プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろはこころのほか

遅くなったのですが変態上忍様のホワイトデー話です。
タイトルが仰々しいですが・・・すいません、いいのが思い浮かばなかっただけです。
とりあえずできればあしたなにかUPしてまたしばらくもぐります。
先日UPした「手紙」にコメントたくさんいただいたのですがお返事はすみませんがしばらくお待ちください・・・。
軽い短いギャグですが良ければ追記よりお読みくださいませ・・・。

こいはこころのほか


夕方の帰還ラッシュ前ののんびりとした受付。
髪を頭の天辺で括った鼻傷のある中忍と受付でまったりとしている忍が二人・・・。

「そういえばイルカさ、最近受付が平和だけど・・・。はたけ上忍いまだに長期任務から帰還していないのか?」
「・・・みたいだな?まあいいんじゃないか?それにバレンタインに押し付けたあのチョコ全部食べるまでは俺の前に姿を見せないでくれって言ってあるしな。」
「そういえばなんか物足りないと思ったら・・・。そうか、はたけ上忍が最近来てないからか!!」
「・・・お前らなあ?物足りないってなんだよ?何かさ最近カカシさんとグルになってないか?」

そんな話をしているときに受付に飛び込んできた噂の銀髪の上忍・・・。

「イルカ先生!遅くなってすいません。はたけカカシ無事帰還しました!」
「チッ!もう戻ってきたんですか?思っていたより早かったな・・・。まあ一応言っておきます。ご無事で何よりです。」
「イルカ先生・・・。俺の事心配してくれるんですか?大丈夫です。貴方のカカシは怪我も無くチャクラも有り余っています。」
「だから毎回言ってますけどカカシさんは俺のモノって訳じゃないですよね?!ねえカカシさん、確かバレンタインに渡したチョコを食べ終わるまで俺の前に現れないでくださいって言いましたよね?」
「勿論全部食べ終わりましたよ!そんなの当たり前じゃないですか?イルカ先生に貰ったチョコですし残しておきたかったですがイルカ先生に会えないのは困るし・・・。」
「俺としては残しておいてくれて一生俺の所に来ないでくれても良かったんですがね・・・。」

「おいおい、はたけ上忍あのチョコ食べたのか?!」
「あれさ、何かいろいろな意味で凄かったよな・・・。流石イルカに対する愛は半端ないよな!」

「お前らうるさい、少し黙ってろ!!ところでカカシさん、さっきから何をもじもじしてるんですか!早く報告書だしてください。」
「えっとですね?あの、その、ところで帰還が遅れて渡すのが遅くなったんですが・・・。イルカ先生にいただいたバレンタインのお返しをと思っているんですが・・・。」」
「あ、そういった余計な物はいらないです。俺が今欲しいのは貴方の今回の任務の報告書です。それを出したらとっとと帰って下さい。」

もじもじしながら唯一見えている目の端を紅に染めてでイルカの事を上目使いに見つめる里の誉れ・・・。

「それでですね、お返しに何を渡そうかずっと悩んでいたんですよ?貰えると思っていなかったイルカ先生からチョコいただいたんですし俺もキチンとお返ししないといけないなって・・・。」
「いや、ですからお返しは要りませんから。早く報告書だけ下さい。」
「いただいたチョコがカカオ99%だったじゃないですか?だからお返しは俺の愛99%が良いかな?と思って・・・。」
「だから人の話を聞け!!カカシさんからお返しは要らないって言ってるでしょうが?頼むから報告書だしてとっとと帰れ!」

「何か凄いな。」
「ああ、いつもの事だが見事なまでに会話が噛み合っていない。」

「それでですね。イルカ先生へのお返しは俺の愛が99%じゃないですか?そうしたら残りの1%は俺の体で払おうかと思うんですが・・・。」
「・・・両方いりません。強いて言うならばカカシさんの貯金99%でしたら俺は貰いますけど?」

「・・・イルカてば結構酷いよな?」
「はたけ上忍頑張れ!」

「だーかーらー、最近思うんだけどお前らは誰の味方なんだよ?さっきから言ってますがカカシさんもとっとと報告書出して帰ってください・・・。ってカカシさん、一体何を考え込んでるんですか?」
「ひょっとしてイルカ先生・・・。俺が体で払う割合が少ないのが不満でしたか?」
「誰もそんなこと言ってねぇよ!カカシさんは人の話を話をちゃんと聞けって毎回言ってるだろうが!!って何しようとしてるんですか?!」
「イルカ先生が不満のようですし・・・。じゃあお返しは俺の体99%にしますよ!」
「だから話を聞け!!何も要らねぇって言ってるだろうが!うわっ人の事を抱え上げるな!?何するんですか?」
「んー?何をするってこれから連れて帰ってナニするんですよ~?俺の体99%分しっかりバッチリとサービスしますからね?」
「冗談じゃ・・・離せって!!」

会話がかみ合わ無いことに焦れて、勢い良く立ち上がった拍子に反対側からひょいっと抱え上げられそのまま片手でカカシに抱えられるイルカ。
必死に暴れて抜け出そうとするがカカシはそんな事は意にも介せずごそごそと腰のポーチを探っている。

「えっと確かここに・・・あったあった。そこの二人、いつも悪いけど、報告書たぶん大丈夫だと思うんだけどざっと見てもらえる?お願いね。」
「はい、了解です、はたけ上忍。・・・記入漏れ等は特に無いようです。」
「はたけ上忍、すいませんがイルカの荷物お願いしますね?」

「それじゃあとは任せたから。二人とも宜しくね。」
「はい、任務お疲れ様でした。」
「ゆっくり休んでください。」
「んー、休めるかはわからないけど楽しんではくるねー。」

そう言いながら小脇に抱えた必死に暴れているイルカを苦も無く連れ去るカカシに手を振りながら見送る二人。

ふと思うが『はたけ上忍に99%体でお返し』されるって・・・次にイルカが出勤できるようになるのはいつの事なんだろう?
それまでイルカの仕事の割り当てが自分達に降りかかってくるのは目に見えているし
今回もはたけ上忍に何か手当を貰わないとやってられないよな・・・と思う受付二人なのでありました。

<< 内緒話 | ホーム | 手紙 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。