プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゅようときょうきゅう

変態上忍様の話になります。
外出予定なんですが早めに帰宅出来ましたらこの話の短い後日談?をUP予定です。
頂いたお題は『監禁するカカシ先生』とメイド服を着るイルカ先生』でしたがまあいつもな感じのお話です。
珍しく綱手様も出ています。
タイトル適当です、多分後で直します。

良ければ追記よりお読みください・・・。


じゅようときょうきゅう

受付の勤務時間もそろそろ終わりに近づいたある日の午後何故だかイルカは火影様の執務室に呼ばれた。

「イルカ~お前何やらかしたんだ?心当たりは?」
「イルカ…何やったか知らないが減給になったら気持ちだけ助けてやるからな?あくまで気持ちだけな」
「お前ら酷いなあ…。俺だって心当たりは無いよ。まあいいか」

何時もの二人にからかわれながら手元の仕事を済ませると立ち上がる。
後の事を頼むとそのまま執務室へ向かいドアをノックする。
『はいれ』と言う短い返事を聞き中へと入ると、年齢不詳の美麗な里長が重建な机の前で何やら書類を眺めていた

「失礼します。五代目、俺に何かご用でしょうか?」

そう問いかけると、彼女は無言で机の上にある紙を指さしてきた

「…一体この紙がなんだっていうんですか?」
「…お前指名の任務書だ」
「俺…指名…ですか?内容は?」
「悪いが自分で確認してみろ」

そう言われ机の上の依頼書を手に取り、ざっと目を通すが読み進むにつれて、イルカはどんどんと険しい顔になってきた。

「あの…すいません。これ・・・この依頼内容って本気なんですか?」
「本気も何もその任務書に書かれている通りだ」

依頼書にはイルカへの依頼内容が書いてあった。
その内容とは
『依頼人の家の清掃作業及びに夕飯の制作。夕飯を依頼主と一緒に食べる事』
となっていてその任務の条件としては『依頼人の用意した服を着る事』となっていた。

「綱手様…あの…これは一体何の冗談ですか?」
「冗談なんかじゃない。服も依頼人が持ってきて…。ほら、そこに用意してある」

そう言われてみると依頼書の横に紙袋の中に綺麗に畳んだ服も入っていた。
掃除用の服なんてどんな服なんだ?割烹着とか?
そう疑問に思ったイルカは、紙袋の中から服を取出し手に取って広げてみた…

「はあっ?!綱手様…これは一体何ですか?!」
「なんだイルカ。お前は、メイド服も知らないのか?!」
「それくらい知ってますが…。そうじゃなくてですね、なんで俺がメイド服を着なくちゃいけないのかってことを聞いているんですが?!」
「私に聞くな。それは依頼人の趣味だ!!」
「依頼人って…一体どなたなんですか?」
「うっ…それは…まあ後でわかる事だ」

「この依頼人のイニシャルって…俺何だかさっきから嫌な予感しかしないんですけど!…しかもなんでこんなデカいサイズの、メイド服まで用意されてるんですか?!」
「デカいのはお前のサイズだからだろうが。まあ丁度いい、ここで着てみろ」
「は?何でですか?!いやですよ!」
「うるさい、火影命令だ!!とっと着替えろ」
「ちょっとなんですかそれは?!横暴じゃないですか!!…そういえば今日は、ストッパー役のシズネさんはどうしたんですか?」
「シズネはちょっと邪魔だから…じゃなくて今日は…まあ…任務だ。あーお前はいちいちうるさい!良いから早く着ろ!!」
「なんで俺が…メイド服なんて…」

ぶつぶつ言いながらも仕方なくその場でベストを脱ぎ着替える。
忍服からワンピースへと履き替えるが足元がスースーして気持ち悪いらしくしきりと下を気にしている。

「おお、意外となかなか似合うじゃないか?」
「綱手様…」
「なんだ?」
「あのですね?何でこのメイド服…。なんでこんなに俺にジャストフィットなサイズなんですか?!」
「それは依頼人に聞くしかないだろう?」
「だからその依頼人に、物凄く心当たりがあるから嫌なんですよ?!頼みますんでこの依頼断ってくださいよ!!」

そう叫んだとたんにイルカの後ろに白い煙が上がりぬるりと誰かが絡み付いてきた。

「ん~イルカ先生俺の事呼びました~」
「うわーっでたーっ!?って人の肩に顎を乗せるな!!」
「出たって…アンタねえ、人の事、幽霊やお化けみたく言わないで下さいよ。ああやっぱりその服、サイズピッタリでしたね」
「やっぱりアンタかよ…。カカシさんアンタ一体何考えて、何やってるんですか?!」
「いえね、お互い飽きるといけないと思って。たまには違ったパターンを用意してみました」
「どんなパターンだよ!!って言うかお互い飽きるも何もないだろう!!」
「だってイルカ先生俺が頼んでも、素直に着てくれないでしょ?だから依頼なら仕方なく着るんじゃないかと思って、綱手様に協力していただいたんですよ」

「…綱手様この依頼、一体幾らで引き受けたんですか?!シズネさんのいない隙を狙って変な依頼引き受けないで下さいよ。まさかまた賭け事で借金こしらえたんじゃないでしょうね…って言うかシズネさんの任務も…」
「あー煩い煩い!!カカシ、もう依頼内容は話したから、イルカの事をとっとと連れて出て行け!!」
「はあ、何を言ってるんですか?!まだ勤務が終わってないですし、それに俺の荷物はどうするんですか?!」
「…綱手様今日の受付は誰ですか?」
「いつもイルカと組んでいるあの二人だ」
「了~解。じゃあ特に問題ないですね。あとでパックンを寄越しますんで荷物を渡すように伝えてください」
「俺には大ありなんだよ!!何二人で納得してるんだ」
「綱手様、あの二人には『後は任せた』って言っておいてください。多分それで通じる筈なんで」
「通じるようになるな!!」
「イルカ、お前は煩い!話が出来ないじゃないか」

「…綱手様。では2枚目の依頼書もよろしくお願いしますね?」
「ああわかってる。任せておけ」
「へ?何ですか、2枚目の依頼書…って…綱手様、一体何の事ですか?!」
「じゃあ行きましょうか?イルカ先生ご飯は秋刀魚と茄子を買ってあるんで、それでお願いしますね」
「ああ忘れるところだった。カカシ、これもな…」

そういってカカシに何かを渡す綱手。
丁度その時ノックとともにドアが開いて受付の一人が入ってきた。
何が起こっているのか目を丸くして見ている。

「ああ丁度良かった、あとはよろしく頼むね」

そう言うなりカカシは印を結んで白い煙とともに消えた。

「え…綱手様今のは…はたけ上忍とイルカですよね?あれ、一体どこへ?」

呆然として見ていたが二人が舞い上げた風に乗って足元に飛んできた依頼書を見て分かったように頷いている。

「ところで…イルカの荷物はどうしますか?」
「あー丁度良かった。イルカは明後日まで休みで。その予定でシフトの調整をしておいてくれ」
「へ?でもこの依頼書には…夕飯まで一緒にってなってますが…」
「その紙を良く見てみろ…」
「え?あ…二枚重ねになってるんですか…」
「そうだ、それをよく見てみろ」
「はあっ?!…綱手様、もう一枚ってこの内容何なんですか?!」
「その内容そのままだ。まあ…イルカのレンタルみたいなもんだな。カカシにしかしないけどな」
「…もしイルカが逃げだしたら?」
「カカシに渡した紙の束を見たか?」
「そう言えば、何か渡してましたね」
「…結界札だ。カカシのチャクラのみに反応して破れるようになっている」
「…それって軽い監禁じゃあないですか」
「まあ気にするな。幾らカカシでもそこまではしないだろう?」
「本当にそう思いますか?」
「…良いか!!細かいことを気にしていたら、里長なんて出来ないんだよ!!」
「気にしてくださいよ!!」
「カカシと私の思惑が合ったんだから文句言うな!!」
(イルカの言い分はどうなるんですか・・・)

受付に戻るともう一人の受付に説明をしながらイルカの荷物を用意する。

「なあ、俺思うんだけどさ、イルカの休みの申請は絶対2日じゃ足りないよな。はたけ上忍と2日間一緒なら…その倍の日数を申請した方が良いだろうな…」
「そうだな、しかしはたけ上忍も新しいパターン思いついたよな」

色々と飽きないようにしているのかどうかは知らないけど、自分たちへの負担が増えてきていることに危機感を感じる二人。
自分たちの出勤予定表を見ながら今度から、もう少しはたけ上忍に何か良いお礼をして貰わなくちゃ…と心の底から思う二人なのでありました

<< ほうしのこころ | ホーム | 薄暑~はくしょ~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。