プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋は思案の外【イルカ版】

こちらの話は先日完結しました高校生カカシ×教師イルカのシリーズのバレンタインの没ネタになります。
本当は先日のスパコミでコピー本でお付けしたかったのですが諸事情によりつけることができなかったのですが折角書いたののでUPさせていただきました。

・本編はカカシ君が怒っていましたがこちらはイルカ先生がかなり怒っています。
・本編とはちょっとずれているうえに今更季節外れのバレンタインの話です。
・本編とは話が微妙に話がずれていてつながってません。ですがこの話だけで読めるようにはなっています。

それでもいいよ~話がつながっていなくても折角だから読むよ~と仰ってくださいます寛大な方は追記よりお読みくださいませ・・・。

恋は思案の外 前編 【イルカ版】

放課後の準備室。
今日はバレンタインという事もあって校内の空気は何となく薄いピンク色に色づいているんじゃないかと思う位に浮かれた感じを漂わせている。
そんな全体的に浮かれた空間の中にある俺が通いなれたこの準備室の中の空気はピリピリとして今まで俺が感じたことが無い位の緊張感を漂わせている。
(俺がいきなりこの準備室に来て告白した時だってこんな緊張しなかったよな…)この居た堪れない空気から逃げ出したくてそんな事をボンヤリと考えてしまう。
俺の目の前には今までに見たことが無い位険しい表情をした先生が立っていて大きく一呼吸した後話しかけてきた。

「…なあ、お前は俺に『俺のちゃんと話を聞いてくれ』って言った事があったよな?だけどな…お前は今まで俺の話をちゃんと聞いていたのか?」
「もちろん…聞いているよ?大事なセンセの話だもん」
「な、畑。お前が俺の話をきちんと聞いていて尚且つ俺の事を大事だと思っているのなら…」

 先生は眉根を寄せて更に険しそうな顔をすると拳を握りしめ自分の机に向かって振り下ろした。バンッと大きな音がしたと同時に机の上にあった綺麗にラッピングされた誰の目から見てもチョコだとわかる可愛い包みが先生の拳の衝撃で一瞬跳ね上がりカタリと音を立てながら少しい位置をずらして又机の上へと着地した。
先生は横目でチラリとそれを見るとため息を一つ吐くとチョコを指差し俺に向かってもう一度問いかけてきた。

「俺の話を聞いていたんなら…何で、何で畑は俺宛のこんなモノを預かってきたんだ?!」
「…それは。俺も預かる気はなかったんだけど…」
「なかったならなんでこれはここにあるんだ!!」
「それは…成り行きって言うか…何て言うか…俺だってセンセに他の子からのチョコを渡すつもりなんてなかったし…」
「じゃあ一体どういうつもりで預かってきたんだ⁈話を聞くから言ってみろ!!」

…俺だって預かるつもりなんて全くなかったのに。何て言ったらいいのかどこから話を始めたらいいのか上手い言葉が見つからない。
思わず口をつぐんでしまった俺をしばらく見つめた後先生は机の上を何やらごそごそしていた。
資料らしきものをまとめた後机の上にあったチョコを俺がこの準備室に持ってきたときに入っていたシンプルな茶色い紙袋に戻すと手に取った。
「…これをお前が預かったのは何時頃なんだ」
「あ…ついさっきだけど。」
「じゃあまだあの子は校内にいるかもしれないな」
「居るかもって言うか居る筈。断ったけど俺が戻るのを教室で待っているって言われたし」
「そうか教室か…」
先生はぽつりとそう言うとチョコと机の上にあったファイルに挟まった資料らしき書類を片手に準備室を出て行こうとしている。
「センセ、どこ行くの?」
そう問いかける俺の横を無言のまますり抜けていこうとする先生の肩に手を伸ばすと軽く叩かれてしまった。
「悪いが畑、今は俺に触らないでくれ。」
「…センセ」
「俺は今からこれを彼女に返してくる」

まさか触れようとした手を先生に叩き落とされるなんて思っていなかった俺はどうしていいか分からずに呆然としてしまった。
今まで先生に俺が触れる事に対してそんな反応を返してくることは一度もなかった。
 ふと我に返ると先生は紙袋片手に扉をあけて出て行こうとしていた。
「センセ…ごめんなさい。ちょっと待って…」
「…お前はもう帰れ。俺は少なくとも今日はもう畑とは話をしたくない‼」
「だけど俺まだセンセに…」
「言い訳も話も今は聞きたくない。鍵は開けたままで構わない。俺はもう行くからお前も帰れ。言っておくが俺の事を待っていても無駄だ」
「…センセ」
「俺は会議の掛け持ちだ。戻るのは下手すると夜になる。良いから早く帰れ。鍵はそのままで構わない」
吐き捨てるようにそう言うと先生は勢いよくドアを開けそのまま出て行ってしまった。
 一人その場に取り残された俺はどうすればいいか分からずその場で立ちすくんでしまった…。
 何で…なんでこうなってしまったんだろう?
 俺があの日チョコを買いに行かなければ…あの売り場で彼女と会わなければ…こんな事にはならなかったんだろうか?
 ふと見ると俺の鞄と一緒にあの時買った先生宛のチョコが行き場をなくし寂しそうに並んでいる。これを選んだ時には…先生と先週チョコの話をした時には…こんなことになるなんて思ってもみなかったのに…。
     *****
「ねえセンセ?もうすぐバレンタインだよ?センセはどんなチョコが欲しい?」
「畑が俺にくれるのか?」
「勿論‼ねえセンセは甘いもの嫌いではないでしょ?折角渡すならセンセの好みのチョコ渡したいから。一体どんなチョコが良いのかなって思って…」
「あのなあ、俺が自分で『どんなのが良い』とか言ったら貰う楽しみがなくなるんじゃないのか?」
「まあそうなんだけどさ。でもやっぱり渡すならセンセの好みとか知りたいと思うでしょ?」
「んー?そんな事言われてもバレンタインのチョコなんて…ここ何年も貰ってないしなあ…。今毒のチョコがどんなかなんて俺には分からないんだよ。」
「そうなの?あ、そっか。センセは生徒から何か渡されても断っているって言っていたもんね。他の女の先生なんかに義理チョコ貰ったりとかは無いの?」

そう聞くと先生はちょっと小首をかしげて考えている。

「そうだなあ…。他の先生にも義理と言うかもう行事の一環のような感じで貰うけどなんて言うんだろう?お茶菓子のついでみたいな感じだな。だからやっぱり今時のチョコがどんななんて良くわからないな」
「ふうん、そんなもんなの?」
「そんなもんだよ。いい年した男がスーパーのお菓子コーナーで色々と見ている訳でもないし。お菓子は立ち寄ったコンビニでたまに見るくらいだよ。畑だって甘いもの好きじゃないんだろ?」
「うん、好き好んでは買わないね。お世話になっている人の所に行ったときにデザートとか出されたら一応食べるけど自分からは買う事は無いなあ…。あ、でもセンセがくれるんならもちろん別だよ?」
「お前…それって。俺にバレンタインのチョコを買えって言っているのか?」
「え、そう聞こえた?」
「そう聞こえたって言うかそう言っているんだろう?」
「じゃあさ、センセ?俺にチョコ買って?」
「お前なあ…。甘いの嫌いならチョコなんていらないだろうしあちこちから貰うんじゃないか?」
「俺にはセンセがいるんだし断るに決まっているでしょ?」
「…俺の事は気にするな。お前もてるんだろう?前にあの子も言っていたじゃないか?」
「センセこそあの子にチョコもらったらどうするの?」
「だから俺はあの子の告白は断ったって言ったよな?それに生徒から何か貰ったりはしないって言っているだろうが」
「でも俺が色々と渡してるのは受け取っているよね?それってやっぱり俺が特別って事?」
「…知らん‼そろそろ帰れ。俺は会議の用意があるんだ‼」
「センセ、さっき会議は夕方からって言っていたよね?」
「…忘れた」
「ねえセンセ何でそんなに赤くなっているの?」
「うるさいって…こら後ろから抱きついてくるな‼」
「センセは本当に可愛いねえ?」
「か、可愛いとか言うな‼ほら離れろ‼」
「良いでしょ?ちゃんと会うの久しぶりなんだし…。ここに来てもセンセってば会議ばかりなんだし…」
「だからって何してるんだよ?誰か来たらどうするんだよ⁈」
「ん、センセ?誰も来なかったら良いの?」
「揚足を取るなよ‼」
「センセってば耳まで真っ赤~」
「だ、誰のせいだと…」
「俺のせいでしょ?センセは本当に可愛いな~」
「可愛いとかいうな‼畑、いい加減に離せ⁈」

耳まで真っ赤になった先生は後ろから抱きついている俺から離れようとじたばたしている。 
ああ、本当にこんなに近くまで来れたんだと思って鼻の奥がツンッとしてきた。
思わず抱きしめる腕に力を込めてしまったらしく先生がぐうっと呻いた。
慌てて手を離すとこちらを見ながら真っ赤な顔で怒ってきた。

「畑、お前いい加減にしろ⁈お前力強いな…。俺の骨を折る気かよ⁈」
「センセごめんね?本当にわざとじゃないんだけど思わず…」
「思わずってなんだよそりゃあ。て本当に苦しかったんだからな…」

先生はブツブツ言いながらじたばたした時に乱れたらしいネクタイを直している。
そのまま俺に背を向けて俺に向かって話しかける。

「よし決めた。俺はお前にチョコは買わない‼今決めた‼」
「え?センセってば俺にチョコ買うつもりだったの?」
「畑には世話になっているからちょっと位はチョコを買ってもいいかと思っていた。だが今のでそんな気持ちはなくなった‼」
「ええっそんな事言わないでよ⁈…そんな事言うと俺又抱きつきますよ」

ぎょっとした顔でこっちを見る先生の事を両手を広げてじりじりと追いつめる。

「ちょ、畑…お前…何を…」
「センセがチョコをくれるって言うまで抱きしめます‼」
「おま…ふざけ…ちょっと冗談だろ⁈」
「冗談かどうかは…。センセがこれから確かめてください」
「畑、ちょっと待て⁈」
「いいえ、待ちません‼」

更に顔を真っ赤になって逃げようとする先生と追いつめオタオタするのを見て笑っていたのはつい先週の事だった。

なのに今俺は…ガランとした主のいない準備室でただ呆然と…。
この後一体どうしていいかわからずに渡せなかったチョコと一緒にただボンヤリとたたずんでいた。


<< 宿泊25日目「5月24日 夜 『山笑う』」 | ホーム | 宿泊24日目「5月24日 朝」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。