プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

番外編「月光ハヤテの場合~憂い~」

こちらは現代パラレル「リゾートホテル木の葉へようこそ」の番外編です。
以前UPしました不知火ゲンマの憂鬱の最後辺りからのハヤテ視点で淡々と語る話です。
これもWEB拍手用の話で作っていたんですが思ったより長くなったんでこちらに。
ぶっちゃけ見なくても本編に影響はありません。
連休中日で暇だからみてやんよ!というお方は追記からお願いします。

次回は本編UP予定・・・だといいな。




月光ハヤテの場合~憂い~

イルカさんに会いに行ったゲンマさんから着信がありました。
仕事中は出られないのが分かっているのにわざわざ電話してくるなんてきっと良い結果だったんでしょうね。
メールも来ていたので見てみると『イルカゲットだぜ!!』と一言だけ。
子供みたいな文に思わず苦笑しながらイルカさんはポ 〇 モ ンじゃないんですよ!!なんて思ったり。
きっとよっぽど嬉しかったんでしょうね。
まあ彼はそういう所が可愛いんですが。

私もイルカさんと又ご一緒出来るのはとても嬉しいです。
彼は自分の場所だけではなくて他の人や全体的に雰囲気を見て気を配れる人。
何度か一緒に仕事しましたがプライベートで仲が良くても公私混同せず仕事の時は馴れ合いも無くしっかりしていました。
明るくて人好きのする彼のことです。
きっとすぐに職場にも仕事にも慣れるでしょう。
呑む回数が多いのが玉に瑕ですが・・。

そしてイルカさんがこちらに来るのはまだ少し先ですがこれでゲンマさんの負担が減ると思うとホッとします。
元々が同じ事務所だからと責任を感じているのか色々とフォローに回っているのも代わりに謝っているのも知っています。
ライドウ主任やイズモや私も居るんですからもっと頼っていただければと思い言ってますが大丈夫だからと聞く耳持ちません。
最近はそうでもないですが体が余り丈夫ではない私よりも顔色が悪いんじゃないかと思う時もあったり少し前までは目の下のクマも気になっていました。
『お前とお揃いだな』と笑って言ってましたが私はそんなお揃いは嫌です。
職場ではそんなこと全く顔に出しませんがため息を吐く回数も増えてます。
でもイルカさんと連絡を取ってから雰囲気も凄く明るくなって段々と顔色も良くなってきて、気は心から?ってやつですかね。
でもこれで私もゲンマさんの負担がどうにかならないか?という悩みが解決しました。
きっとテンションがあがりまくっているであろうゲンマさんが帰ってくるのが今から楽しみです。
ほら、早速電話が来ました。

『ハヤテ!メール見たか?』
「ゲンマさん、勿論見ましたよ。イルカさんは元気でしたか?」
『おう元気だったさ!久々に会ったらちょっと痩せていたみたいだけどな。』
「イルカさんこちらにいらしていただける事になったんですね。」
『ああ話させてもらった。イルカもちょっと悩んだみたいだが来てくれる事になった。綱手支配人にもライドウ主任にも電話した。』
「それは良かったです。」
『今日はそっちはどうだったか?』
「目立って問題は無かったです。ライドウ主任に電話なさったときに聞かれました?しいて言えばはたけチーフが若干機嫌が悪かったですが。」
『そうか。カカシさんには帰ったら改めて話させて貰うよ。又新しくスタッフが入るとなったら又機嫌が悪くなるかな?』
「私はイルカさんとはたけチーフなら大丈夫な気がします。そう言えば私の事はイルカさんに話したんですか?」
『いいや、一緒に働くんだったら迎えに行くときに一緒に行ってビックリさせようと思って言っていないよ』
「ゲンマさんったら子供みたいですね。でも私も楽しみです。」
『今日はイルカと一緒に行ったけど明日又午前中に事務所に行くから夜には帰るよ』
「気をつけてくださいね。」
『お土産買って帰るけど何か欲しい物あるか?』
「うーんそうですね。じゃあデパ地下で美味しそうな和食のお弁当お願いできますか?」
『了解、「量が少なくてもいいから品数があって美味しそうなの」だろう?』
「フフッそうですよ、宜しくお願いしますね。」
『他にも何か買っていくからな。明日は午後から休みなんだしゆっくり休めよ?明後日はたまには遠出しようぜ。』
「はい楽しみにしていますね。じゃあそちらこそ気をつけてくださいね。」
『じゃあ又明日なお休み』
「はい又明日、お休みなさい。」

後ろが静かだったしきっと今はホテルで休んでるんですね。
ゲンマさん声が凄く明るくなっていました。
本当に良かったです。
迎えに行くときに私が一緒に居たらイルカさんビックリしますかね?
きっと凄い驚いた顔をした後に懐かしいあの笑顔を見せてくれる気がします。
ゲンマさんだけではなく私も今から楽しみです。
チーフのことを気にしていましたが私は何となくイルカさんなら上手くいくと思います。
というかはたけチーフがイルカさんを気に入りそうな気が・・・。
私の勘は結構当たるんですよ?

さあ明日の午後から館内休業で連休です。
ゲンマさんから久々のお誘いもありましたし今回のお土産も楽しみです。
ゆっくり寝て明日は無理せず明後日に備えますかね。
ではお休みなさい・・・。

<< ~一寸一服~ | ホーム | 仔イルカ小話その2 >>


 BLOG TOP