プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏の夜

タイトルが決まらず更新が遅くなりました。
毎回タイトルに悩んでますがもうネタが尽きてきたです・・・。
現代パラレルの読み切りです。後でタイトルと本文は読み直して修正入るかもしれません。
ちょっと長めですが良ければ追記よりお読みください・・・。


初夏の夜

学校全体での飲み会の後ちょっと飲みすぎたかなと…思った俺は店の入り口が見えるけど、少し離れた場所で電柱に寄りかかって星を見ていた。
空を見ながらなんだか楽しくなってきて調子っぱずれの鼻歌を小さく歌っていた。

「イルカ先生ご機嫌ですね?」

するりと横から声をかけられ、電柱にもたれ掛ったまま誰かと思い振り向いた。
夜目にも目立つ銀髪のちょっと猫背のその人は、軽く首をかしげながら俺の事を見ていた。
もたれ掛っていた電柱から起き上がり、彼に向かって返事をする。

「ああ、畑先生。俺、今ご機嫌なんですかね?うーん、確かに…ちょっと飲みすぎたかな?」
「凄くニコニコしちゃって何処をどう見てもご機嫌ですよ。海野先生は2次会は行かないんですか?明日何か予定があるとか?」
「2次会は…行こうかと思ったんですがどうしようかなって?行くといつも酔っ払いの介抱とかしちゃうから…。どうもゆっくり飲めなくて、結構行くのが面倒なんですよね?…あれ?やっぱり俺、飲み過ぎかも…」
「本当に飲みすぎているみたいですね?」
「畑先生、お願いですから、俺がこんな事言っていたって、皆には内緒にしておいてくださいよ?」

口の前に人差し指を立ててシーッと言いながら小さな声で話しかける。

「海野先生、子供みたいですよ?やっぱり飲みすぎたでしょ?…皆には今の話、内緒にしておいて欲しいんですか?」
「ふふっそうですねえ~出来れば、内緒にしておいて欲しいですね?」
「そうだなあ?じゃあひとつ…お願いしちゃおうかな?」
「なんですか畑先生?口止め料ですか?俺安月給ですし、あんまり高いのは駄目ですよ」

一体何を言われるのだろうか?と思い首をかしげると、畑先生は俺の耳元に口を寄せてきた。

「俺達は年も近いんですし、これから『海野先生』じゃなくて『イルカさん』って呼んでも良いですか?」
「は?そんな事でいいんですか?!そんなんで良ければ、いくらでも呼んでください」
「そんな事じゃなくて、俺には大事な事ですよ。あ、俺の事も『畑先生』じゃなくて『カカシ』って呼んでくださいね?」
「良いですよ。わかりましたよ、カカシさん」
「『さん』はいらないのに~」

そんな事を言いながら軽く口をとがらせて、ぶつぶつと呟いている。
俺よりも年上な彼の子供っぽい仕草を見ていると、何だか可愛くて思わず笑ってしまう。

「カカシさん、子供みたいですよ?」
「そんな事無いですよ。ところでイルカさんは、これからどうするんですか?」

まだどこか拗ねたような仕草の彼に、そう聞かれた。

「俺はこれから帰って寝るだけですよ?カカシさんは、2次会参加しなくていいんですか?あれ?そう言えば…えっと…駅はどっちでしたっけ?」
「俺ももう帰ろうかと思ってるんですよ。イルカさん、駅はあっちですよ?かなり酔っているでしょ、ちゃんと帰れますか?」
「えー帰れますよ?それよりカカシさんがいないと、女の方達が残念がるんじゃないんですか?」

酔っ払って気が大きくなっているからか、畑さん…もといカカシさんの事を肘でつつき、冷やかしながら聞いてみる。

「そんな事無いですよ。それよりイルカさんがいない方が、残念がられるんじゃないんですか?」
「俺が残念がられるとしたら酔っ払いの世話係がいなくてですよ」

カカシさんも俺のまねをして肘でつついてきた。
そのままお互いに肘でつつきあっていたが、カカシさんは辺りを見回してハッとしたように目を見開いて呟いた。

「あれ、そう言えば…皆、もういないですね?」
「本当だ!カカシさんは、本当に2次会に行かなくて良かったんですか?」
「イルカさん駅の方向が一瞬わからなくなるくらい酔っているのに置いて行けませんよ」
「カカシさんったら男前!!俺が女なら、今ので惚れてますよ」
「女じゃなくても惚れていいのに?」
「カカシさん調子いいですね?カカシさんこそ飲んでます?」
「いーえ、おれ素面よ?明日休みだから車持って帰りたいし、一滴も飲んでません」
「へ?そうなんですか?!」
「そうなんですよ、そんな訳でイルカさん。送って行きますから。車はこっちに止めてあるんで」

そう言われると手を取られ引っ張られる。
何が起きているんだか良く分からないうちに近くの駐車場まで連れて行かれ、『はい、乗って乗って』と言われ訳の分からないうちに、助手席に押し込まれた。
俺を助手席に押し込んで運転席へ回って乗り込むとカカシさんは車のエンジンをかけ走り出した。

「カ、カ、カカシさん!!え?は?送るって?!」
「駅の方向もわからないような人を放ってはおけません。家まで送りますよ~。この先のコンビニによりますね。飲み物買いましょうか?」
「あの…送るって?!」
「いいから、いいから。俺が送りたいんですよ」

半ば強引に話を進めるカカシさんに、戸惑いつつも俺は、ついつい楽な方へと流されてしまう。

「ついでですし…イルカさん、どこか行きたいところとかないですか?」
「行きたいところって…深夜営業のスーパーとか?」
「何それ?色気がないですねえ?夜景が見たいとか何かないんですか?」
「色気って…夜景ですか?」
「そう、何かないですか?」
「夜景と言うか…どうせならコンビナートが…」

ちょっと悩んだが夜景と聞いて思いついたことを思わず口にしてしまう…

「コンビナートですか?良いですよ行きましょうか!」
「え、すいません。大丈夫ですよ?そこまでしていただかなくても…」
「聞こえません~。さ、じゃあこれから行きましょうか?」

軽率に思いついた言葉を口にしてしまって、慌てて手を振って断るがカカシさんは聞いていてはくれなかった。
途中でコンビニにより飲み物を買い、また車に乗り込んだが、車の振動が心地よくて…。知らないうちに…俺は寝てしまっていたらしかった…

「イルカさん、もうすぐ着きますよ?置きてください?」

何処からか聞こえてくる声にそう起こされ、そのまま目を開けたが一瞬自分がどこにいるのかわからず、きょときょとしてしまう。

「良く寝てたのに起こしてすいません。もうすぐ着きますよ?」

運転中のカカシさんはそう言うと前の方を指さしてきた。
見ると目の前には黒々とした海と、工場地帯が広がっていた。
海の手前に駐車スペースがあって車が並んでいる…のだがなんか変だ?!

「車同士が間を開けて等間隔で並んで…いるんですね…?」
「そうですね。俺たちはここでいいかな?車の中からコンビナートが見えますよ」
「え?下りないんですか?!」
「イルカさん、今車が等間隔で並んでるって言いましたよね?」
「はい、いいましたけど。あれが何か?」
「あれね、皆車の中でいちゃついているんですよ。暗黙の了解で等間隔に並んでいるんです。外に出たら、覗きと勘違いされるかもしれませんよ?」
「へ?そ、そ、そうなんですか?!カカシさんは…良く使うんですか?」
「いえ、俺も話には聞いてました来るのは初めてですよ?」
「本当ですか~」

そんな話を笑いながらした後じっと外をみる。
あちこちにコンビナートが見えたが俺が見たかったのは無かった・・・。

「やっぱりコンビナートって大体一色ですよね?」
「うーん、たまにイラストが描いてあるのも見たりするけどね?なに、イルカさんは、変わった色のコンビナートが見たいんですか?昔見た事あるとか?ひょっとして何か思い出があるとか??」

そう言われてちょっと恥ずかしくなって、見たかったコンビナートの事を言おうかどうしようか迷ってしまう。
言葉に詰まった俺の事を、少し不思議そうな顔で見た後、カカシさんはニヤリと笑うと言葉を続けた。

「ひょっとして、イルカさんが昔付き合っていた人との、思い出話とかコイバナになっちゃうとか?」
「いやいやいや!!そんなんじゃないんです。大した事じゃないから、言うまでもないですよ!!」
「ふうん…。でも顔が赤いですよ?」
「それは…」
「何だか気になるなあ~。そうだ!言わないとくすぐりますよ?」
「へ?」

何だと思って横を見るとカカシさんはにっこり笑いながらこちらに身を乗り出してきている。
冗談だろうと思っていると俺に覆い被さる様にして、脇をくすぐってきた!!

「ちょ…やめ…カカシさ…」
「教える気になりました?」
「くすぐ…ほんと止め…あーわかりました!!教えるから止めて下さい!!」
「もうギブですか?もうちょっと遊ばせてくださいよ?」
「何ですかそれ!!」

笑いながら俺を抑え込むように、くすぐっていたカカシさんは、体を起こし運転席のシートへともたれかかった。
俺はくすぐられたせいで乱れた息を整えると話し始めた。

「結構前の歌なんですけど、俺が好きな歌があるんです。そこに赤と白のコンビナートが出てくるんでいったいどんななのかな?って思っているんですよね…。」
「へえ、どんな歌なんですか?」
「別れた後の歌で、その人と過ごした時の事とか今の自分の心境みたいな感じですかね?」
「イルカさん、歌ってみてくださいよ?」
「え、嫌ですよ!!」
「…またくすぐりますよ?」
「…勘弁してください!!笑わないで下さいよ?」

身を乗り出してまたくすぐろうとするカカシさんの姿を見て自棄になって歌いだす。
歌い終わった後横を見るとカカシさんはぼんやりと窓の外を見ていた。

「カカシさん?どうしたんですか?」
「あ、ぼーっとしてすいません。なんかいろいろ考えちゃって…。許してもらえない恋・・・ですか」

カカシさんはこっちを見ながら話しかけてくる。

「イルカさんならどうしますか?許してもらえない恋をしたら?」
「許してもらえないって言う状況がイマイチわかりませんが…俺は浮気とか誰か付きあっている人に手を出すのは嫌なんで想像つかないですね?」
「色々ありますよ?たとえば俺とイルカさんが付き合ったとしたら世間から見たら許されないと思いませんか?」
「そうです…かね?うーん、お互いが好きあっていればとも思いますが…。」
「好きあっていれば…と思いますか?」

そう呟くとカカシさんはこっちを見て身を乗り出してきた。

「俺があなたが好きですと言ったら、あなたはどうしますか?受け入れますか?許されないと拒否しますか?」

そう言うとカカシさんは身を乗り出し、俺の頬にそっと手を添えてきた。
言っている意味が良く分からず、じっと彼の事を見つめているとそっと唇を重ねてきた。
どうしていいか分からず、固まったままの俺に、何回か軽く触れるだけのキスを繰り返した後、今度は一転して噛みつくような荒々しいキスをされた。
角度を変え舌が唇を割りそっと入り込んできた。
どうしていいか分からずに頭の中がぐるぐるとまわりだす。酔った頭でどうしていいのか考えながらくるくると考えるがまだ酩酊状態が続いているためか世界もくるくる回りだしていく。

気が付いたら目の前が真っ黒へ変わりそのまま俺の意識は深く沈み込んでいった・・・。

……イルカさん、イルカさん……

どこかから呼ぶ声がして何とか思い瞼をを開ける。
ぼんやりとしていると肩を軽く揺すられた。
ぼおっとした、まだよく働かない頭で横を向くとカカシさんがこっちを見ていた…。
とたんにパッと目が覚め、がばっと起き上がる!!…がまだ酔いがかなり残っているらしく、くらりと世界が回り座席にもたれかかる。

「何やってるんですか?急に起きちゃ駄目ですって!!」
「すいま・・・せん・・・ここは?」
「イルカ先生の家ですよ。良く寝てるから起こすの可哀想でしたけど…。本当によく寝てましたね」

そう笑いながらカカシさんは言ってきた。
あれ…俺寝てた?…さっきのは夢?
まだぼんやりとした頭を軽く抑えながらカカシさんにお礼を言う。

「あ…すいません。ありがとうございます」
「いいんですよ、寝る前に家の場所聞いておいてよかったです。気持ちよさそうに寝てましたよ」

彼の態度は普段と全く変わらず…
ひょっとして…さっきのあった事は、酔っ払って寝てしまった俺が見た、夢…だったのか?!
うわあ…恥ずかしいなあ…そうだよな、カカシさんみたいにもてる人が、俺にあんなことしてくるはずないよな…。

…でも…いったいどこまでが現実で、どこからが夢なんだ?!
運転席との間に並んだ缶コーヒーがあるから、車に乗せてもらった後にコンビニに行ったのは…そこは確かだけどその後は?
コンビナートを見に行ったのは本当だったのか?!
そこで話したことは本当にあった事だったのか?
酔いが残る頭では、うまく考えることが出来ずぐるぐるしてきた…。
取り敢えず、考えることを止めて、いつの間にか膝にかけられていたカカシさんの上着を軽くたたんで返し、丁寧に送ってくれた礼を言う。

「カカシさんありがとうございました。わざわざ送ってもらっちゃって…。申し訳ないです」
「良いんですよ。イルカ先生今度から飲み過ぎに注意してくださいね?」

柔らかく笑いながらそう言われ、思わず赤くなる。
(やっぱりあれは…酔っ払った俺が見た夢だったんだ)そう思いながら車を降り、もう一度お礼を言おうと運転席側にまわる。
冷たい夜風が、まだどこか火照っている体に気持ちよく、目を細める。
そんな俺を見て、運転席の窓から笑いかける彼にもう一度お礼を言う。

「かかしさん、わざわざありがとうございました。本当に助かりました」
「別に俺が送りたかったからいいんですよ?それよりイルカさん、ちょっとちょっと」
「ん、なんですか?」

くいくいっと指で呼ばれ運転席の窓まで近づく。
さらに指で招かれて、彼の近くに顔を寄せる。
カカシさんは腕を伸ばすと俺の後頭部を軽く抑え引き寄せて頬に軽くキスしてきた。
何が起こっているのか理解できず呆然としている俺に向かって

「今度キスするときはちゃんと最後まで起きていてね?」

そう言うと、もう一度、今度は唇に触れるか触れないか位のキスを落とされた。
固まってしまった俺に向かって、ふんわりとほほ笑むと後頭部の手をゆっくりほどいた。

「じゃあお休み。後でメールするから」

そう言うと、何が起こったのかいまだ理解できていない俺を残して彼は颯爽と去って行った。
そんな彼の車を、冷たい夜風に吹かれたまま呆然と見送る。
夜風にさらされ全身の酔いがさめるほどに冷えていくのに、彼がそっと触れた頬と唇はいつまでも熱を持ったままだった。

<< さしもしらじな もゆるおもいを | ホーム | ほうしのこころ >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。