プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がいしゅういっしょく

昨日はたくさんの拍手をありがとうございます。
更新の無い時も遊びに来て下さる方もたくさんいらして有り難い限りです。
コピー本は地味に制作中です。私信ですがみるき~さま。コメントありがとうございます。ご入用かわかりませんが無配分とノベルティご用意して当日お会いできるのを楽しみにしてお待ちしております。

変態上忍様の小話?です。ツイッターでいただいて書いたネタを大幅に加筆修正しています。
良ければ追記よりお読みくださいませ・・・。


がいしゅういっしょく

夕方の混み合う前のまったりとした受付
入り口から猫背気味左目の上に傷がある上忍の姿がひょっこりと覗いたかと思うとのそのそと受付の鼻傷のある中忍の前に立って話しかける。

「イルカ先生今日は受付が終わったらお暇ですか?」
「はぁ一応暇ですけど一体何でですか?」

「…おい!何があったんだ?!はたけ上忍が普通にイルカを誘っているぞ!!」
「…え?はたけ上忍どうしたんだ?熱でもあるとか?!医療班呼ぶか?まさか大雨の前触れじゃあ…」
「やめてくれよ…俺洗濯して干してきちゃったよ~!!」
「お前マメだな…。俺は明日休みだからまとめて洗うつもりだよ」

「ちょっとそこの二人うるさいよ!!イルカ先生を口説いているんだから静かにしてよ!!」
「…あのですね?カカシさんが、俺を普通に誘うって…何か裏があるんじゃないですか?」
「やだなぁイルカ先生ってば俺はそんなに信用ないですか?」

「まぁあれだけ普段から色々してればな信用なんてないよな」
「はたけ上忍と信用って何か程遠い気が…」

「だからさっきからそこの二人うるさいって言ってるでしょう!!で、イルカ先生お暇でしたら終わったら俺とデートしませんか?」
「はぁ?デート ?!カカシさんさっきから何を言っているんですか?本当に具合でも悪いんですか?しかし何でいきなりそんな事を?!」
「いえね、今朝任務に出る前に紅に聞いたんですよ」
「…一体何をですか?」
「デートっていうのは二人の仲を深めるためにするんですって。イルカ先生知っていました?」
「…それで?」
「そういえば良く考えたら俺とイルカ先生ってデートしたことなかったかな…なんて思ってこの辺で二人の仲を一気に深めちゃうとか?」
「ねぇ、カカシさん、ちょっと言わせていただいてもいいですか?」
「何ですか?イルカ先生」
「あのですね…」
「はい何でしょう?」
「……あんたは常日頃俺にあれだけ好き放題しておいて何ふざけた事抜かしてるんだ!!今更あんたとの仲を深めるも何もないだろうが!!俺にはあんたとデートして仲を深める気なんてさらさらないわ!!何を言ってるんだ!!ふざけんな!」

バンッと大きな音を立て机を両手でたたきながら立ち上がるイルカをしれっとした顔で見つめるカカシ


「好き放題って…。イルカ先生ってば酷いなぁ」
「好き放題を好き放題っていって何が悪いって…カカシさん…あんた何急に顔を赤らめてるんですか?」
「いや、何かイルカ先生に好き好き言われてあるみたいで恥ずかしくなってきて…」
「あんたはたまには人の話を真面目にキチンと聞きやがれ!毎回毎回いい加減にしろよな。あんたとは仲を深める以前の問題だろうが!」
「そうですか?うーん、たまには体よりも気持ちの方を深めたいと思ったんですがねぇ…。まあいつも通りで我慢しますかね」
「は?へ?」

「なぁこの流れってさ…」
「いつものパターンになりそうだな。じゃあ俺はイルカの鞄用意するよ」
「じゃあ俺はイルカのシフトでも確認するわ」

色々と感付いたのか立ち上がって用意を始める二人。
イルカはカカシの妙な迫力に気圧され追い詰められ逃げられない。
ため息を吐きながらカカシはぼそりと呟く

「今回はデートは諦めて今日はいつも通りで我慢するか…」

そう言うなり口布をさっと下ろすが早いかイルカに軽く口付けて素早く口布を引き上げる。
何が起きたかわからず呆然としているイルカを素早く抱えあげるとそのまま受付の一人からイルカの鞄を受けとる。

「あ、はたけ上忍。お邪魔して申し訳ないのですが報告書だけはお願いしますね」
「あーごめんごめん。えっと…はいこれ宜しく。確認してもらえる?」
「はい、お預かりします。不備はないですね。任務お疲れ様でした。はたけ上忍は明日は休暇になっています。ゆっくりお休みください」
「明日はイルカは出勤で俺が本当は休みでした。明日こそ洗濯するつもりだったんですが…」
「あーいつも悪いね。まあなんかお礼はするから宜しくね?」

何が起こっているかいまだ理解できず呆然としているイルカを小脇に抱えたまま話を続けるがハッと我に返ったイルカは何とか下りようと暴れだす。


「はたけ上忍お疲れ様でした」
「この前の料亭は凄く美味しかったです」
「ああ、了解。じゃあ又今度予約入れておくよ」
「いや!ちょっと待て!何お前ら和やかに話しているんだよ?!」
「じゃあ、二人とも後は宜しくね」
「よろしくない!早く離せ!下ろせ!」


抱え上げたイルカが暴れるのをものともせずカカシはイルカを片手で抱えたまま印を結びきる。
ボフンという音と白い煙と数枚の舞い落ちる木の葉を残して共に姿は消えた

「いったな…」
「ああ。しかし今日は新しいパターンだったな」
「…でもあの二人さ。仮にデートしたとしてもさ」
「ああそうだな、きっと最後はいつもと同じだろうな…。」

あの二人なら仲を深めるためにデートしたとしても最後はいつもと同じではたけ上忍に連れ去られるかあるいはどこかに連れ込まれ終わるんだろうなと思う受付の二人でありました




鎧袖一触・・・極めて簡単に相手を打ち負かすことのたとえ

<< 5月6日 | ホーム | スパコミお知らせです >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。