プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

宿泊29日目 5月25日 夜 酒宴その1

イル誕の筈な『リゾートホテル木の葉へようこそ』本編です。
最初ちょっと暗い感じになります。

雑記でお知らせしますが夏コミに受かりました。今回はリゾートを本にして出す予定です。
あまり分厚くならないようにしたいのもあり今のところは『僕らは木の葉探検隊』の番外編くらいまでの予定で、本編+番外編100P以内の予定です(かなり加筆修正入るかと思いますす)
書下ろしは多分イルカが来る前のアスマ視点のカカシの話と需要があるか分かりませんが、皆が乗っている車の種類の予定で、寮の部屋割りはまた今度になるかなと思います。寮での皆の格好とかは余り需要も無い気がしますしwwww

良ければ追記よりお読みください・・・






何処からかドンドンという大きな音が聞こえる。
きっと何かを伝えに来た誰かがそこにいる。
嫌だ!嫌だ!聞きたくない!!ドアを開けてしまったら知りたくない事を、聞きたくない事を受け入れなくてはいけない。
頼むから俺のところに来ないでくれ!!

宿泊29日目 5月25日 夜 酒宴その1

カッと目を開けると最近見慣れた天井が目に飛び込んできた。
心臓が全力疾走した後のようにバクバクといっている。こめかみの辺りを汗がツツッと流れ落ちていく。
大きく息を一つ息を吸うと首を動かして、今自分がどこにいるのか確認する。

「…そうだよ…夢だよ。俺はもう大人なんだ・・・」
大きく息を吐きゆっくりと上半身を起こす。手の甲でおでこをぬぐうと汗でぐっしょりと濡れていた。

「イルカ~おーい、まだ寝てるのか?」

ドンドンと言う音とイズモの声が聞こえた。さっきの夢の原因はイズモが俺の部屋のドアを叩いていた音だったらしい。

「悪い、爆睡していた。もうそんな時間か?」

そうドアの向こうに話しかけながら、のろのろとベッドから起きあがりドアを開ける。
カチャリとドアを開けるとイズモが普段出勤するよりもラフな格好で立っていた。

「なんだよドア何て叩くから、俺がうっかり鍵でもかけたのかと思ったじゃないか?」
「いやだって、寝てたら悪いだろう?」
「…お前らさ、俺がここに来て初めての日に人が寝ている枕もとで宴会していたよな?」
「ああ、あれは人数居たしな。俺一人でイルカの枕元に佇んでいたらどうする?」
「…怖いな」
「だろう?それよりお前顔色悪いぞ?大丈夫か?」
「…そうか?腹減っているのもあるのかもしれないな。すまん、寝坊したか?今何時だ」
「まだ宴会の時間までは、それなりにあるぞ。行く時に俺と一緒に行くかと思ってさ。前もって声かけに来たんだ」

ひょいッと肩をすくめながらイズモが言う。

「コテツ達は?」
「コテツもヤマトも先に行ってるよ。料理の仕上げがあるんだと。今寮にいるのは…隊長と・・・ガイさんかな。ガイさんはさっき『みんなが美味しい料理作ってくれるんだから腹を空かさなくてはな!!」って走りに行ったぜ」
「…ガイさんは本当に元気だよな」
「まあ、今に始まった事じゃないけどな。あとはライドウさんとハヤテとゲンマさん位かな?」
「ハヤテ達は朝『酒の支度が…」って言ってなかったか?」
「そっか、じゃあライドウさんも先に行ってるかもな。イルカは俺と一緒に行くか?」
「そうだな、時間はどうする…」

待ち合わせの時間を決めるとイズモは自分の部屋に帰り、俺はベッドの上に腰掛けそのまま仰向きに転がる。
そのままぼんやりと天井も見つめているが、着ている服が汗で妙に湿っていることに気づいた。
夢見が悪くて、寝汗を書いたのか?最近見てなかった夢だったのに…明日の事があるからだろうか?

「…シャワー浴びてから行くか」

誰かに言う訳でもないがポツリと呟くと、何かを振りほどくかのように勢い良く起き上がりシャワーを浴びに向かった。

「お待たせ~、あ、隊長もいたんですか?」

玄関でイズモと待ち合わせをしていたがそこにはアオバさんの姿もあった。

「イルカ君お疲れ、あとガイも来るからちょっと待ってて?」
「そう言えばライドウさんは?」
「ライドウなら先に行ったよ。さっき酒の配達が来たらしいんだけど、あまりの多さにアスマがブチぎれて。『注文したのはライドウなんだから何とかしろ!!』ってライドウに電話かけてきたんだ」
「…何で隊長がそれを知っているんですか?」
「ん?ライドウに『すまん、アオバも手伝ってくれ』って言われたから『明日の仕事を、大変な部分ばかりやってくれるならいいよ?』って言ったら溜息つきながら『行って来るわ…』って出ていったから知ってるよ」

恐る恐ると言った感じで俺が聞いてみると、アオバさんに物凄い良い笑顔でそう答えられた。
ライドウさん…明日も色々と大変かと思いますが頑張ってください。

「すまない待たせたな!!」

そう言いながらガイさんが階段を下りてきて靴を履く。
皆で連れ立って寮を出て歩き出すと、辺り一面朝の霧がウソのような、夕方を過ぎて夜の始まりの爽やかな澄んだ空気が漂っている
いつもなら仕事をしている時間に、普段なら一緒に出勤しないような人と、のんびり連れ立って仕事以外の用事で職場に向かっている。
なんだかちょっと不思議な気分になりながら、みんなでゆったり話をしながら歩いて行く。

「そう言えばガイさんは、走ってきたんですか?イズモに聞きましたよ」
「ガイは昔から走るのが好きだよねえ~。本当に体力あるよ」
「なんだ?今度アオバもイズモも一緒に走るか?」
「んー、僕はいいや。今度ライドウでも誘ってみたら?」
「俺も大丈夫です。そうそう、コテツでもいいんじゃないんです?あいつ体力有り余ってますし」
「そうなのかイズモ?コテツにライドウか・・・。よし!!二人とも今度誘ってみるか!!」
「あの…ガイさん・・・あの二人も忙しいですし。隊長にイズモも、何勧めてるんですか?!」
「まあまあ。ところでさガイに聞きたいことがあるんだけど?」
「何だアオバ?なんでも遠慮なく聞いてくれ」
「この辺にキャンプできる場所ってあったっけ?今度行きたいと思ってるんだけど」
「キャンプか?この辺だとな・・・。」

ガイさんは身振り手振りを交えアオバさんに説明をしている。
俺とイズモは少し前を歩きながら、段々と藍色を増して夕方から夜へと変わりつつある空を見ながらゆったりと歩いて行った。

「お疲れ様でーす」

今では言いなれた挨拶を口にしながら中に入って行く。
アスマさん達がキッチン内で細々と動き回り、いつもとは違ったいい香りがキッチンに漂っている。
更にいつもと違ったのは、いつもならパントリーにいるはずのイビキさんもキッチン内で作業をしている事だ。
何かを切っていたコテツが顔を上げる。

「お、みんな来たんだ。アスマさん、イルカ達が来ましたし、料理運んでもらいますか?」
「おー、お前ら来たか。悪ぃがコテツの言う通り、料理運んでもらっていいか?ホールにはライドウやゲンマ達がいるから、どこに置くか聞いてくれ」

そう話しながらもアスマさんは、フライパンの中に傍らに置いてあった瓶から何かを振りかける。
次の瞬間、天井までつくかと思うほどの勢いで炎が上がった。

「イルカ、悪いがこれを頼めるか?」

そう言われ横を向くとイビキさんが丸い何かを切り分け、皿に盛りつけている。

「イビキさんこれは何ですか?」
「これは3つともキッシュだよ。これがキッシュロレーヌ、これがほうれん草で、これがロックフォールのキッシュだ」
「あれ?・・・いつもお客様に出しているのとは、大きさが違いますね?」
「そうだな、いつもより小さな型で焼いているからな。いろいろ食べれた方が良いだろう?」

イビキさんは三種類のキッシュの皿をそう言いながら渡してきた。

「イルカ。俺が一つ持つから置いておけよ」
「すまん、じゃあこの一枚お願いできるか?イズモが持っているそれも美味そうだな・・・。」

イズモはコテツに渡された皿を片手に、もう片手を俺に向かって伸ばしてきた。
一枚をイズモに頼みながらもう片手の皿を覗き込むと、コテツがイズモの手の皿に乗っている一つ一つを指さしながら説明してきた。

「これは田舎風のパテ、これは鶏のリエッタでこれがテリーヌだよ。再来月の前菜の試食も兼ねてるんだって」
「へえ・・・。美味そうだな、コテツが作ったのか?」
「まさか、作ったのはカカッさんだよ。昨日作って、今日食べて味の感想聞かせろって言っていたよ」

その言葉を聞いて思わずドキリとする。
彼がここにいないのは知っているはずなのに、思わず顔を上げてあの特徴のある髪が目に飛び込んでくるんではないかと視線をさまよわせてしまう。
彼の事を聞くとどこが胸の奥底でざわざわするような、警報のような何かが発せられているような気がする。

「イルカ?どうしたんだよ、運ぼうぜ」

イズモの問いかけに皿を持ったままぼんやりとしていたことに気づいた。

「悪い、イズモ。ちょっとぼーっとしていた。行こうか?」

皿を両手に持ち、ホールへと向かう。
テーブルなど運び出されて、余計なものが一切ないホールは、ガランとしてどこか寒々しくいつもと違う空間の様だ。
そんな俺の目に飛び込んできたのは、ホールの真ん中に山と積まれた色々な種類の酒の山と、小さなカウンターのようなものとその隣にあるワゴンだった。

「・・・なんだあれ。酒・・・だよ・・・な?」
「見ての通り酒だよ。あれじゃあ足りないだろうから、キッチンの冷蔵庫にもまだまだ入っているだろうな?」
「あれで足りないのか?!どんだけ飲むんだよ!!」
「今日は綱手様の奢りだからな。女性陣も遠慮が無いんだろうな」

後ろから皿を持ってきていたイズモに、独り言を聞かれていたらしく、事もなげに答えられた。
(あれで足りないって・・・)酒の山を見たままぼんやりとしていると、ホールの入り口の方からライドウさんに声をかけられた。

「お前ら来たのか?ああ、料理運んできたのか・・・。そうだな、取り敢えずはその酒の辺りに置いておくか?」
「お、イルカもイズモも来たのか。ハヤテ、料理運びだしたから皿の用意してくれるか?」
「はい、ゲンマさん分かりました。イズモさん、イルカさん、お疲れ様です」
「はい、どんどん料理が来るぞ~イズモ、ぼーっと突っ立ってないでこれ何処に置けばいいんだよ?」
「煩いコテツ!!今聞いていたところなんだよ」

イズモとコテツのやり取りを、笑いながら見ていたライドウさん達も動き出す。

どこかガランとしていたホールはいつの間にか料理の温かな湯気と賑やかな人の声に包まれていった。

<< 宿泊30日目 5月25日 酒宴その2 | ホーム | 梅雨の星 >>


 BLOG TOP