プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神月イズモの場合~同僚~

イズモお誕生日おめでとう。ギリ間に合いました
と言うわけでリゾート番外編『神月イズモの場合~同僚~』になります。
イルカが来た時から薔薇と胡椒にちょこっと書いたイズモとコテツと呑んで敬語じゃ無くなるところや僕らは木の葉探検隊の辺りまでのイズモ視点で見たイルカの話や日常です。
一応番外編なんで読まなくても本編に影響はありません。
イマイチ納得いかないん箇所があのである程度時間が経ったら一回下げて加筆修正するかもしれません。

100のお題だと思われていた方すいません。
お題は打つのに時間が掛かりそうなもんで木曜日位にはUP出来ればな・・・。
明日もちょっくら忙しいんでたぶんライドウさんかギャグ辺りをUP予定ですが何故か今先ほどから無性にヘタレカカシを書きたいという欲求に取り付かれております。
我慢したら脳内から立ち去りそうな気がしますが取り敢えず他を書かなくては・・・。

宜しければ追記からどうぞ・・・。



リゾートホテル木の葉へようこそ番外編『神月イズモの場合~同僚~』


えーっとイズモです。
昔からコテツと一緒にいるせいか良く「どっちの方だったけ?」と言われますし又間違えられます。
一応身長が俺のほうが高いです。
後はツンツン頭で目つきがあんまり良くなくボケがコテツで髪が長めで黒目がでかいほうでツッコミが俺です。
って漫才じゃねえよ!!
あっすみませんでした。木の葉ホテルでレストランのホール勤務してます。
まだまだ未熟ですがこちらにいらしたら良ければ声でも掛けて下さい。
そう言えば最近俺の勤務するレストランで新しい奴が入ったんですよ。
その前にいた奴には皆で散々引っ掻き回されたんですが今度はゲンマさんの友人だし大丈夫っぽいです。
顔に大きな傷があって俺らと違って特徴的なんですよ。
彼の名は・・・

「イズモさんお疲れ様です。お先に失礼します。食事先にいただきますね。」
「お疲れ様イルカ。初出勤だしゆっくり休んで又午後な。」
「はい失礼します。」
ホールで夜の為にお客様がいなくなった場所から各テーブルの備品を片付けていた俺に彼『イルカ』は声をかけてきた。
ゲンマさんのお墨付きだけあるし以前も配膳を勤めていたと言うだけあって今日が初出勤だとは思えないくらいてきぱきとやっていた。
昨日来た当初は皆『うみの君』で呼んでいたけど夜部屋に押しかけて勝手に開催していた歓迎会で「めんどくせえからお前も明日から名前で呼ぶわ。」と言うアスマさんのひと言で『イルカ』と呼ぶことに決定された。
っていうか部屋で皆で呑んでいるのを見たときのイルカの驚きっぷりは見ものだったなあ。
アオバさんやライドウさんも酒飲むと性格変わるからそれにもビックリしていたみたいだし。
そう言えば俺ははたけさんが来ていた事にビックリしたな。
基本綱手様開催でもない限りこういうのにめったにこないんだよね。

って言うかうちのホテルって変わった名前の人が多すぎるんだよ。
ハヤテは月光、ゲンマさんは不知火、俺は神月、呼びにくいし皆いつの間にか名前で呼びあってる。
「並足主任」とか舌噛みそうだよ・・・。
あっヤマトは別ね、あいつ名前で呼ばれるの物凄い嫌がるから。
俺やコテツと年近いんだけど何か一線引いてるって言うか遠慮がちなんだよね・・・。
ヤマトを名前で呼んでるのはたけさん位かな?
あの人とアスマさんは付き合い長いみたいだし。
考え事しながら補充していたらライドウ主任に呼ばれた。
「イズモ~それ終わったらテラスのパラソルたたんじゃって~。」
「はい判りました。」
では次の仕事に行ってきます。

何日か経った日俺は休みで部屋に丁度飲み物が無く、同じく休みの一階のコテツの所に何か貰いに行こうとしていた。
「あっイズモさんお疲れ様です。」
「おーイルカ、お疲れ様。朝はどうだった?夜はどんなもん?」
「朝はまあまあでしたよ。夜は割と少なめです。少なめで人手が無いからって俺もう少ししたらイビキさんの手伝いに行くんですよ!」
「へえっベーカリー忙しいのかな?夜は普通にホールなのか?」
「ライドウさんが少し早めにあがっていいって言ってくれてるんでお言葉に甘えようかと。3日連続俺の部屋で歓迎会やってるじゃないですか!!少しはゆっくりしたいなと・・・。」
へえっイルカ今日は仕事が終わるの早めなのか・・・よしっ
「じゃあさ、イルカ今日は仕事速めにあがるなら俺とコテツと呑まないか?あんまりダラダラ呑まなければいいんだろ?」
「・・・そうですね、あんまり長くなければ。って皆さん呑み過ぎですよ!!しかも毎回俺の部屋で!!歓迎会はそんな何回もするもんじゃないですよ?!」
まあまあと怒るイルカをなだめて別れる。
俺の部屋にはどれくらい酒残っていたっけ?
昨日ヤマトに乗せてもらったときもう少し買って置けばよかったかな?と思いつつコテツの部屋のドアをノックする。

「そんじゃあ乾杯~!!」
イルカがイビキさんに教わって作ったと言うクッキーをつまみにコテツの部屋で酒を飲む。
「へえっ甘くないって言うか胡椒効いてるからか食べやすいな。」
「うん、俺粉チーズあんまり得意じゃないけどこれはいけるわ。」
「本当ですか?良かったです。今日イズモさんとコテツさんと呑むって話ししたらイビキさんが折角だから作ってみればって言ってくれて。俺お菓子なんて初めて作りましたよ!!」
イルカは何だか嬉しそうに話している

「そういやさ、イルカって何歳なの?」
コテツが訊ねる。そうそう、俺も気になっていたんだよね。
「俺ですか?今22歳ですよ。」
「じゃあ俺らと変わんないじゃん。さん付け止めてくれよ。あっ敬語もな。」
「えーでも二人とも仕事の先輩じゃないですか?」
とイルカが言うから俺も答える。
「あーそういうめんどくさいのここあんまり無いから。取り敢えずお客様の前でだけちゃんとしていれば良いって感じだし。」
うん、苗字が呼び辛いからって理由で皆で名前呼びだし。
しかも名前が又苗字っぽいんだよね・・・。
「・・・うーん分かった。暫く慣れないかもしれないけど勘弁してください。」
イルカがちょっと照れたように鼻傷掻きながら言ってきた。
そのままベーカリーとイビキさんの作るお菓子は何であんなに美味しいかと言う話で盛り上がっていたらイルカがふと気付いたように
「そういや俺今度館内見学させてもらうんだ。今日ライドウ主任に頼んだら綱手支配人に聞いてみてくれるって。」
と言い出した。
「えーっイルカだけずるい!!俺も行きたい!!」
「なあコテツ?お前今年いくつだ?子供じゃないんだからずるいは無いだろう?」
「だけどさ~イズモお前だって羨ましくね?」
「まあ確かにな。なあイルカ?聞いてみて俺たちも良いって言われたら一緒に行ってもいいか?」
「勿論!!人数多いほうが楽しいよ。」

そのまま話題は移り昨日イルカが出かけたと話し出した。
しかもカカシさんと?!コテツと二人で一瞬固まってしまった。
「どうしたの二人とも?俺変なこと言った?」
カカシさんが自分の車で誰かと出かけたのって初めて聞いた・・・。
「いや、何か意外な組み合わせで・・・。」
「楽しかったのか?」
と二人で聞くと酔いが回ってきたのか何となくご機嫌なイルカは楽しそうに続ける。
「ほら、昨日コンビニ行きたいって話ししていたらあの後はたけさんが連れて行ってくれてさ。何かお洒落なカフェでお茶してきたんだよ。いい人だよな~。仕事中はマスクしていて怪しいけど。」
「・・・そっか良かったな。怪しいけどカカシさん格好いいよな。マスクしていてももてるよ。俺ホールで聞かれる事あるもん。」
「うん、カカっさん格好良いよな~。仕事も出来るし。でもあの人の彼女ってどこの人なんだろうな?」
「ああ確かに。謎だよな・・・。」
「へえはたけさんの彼女はこの辺にいる人なんですか?」
イルカに聞かれてイズモが答える。
「うーん彼女ってはっきり聞いた事は無いんだけど・・・。カカシさんって良く夜遅くにフラッと出かけたりそのまま朝帰りだったりするんだよね。」
「そうそう俺も一回ヤマトに聞いた事があるんだけどヤマトも知らないみたいでさ。」
そう以前から謎なんだよなあ。何故か出かけるのは夜だけで・・・。

「あっそろそろ酒も無くなって来たからお開きにするか?」
「あっ俺飲んだ分払うから。幾ら?」
「イルカは今日は良いよ。誘ったの俺だし、大して飲んで無いじゃん。なあコテツ。」
「でも悪いって・・・。」
「じゃあさ今度イズモと買い出し行くとき手伝ってよ。結構纏め買いするから運ぶの大変なんだよ。」
「了解。じゃあ今度買い出し行く時は声かけてくれよ?」
そんな話をしながらその日は解散した。

次の日レストランに来たシズネさんがイルカに館内見学の話をしたとき聞いてみるとオッケーと返事をもらえた。
珍しくヤマトが自分も行きたいと言い出してびっくりした。
俺たちが誘ってもなかなか首を縦に振らない奴だし。
折角一緒の職場で年も近いんだからもう少し仲良くしたいんだが何っていうかいつも控えめにしてるって言うか。
でも同年代で一緒に何かできるのは凄く楽しみだ。
コテツとヤマトは制服を借りて手伝いながら見学する事になった。
フロントに向かう途中でコテツがまた『探検隊』だの愉快な事を言い出して皆ものって来た。
何だかヤマトが嬉しそうな感じでずっといて珍しいなと思いながら着くとアオバさんもいた。
どうやらシズネさんは綱手様の見張りと言う用事があるらしくアオバさんが案内してくれるらしい。
コテツが『足りないものは隊長だ』とか言い出してアオバさんもそれにのってきた。
へえっアオバさんって呑む時か食事の時とかたまに買出しのときに一緒になるくらいだけどこんな事にのってくれる人なんだ。
ヤマトといいアオバさんといい何だか知らない面が見える一日だなあ~。

その後アオバさんが話してくれた「見方によって違う」話に感動した。
なんかジーンとしながら客室に向かう。
俺はコテツとペアで補充するんだが・・・。
「おいイズモ見てみろよ!!うわっすげーっ!!ほらこういうのなんていうんだっけ?!」
「・・・メゾネットタイプだろ?お前も補充しろって・・・おい!!窓の外に出ようとするな!!言われた事忘れたのか?!」
「あーっごめんごめん。つい興奮しちゃって。補充だろ?俺もやるよ。」
「ここの部屋は終わったよ。次で頼むよ。」
「おーっ凄いぜイズモ!!今度は和室と洋室の部屋じゃん!!」
「コテツ!!お前は俺のの話聞いてなかったのか!!子供じゃないんだから!!」
「・・・ごめん。次はちゃんとするから。」
おい俺はさっきのアオバさんの話の余韻に浸っていたいんだが。
ツッコミまくってそんなの何処かに飛んでいきそうだよ・・・。

結局興奮するコテツにツッコミを入れながら俺が補充する形で終わったよ・・・。
こいつとは長い付き合いだけど何とかならないかこいつの性格は・・・。
「終わったかい?そうしたら俺が確認していくからさっき分かれたところで待ってて。少し時間掛かるかもしれないからおしゃべりでもしててよ。」
アオバさんがニコッとしながら話しかけてきた。
「「はい、隊長了解しました。」」
二人で敬礼してみたらアオバさんも敬礼し返してくれた。
うーん本当にノリのいい人だな・・・。
二年くらい一緒なのに部署や年齢差があるからかこんな一面あるの知らなかったよ。
さっき話していた見る場所が変われば同じ景色でも違って見えるってこういうことかもなんて考えたり。
そんな事を思いながら軽くなったワゴンを押しながらさっきの場所に向かう。

少ししたらヤマトとイルカもやってきた。
探検隊の話で盛り上がり今度どこに行きたいかを話してるとヤマトが一歩離れた所から見ていた。
あー又だよ。
何でか知らないけどいつまでたってもどっか余所余所しいんだよなと思いながら声をかける。
コテツも続いて声をかけるとヤマトはイルカの方を見て何か笑ってるような、泣きそうな、何か言いたそうな顔をした後こっちにやってきた。
ほら?どこにいきたい?ヤマトはたまに俺たちと何かするときにもあんまり自分の意見を言わないで合わせる所があるから。
たまには俺たちがお前の意見に合わせるよ。
そしてヤマトは話し出した。

その後アオバさんに連れられてあちこち見て歩く。
二年と少し勤めているけれど知らなかった事がいっぱいあって驚いた。
バーは昼間だからかな?思っていたのとぜんぜん違った。
ゲンマさんやハヤテはあそこで働いているんだな・・・。
俺もバーで働いてみたいなあ~。
もう少しキチンとホールの事が出来るようになったら手伝いでもいいから行けないかどうか聞いてみよう。
多分まだまだ難しいとは思うけれどもライドウさんいつかお願いしますね~なんて心の中で思いながらフロントに向かう。
ワゴンを片付けてから何となく皆で並んでアオバさんの前に整列する。
コテツの号令で『アオバ隊長今日はありがとうございました』『『『ありがとうございました!!』』』と挨拶するとアオバさんもノリノリで『ではこれにて木の葉探検隊解散!!』なんて返してくるから皆で笑い出す。
何か凄く楽しいな~ここで働いていて良かったな~としみじみ思う。

その後シズネさんに言われていびきさんの所にお茶しにいくことに!!
たまに食べれるんだけどイビキさんのケーキ美味しいんだよね。
何か今日は凄くいい日だったな~。

でもさ、コテツ。お前もう少し落ち着けよ。
俺、アオバさんの言葉よりもヤマトが何か少し歩み寄ってくれたのよりもお前へのツッコミしていたのが一番印象に残ってるんだよ!!







<< とってこい | ホーム | 雑記とコメントレスです >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。