそろ出勤ですか?」
「ん?イルカ気になる?ちょっとそろそろ来るかなと思ってね・・・。皆結構まだ缶の中身残ってる?僕そろそろ行かなくちゃいけないから最後に『お疲れ様でした』して終わりにしようか?」
「そろそろ来るかなって?隊長それって一体どういうことですか?」
「まあまあ、コテツ多分すぐにわかるから。とりあえず皆缶持って?はい、じゃあ皆お疲れ様でした!!」
「「「「お疲れ様でした!!」」」」
「・・・何だか廊下の方がうるさくないですか?」

「アオバーーーッ!!やっぱりここか?!お前何なんだよ、さっきのあのメールは?!」

「あ、ライドウお疲れ様~。残念!!ギリギリ間に合わなかったね?」
「は?何でだよ?まだ大丈夫だろうが?!」
「ん?僕はこれから深夜勤入るからね。残念だけどすぐイルカ君の歓迎会もあるもんね?ライドウも今日はほぼ通しだったんだからゆっくり寝てね?」
「アオバ!!じゃあ何でわざわざ俺にメールを送ってくるんだ?!」
「ライドウの反応が面白いからにきまってるでしょう。じゃあ皆並んで~。」
「・・・おい、アオバ一体何をするんだ?」

戸惑うライドウを尻目にアオバはいつものように号令をかける。

「はい、じゃあ木の葉探検隊の皆さんお疲れ様でした。」
「「「「お疲れ様でした!!」」」」

「え?ってお前ら本当に解散して帰るのかよ?おいっアオバ聞いてるのか?!」
「ライドウ主任一日お疲れ様でした~。俺の歓迎会ももうすぐなんで飲みすぎは良くないですよ~。」
「お疲れ様ッす!!」
「あ、主任。俺は明日はイルカと一緒の時間で良いですよね?」
「ライドウ主任お疲れ様でした。僕達と今度はゆっくり飲みましょうね?」

ぞろぞろとイルカの部屋から撤退する皆を見ながら軽く呆然とするライドウ。
そんなライドウにアオバが何か袋に入った物を渡している・・・。

「あ、ライドウ折角だからこれとこれあげるよ。僕とイズモからだからお金は要らないからね?これから部屋で飲みなよ。」
「・・・何だよ。これ?」
「イズモと二人でお互い一番微妙そうなお酒を探したんだ。これが僕でこっちがイズモ。どっちが微妙か勝敗つけるのに飲んだら教えてね?」
「・・・アオバ!!お前は人をからかうのもいい加減にしろよな!!なんだよこの酒?!良くこんなの見つけてきたな?」
「あ、ライドウ主任。その酒って俺とアオバさんで頑張って探したんです。ちゃんと飲んでくださいね?」
「イズモもドコからこんな酒見つけてきたんだよ!!」
「ほらほら、ライドウ。こんなところで騒いでると迷惑だよ?僕も部屋に帰って支度するから下の自分の部屋に戻りなよ?」

宥めながら自室のある一階まで連れて行ったがまだ怒りが収まらないらしいライドウ。
そんなライドウを宥めているヤマトとコテツ。
そしてそれを面白そうに見ているアオバ・・・。
階段の上から手すり越しに見ていたイズモにイルカが恐る恐る話しかける。

「あのさ、イズモ。隊長ってさ・・・。」
「イルカ、あのな。・・・大体言いたい事はわかるけど言ってみろよ?」
「・・・隊長ってさ。絶対にライドウさんで遊んでるというかおちょくっているよな?」
「ああ、多分な。俺たちも今まで『アオバさん』としては食事の時間や皆で飲みとか、たまの買出し位の時しか知らなかったんだけどさ。『隊長』として仲良くなってみるとさ・・・。」
「だよな?おれも来たばかりでそんなに知らないけどさ・・・。」
「ああ、絶対にライドウさんは隊長におちょくられてるな・・・。あ、カカッさんが帰ってきた。」

「・・・ライドウ。こんなところで何してるの?」
「聞けよ、カカシ。こいつらイルカの部屋で飲んでいたのに俺が帰ったとたんに解散してるんだぜ?!」
「だって僕はこれから深夜勤だから仕方ないよ?」
「はあ、アオバそれはわかるが酷くないか?・・・飲んでいたって?それってヤマトとコテツもか?ってお前ら逃げるな!!」
「お疲れ様です先輩。ほら、僕達朝早いんで帰って寝なくちゃ。ね、コテツ?」
「そうだよな、ヤマト。じゃあチーフ、俺たちはこれで・・・。」
「ちょっと待ちなよ、二人とも・・・。又話を聞かせてもらおうかな?」
「いやいやいや、先輩。そんな大したこと無いですから。」
「ちょっと!!チーフ『そこに正座しろ』ってドコの体育会系なんですか?!」

とりあえず下から聞こえてくるライドウさんの声と宥めているようでおちょくっている隊長の声にヤマトとコテツの叫びとカカシの声が混じったのを聞きそっと部屋へと戻る二人。
ふと明日の仕事でもまたライドウに拗ねられていたらどうしようかとちょっと心配になったイズモとイルカでありました・・・。

<< 誘い方と入り方 | ホーム | 落日の余映 後編 >>


 BLOG TOP