プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

内緒話

昨日書き下ろしを書いていたのですがうだうだなイルカ先生に若干やさぐれていていた時の愚痴に可愛いイラストで答えていただいたお礼のお話です。
『内緒話している』を『カカイル』の話でこんな駄文ではお礼代わりにならないかもしれませんがちょっと書いてみました。
両片思いで少しだけ甘くてとても短いカカイル話です。
良ければ追記よりお読みください・・・。

内緒話

SIDE K
まるで子供が聞かれたくない内緒話をしているかのように彼はこっそり俺の耳を手で囲み口を寄せそっと話をしてくる。
一緒に飲むようになった当初、彼は自分の地声が大きいことを気にしてか余り人に聞かれたくない話をする時に子供の様なそんな仕草をするようになった。
俺はそんな時に聞こえているのにわざと聞こえない振りをする。
そうすると彼はもう少しだけ俺に近寄よってくる。
そんな時、更に二人の距離は近くなり少しだけ彼の手が、唇がそっと俺に触れてくる・・・。
そうやってそっと彼が俺に触れるたびに俺の中にいつの間にか芽生えた思いを彼は知らないし俺はまだ彼に伝える気は無い。
だってその思いはまだ芽生えたばかりだから。
彼がそっと俺に触れるたびに俺の中に芽生えた思いは大きくなっていくけどいつかこの思いが花開く時まではそのままにしておきたい気がする・・・。
だから俺はわざと聞こえない振りをして彼がそっと内緒話をするように俺に触れるたびに少しずつ大きくなっていく思いを一人でこっそりと楽しんでいる。

何時もの様にあなたからじゃなくて俺からあなたに内緒話をするようにこの思いを伝えたら・・・。

ねえイルカ先生?あなたはその時どんな顔で俺のことを見るんだろうか?


SIDE I

アカデミーの子供が聞かれたくない話をする時の様に俺は彼の耳を覆いそっと口を近づける。
一緒に飲んでいる時に何気なくしてしまった仕草だったが彼は特に嫌がる様子もない。
だから俺は時折大した事のない話でもそうやって内緒話の様に彼に話しかける。
里の誉と呼ばれるような彼と過ごすのは最初緊張もしたけれどいつの間にか心地良い時間となってきている。
彼は上忍だからと偉ぶる所も無く二人の間にある階級差も感じさせることはない。
俺がついつい子供たちにしてしまうような仕草をしても彼は特に嫌がる顔をする訳でもなく、それどころか面白そうに俺に笑って見せる。
彼に何気なく触れた時に指先に痺れる様な甘い痛みを感じすようになったのは何時からなんだろう?
この気持ちが彼に対する尊敬の念からなのか異性に感じるような種類の様なモノなのかは俺には今は良く分からない。
取り敢えず分からないままの思いだけど心地よい甘い痛みを俺は一人でそっと楽しんでいる。

いつか内緒話をするように俺のあなたに対するこの不思議な思いを伝えたら。

ねえカカシさん、あなたはその時どんな顔をするでしょうか?


<< しがつばか | ホーム | いろはこころのほか >>


 BLOG TOP