プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿泊32日目 5月25日 酒宴最終回

現代パラレルリゾートホテル木の葉へようこそ『宿泊32日目 5月25日 酒宴 最終回』です。
カカシさんが戻ってきて今回で宴会はおしまいになりますが話はまだもう少し続きます。
一回違う話と、カカシ視点の話が入ってまた本編に戻る・・・予定です。
すいません違う話も書きたいんです。

良ければ追記よりお読みください・・・。

宿泊32日目 5月25日 酒宴 最終回 

「何だいカカシ、もう帰ってきたのかい?もっとゆっくりしてくればよかったのに」
「お陰様で無事に戻りました。綱手様が母親でしたら、将来ギャンブルで苦労させられそうですよね?」
「お前ならひねくれて育ちそうだが、イルカなら素直で良い子に育ちそうだよな」
「素直なんじゃなくて、苦労させられすぎて諦めが入っているんじゃないんですか?」

俺の肩を掴んだまま畑さんは綱手様と話をしているが、お互いに売り言葉に買い言葉で段々と綱手様の表情が険しくなってきたのが分かる。
ついに綱手様は、がばっと立ち上がると畑さんを指さして半分キレ気味に叫んだ。

「いいか、お前ら!!ここにある酒は一滴たりともカカシに飲ますな!!カカシに飲ませた奴は来月の給料半分にしてやるからな!!」
「はあっ!綱手様、一体何を言っているんですか?!人がいない隙に宴会の開始時間早めただけじゃ足りないんですか?!」
「煩い、私が決めたからいいんだよ!!・・・・そうだな。まあ可哀想だし、料理は食べ手も良いし、お茶やコーヒーなら飲んでも良いぞ?」
「飲んでも良いぞって言いますけどね?もう殆ど残ってないですよね?全く何恩着せがましく言っているんですか?!」

綱手様と話していて興奮しているのか、時折俺の肩をつかむ手にグッと力が入る。
そのたびに思わずビクリとしそうになるが、何とか平静を装う。
そんな時アスマさんの声が割って入ってきた。

「おい、カカシ。いつまでもグダグダやってんじゃねえよ。腹減ってるんだろう?お前の分は別にとってあるからキッチンに取りに行って来いよ」
「分かったよ、アスマ。腹減ってるから助かるよ。綱手様も若くないんですから、飲み過ぎに注意してくださいよ?」
「カカシ!一々お前は失礼なんだよ!少しは目上の者に対する口のきき方を覚えな!!」
「はいはい、分かりました」
「そういやカカシよ、お前服着替えて来たのか?」
「あの格好で飲みたくないから一旦寮に寄ったんだよ」

綱手さまの言葉を軽く受け流しながら、畑さんはようやく俺の肩から手を離し、立ち上がったアスマさんと一緒にキッチンに向かって歩いて行った。



「グラスは、もうないですか?」
「ここにまだ皿があるわよ。誰かキッチン持って行ってよ?」
「ゴミ袋まだあるか?一枚じゃ足りねえよ」
「綱手様!!ここで寝ないでください!!」
「誰か一回ゴミ捨て行ってきてよ?」

あちこちで片づけをするカチャカチャとした音がする。
『そろそろ酒が無くなったし終わりにするぞ!!』綱手様の言葉でなあなあとした感じで宴会は終わり、皆で後片付けをしている。
酔いが回ってどこかぼんやりとした男性陣とは裏腹に、女性陣は『お酒何て飲んでいませんよ?』と言った感じにてきぱきと動き、普段と変わりなさが怖いくらいだ。
あれだけ飲んでいて何時もと全く変わらないとか…ここの人たちは一体どうなっているんだろうか??
そんな事を考えながら俺もゴミを纏めてみたり、皿を下げたりしていた。

「イルカ君、そのゴミ纏めたら貰えるかな?ライドウと一回捨ててくるよ」
「あ、隊長すみません。お願いします」
「ライドウそこのゴミ持って。今から捨てに行くよ?」
「はいはい、全くアオバは人使い荒いよな・・・」

そうブチブチ言いながらライドウさんはゴミ袋を持ちアオバさんの後に続いて行く。
ゲンマさん達はリキュールの乗ったワゴンを運ぼうとしている。

「ゲンマ、ハヤテ、それ運ぶの?」
「はい、畑チーフ。明日清掃が入りますので、今から一旦サロンのストックルームにに戻してきます」
「ハヤテ、悪いんだけどさ。俺とゲンマで言ってきても良いかな?」
「…わかりました。じゃあ畑チーフにお願いしますね?」
「行こうかゲンマ?」

そう言いながら二人はワゴンを押しながらゆっくりと歩いて行った…。

「イルカさん、一緒にグラスを拭きませんか?」

ハヤテに軽く肩を叩かれ、そう言われどこかぼんやりとしていた俺は思わずビクリとした。

「酔っちゃいましたか?でも、もうすぐ終わりですから」
「あ、ごめんハヤテ…ちょっとぼーっとしてた。そうだなもうすぐ終わりだな」
「そうですね、でもねイルカさん。夜はまだまだ長いんですよ?」
「・・・え?まあまだ、日付が変わるまでには時間があるけど・・・」
「今日はきっと星も綺麗ですよ?さ、行きましょうか?」

ハヤテにしてはちょっと噛み合わない会話に首をかしげながらキッチンへと向かう。
軽く山積みになった食器やグラスを見ながら腕まくりをし、どうやれば一番効率よく済ませれるのか頭の中で考えてみた。

片づけも終わり、女性陣はあれだけ飲んだと思えない(綱手様を除く)ケロりとした態度で、宿泊場所へと向かって行った。
俺たちは残っていたゴミをどうするかという話になったが一番新人の俺が行くと言う事で話がついた。

「しかしゲンマとカカシは何をしてるんだろう?」
「本当だよな。とりあえず先に出ちまおうか?」

そんな話をしながらいったん外に出る。

「しかし遅いな・・・。先に帰っちまうか?ハヤテはどうする」
「多分もう来ると思うんでここで待ちます。皆さん先に帰っていてください」
「そうか?じゃあ風邪ひくなよ?」

そう言いながら皆は寮に向かう道路の方に歩みを進め、俺はゴミを片手にそれを見送る。

「イルカ悪いな、頼んだぜ。俺達は先に歩いてるからさ」
「頼んだぜ~」
「まかせときな。俺もすぐに追いつくから」

一旦両手に持っているゴミを下した後、俺に声をかけながら反対方向に歩いて行く皆に返事をする。
少し先にいるけど、顔もはっきりと分からないの暗さの中、酔っ払ってフラフラとしながら俺に向かって手を振る皆のシルエットが見えた。
大ききく一つ手を振るとゴミを両手に持ち、くるりと振り向きゴミ捨て場へと向かおうとする。

「結構重いな・・・」

そう呟きながら手の平に食い込んでくるゴミ袋の重さに、一度片方のゴミを下して持ち直してみた時だった…。

「一人じゃ無理でしょ?俺も行くから」

突然、後ろから声をかけられ、ゴミを持つ手の上から手を重ねられる。
予期せぬ出来事に、俺は思わず手を重ねられた方のゴミを落としてしまい、シンとした夜の空気の中に缶同士がぶつかり合う耳障りな音が響いた。

「何だ、うるせえぞ」
「悪いねアスマ。ちょっと落しちゃってさ」
「何だカカシもゴミ捨てに行くのか?カカシ、客がいないからって騒がしくするなよ」
「アスマこそ煩いよ。俺はゴミ捨て手伝ってくから先に行ってて。」
「おう、頼んだわ。おい、コテツ!!酔っ払って走るんじゃねえよ!酔いが回るぞ?!イズモかヤマト、お前ら止めろよ!」
「アスマさん、コテツは走ってるんじゃなくてスキップしてます」
「イズモ、俺はそんなこと聞いてるんじゃねえっ・・・て、おいガイまで何やってんだ!!」
「コテツと腕くんでスキップしてますよ。あ、隊長も仲間になった」
「だからヤマト!!俺は実況中継しろって言ってるんじゃねえんだよ!!」
「アスマー、そっちはよろしく。俺達はゴミ捨ててくるわ」
「おう、カカシ頼んだぞ…ってライドウ、お前まで何してんだよ!!」

アスマさんの叫び声がしんとした中に響き渡る。

「あいつらの事は良いからほっておこう。アンタさ、ゴミ捨て場の鍵も持って無いでしょ?これ捨てた後一応鍵かけておかなくちゃいけないし」
「あ・・・は・・・い。持って無いです」

カカシさんは俺の落とした缶の袋を拾うとすたすたと歩き出し俺はその後ろをついて行った。
ゴミ捨て場に着くとカカシさんはカチャカチャとドアを開けている。
標高が高いせいもあり、吹いてくる夜風は寒い位だが、まだ酔いが残っていて体の中に熱が籠っている今の状態ではどこか気持ちよく感じる。
ぼーっと夜空を見上げるがゴミ捨て場のすぐ横には外灯があるため、星はあまり見えなかった。
カチャリとドアが開きガラガラと缶の袋を置く音がする。
そのままぼーっと上を見上げていたら、手にしていたゴミをクイッと引っ張られた。

「それも貸して。…ボーッと上見ているけど。…一体何してるの?」
「星が…ここだとあまり見えないなって思って…ハヤテが今日は星が綺麗ですよって教えてくれたんですよ」
「ああ、星か…。確かに外灯もあるし見にくいかもね」

それだけ言うと畑さんは俺の手からゴミを取るとそのまま持って行ってしまった。
鍵をかけるカチャリと言う音を聞きながら俺はまだ何となくぼんやりと空を見上げていた。

「行こうか」

短くそう言うと畑さんは俺の手をそっと引っ張ってきた。
俺がぼんやりしていたから気づかせるために手を引いたのかと思ったが、彼はそのまま俺の手を引いてスタスタと歩いて行く。
振りほどこうと軽く引っ張った手は、逆に逃がすまいとしているかのように彼に強く握られてしまった。
そのまま帰るのかと思ったら、何故かカカシさんは寮の帰り道ではなく駐車場の方へと俺を連れて行こうとしている。

「畑さん、一体どこに…」
「良いから、行くよ」

ただ短く一言口にして、こちらの方は見ようともしない。
引っ張られるようにして着いて行く俺の頬を冷たい夜風が撫でる様に吹き抜けていく。
彼は俺の手を握り締め、ひんやりとした5月の夜の空気の中、自分の車の方へと俺を連れて歩いて行った・・・。

<< 暗影(あんえい) | ホーム | 宿泊31日目 5月25日 酒宴その3 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。