プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつあさし

機械音痴なとめきちただいま通販対応を何とかすべく頑張っております。
今しばらくお待ちくださいませ。
コメントレスは早ければ週明けにでも…。
私信です。ナナシさーーーーーん!!いつもコメントありがとう。あなたへの熱い思いはコメントレスで返しますwwww

珍しく普通の忍設定でエロもなしです。いや本当に珍しいわwwww
棒アイスを何と呼ぶ?という話から出てきた話です。
ちなみにうちは呼び方はチューチューアイスで半分にした時に当たり(と呼んでた)なおまけつきの方を欲しがって喧嘩っぽくなりましたwwww
会話ばかりの短い?話です。
良ければ追記よりどうぞ…


なつあさし

鼻傷のある中忍が珍しく日があるうちに受付の仕事が終わりカバンを肩にかけて帰ろうとすると任務帰りの同僚とすれ違い声をかけられる。

「お、イルカ。もう仕事終わりか?珍しいな?」
「ああ、珍しいだろ?帰ってゆっくりするんだ、じゃあお先」
「あ、イルカ。ちょっと待った!!」
「今度は一体何だよ?」
「さっき任務先でさ、これ貰ってきたんだよね」

そう答える同僚がガサガサと手に持ったスーパーの袋の中から取り出したのはいわゆる凍らせた棒状のアイス。

「お、ずいぶんと入っているな?どうしたんだよこんなに…」
「今日の任務がさ、改装予定の商店の商品の整理と在庫確認だったんだよ。これ改装後だと賞味期限切れちゃうからってさ。今日暑いし良かったら皆さんでって言われてもらってきたんだよね。おやつのお時間と言うよりもう夜ご飯の時間に近いけどさ、良かったらイルカも一本持って行かないか?」
「へえ、じゃあ折角だし一本貰っていいか?帰りながら溶けないうちにどこかで座って食べるよ。御馳走様、じゃあな」
「ああ、イルカこそお疲れ様」

同僚と別れ外へ出てどこかベンチがないかと探しているとふらりと猫背な影が目の前に現れた。

「あ、お疲れ様です。カカシさん。今日の任務は終わったんですか?」
「え、ああ。ところでイルカ先生…。アンタなにを持っているんですか?」
「あ、チューチューアイスですよ」
「は?え?何を愛すんですか?」
「へ?だからチューチューアイスですよ。そうだ、カカシさんも半分どうですか?」
「え、イルカ先生。チュウってアンタ…はあっ?い、一体何を言ってるんですか?!何を半分にするんですか?!」
「だからチューチュー…。ってなんでカカシさん、なんで顔そんなに真っ赤にしてるんですか?」
「はあっ?!さっきからイルカ先生こそ何を言っているんですか?!」
「え、カカシさんアイス嫌いですか?これならあまり甘くないからカカシさんも食べられるかと思ったんですが」
「え?愛す?あいす?あ…なるほど。アイスの名前ですか…」

手にしたアイスを真ん中からねじ切るとカカシに向かって差し出すイルカ。

「…カカシさん、大丈夫ですか。顔真っ赤ですよ?今日結構気温高かったですね。カカシさんは顔をほとんど隠してるから蒸れて暑いんじゃないですか?そんなに甘くないと思いますし…。良ければこれどうぞ?急いでなければそこのベンチででも食べていきません?」
「あ、じゃあ…。せっかくだしお言葉に甘えて。半分いただけますか?」
「はいどうぞ。」

ベンチに並んで腰掛けアイスを口にする二人。

「あ、すいません。いただきます、本当だ余り甘くないですね」
「そりゃあ良かった…ってカ、カ、カカシさん!!ちょっと顔見えてますけど!」
「そりゃ口布の中にアイス突っ込んで食べる訳にはいかないでしょうが?」
「あー、そ…そりゃあそうですが。でも幻術使うとか…」
「いやですよ面倒くさい。それに俺とイルカ先生くらいしかいないんだからいいじゃないですか」
「…そんなもんなんですか」
「そんなもんです。イルカ先生どうかしたんですか?イルカ先生こそ顔赤いですよ?」
「いや、あの顔が…まさか…予想外と言うか…」
「は、顔?顔が何ですか?」
「いえ、あーなんでもないです。俺だって暑いんですよ!カカシさんもまだ顔真っ赤ですよ。ほら食べましょうよ!とけますよ!!」
「そうですね。ほらイルカ先生も食べましょうか?」
 
赤い顔して棒アイスを食べるカカシとイルカを少し離れたところから見ている二つの影。

「…なぁ紅。ちょっと聞いて良いか?」
「なによ、アスマ」
「あの二人…。あいつらベンチで顔真っ赤にして一体なにやってんだ?」 
「あら珍しい組み合わせ。カカシも口布降ろしてるじゃない。なんか面白そうね?」
「ちょっと声かけてみるか?」
「そうねえ…。ううん、やめときましょ?何だか放っておいた方が良い気がするわよ」
「あまそうだな、めんどくせぇのはごめんだしな」
「そうよ、あんな微妙な空気の中入っていけるのはガイ位なものよ」
「違いない。ほっとくとするか…。どうする、今日暇なら一杯やっていくか?」
「良いわね、勿論言い出したアスマの奢りよね?」
「ちゃっかりしてるなあ…」

なんとなく嫌な予感がしてそのままそっと立ち去る二人。

「御馳走様でした。あ、カカシさんまだ顔赤いですよ」
「イルカ先生こそ…」
「俺はまだ暑いんですよ!!今日位暑いとビールが美味いでしょうね」
「イルカ先生はこの後用事があるんですか?」
「特に無いですが…。カカシさんこそどうなんですか?」
「俺も特には用事はないです。あー、どうですか?良ければこのまま一杯飲みませんか?」
「え、あ、俺とですか?べ、別にかまいませんけど…そんなに高くない所であれば…」
「あー俺の知っている店でも良いですか?そんなに高くないですし…。じゃあ行きましょうか?」

何やらお互い赤い顔のまま飲み屋へと向かう二人。
そして二人を見ないふりをしつつ退散した筈なのに何故だか飲み屋で遭遇し、しっかりこの二人に巻き込まれることになるアスマと紅なのでありました。



夏浅し・・・立夏(五月六日)からまだ日が浅い頃をさす。みずみずしい新緑の頃を指す

<< 宿泊24日目「5月24日 朝」 | ホーム | 5月6日 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。