プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

誘い方と入り方

ギャグっぽい明るい感じの18禁話です。
ちょっと話の中で出てきた『斬新なラブホテルへの入り方(お姫様抱っこした女の子の靴をラブホの中に投げ入れそれを拾いにいきながら中に入る)』というのがありまして。
その流れで『じゃあカカイルならカカシ先生が酔っ払ったイルカ先生をお姫様抱っこして額宛を投げ入れるんじゃないか?次の日にイルカ先生ビックリ!!』という話の流れで面白そうだと思い『まあ、週末だからエロUPしておくか。』という流れのもと書いた話です。
まあちょっとその流れとは違うのと意外に長くなり2回に分ければよかったなと思っていることは内緒です。
こちらは18禁話になります。18歳未満の方、エロが苦手な方は閲覧ご遠慮ください
良ければ追記よりお読みくださいませ・・・。


誘い方と入り方

「もうイルカ先生ったら飲みすぎですよ?」
「だってカカシさんが『これも美味しいんですよ?』って次々に勧めてくるのがいけないんじゃないですか?」
「イルカ先生が美味しそうに飲むのがいけないんじゃないですか?」
「だからって勧めすぎですよ?ひょっとしてカカシさん俺の事酔っ払わせてどうにかしようとか?なんっちゃってね、そんな事ある訳ないって!!」
「イルカ先生笑いすぎですよ~。バレました?実は酔った勢いでどうにかしちゃおうかななんてね?」
「っくく、カカシさんってば酔うとノリが良いんだから。普段とは全然違いますよね?おっと・・・。」

自分で思うよりも結構酔いが回っていたのか足元がもつれてしまう。
とカカシさんに片手をつかまれ支えられる。

「あ、すいません。」
「結構足に来てますね?おんぶでもしましょうか?」
「カカシさんはいつも酔わせておんぶして持ち帰るんですか?」

さっきのカカシさんの冗談を思い出しくつくつと笑いながら言う。
カカシさんは少し困ったように眉根を寄せると『そうですね~?』といいながら何か考え込んでいる。
とニコッと笑って『じゃあこうしましょう。』といいながら俺の膝裏に手を差し込んで抱えあげた。

「ちょっとカカシさん。男をお姫様抱っこ!!マジで男前!!何やってるんですか?俺お姫様抱っこなんてされたの初めてですよ?!」
「俺もお姫様抱っこなんてしたの初めてですよ?イルカ先生だから特別ですよ?イルカ先生に関しては冗談じゃないですよ、いつも本気ですよ?」
「うわーカカシ先生凄い口説き文句じゃないですか!!俺が女なら一発で口説き落とされますよ?」

そう言いながらカカシさんの肩をばしばしと叩く。
ちょっと興奮しすぎたのか思わずくらりとして目を瞑ると上からカカシさんの声が降ってきた。

「イルカ先生飲みすぎたんでしょう?少し寝てても良いですよ?」
「でもこんな格好カカシさんにも申し訳なくて・・・。恥ずかしいでしょ?」
「じゃあ人気が無い様な所を通っていきますよ?ほら、それなら平気でしょう?」

そう言われて気が緩んでカカシさんの言葉に甘えることにする。
どうせ自分じゃキチンと歩けないし、何か色々どうでも良くなってきたって俺随分酔っているよな・・・。
そんなことを考えていたら額の辺りが気になって額宛をはずそうとする。
何とか外すと手に持ったまままたうとうとする・・・。

「イルカ先生?さっき手を動かした拍子に額宛をどこかに飛ばしちゃったみたいですよ?」

カカシ先生の声がしてふっと意識が浮上する。
ふと気付くと手首にかけておいたはずの額宛が確かに無くなっている・・・。
あれ?あれ?とぼんやりとした頭で考えるが上手くまとまらない。

「・・・ここは?どの辺りですか?」

ぼんやりと辺りを見渡すとどぎつい色の明かりが目に付く。

「連れ込み宿の並んでいる通りですね。イルカ先生が気にしていたので。ここなら人気も少ないですしね・・・。」
「そうなんですか。おれ・・・額宛・・・一体どこに・・・?」
「多分さっき寝ながら手を動かしてたんでどこかに飛んだんでしょうね?人通りの少ない所ですしすぐ見つかると思うんですけど・・・。あ、イルカ先生のチャクラっぽい感じがするのはこっちかな?」

そう言いながらカカシさんは一件の宿の中にスタスタと俺を抱えたまま入っていく。
申し訳ないなと思いつつ又意識がスーッと落ちていった・・・。

「イルカ先生?苦しいでしょ、ベスト脱がしますよ?」

そう呼びかけられて頑張ってまぶたを開ける。
ぼんやりと見知らぬ天井が目に入りカカシさんがひょいっと顔を覗かせる。

「・・・ここ・・・は?」
「額宛があった連れ込み宿ですよ。探しに入ったら利用するもんだと思われたらしくてイルカ先生も良く寝てるしそのまま入っちゃおうかとね?」
「そうですか。すいませんって俺カカシさんにお姫様抱っこされた上こんなところまで入っちゃって。見られてたら偉い誤解されますね。あ、俺の額宛ありましたか?」

くすくす笑いながらそう言うとカカシさんはサイドボードの上にある並んだ額宛を指差した。

「あそこにおいてありますよ。イルカ先生の額宛のせいで凄い所に入っちゃいましたよ。」

カカシさんも笑いながら答えているのを見たら又急に眠気が襲ってきた・・・。

「すいいません、俺もう眠いです・・・。このまま寝て良いですか?カカシさんも遠慮しないで・・・。寝てください。」
「・・・遠慮しなくて良いんですね?」
「はい。じゃあすいません、俺もう無理・・・。」
「・・・そうですね?俺もいろんな意味で無理みたいです。じゃあ遠慮なく・・・。」

そう言ってニヤリと笑ったカカシさんお顔は今までの笑顔と違って獲物を前にして肉食動物みたいな雰囲気をかもし出していた・・・。

・・・なんか胸の辺りがくすぐったい。思わず軽く笑うとどこからか『くすぐったいの?』と聞かれ目を閉じたまま軽く頷く。
『誰の声だっけ?そうだ、カカシさんだ・・・。』まだ半分以上寝ている頭で必死になって考える。
『くすぐったいです』そう言うと『そっか、段々良くなってくるから』そう言いながら更にくすぐられる。

くすぐったさは消えないばかりか更に違う箇所にも広がり思わず身を捩った。
すると今度は足の付け根の部分をゆっくりと撫で擦られる。
ぞわぞわする感触とともに段々と気持ちよくなってきて自然と息が荒くなる。
すると今度は唇に何か柔らかいものが押し当てられたと同時にズボンが下着ごとずるりと下げられ脱がされた。
そのまま大きな手がそっと俺の太ももから足の付け根を指でなぞられ股間を包み込むようにゆっくり手の平で撫で擦りあげられる
軽く口付けると今度は耳元に口を寄せてきて耳朶を軽く噛まれた後、耳の付け根を軽く吸われる。
なんだ?これは夢か?と思い目を開けると前にはカカシさんの顔があった。

「カカシさん・・・一体何を?」
「遠慮しないっていったでしょ?イルカ先生が無防備で可愛すぎて俺もう無理でした」
そんな事を良いながら包むような動きをしていた手を扱き上げる動きに変えてきた。
「無理って・・・なんでこんな事?・・・っ!!」
「好きだからに決まってるでしょ?ね、良いから、お願いだからこのまま流されて?先生も俺の事嫌いじゃないでしょ?」
「嫌いじゃないですけど・・・そういう意味じゃ・・・。」
うやむやなままカカシさんは俺への愛撫を止めようとはしない。
酒に酔った頭で上手く考えることができずいつの間にか俺はその場の雰囲気に流されてカカシさんに身を任せてしまっている。

カカシさんの手の動きは男同士だからツボがわかっているのか凄く気持ちが良い。
さっきからくすぐったかったのはこれだったのかと思わず納得してしまう。
もう片方の手でさわさわと乳首を触られくすぐったいような変な感じに襲われる。
軽く口付けられたまま、扱き上げられ腰が浮いてしまう。
酔っているせいなのか体の中に熱かこもったような感じがして早く出してしまいたいと思うと同時に射精感に襲われる。
「カカシさん・・・俺もう・・・手離して・・・。」
ようやく唇が離れて俺はカカシさんの手に出すわけにはいかないと思いカカシさんの腕を掴んで必死に訴える。
カカシさんは今度は耳朶をゆるく噛みながら『そのままいっちゃって良いよ?』と耳元で囁いてきた。
そんな訳にはいかないと思いつつカカシさんの手に触れられているのが気持ちよくて我慢が出来そうにもない。

「カカ・・・さん。駄目です・・・。あ、ああっ!!」

カカシさんの腕を掴みながらあっけなく射精してしまい目を閉じる。
荒い息を吐きながら目を閉じると瞼の裏でまだ花火のようにチカチカしている。
とぬるりと足の付け根から撫でながら更にその奥の更に奥まった所を触られた。
「え?は?」
まだ上手く働かない頭のまま今、一体自分に何が起きているのか考える
カカシさんは俺の精液でぬるぬるになった指で奥まった所を撫で擦っていたがくちゅりという音とともに俺の中に指を差し入れてきた。
衝撃で背中を反らすと頭の下に手を差し込まれ今までと一転して口の中を蹂躙するかのように口付けられる。
指を奥まで差し入れられとある箇所を掠めた瞬間思わず全身がびくりとなるような衝撃がきた
そこを時折ゆるく擦りあげながらカカシさんは段々と指の本数を増やしていった。

口の隅々までチェックするような長い口付けが終わると同時にいつの間にか3本に増やされていた指を引き抜かれる。
異物感はそんなになかったけど妙な空虚感が残った。
と、両膝を押さえられ空虚感のあるそこに何か熱いものが押し付けられる。
指とは比べ物にならない質量を持ったものを俺の中に入れてこようとしている。
異物感に体を引きつらせると又深く口付けられる。
息は上手くできないし苦しいし痛いししと思っているがカカシさんは何とか揺さぶったりしながら少しづつ俺の中にカカシさんを埋め込んでいってる。

「・・・全部入った。」

唇を離してカカシさんはボソッとそう言うと俺の腰を掴んでゆっくりと小さくつくように揺さぶり始めた。
指とは比べ物にならない熱さと違和感で気持ち悪いのか気分が悪いのか分からなくとりあえず目をギュッと瞑って浅く息をして何とかやり過ごしていた。
だけど何度も揺さぶりあげられるうち小刻みな動きから大きく動くようになるうちに違和感は段々と薄れていった。
ふと目を開けるとカカシさんが今まで見たような真剣な顔をしているのが見えた。
良く見ると額にもうっすら汗をかいているのを見て何気なく額を拭ってあげたら一瞬ポカンとした顔をした後嬉しそうに笑ったと同時に俺の中に入っている彼のモノがずくりと質量を増したのがわかった。

「な、なに?え?」

驚いて慌てふためく俺を見ながらカカシさんはチュッと音が出るくらい軽く口付ける。
「イルカ先生ったらそんな可愛い事しちゃダメでしょ?」
そう言うとカカシさんは俺の片足を外側に開き又突き上げてくる・・・とさっきも覚えのある箇所を掠めた瞬間電気が流れるような衝撃と射精の直前のような衝撃が又やってきた!!
思わずビクッとした俺にカカシさんは嬉しそうに笑いながら言ってきた。
「ああ、やっとあたったね。今までは・・・そうか角度が悪かったのか。」
そう言いながらカカシさんはわざとそこを掠めるように何度も何度も俺の事を揺さぶりあげてくる。

何度も擦られ絶え間ない射精感に襲われ俺はもう限界だった。
「も・・・駄目・・・っ」
「んー、でもね、俺まだ一回もイってないからもうちょっと我慢してね?」

そう言うといきなりイキそうになっている根元をいきなり握りこまれた。

「え、ちょ・・・カカシさん!!」
「俺ももう少しだからイルカ先生ももう少し頑張ってね?」

頑張ってと言われても押さえられて根元を握られてイキそうなのイケなくてジンジンとして痛い位だし腰も疼いて仕方がない・・・。
最後にはもう端も外聞も無く泣きながらイカせてくれとカカシさんに強請る羽目になった・・・。

「カカ・・・さん。お願いだから・・・。もう無理・・・です。」
「うーん、もう少しなんだけどな?そんなに我慢できない?じゃあ俺のお願い聞いてもらえます?」
「な・・・ですか・・・お願い・・・って!!だから・・・動かさないで・・っ!!」

掠めるような動きからちゃんと話す為一転して動きは小さくなったが奥をかき回されているようなもどかしい感じで自然と背中が反ってしまう。

「イルカ先生そんな顔しないでってば・・・。」

(あんたが好き勝手しているせいだろうが!!)と思うが動きに合わせて浅い呼吸を繰り返すことで精一杯だ。

「そんな顔されたら手加減できなくなるでしょ?一応最初だし気を使って我慢してるんだけど・・・。」

(ちょっと待てよ!!これで我慢してるのかよ?!)

「あ、俺のお願いね?さっきから言ってるけど俺イルカ先生の事好きなんで。このまま俺に流されて付き合って?」

(はあ?冗談じゃなかったのか?付き合ってって・・・。本気で言っているのか?この人は・・・。)

「ねえ、良いでしょ?ちゃんとあなたの事大事にするからっと。ちょっとごめんね。」

そう言うなりカカシさんは俺の反っている背中の下に腕を差し込むと抱え起こした。

「っく!!・・・カカシ・・・さ・・・待って!!もう無理・・・。」
自重の分だけ更に奥まで入り込んできた感触に声が上手く出せない。
下から揺すりあげながら更に囁いてくる。
「待てませんよ?ねえ、先生返事は?ね、良いでしょう?」
そう言いながら合間合間に俺に口付けてきてはそう強請る。
俺がカカシさんに聞かれたことに対して返事をしないことに焦れたのか今度は胸に顔を近付けてきて乳首をねろりと舐めあげると吸い付かれた。
さっき手で触られたときはくすぐったいだけだったのだがぬめる感触と軽く吸われながら甘噛みされて膝がガクガクして止まらなくなってきた。

「っとイルカ先生ったらいきなり締めないでよ!!あーやばかった。」

そう言いながら胸から顔を離すと首筋に手を当て顔を引き寄せると今度は深く口付けてくる。
口の中まで犯されるような縦横無尽な舌の感触と下から揺さぶり上げられる振動と・・・。
何とか頑張っていたがもう本当に無理、限界だ・・・。

そんな俺の様子がわかったのかカカシさんは唇を離すと耳元に口を寄せて囁いてくる。
「ね、イルカ先生良いでしょ?お願いだから・・・。」
もう限界に近かった俺はイカせてもらえるならもう何でも良くてコクコクと首を縦に振って頷いた。
「んー、嬉しい。イルカ先生ありがとね。大事にするから・・・。」
そう言うと根元を握っていた手を離されたと思ったら今度は握られて上下に扱きあげられた。
散々我慢していたのもあり何回か扱かれただけでイってしまった。

「俺ももう本当に無理かも・・・。」
そう言いながら何回か強く打ち付けられた後ぬるりと体から何かでた・・・思った瞬間腹の上に熱いものが撒き散らされた。

「良かった、ずっと欲しかったから。大事にするからね・・・。」
髪をなでられながらそんな事を言われた気もするが半分以上意識が飛んでいた俺はキチンと聞いてはいなかった・・・。

首の辺りに違和感があり何だろうなと目を開けると首の下に何かある。
なんだろうと思い触ると硬くて温かい・・・。
ボーっとしながら目を開けると銀色のものが見える。
ぼんやりと手を伸ばすとふわふわしているのがわかる。
なんだこれ?と思ったら『・・・ん?』と声が聞こえた。
・・・声?声?何で俺じゃない奴のこえがするんだ・・・。
って!!あーーーーーっ!!

「・・・やっちゃったよ。」

思い出すと同時に目の焦点が合い目の前で眠りこけている人の顔が目に入る。
すやすやと眠っている顔は散々人の事を攻め立てたときとは違って凄く安らかそうだ。
そっと首の下に置かれていた手から頭をはずし色々なことから逃げるかのように彼に背中を向けて丸める。
腰の重だるさが昨日の事は夢でなかったと(まあ二人とも裸の時点で夢じゃないよな)俺に教えている
丸めたまま段々と更に思い出してきた昨晩の記憶と自分の痴態を思い出しては一人で悶絶し更に丸まる。
付き合うって何だよ?あれじゃあまるで脅迫じゃないかよ?!
そう考えながら悶々としていると後ろから声が降ってくる。

「イルカ先生?」
後ろから話しかけられて背中を更に丸めてしまう。
「イルカ先生、起きてるんでしょ?おはようございます。」
「・・・おはようございます。」

丸まったままの背中から後ろに向かい小さな声で返事をする。

「どうしたんですか?イルカ先生。一応手加減したから腰とかそんなに痛くないと思うんですけど・・・。」
「はあ手加減したって言ってますけど。結構俺フラフラなんですよ?」
「それは昨日のお酒のせいもあるんじゃないですか?」
「お酒って・・・。最近の酒は足元じゃなくて腰に来るようになってるんですか?!」
「・・・新発売とか?」
「・・・一体どんな酒なんですか!!媚薬でも入ってるんですか?!」
「飲みたいんですか?今度ご用意しますけど・・・。お互いに休みの前にした方が良いと思いますよ?」
「いりません!!」

カカシさんは飄々と話してきて、俺はそんなカカシさんに軽く切れながら返していく

「まったく、手加減しましたって言いますけどね。手加減してこれなら手加減しなかったら一体どんななんですか?!全くもう・・・。」
「手加減しなかったらですか?じゃあイルカ先生。じゃあ俺が手加減しなければどんなになるのか、これから試してみましょうか?」
「え?は?」
「いやあ、イルカ先生ったら結構積極的なんですね?あ、大丈夫です、安心してください。俺そういうのも嫌いじゃないんで。」
「・・・すいません、カカシさんの言っている意味が良く分かりません。もう良いですから早く着替えちゃいましょう。」
「一応後始末はしましたが風呂は入らなくて良いですか?」
「家ではいるんで大丈夫です!!」

そう言いながら思ったよりも痛んでないがどこか重ダルイ感じのする腰を軽く擦りながら散らかっている服を拾い集め着替える

「いやしかし手加減しなくて良いなんてイルカ先生も大胆ですよね?俺も楽しみです。」
「は、いやだからそう意味じゃないでしょ?カカシさん何言ってるんですか?」
「場所は俺の家の方が良いですかねえ?今日は二人とも休みだから時間はたっぷりありますよ~。じゃあ手加減しないとどうなるのかゆっくり試しましょうね?」
「ちょっとカカシさん!!そう言えばですね?俺と付き合ってって一体何なんですか?あと俺が言っている事をワザと違う意味に取ってるでしょ?」
「ん?付き合ってって言葉通りですよ?あーこれで恋人同士だし堂々とあんたに手を出そうとする輩にも遠慮なく制裁できますね。俺は最初からちゃんと話してますよ?」
「話してるって・・・。あんなの酒の上の冗談だと思うに決まってるでしょうが?」
「俺は冗談は嫌いなんです。あなたに関してはいつでも本気ですって言っていたじゃないですか?ほらイルカ先生、額宛忘れてますよ?これのお陰で俺たち結ばれたんですから大事にしないとね・・・。」

カカシさんに手にしている俺の額宛を見ながらふと気になっていたことを聞く。

「カカシさん聞きたいんですが。俺・・・。その額宛そんなに遠くに飛ばしてました?俺酔っていたし、鉢金に重さもあるし・・・。そんなに飛ばないと思うんですが・・・。」
「え、あー、そうですね。勿論ですよ。遠くまで飛んでましたよ?だからこんな連れ込み宿の中に入ったんですし・・・。」
「本当ですか?・・・すいませんカカシさん、ちょっとこっち見てもらえますか?」

さりげなく俺から視線をはずすカカシさんを見て何となく疑問が沸いてくる・・・。

「あ、イルカ先生。運命の赤い糸ってあるじゃないですか?俺たちの場合は運命の額宛ですね?」
「いや、話をそらさないでもらえますか?俺はそういうことを聞いてるんじゃなくて・・・。」
「糸と違って簡単に切れたりしなさそうですし。俺たちの仲も安心ですね?」
「いや、俺たちの仲って・・・。あれはあなたが半ば無理やり言わせたんじゃ・・・って何してるんですか?」

すすっと俺の傍にやってきたカカシさんはニコッと笑うといきなり俺を又お姫様抱っこすると器用に印を組み始めた。

「ちょちょっと何してるんですか?ここのお金とかどうするんですか?!」
「イルカ先生ってば忍だらけの里なんですよ。逃げられたら困るしお金は先払いに決まってるじゃありませんか?入った時にとっくに払ってありますよ?」
「いやだからって印結んでどこに行くんですか?」
「さっき言ったでしょう?俺の家で良いですかって?時間はまだまだたっぷりありますからね?」
「いや、俺は帰りたいんですけど・・・。」
「大丈夫ですよ。又ちゃんと送りますから。何でしたらうちから出勤して貰っても良いですしね?」
「ちょっと待てーっ!!」

そう言いながらカカシさんは印を組み終わると辺りが白い煙に包まれた・・・。

その後俺はカカシさんの手加減無しの本気を見せ付けられて2日間休暇を取る羽目になった。
復活した俺に本気の拳を喰らってからカカシさんはそこまで無理はしなくなったが関係はうやむやのまま続いている。
カカシさん曰く『俺は最初からその気だったしイルカ先生にもそう話していた』だそうだ。

なんでこうなったんだろうと首をひねることもあるがとりあえずあの日カカシさんが言ったように運命の赤い糸ではなく俺たちの運命の額宛で繋がった縁はちょっとやそっとじゃ切れならい位丈夫に出来ているようだ・・・。
と俺の膝枕でのんびりと寝ているカカシさんの髪をなでながら時々そんなことを考えては苦笑する日々を俺は過ごしている。

<< あとがきみたいなものと雑記とコメントレスです。 | ホーム | その後の!木の葉探検隊(カラオケ編) >>


 BLOG TOP