プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものはいいよう

変態上忍様の小話です。
ついったーでUPした話に加筆修正してます。

更新がないのに来て下さったり拍手をくださったり本当にありがとうございます。
すいません本当に半端なく忙しいのでコメントレスはしばらくお待ちください。
またしばらくもぐりますがカカシ君の話は何とか完成してます。詳しいことはまた後日。
短い話ですが読まれる方は追記よりどうぞ・・・。



ものはいいよう


放課後のアカデミーの校庭。
黒髪を高い位置で結んで鼻傷のある中忍ベストを着た人影が何故だか二つごそごそとしている…。

「…イルカ先生、いったいここで何しているんですか?アカデミーの校庭で影分身出したりして?」
「あ、カカシさん。任務お疲れ様です…」
「…何で俺との距離を置こうとしてるんですか?」
「いや、その…。あははは、またいつも見たく抱き着かれるんじゃないかとね。そういえばこれから受付ですか?任務お疲れ様です」
「それでなんで影分身なんて出しているんですか?」
「それがですね、今度アカデミーで体術の授業が始まるんですが最近ちょっと体が鈍り気味なんで練習しようかと…」
「じゃあ俺が手伝いますよ。だからイルカ先生は一回影分身消してください」
「でも任務の後ですし。受付も済ませないと」
「俺が影分身出して代わりに受付に行ってもらいますよ」
「…じゃあお言葉に甘えて相手をお願いしてもいいですか?カカシさんの事なんで『イルカ先生が二人!!』って襲いかかってくるんじゃないかって思っちゃいましたよ。
じゃあ影分身消しますね」

自分は手早く印を結び影分身に報告書を手渡すとカカシはイルカを見つめて呟く…。

「…だってイルカ先生の影分身じゃすぐチャクラ切れになってゆっくり色々と楽しめないじゃないですか」
「ん、カカシさん。何か言いましたか?」
「いえ何も…では始めますか?」
「はい!!手加減なしで、本気でお願いします」
「わかりました。『手加減なし』で『本気で』ですね。じゃあ遠慮なくやらせていただきます」
「…なんでカカシさん。そんなにうれしそうなんですか?」
「まあいいじゃないですか」
「じゃあカカシさん。お願いします」
「はい、イルカ先生。遠慮なく『いただきます!!』」
「は、え?何言ってるんですか?ってちょっとあんた何すんだよ!抱きつくな!離せって…何印を結ぼうとしてるんだよ?!俺をどこに連れて行くんだ~!!」
「ん、だからこれから手取り足取り腰取りじっくり練習しましょうね?」
「何の練習するんだよ?!腰は取らねえよ!!おい、離せーーーーーっ!!」
「ベッドで二人でできる体術『本気』で『手加減なしで』頑張りましょうね~」

所変わって平和な受付。座っている二人が開け放た窓から聞こえた声にピクリと反応した…。

「…なあ俺の気のせいかもしれないけど…今どこかからイルカの叫び声が聞こえなかったか?」
「ああ、俺もそう思った。普段から聞きなれてるから間違いないと思うんだが…」
「はい、あんた達。報告書よろしくね~」
「あ、畑上忍お帰りなさい」
「御無事で何よりです。でも畑上忍がいるって事はあの悲鳴はイルカじゃなかったのか…」
「二人とも正解。あの悲鳴はイルカ先生で大当たり!!ここにいる俺はね、影分身で本体はイルカ先生と一緒」
「あれ、でもイルカ確か影分身出して体術の特訓するって…」
「ん、そうだよね。今頃本体とイルカ先生は閨で体術を頑張ってるよ」
「まあ…アレもある意味…体術かもな」
「ふふっそれでね、あんた達さ、イルカ先生の荷物がどこか知ってる」
「あ、イルカの荷物ならここにありますよ」
「じゃあそれ頂戴?俺が持って帰るから」
「はい、お願いします。ところで影分身さんはこの後はどうするんですか?」
「んーそうだね。イルカ先生が『本気で』『手加減しないで下さい』っていっていたのが聞こえたしね。なに、あんた達この先聞きたいの?」
「…すいません遠慮しておきます」
「俺もです…」
「じゃあんた達、わるいんだけどいつもみたく後はよろしくね?」
「はい分かりました」
「まあ、影分身さんもほどほどにしてやってくださいね?」
「フフッそれはどうかな?じゃあね」

イルカの荷物を手にすると素早く印を結びボフンと言う音と煙とともに影分身が消えるのを見届ける二人

「…行ったな。あのさあ、明日のイルカと俺達のシフトはどうだっけ?」
「えっと…イルカは午後からだな。俺は出勤でお前は休みになってる」
「まあ仕方ないな…じゃあ俺はイルカの休暇願出してと俺のシフトの変更してくるわ」
「ああ頼むな。俺はその間受付してるわ」
「あのさあ、畑上忍またこの前見たく料亭の予約してくれないかな?」
「この前の貸しもまだあるしちょっと言ってみるか?」
「ああ、そうだな…」

イルカの事は気になるけれど『自分の事は自分で何とかしろ、頑張れイルカ!!』とあくまで心の中だけで応援するとともに『持ちつ持たれつ』と『お互い様』言う言葉の意味が最近良く分かる受付の二人なのでした。

<< 生きてます | ホーム | 雑記とコメントレス >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。