プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

薄暑~はくしょ~

ついのべを加筆修正したものになります。
忍設定、甘くはない淡々とした感じの二人の話です。
薄暑とは初夏の頃、やや汗ばむほどの暑さをいうそうです。

良ければ追記よりお読みください


薄暑~はくしょ~

上着がいらなくなり、少し体を動かせばしっとり汗をかく季節で、太陽が真上を過ぎ少し傾き始めた暑い午後。
少しでも涼しい所を求めて、イルカは先ほどより弁当箱を片手に、うろうろとしている。
だがやはり、考える事は皆同じらしく、木陰のベンチは軒並み誰か座っている。
仕方なく少し遠くなるが余り人が来ない、アカデミーの裏手の大きな木の場所まで移動すると、意外な事にそこには先客がいた。
木にもたれかかり、首の後ろで手を組んで目を閉じている彼は、どう見ても木陰で寛いで寝ているようにしか見えない。
(ここにも先客がいたのか。珍しいな、この人がこんなところにいるなんて・・・。まあ疲れているんだろうし起こしたら申し訳ないから他の場所を探すとするか・・・)
そう思い寝ている彼を起こさぬようにと、そろりとその場を後にしようとする…と、後ろから声をかけられた。

「イルカ先生、一体どこに行くんですか~」

その声にくるりと振り向くと先ほどと同じ格好のまま眼だけ面倒臭そうに開けたその人の姿が見えた。

「カカシさん、起きてらっしゃったんですか?折角寝ている所を、邪魔しちゃいけないかと思って」

何となく照れくさいのを誤魔化すように鼻の上の傷を掻きながら答えると彼は大きく伸びをしながら答えた。

「あーさっきですね、簡単な任務が終わって、今は待機中なんです。けど待機所だと色々と煩くてね。ここなら穴場ですし、ゆっくり休めるかと思ってきたんですよ」

そう言えばこの人に周りには、いつも華やかなくノ一達が纏わりついていることを事を思い出す。
あんな状態じゃ、ゆっくり休むとは言い難いだろうなと思って苦笑する。

「カカシさんがゆっくり休みたいんでしたら、俺もお邪魔じゃないですか?俺は別の場所に行きますんで、ここでゆっくり休んでください」

そう言いながら立ち去ろうとするとちょいちょいと手招きされた。

「イルカ先生なら、俺は別にかまいませんよ。それにさっきから眠いのに何だか寝れなくて…」

そう言いながら眉根を寄せて目頭を押さえている。

「寝れないですか…。そうですね、手のひらで目を温めてみるのはどうですか?俺もやりますけど結構効きますよ」
「目を…手のひらで温めるんですか?!」
「そうです、こんな風に、手で軽く抑えるようにして…」

そう言いながら弁当を持っていない方の手のひらで、自分の目を軽く抑えて見せる。

「ふうん…。そうやるんですか?わかりました、やってみます」

カカシさんはそう言いながら額宛をずらして、そのまま俺がやっていたように手で目を抑えていたが、いきなりパッとその手を離すと俺に文句を言ってきた。

「…やっていても全然温まらないし、何かガサガサします」
「ああそうか、カカシさんは手袋をしてるんですよね?それじゃあ熱も伝わりにくいし、ひょっとしたら体温も低めなのかもしれないですね…」

まだぶつぶつ文句を言っている子供みたいなカカシさんを見て思わず笑い出しそうになる。
そのまま彼の隣に腰掛けて、手にしていた弁当の包みを脇に置くとスイッと片手を彼の顔の前にかざす。

「よいっしょ、カカシさん、ちょっと隣、失礼しますね?すみませんが、少し目を閉じてもらっても良いですか?多分俺の手の方が温かいと思うんで」
「はあ、じゃあお願いします」

俺の言葉の通りに、素直に目を閉じた彼のまぶたの上に自分の手をそっと置く。

「ああ、本当だ。何かじんわりと来ますね。へえっイルカ先生の手って温かいんですね」

カカシさんは、ほうっと一つ大きく息を吐きながら、気持ちよさそうにそう言った。
何となく彼の目の上に手を置いたのはいいけれど、一体いつまで置いておけばいいのか分からずにそろりと切り出す。

「カカシさん、もうそろそろ手をはずしますよ?」
「もう少し、そのままでお願いします。丁度眠くなってきたところなんで」

「…いや、そんな事言われても。俺だって弁当を食べたいんですよ。さっきからおなかすいちゃって」
「うーん、でも弁当なら、片手でも食べれるじゃないんですか?」

俺の手を目の上に置いたまま、カカシさんは軽く首をかしげて、悪びれもなくそう言った

「…あのですね?この体勢結構きついんですよ。それでこの格好で弁当食べろって言うんですか?」
「無理なんですか?」
「無理です!!」

横にいるカカシさんの目元に手を伸ばしているこの体勢で片手で弁当を食べろと言うのはかなり厳しい。

「ふうんそうですか?じゃあこれならどうですかね?」

俺の手を片手でつかんで目元から一旦離すと、カカシさんは伸ばしていた俺の脚の上に頭を乗せて、またさっきのように俺の手を目の上へと置いた。

「まあちょっと硬いですけど…。仕方ないですかね?」
「…はあ?勝手に人の足使って膝枕して、何文句を言っているんですか?」
「まあまあ、いいじゃないですか。これで弁当も食べれますよね?」
「…俺がカカシ先生の上に弁当を落としたらどうするんですか?」
「頑張って落とさないようにしてください」
「…俺はこの後、受付が入っているんですが?」
「じゃあそれまでお願いします」
「…カカシ先生って、結構我儘なんですね?」
「えっ?!イルカ先生、知らなかったんですか?」
「知りませんでしたよ!!」
「じゃあこれから知ってください」

にっこりと口元だけで笑って見せる彼に、思わずはあっと軽くため息がでる。

「仕方ないですね。受け付けの始まる前までですからね?」

下にいる彼に向かってそう言いながら、片手で弁当の結び目を何とかほどこうとする。

「まあこのお礼はちゃんとしますから。イルカ先生も安心してください」
「言っておきますけど、俺の膝は高いですよ?」
「わかりました、今度御馳走しますんで、楽しみにしてください」
「その言葉ちゃーんと聞きましたよ?わかりました、楽しみにしています」
「そうそう、折角気持ちよく寝ている途中で、手を離されたら嫌なんで…」

そう言いながらカカシさんは俺の手の上に自分の手を重ねてきた。

「何もそこまでしなくても…カカシさん?」

どうしてもほどけない弁当の包みから視線を動かし、苦笑しながら下を見るとカカシさんの肩から力が抜けていって、呼吸もゆっくり緩やかになっていっている。

(出来る事なら弁当の包みをほどきたかったんだけどな…)

そう思いながら片手で何とか開けようと格闘していた弁当の包みの結び目を、ほどくことを諦めて脇へと置く。

(まあ今日の弁当の分も、あとで高いものを御馳走になるとするかな…)

油断すると自分も寝てしまいそうな初夏の心地よい風に吹かれ、ぐっすりと寝入っているカカシさんを眺めながら、俺はぼんやりとそんなことを考えていた。

<< じゅようときょうきゅう | ホーム | 宿泊28日目 5月25日 昼休み >>


 BLOG TOP