プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さしもしらじな もゆるおもいを

普段は二つ名に恥じないように頑張ってるけど実はへたれなカカシ先生とイルカ先生の話です。
イルカ先生がどんな性格なのかはイルカ先生視点になるまでお待ちください。
次回はカカシ先生視点?イルカ先生視点…かな?
何となく連載っぽくなるかもしれないし、何回かキリの良いところで終わるかもしれません。
最初元ネタを考えた時に『面白そうだけどどうかなあと』と思った時に「それでいいと思います!それで行きましょう!」と言っていただきこっそり?書いてみました
途中でカカシ先生が一人えちーなことしてます。なので18禁話になります。18歳未満の方、エロが苦手な方は閲覧ご遠慮ください…エロとか言ってエロくなかったらそっと謝りますwwww
タイトルは後で変更があるかもしれません。

よければ追記よりお読みください…。



「これ、カカシ先生の落し物ですよね?受付の下に落ちてましたよ。さっき落とした時に気づかなかったみたいで…。大事なものですし、丁度帰るついでにと思い寄らせていただきました」
そう言って、少しはにかみながら俺の落とし物を差し出してくるのは、さっきまで俺が脳内に思い受かべていたその人で…。
思い浮かべて本人には到底言えないような事を色々とさせていた人で…。

「…カカシ先生、どうしたんですか?」

不思議そうに小首を傾げて聞いてくるその人は、実はさっき考えていた俺の妄想の続きなんじゃないかと思えてきた。
俺は大きく一つ息を吸うと唾を飲み込み、幻覚かどうか見極めるかのように目の前の彼をじっと見つめた…。


さしもしらじな もゆるおもいを


「お疲れ様です。今回も御無事の帰還で何よりです。お怪我も無い様で良かったです」

大事そうに俺から報告書を受け取った彼は、俺にそう告げてくる。

「無事の帰還って…そんな大した任務じゃないですし (あなたの笑顔が見たくて無事に帰還したんです) 」
「そんな事言って、予定より何日早く帰還されているんですか?カカシ先生じゃなくちゃ、こんな短期間で任務完了するなんて出来ないですよ?『写輪眼のカカシ』ですよね。あいつらも昔良く先生の事褒めてましたよ」
「そんな事は… (あなたに早く会いたくて。それにあなたの事もあいつらは良く褒めてましたよ) 」

にこにこ笑いながらそう言ってくれる彼に心の中で考えていることも伝えれればいいのに…。
そう思って伝えようとしても、緊張で喉が貼りついたようになり、上手く口に出すことが出来ずに、話しかけてきてくれる彼に、乾いた笑を浮かべながら後頭部を掻いて何となく誤魔化す。
そう俺と話しながらも、目の前にいる彼は俺が渡した任務の報告書に入念にチェックを入れている。
俺からは伏せ気味の顔の意外に長い睫と鼻の上をスッと横切る鼻傷が良く見える。
そんな事を考えながら彼の事をじっと見ていると、ふっと上目づかいに俺を見た。

「カカシ先生、ここ捺印が抜けてますよ?ハンコお持ちですか?」
「あーすいません。ちょっと待っててください」

そう言いながら腰のポーチの中から慌ててハンコを取出し彼が指示してくれたところに捺印する。

「お疲れ様でした、こちら受領いたします。カカシ先生は明日と明後日二日間お休みになります。ゆっくり休んでくださいね?」

(二日間休みなんで、イルカ先生今日お暇なら一杯付き合ってくれませんか?)
(何日か留守にしていたから里の新しい情報があれば聞きたいし)
(俺がいない間に何かあったりしましたか?)

心の中で彼に対するそんな誘い文句を考えてみるが、俺の口から出たのは
「はあ、ありがとうございます」
そんなありふれた言葉だけだった…。

(考えた事をそのまま口に出して、誘えていれば…。彼を意識する前みたく一緒に飲みに行ったりして、今頃もっと親密な関係になれているよな…)
口布の下で自嘲気味に笑いながらハンコをしまおうと腰のポーチの口を開く、とその時

「ちょと失礼?カカシ先生ゴミついてますよ?」

そうそっと囁くと彼は少し腰を上げ、俺の頭にスッと手を伸ばしてきた。
彼の予想外の行動に俺は慌ててしまい、ハンコをしまおうとしていたポーチの中身を軽くぶちまけてしまう。

「うわっ、す、すいません!!」
「ありゃ、カカシ先生派手にやりましたね?拾うのの手伝いますね…」

笑いながら受付の机から立ち上がり俺のいる方にまわってくる。
受付の机越しではない彼と、ここまで接近するのは本当に何時振りかの事で…。
俺は慌ててまわりに散らばった細々としたものを拾い集め、腰のポーチの中へと放り込んでいく。

「はい、こっちにまで転がってきていましたよ?…カカシ先生、この傷用の軟膏ずいぶん減ってますが、どこか怪我でもされたんですか?」
微かに眉根を寄せてそう聞かれる。
「あーいえ、大したことないですし。かすり傷でしたし、もう殆ど塞がってますから大丈夫です」

イルカ先生が俺の事を心配してくれていると思うと、気にかけてくれると思うと、心の奥がジンとする。
平静さを装いながら『すいません、ありがとうございます』と言いながら彼の方へ手のひらを差し出す。
差し出した手のひらに彼の指が触れ慌ててひっこめようとし、傷薬が落ちそうになってしまう。
俺の指の端から落ちそうになったそれを掬い上げるようにキャッチした彼は『カカシさんって見かけによらずおっちょこちょいですね?』と言いながらもう一度俺に手を伸ばしてくる。

彼の何気ない言葉に胸の奥がちくりとする…。

今度は落とさないようにと思ったのか、俺の手と自分の手をしっかり重ねるようにして傷薬を俺の手のひらに乗せてくれた。
思ったよりも温かい彼の手のひらが俺の手のひらと重なる。
どくどくと早鐘のようになる心臓に気づかれぬよう平静を装って、短く一言彼にお礼を言う。

「…どうも」
「はい、傷が治ったと思っても油断しないで、最後まで気を付けてくださいね?」

そうして彼は又受付の机の前に座り、俺に向かって軽く一礼すると書類の整理を始める。
俺も彼に軽く一礼すると受付を出てる。伝えられない言葉ばかりがたまって、どこか重苦しいような胸の辺りを軽くさすりながら家へと戻ることにした。

帰りながら軽く買い物を済ませ、念の為に張っていった結界を解き、カチャリと鍵を開け部屋の中へ入る。
少しの間留守にしていただけだが気温が高くなってきたせいか、部屋の中にはむわっとしたどこか埃っぽい澱んだ感じの空気が漂っている。
履き物を脱ぎ、肩に引っ掛けていたバックパックをおろし、ともかくこの空気を何とかしたい…と窓を開けに向いながら、買い物をした荷物と腰のポーチと手甲をはずし、テーブルの上に置く。
窓大きく開け、爽やかな風が吹き込むと、やっと人心地着いた気分になる。

昔…こんな晴れた風が爽やかな日に、彼と酒を買って川の堤防に腰掛け、二人で飲んだな…と思いだす。
あの頃はどこか一緒にいて心地良いとは思っていたけど、自分の中の気持ちに気づいてはいなかった。
少しずつ積もっていった彼への感情が『好意』だと自覚した途端『写輪眼のカカシ』ではなく、『はたけカカシ』を見せて嫌われることが怖くなった。
そう思ったとたん気軽に彼を誘えなくなった…自分でも呆れてしまうが、どれだけガキなんだろう。
世間一般に広がっている自分の噂を自分自身も知らない訳ではないし、彼もきっと色々と耳にしているだろう。
良い噂も悪い噂もいつの間にか尾ひれがつき、今では『写輪眼のカカシ』と言う勝手な人物像が、俺の事を取り残して独り歩きしてしまっている。
根も葉もない噂ばかりだと声を大にして言いたいが、逆に火のないところに煙は立たないと思われるかもしれない。
イルカ先生の中の『写輪眼のカカシ』は一体どんな人物像なんだろう?聞いてみたいが…実際の俺とかけ離れていたら?
俺はその時彼に嫌われぬようにその人物像のように振舞わなくちゃいけないんだろうか?そう思うと怖くて聞けない。

軽くため息を吐きながら窓枠にかけている自分の右手を見る。
さっき彼の触れた手・・・。思ったよりも熱かった彼の手のひら…自分の手のひらにあの時の熱が、また戻ってきたような気分になる。
彼は親切に、ただ落としたものを拾ってくれて…手のひらが触れ合っただけなのに…その触れた手のひらからジンとした痺れの様なものが広がっていって、腰のあたりに纏わりつく、腰のあたりにジンとした熱が集まっていくのが分かる。
思わず大きく息を吐く。

(そう言えば、ここしばらくして忙しくて、一人でシテいなかったよな…。後始末が面倒だし、埃で汚れているからシャワー浴びながらでもいいか…)

思い出してみれば落し物を拾ってくれた時の『カカシ先生』と俺を呼ぶ少し掠れたような声は、まるで閨でささやく声の様で…。
本人にしてみれば何てことのない彼の声を、自分の良いように妄想する自分も嫌になるがそう考えた事によってじんわりとしていた腰の熱は明確な形を持って自分の中の欲望を主張している。

我慢できずに壁にもたれ掛り、ズボンを寛げ下着を引きずりおろしながら、ずり下りるように腰を下ろす。
下着に染みを作らんばかりの先走りに溢れたそれを左手で握り締め、絶え間なくこぼれてくるヌルついた液を全体に塗りこめるように手を動かす。

そのまま目を閉じ、荒く息を吐きながら握っていた左手を離す。
今度は彼が触れた、まだどこか彼の熱が残っているかのように感じる右手で握り締めるとそのままその熱を移すかのように、ゆっくりと上下に扱く。
閉じた瞼の裏で幻のイルカ先生はあくまでも俺に従順で、それでいて淫らで…

『カカシ先生…がしたいなら・…。俺は良いですよ…』『カカシ先生…こんな恰好…俺…恥ずかしいです』『止めちゃ…いやです…も…もっと…してください』

さっき受付で見た彼の目を伏せている姿に、上目遣いの姿に、勝手に俺が言って欲しい言葉を当てはめてみる。
眉根を寄せた顔ですら快楽を耐えている顔のように思えてしまう。
そんな想像だけで扱いている竿が更にグッと大きくなったのが分かる。
自分の吐く息がどんどん荒く熱くなっていくのと同時に、動かす手が速くなっていくのを止められない。
先走りは先端の小穴からとめどなく零れ、今や扱くたびにぐちゅぐちゅと音がするほどに溢れている。
多分下着も、支給服のズボンも自分が零した先走りででぐちゃぐちゃに汚れてしまっているだろう。
目を閉じているせいで聴覚が鋭くなっているのか自分がたてている音で更に興奮し手の動きもますます早くなる。

「…っ…くっ…」

もたれかかっている壁のすぐ横の窓は開いている。
声を抑えようとすればするほど快感が増す、腰がジンジンと痺れたようになってくる。
このままイクのがもったいない!とさえ思ってしまうが、過ぎるほどの快感で段々と酔った時のように頭の中がぼんやりとしてくる。
はあはあと自分の吐く荒い熱い息が煩いくらいだ。
かぶりを振って左手でヌルつく先端を包むようにしながら指で刺激する。
親指の先で刺激すると腰の辺りからゾクゾクとした何かが背筋を駆け上ってきた!!
そのまま擦りあげるように先端のを刺激し、小穴の辺りをグリグリと押しつぶすようにするともう我慢が出来なかった

「…くっ!!イル…カッ…センッ…っ!!」

声を出すのを我慢していたが余りにも我慢しきれず耐え切れずイク瞬間に彼の名を呼んでしまう。
飛び散らないようにととっさに先端を抑えるが、予想以上の白濁はまだゆるく扱いている右手を伝い、きっとその下の下着やズボンをも汚している。
大きく肩で息をしながら自分が吐き出した白濁で汚れた両手を眺める。
むわりとした独特の青臭さと埃っぽい匂いが混じって部屋の中に広がっている。
でもその匂いはさっき俺が開け放った窓から入る風のお蔭ですぐに消えるであろう。
久々に放った性は濃い粘度で、まるで絡み付くようにねちゃりとしていて、両手をドロリと汚してしまっている。
軽く拭った位では拭きとれないような量に、自分でも少し驚きながら、ぼーっとしてどこか酩酊状態だった頭の中も段々と冷えてきた。

「…シャワー…浴びなくちゃな…」

ポツリと呟く。少し我慢して風呂場ですれば、後始末に手間もかからなかった筈なのに…。
彼の事を考え僅かに触れた手のひらの熱を、掠れた声を思い出すだけで…。
風呂場までの僅かな移動すら我慢できないくらいに自分でもおかしいと思う位に興奮した。
目を閉じて、彼の姿を思い浮かべて、久しぶりにした自慰は今までにあり得ないほどに気持ちが良かった。
思い出すとまた腰のあたりに熱が集まりそうで、気を逸らそうとと大きく息を吐く。

脳裏の彼でなく、直に彼に触れてみたい。

いくらそう思っても彼の事を意識しすぎ、彼の中の『写輪眼のカカシ』と言うイメージを壊したくなく、軽く世間話程度の声をかける事ですら今は躊躇ってしまう。
彼の中の『写輪眼のカカシ』と実際の『はたけカカシ』が余りにもかけ離れてしまっていたら、彼が俺に対して幻滅したらと思うと、昔のように食事に誘う事すら出来ない。
俺がもう少し器用な性格で、自分の気持ちを隠しつつ彼の思い描く『写輪眼のカカシ』を演じることができていれば…その上で、昔のように自分から彼を誘う事が出来ていれば…。
こんな所で彼を思い、1人で性を放つような真似をせず、今頃二人で仲良く酒を酌み交わしていたかもしれない。

何が『里の誉れ』だ、何が『写輪眼のカカシ』だ、実際の俺は『ひょっとしたら』『こうだったら』と現実逃避めいた考え1人で悶々としているつまらない奴なんだよ…。
自嘲めいた笑みを口元に浮かべ、のたりと立ち上がると風呂場へと向かった。

自分の放った精液で汚れた両手も、任務明けで埃っぽい体もさっぱりと洗い流し、腰にタオルを巻いたままの格好で風呂場から出ると、部屋の澱んだ空気はかなり澄んだものとなっていた。
まだ若干独特の青臭さが残っているような気もするが、きっとじきに消えるだろう。
頭にかぶせたタオルで髪をわしわしと乱暴に拭きながら、何か飲み物は無かっただろうかと冷蔵庫へと向かおうとすると、玄関に何やら人の気配がして続けてチャイムが鳴った。
ここを訪れる人はまずいないし、いったい誰なんだ?と、いぶかしげに眉をひそめると気配を探ろうとすると同時にもう一度軽やかに鳴り響いた…。

<< 飴とガム | ホーム | 初夏の夜 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。