プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

The confidence that flirts in a fitting room 1

先日ぼけーっと試着室ってなんかエロいよな。鏡とかあるし見えそうで見えないけど音はダダ漏れだし・・・と言う妄想から生まれた話です。
店長×バイヤーか店長×バイト(店員)と悩みましたが間を開けて両方書いとけ(笑)とエロ神様にそそのかされたので多分日をあけて同じような内容になると思いますがバージョン違いで書く予定です。
次回ぬるいかもですがエロ~なターンに入りますんで念の為R18で。
こちら後で少し手直しするかもしれません
タイトルはエロ系のは前回から適当な単語を英和辞典にぶっこんで決めることにしました…。
*R18な大人向けの話になります。エロが苦手な方や18歳未満の方は閲覧ご注意願います。

コメントくださいます皆様本当にありがとうございます。スパコミで書けなかった分押さえていた分色々な話を書きたいな~と言うのが物凄いありましてもう少ししましたらまとめてお返事させていただく予定です。
頂いたコメントは全部拝見してますし更新の励みに待っています。ありがとうございます。

読まれる方は追記よりお願いいたします・・・。

The confidence that flirts in a fitting room 1

「お世話になっております、海野です。畑店長はいらっしゃいますか?」
「あ、お疲れ様です。少々お待ちいただけますか?」
「すいませんよろしくお願いします」
「はいお電話変わりました、畑です。ああ海野さん、何か良い品入りましたか?」
「お疲れ様です、海野です。今お電話しても大丈夫ですか?」
「んーヤマトもいるし大丈夫ですよ」
「ありがとうございます。ちょっと畑さんの好きそうな服を作っている小さなアパレルメーカーと縁が出来たんですよ。オリジナルブランドで量は出来ないし少し高めなんですが…。御都合さえよければ今からでもお持ちしようかと思って…」
「今は大丈夫…あーちょっと待ってくださいね?」

そう言いながら電話口でパラパラと手帳らしい紙を捲る音させながらちょっと考え込んでいたらしい。

「海野さんって夜は忙しいですか?あと明日はお仕事ですか?」
「え?私です…か?明日は一応休みですが…。すいません今お店お忙しかったですか?!電話切りましょうか?」
「あ、大丈夫だから気にしないで。んーまあちょっと色々と…ね。じゃあ明日休みでしたら店が終わるころに来ていただいてもらっても大丈夫ですか?」
「はい、わかりました。何点かサンプル預かってますんで。もし畑さんのお気に召したら店頭に置いていただいても構わないですか?」
「海野さんのセレクトなら間違いないと思うけど。どんなのか楽しみにしてるから」
「はい、では閉店間際に伺いますね。ではまた後程…」

小さなメンズ向けのセレクトショップをやっているはたけさんと一応バイヤーらしきものをやっている俺とは彼の店に勤めている友人を通して縁が出来た。
静かな裏通りにありながらも仕入れた分はほぼ在庫を残さず売り切るという仕入れのセンスの良さとハーフらしい彼のファンも多いらしく店はかなりの売り上げを叩き出しているらしい。
何時もなら『大丈夫だから今すぐ来てくださいね?』と言われるんだが今日は珍しいなとふと思う。
はたけさんの店によってそのまま直帰のつもりだったんで会社にもそのつもりで連絡してある。
何時ものようにすぐにアポが取れるだろうと彼の店の近くまで来ていたがどうやって時間をつぶそうか?
ついさっき仕入れてきた服の入った紙袋を見ながらぽっかり空いた時間をどう使おうかと悩みつつ夕方と夜の間の中途半端な時間は人通りは多いが客のあまり入っていない珈琲店のドアをくぐっていった。

「おはようございます。はたけ店長はいらっしゃいますか?」

最初は変だと思っていたがいつのまにか慣れた挨拶をしながら閉店ギリギリの店の中に入るとレジのカウンターで売り上げを記入していたらしいヤマトが顔を上げてきた。

「ああ、イルカさんお疲れ様です。奥にいますよ。」
「そのまま行っても大丈夫かな?なあヤマト、今日って店は忙しかったのか?」
「今日ですか?そんな事無いですよ。どうかしたんですか?」
「夕方過ぎに俺一回電話したじゃないか。あの時に店に来ようと思ったんだけどさ、畑さんに後でにしてくれって言われたからさ。あの時間立て込んでいたのかと思って」
「そんなことはなかったと思うけどな…。ほら」
そう言われ時間ごとの来客数や売り上げ品名など細かく書かれた日報を指さされる。
「俺が見ても大丈夫なのか?」
「イルカさんなら大丈夫ですよ。ほら、そんなんに忙しくもないでしょう?」
そう言われみた先にはそんな多くない来客数と決して少なくない金額が書かれている。
「相変わらずすごい売り上げだよなあ…」
閉店しているという事と大学の時からの付き合いと言う事もあり俺は自然と口調が砕けたものになる。
ヤマトは昔から誰に足しても丁寧な口調で最初は遠慮しているのかと思ったが誰に対してもそうらしい。

「そう言えばこの前イルカさんが仕入れてきたデニムなんですが完売しましたよ。あとで先輩から話があると思いますがあのシリーズってまた仕入れること可能ですかね?結構お客様からの問い合わせが多くって…」
「本当に?!あのシリーズ自信あったんだよ!!嬉しいな~。明日…は俺が休みだから明後日又問い合わせてみるよ」
「イルカさん明日休みなんですか?明日うちも定休日なんですよね」
「ああそうか、しかし毎週決まった曜日に休むって結構珍しいよな。」
「そうですね。ここは従業員の数も少ないんでそうしないと休みが取り辛いって言うのもありますしね。それでですね、明日お休みなら…」
「あれー海野さん来てるんだったら声かけてよ?俺奥でずっと待っていたのに」

そう言いながら畑さんがひょいッと顔を出してきた。
俺は手に持った紙袋を軽く持ち上げてみる。

「あ、畑さんすいません。これ結構自信あるんで見てもらえますか?」
「海野さんのセレクトなら間違いないでしょ?じゃあ奥で見ようかな」
「え?ここじゃなくて奥でですか?」

何時もは営業中のせいもあるからか広々としたレジのカウンターで服を広げてみてもらうことが多い。
奥まではあまり行く事がないんでちょっとびっくりしてしまった。

「もう閉店してるし試着室の方にもテーブルなんかもあってゆっくり見れるしね。あ、ヤマトそれが終わったらそのまま帰っちゃっていいから。表から出てシャッター閉めておいてね、じゃあお疲れ様。海野さん行こうか?」
「あ、ちょっと待ってもらっても良いですか?ヤマトさっき言いかけた話ってなんだよ?明日が何だって?」
「えっと…」
「何ヤマト?明日がどうしたの?」
「…いやなんでもないんだ。じゃあ終わったらそのまま閉めちゃいます。お疲れ様です」
「じゃあ海野さん、行こうか?どんなのか見てみたいから試着室の方でもいいかな?」
「あ、はい…。え、試着室ってこっちじゃ…」

何か言いたげなヤマトを残し畑さんの後についていく。
案内されたのは以前見た試着室とは違う言うかなんというか立派な場所だった。
カーテンが寄っているところは試着のスペースだと思うんだがそれでも3畳分くらいのスペースがある。
その手前にはラグが敷いてあってその上に低めのガラスのテーブルと2人け掛けはちょっと小さいけど一人掛けにしたら大き目なソファーが置かれている。

「ここ…試着室ですか?え?店頭のは??」
頭の中がはてなマークでいっぱいの俺に畑さんは手を差し出して服の入った紙袋を渡すように促す。
「ここは常連様用のスペース。店頭のは一見さんとか雑誌を見てきた人用なんだーよね。こういう小さい店だしそう言った特別扱いってなんだか嬉しいじゃない?海野さん暑いでしょ、上着脱いじゃってその辺置いておいて?あ、これいいね…これもなかなか…」

きょろきょろしながら上着を脱いでいる俺を面白そうに見ながら畑さんは紙袋の中から次々に服を引っ張り出している。

「兄弟で立ち上げたブランドだそうなんです。お兄さんがデザインで弟さんが営業で。まだ始めたばかりだそうなんですが細かなデザインとかボタンとかが凄く凝っていて。値段は結構高めなんですが…」
「このクオリティなら仕方ないでしょ?えっとパンツが3本と…。結構細身の服もあるね…。俺なんかにはちょっときついかもね?」
「そんな事無いですよ。畑さん細いじゃないですか?一応セットみたいな感じでシャツとパンツ3枚ずつ入ってます。パンツは試しに作ってみた感じらしいですよ。」
「へえ、それにしてはいい感じに仕上げってるよね…。あ、俺そんなに細くないよ。着やせするみたい。」
「そうなんですか?俺とは逆ですね?っては、畑さん!!いきなり何するんですか?!」

畑さんの横でテーブルに服を広げて説明していたが彼はいきなり俺の手を取ると自分の胸もとにぺたりと押し付けた。

「いや、海野さんが俺が着やせするって言っているのに信じてなさそうだから」
「だからってびっくりするじゃないですか?!あ、でも本当だ。畑さん物凄く胸板しっかりしてますね。羨ましいです」

思わず調子に乗ってペタペタと触っていると畑さんも手を伸ばして俺の胸元を触ってきた。

「うひゃっ!!いきなりびっくりするじゃないですか?!」
「…うひゃって。海野さん面白い声出すねえ~。はい、触りますよ~、本当だ海野さん結構細いんだねえ」
「触りますよって…。普段スーツ何で結構がっしりしてると思われてるみたいですね?…畑さんちょっとくすぐったいです」

俺がペタペタ触っていたのとは違い畑さんは何だか撫でさするように触っているからくすぐったいというか妙な気分になりそうで少し身を引いて畑さんの手から逃れた。

「ああ、ごめーんね?俺は無理そうだけど海野さんならこれ着れるかな?」

そう言いながら畑さんは一枚のシャツを俺にあてて見せた。
確かにさっき触った感じでは畑さんにはちょっときつそうかもしれない。

「着た感じのシルエットとかラインとか見たいから良ければ海野さん着てみてくれないかな?あ…この後用事とかあった?」
「え、大丈夫です!!この後も明日も予定とか特に無いんで…ってなんか俺寂しい事言っちゃってますね。俺が着るんですか?」
「うんちょっとこのパンツもタイトそうだけど履いてみてくれる?合わせた感じが見たいんだ。ああ、折角だから試着室使ってね。」
「わかりました俺でよければ良いですよ?」

そう言いながら渡された服を持って後ろにある試着室に入ると畑さんもひょいひょいっと服を手に取り俺の後についてきた。
何をするんだろう?と疑問に思ってちょっと首を傾げた俺に畑さんは手に持った服を俺に見せてきた。

「折角だからこっちの服も着た感じがどんなか海野さんに見てもらおうかな?と思って。その方が次の仕入れもしやすいでしょう?」
「ああ、確かにそうですね。ここ広いし二人でも余裕ですね。これだけ広いと寝れそうですよね」
「そうだね…。十分に…寝れそうだよね」

畑さんはするりと入って来るとカーテンを閉めようとしている

「ん?畑さん。わざわざカーテン閉めなくてもいいんじゃないんですか?もう閉店しているんですし」
「んーでもなんかね。まあ色々とね…。じゃあ着替えようか?」
「そうですね、時間はあるからどんな感じかじっくり見てくださいね?」
「そうだね、俺にじっくり見させてね?時間もたっぷりあるし夜はまだまだ長いしね…」

そう言いながら後ろ手にカーテンをしっかりと閉めている。
畑さんは目を細めてどこか妖しさの漂うような笑顔を俺に向けてきた。






<< 宿泊日26日目~5月25日~夏の霧 | ホーム | 夏の霧 >>


 BLOG TOP