プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

an attitude of being ashamed

「えー脱ぐのに意味あるんですか?って豪快に笑うイルカにある日脱がされる恥じらいが生まれるとこが見たいー」という会話?から生まれた話です。
元ネタを呟いて使ってもいいですよと言って下さったEさまどうもありがとうございます。
っつーか全然違う話になってるし・・・なんかいろいろすいません。
多分この後ガッツリエロ突入だと思いますがお借りしたお題が『脱がされて恥じらいが生まれるところ』ですし今のところ続きは書く予定はありません。

コメントレスはUPしますが多分また何日か沈みます・・・。ぶくぶくって脂肪は水に浮くんだよ!!沈まないよ!!
良ければ追記よりお読みください・・・。


an attitude of being ashamed

どうしてこんなことになったんだろう?

ここは俺の部屋で、俺の目の前にはカカシさんがいて、二人の間にはちょっと年期が入った感じの丸いちゃぶ台があって酒や簡単なつまみが乗っているそんないつもの光景だ。
そんないつもの光景だけど、いつもと違うのはいつもと同じ美麗な顔でにこやかに俺に言い募ってくるカカシさんだ。
思わず逃げ腰になって後ろ手にずり下がろうとした俺の膝に手を置く。
ふんわりと笑うともう一回俺に話しかける

「ねえイルカ先生?」
「・・・何ですか、カカシさん?」
「さっき俺が話した事ちゃんと聞いてました?」
「聞いて・・・ましたが。カカシさん自分で何言っているのかわかってますか?」
「分かってますよ、だからそれを・・・。」

それと言って俺が来ているアンダーを指さすにっこりと笑うともう一回同じセリフを言ってきた。

「だから今着ているそれを俺が今から脱がせます。」

なんでこんな事になっているんだろう・・・。

    *****

先日上忍、中忍入り乱れての新年会が開催された。
五代目の綱手様が気前のいいところを見せすべて奢りとの事で皆かなり酔っていた。
そこで俺は酔った奴に酒をかけられてしまった。
ベストはジッパーを下してあったんだがアンダーがビシャビシャに濡れてしまってどうしようかとちょっと悩んだ。
悩んでいる間に酔っ払った同僚に囲まれてしまいベストをはぎ取られる。
そのままアンダーをつかまれると一気にはぎとられまたベストを着せられた。

「お前ら何するんだよ!!」
「びしょ濡れのアンダー着ているイルカが風邪ひかないように気を使ってやったんだろうが?」
「イルカ~裸ベストとかセクシーじゃないかよ?」

酔っ払い特有のノリでゲラゲラ皆笑っている。
俺もその場のノリに合わせてポーズをとってみると歓声はさらに大きくなった。

     *****

そんな馬鹿騒ぎがあったなーなんてカカシさんに言われる今まで忘れていた。
カカシさんはにこにこしながらその時の様子を話している。

「それでね。俺もあの時その場にいたんですけどイルカ先生達が妙に楽しそうで。俺もやってみたいななんて思った訳ですよ?」

そういってくるカカシさんに開いた口がふさがらない・・・。

「どうしたんですか?イルカ先生」
「どうしたんですかって・・・。それはこっちのセリフですよ。カカシさんも物好きですねえ?俺の服脱がしてみたいとかって。」
「んー?だってこの前イルカ先生脱がされているのに妙に楽しそうだったんだもん。俺もそんなイルカ先生がみたいなと思って?」

にっこり笑ってそういうとカカシさんは手に持っているお猪口をくいっと煽りまた手酌で注いだ。
そして又さっきと同じセリフをしつこく口にするから段々と馬鹿らしくなってきた。

「あのですねえ?俺がカカシさんにアンダー脱がされて何の意味あるんですか?綺麗な女の人ならまだしも?この前だって酔ったノリで脱がされたんですよ。」
「・・・ひょっとしてイルカ先生俺に脱がされるのが恥ずかしいの?」
「・・・そんな訳ないでしょ?」
「じゃあいいじゃないですか?」
「だからしつこいですよ?」
「やっぱり恥ずかしいんでしょ?」

同じような会話を繰り返すカカシさんのしつこさに段々イライラしてくる。
年頃の女の子みたく脱ぐのが恥ずかしいって訳ではない。
男同士なんだから別に脱がされたって何か問題があるわけじゃない。
カカシさんが酔っ払って泊まってった時に風呂からお互い上半身裸で出てくるじゃないかよ!!

「男同士で恥ずかしいも何もないですよ!!」

わざと大きな声で笑っていながら言ってみせる・・・。
とカカシさんがまたお猪口をあおるとカチンという小気味良い音を立て卓の上に置いた。
手を組んでうーんと一つ伸びをするとスイッと俺の方へ膝でにじり寄ってきた。

「ふうん。男同士なら恥ずかしくない・・・か。じゃあ脱がせますね?」
「はあっ?!カカシさん何言ってるんですか?本気ですか?」

カカシさんは酔っ払っているのかふふっと嬉しそうに笑いながら段々俺の方へとやってくる。
にこにことしながら俺の方に来るから『カカシさんは一体何を考えてるのか?』とか『今なら冗談めかして逃げれる』とか『ぐるぐると頭の中で回っていてどうすればいいのかうまく考えられない。

俺のところまで来たカカシさんは胡坐をかいていた俺の膝に手を添えるとにっこりと笑った。

「ねえイルカ先生?」
「・・・何ですか、カカシさん?」
「さっき俺が話した事ちゃんと聞いてました?」
「カカシさんこそ自分で何言っているのかわかってますか?」
「分かってますよ、だから今着ているそれを俺が今から脱がせます。」

そういうと上半身を少し倒し俺のアンダーの裾をするりと持ち上げる。
持ち上げる時にカカシさんの小指が俺の脇腹をかすめ思わず背筋を反らしてしまう。
カカシさんは小指が触れるか触れないかギリギリな感じで俺のアンダーをゆっくり持ち上げていく。
小指が時々俺の脇腹に触れその度にぞくりとし背中を反らしてしまうがカカシさんはそんな事気にしないといった感じでゆっくりゆっくりと持ち上げている。
少し持ち上げたところで顔を少し傾けて今度はまじまじと俺の腹を見ている。

「へえ、こうやって見るとイルカ先生も綺麗に腹筋割れていますね。内勤だしもう少し肉付きが良いイメージだったんですが。」
「・・・アカデミーでも教えてますしそれなりに自己流ですが鍛錬もしていますから。」

カカシさんはそのままじっと俺の腹を見ているから何だかだんだんむず痒いような変な気分になってくる。
脱がすならさっさと脱がせてほしいと思い声をかける。

「俺の上半身裸なんて酒のつまみにもなりやしませんよ。脱がすんならとっととお願いしますよ。早く飲みなおしましょうよ?」
「ふうん、じゃあイルカ先生。脱がせやすいように両手を軽く上にあげてもらえますか?」

とっと終わらせてほしくてカカシさんの言うとおり軽く両手を上にあげる。
そんな俺の様子をカカシさんはまじまじと見ている。
なんとなく息が乱れてくるから落ち着けようとゆっくり呼吸する。

「・・・ふうん。」
「何ですか?早くお願いしますよ?」
「何か・・・。凄くいやらしいですね?」
「はあ?何がですか?!ただ手をあげただけでしょうが?!」
「ほら脱ぐときにね、少しこう、胸を反らすじゃないですか?なんかその恰好が胸を突き出しているみたいで妙にいやらしいなって。」

何気なくしているしぐさなのに、そんな事を言われカーッと一気にと体の中を痺れの様な熱が駆け巡る。
自分の耳まで熱は駆け巡り自分の顔が見る見るうちに赤くなったのが分かり恥ずかしくてたまらない。

「くだらないこと言ってるならもう終わりにしてください!!ほらもう離してください!!」

そう言って上にあげていた手をおろすと俺のアンダーを摘まんでいるカカシさんの肩を押し俺から距離を置こうととする。
だけどもカカシさん体はビクともせずに俺も半ば自棄になって思い切り力を込めてみるが微動だにしない。

「ねえ、イルカ先生。あなたの手・・・ちょと邪魔だね?」
そういうと俺の胸元にあったカカシさんの顔がぐいっとあがってきて視線が同じ位置になる。
アンダーから手を放すとカカシさんの肩に添えられていた俺の手を掴みするりと下におろす。

「どうしたの、イルカ先生?顔真っ赤だよ。」

そう言うと俺の手を掴んでいた片手を離しそのままスッと何気なく俺の胸元に手を置く。
「ほら、こんなに鼓動も早い。どうしたんですか。ねえ、男同士なら恥ずかしくないんでしょ?」
にこにこしながら無邪気に聞いてくるが胸元の手のひらに心なしか力を入れられた気がする。
カカシさんが手を置いている胸のあたりから又何か熱いものが一気に広がっていく。
心臓が一気に走り抜けた時のようにバクバクいってきて段々と頭がボーっとしてきた。

胸元置いていた手を胸の先端をかすめながらゆっくりと下すとカカシさんの手は又俺のアンダーの裾を摘まもうとする。
そんなカカシさんの手を軽く抑えると軽く首をかしげて聞いてくる

「何で止めるの?男同士なら恥ずかしくないんでしょ?」
「・・・そりゃあそうなんですけど。でも・・・。」
「でも?ただアンダー脱ぐだけだよ?イルカ先生ったらやっぱり恥ずかしいんじゃないの?」

カカシさんは俺の目から視線を反らさずにそう言ってくる。
口の中がカラカラに乾いてきて声が掠れる。

「恥ずかしくなんて・・・。」
「何イルカ先生?顔・・・赤いですよ?」

その言葉にまた羞恥心を煽られて、でも恥ずかしいと言うのはなんか負けたような気分で言いたくなくて、俺は掠れた声で呟くように話しかける。
 
「カカシさん、お願いです。もうやめましょうよ、こんな事馬鹿馬鹿しいですよ。」

カカシさんの手を抑えていた片方の手を放し恥ずかしさのあまり手の甲で顔を隠す。

「・・・ねえ、イルカ先生。恥ずかしいなら恥ずかしいって正直に言って?」
「そんな・・・なんて・・・。」
「イルカ先生声が小さいですよ?なんで顔隠すんですか。やっぱり恥ずかしいんじゃないんですか?」

そういいながらカカシさんは俺が顔を隠していた手を外すとそのまま押さえこんできた。

「そんな事・・・。恥ずかしいとか・・・。カカシさんだって俺の態度で分かってるんでしょ?!もういいじゃないですか!!ねえ、ふざけた事は終わりにして飲みなおしましょうよ?」

恥ずかしさの余りキレ気味に俺は叫ぶ。

「・・・分かってたとしてもイルカ先生の口からききたいんですよ?あとね、イルカ先生が恥ずかしくても恥ずかしくなくても・・・俺はこのまま脱がせるけどね?」

カカシさんの口からするっと信じられないような言葉が出てきて、俺は唖然としながら聞き返した。

「ぬ、ぬ、脱がせるって言ってもカカシさんだって両手が使えないじゃないですか?どうやって脱がすんですか?脱がしたとしても・・・。面白くなんてないでしょうが?!」

いつの間にかさっきまでのにこやかな目つきではなく餓えたようなギラギラとした目で俺の事をじっと見つめている。
カカシさんの手に俺の手は押さえつけられてしまっていて身動きが取れない。ということはカカシさんも手が使えない。
精一杯の虚勢を張って言ってはみたものの羞恥心に溢れた俺がさっきから細かに震えてることなんて彼はとっくにわかっているだろう。

カカシさんは俺の耳元にそっと顔を寄せるとぞくぞくするような声で囁いてきた。

「手がなくても幾らでも脱がせられますよ?ねえそれよりこの先、脱がされた後にどうなるのかイルカ先生はわかってる?」

その言葉を聞いて思わず唾をを飲み込んだゴクリという音が妙に大きく聞こえた。
その音を聞いたカカシさんは俺の手を抑えたまま体を下にずらした。

何をするのかと不思議に思い顔を下に向けカカシさんの事を見る

「ねえ、脱がせて面白いのか面白くない無いのか?イルカ先生がどうされたら恥ずかしいのか・・・。これからじっくり俺に教えて・・・ね?」

そういいながらカカシさんは妖艶といった言葉が似合いそうな笑みを浮かべながら俺のアンダーの端を咥えゆっくりと引き揚げ始めた・・・。



<< 雑記とコメントレス | ホーム | 番外編「森乃イビキの場合~観察~」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。