プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 はたけカカシの場合 ~追駆~

現代パラレル『リゾートホテル木の葉へようこそ』の番外編になります。
先日UPしました酒宴の辺りのカカシ視点の話です。
次にイルカ視点をUPして、と思ってましたがすいませんまだわかりません。

えっと一応印刷会社様から連絡があり、発行予定のリゾートの本無事?入稿できました。
今回思っていた以上に校正に手間取って魂がリアルに抜けかけてましたwwww
詳しくは又雑記でお知らせします。
先日完結しました拍手文の『表裏一体 裏』好みの別れる話かと思いますが、たくさんの拍手有難うございました。
こちら先日拍手下げさせていただきました。
前にも書かせていただきましたが、好みの別れる話になるため今後サイトにUPをする予定はありません。
一応最後?として夏コミで加筆修正して発行予定・・・です。頑張ります

『番外編 はたけカカシの場合~追駆~」良ければ追記よりお読みください・・・。




はたけカカシの場合 ~追駆~

彼は良く知れば知るほどその外見や醸し出す雰囲気とは異なった人だった。

見ている限りでは、表面上はとても人懐っこくて誰とでも上手くやっている。

だけど一定のラインを越えて彼の中に踏み込もうとすると、こちらに自分が警戒していることを悟られないようにして、笑顔でかわして上手い事逃げていく。

     ◇◇◇◇◇

最初は自分の中に芽生えた初めての感情に戸惑い、嵐のような感情を押さる為、つっけんどんなあやふやな態度をとってしまっていた。
親切にしてあげたいのにどうやっていえばいいか分からずキツイ口調で話してしまったり・・・。
どうやって誘えばいいのか分からずに彼が終わるのを待っていて連れだしたり・・・。
彼はそんな俺を子供をあしらうように交わしていた。

上手く態度に表せない自分に苛立たしさを覚える頃、ハヤテから『気休めですが?』とさり気なくアドバイスを貰った。
半信半疑だったが、ハヤテに貰ったアドバイスを参考にし、何度か半ば強引に彼の事を連れ出した。
そこで俺は普段見せないようないつもと違う彼の一面を見た。
だがその途端、彼はどことなく俺に対して警戒するような態度を取り始めた。
幾度か一緒に出掛けて少し近くに寄れたかと、彼の端っこを捕まえたかと思ったが、するりと俺の手からすり抜けていく。

彼は自分の決めた一定の範囲から中に入って来られると、人のよさそうな笑みを浮かべながら気づかれないようにそっと離れて一定の距離を保とうとする。
そんな彼の反応を見て、俺はそんな事をぼんやりと思うようになってきていた。

実は彼の人の良さは…それ以上自分の中に踏み込ませないための仮の扉で…。

その奥には誰にも見せないような彼の姿があるんじゃないだろうか?

何処か泣きそうに見える彼の姿は俺の気のせいではなくて、誰にも見せない彼の一部ではないんだろうか?

誰にも見せない彼の本当の姿があるとすれば、どうやったら目にすることができるんだろう?

そんな事を想いながら俺は彼の背中をそっと追いかける。
鬼ごっこの鬼のように、彼に気づかれないように。
彼の事をそっと捕まえようと追いかける。

          ◇◇◇◇◇

普段、寮の部屋で飲んでいても、彼とゆっくり話することはなかなか出来ない。
少し・・・かなり期待していた彼の歓迎会は、運悪く俺の出張の日と重なった・・・と言うか重ねられた・・・。
しかも会議のの途中で来たメールを見て、思わずブチ切れ、物凄い勢いでヤマトに電話した。
ヤマトから聞いたメールの詳しい内容にかなりイライラしたが、途中でハヤテと少し話をし何となく落ち着いた。
彼が言うのならきっと大丈夫だろう。

歓迎会に間に合うだろうかとと杞憂していた会議は思いの外早く終わり、予想していた時間より早いくらいだった。
あちこちから声をかけられるが、俺がそう言った誘いに乗らないのは最近では周知の事実なのもあり、割りと簡単に諦めてもらえた。
帰りの新幹線までの時間の余裕もあり、このままならハヤテと約束した酒もゆっくり選ぶことができそうだ…なんて思いながら駅へと向かって行った。

買い物も無事に終わり、特に遅れもなく新幹線は発車した。
窓の外を流れる灯りをボンヤリと見ているうちに無事に駅に着き、荷物を片手に止めておいた車へと向かう。

帰り道も特に混んではおらず、そのまま直接ホテルに向かうかどうか、一瞬悩んだ。
このまま向かえば早めに宴会に参加できるのは分かっている・・・。
分かってはいるが、この前綱手様に文句を言われたスーツで参加すると、又改めて文句を言われそうだ。
ハヤテと約束した酒も持ったままだしと、一度寮に戻り服を着替え酒を部屋の前に置き、悩んだが車でホテルへと向かった。
裏口から入るとそこにまで賑やかな声が聞こえてきた。
そのまま進もうとするとガサガヤとした声が急にシン…と水を打ったかのように静まり返った。
何かあったのかとホールへと向かうと

『ですから、もう俺には電話するような親は居ないんです』
と言う彼の声がホールに響いた。

驚いて一瞬足を止め、眉根を寄せる。
一体どういう事なのかとホールへと向かう足を速める。
ホールに行くと丁度俺の方に背中を向けて話を続ける彼と、その向かいに目を丸くした綱手様とその周りにじっと彼を見つめている皆がいた。
と、いきなり綱手様が手を伸ばし、彼を自分の胸元に引き寄せようとした。
何も考えずに体が動き、思わず座っていた彼の肩を自分の方に引き寄せる。
彼の体が強張ったのが分かったが、そのまま俺の方に引き寄たまま綱手様と話をする。
途中綱手様と軽く言い争った時、思わず彼の肩を握る手に力を入れてしまい、その度に彼がビクッととしているのが分かったがそれに気づかない振りをした。
一体何の話をしていたのか、もう少し早ければ最初から話が聞けたかもしれないのに・・・。
そんな事を考えながら参加した飲み会は、酒の残りが少なかったのもあり思ったよりも早く終わった。
片づけをしながら彼の様子を伺う。
いつもと同じような態度であったが、俺にはやはりどこか悲しげに見えた。
さっきの話について詳しく聞きたいが、あいにくと皆バタバタとしてしまっている。
ふと横を見るとゲンマとハヤテがバーの備品を下げに行くところだった・・・。

少しだけ考えて、二人に声をかける。

「…ハヤテ、悪いんだけどさ。ここは俺とゲンマで行っても良いかな?もし良ければハヤテは何か違うことして貰っても良いか?」

ハヤテは俺の顔を見て首を傾げた後、フッと軽く微笑んで返事を寄越した。

「…わかりました。はたけチーフ、では後の事はお願いしますね?」
「ありがとう、行こうかゲンマ?」

そう言ってゲンマとワゴンを押しながら向かう。
何となく後ろを振り向くとハヤテは彼と何やら話をしていた。
しばらく行くとゲンマがポツリと聞いてきた。

「で、カカッさんは・・・俺からイルカの何の話を聞きたいんですか?」
「…何でそう思うの?」
「…違うんですか?」

ワゴンを押しながら、ゲンマにしては珍しく淡々とした口調で、前を向いたままこちらを見ないで話してくる。

「…俺が聞いたら…ゲンマは教えてくれる訳?」
「俺が教えれる範囲で、そして俺が知っていてイルカが知られたくないと思う様な事じゃなければ。まあ話せるとしても…最初にイルカが来る時に軽く話した事と、さっきイルカが自分で話してた事位ですかね。俺が話せる事は大したことじゃないと思いますけど?」
「それさ、その話なんだけど・・・。俺さ、途中から来たから、あんまり良く聞いてなかったんだよね?」
「そうだったんですか?皆勝手に飲んでいたし。いつの間にか、カカッさんはイルカの後ろにいたから」
「丁度入ってきたときに急に皆がしんとしたんだよね?何かと思ったら綱手様と話していて・・・」
「・・・カカッさん、多分ですが。最初イルカが来るって決まって俺が彼について話した時に、きちんと話聞いていなかったですよね?」
「ああ、どうせいつもみたいなグダグダな感じになって、すぐにやめるかと思っていたし・・・」
「だと思いました。・・・一体どこから話せばいいですかね・・・」

目的の場所に付き、ゲンマはワゴンを片付けている。
くるりと俺の方を向くと軽く肩をすくめながら話しだす。

「イルカが俺の後輩だってことは知ってますよね?」
「それは一応・・・。大学の・・・後輩だっけ?」
「もっと厳密に言えば高校からで、俺もイルカも最初は同じ寮に入ってました。」
「それで?」
「イルカは高校に入学した際に、俺がいた寮に入ってきました。あいつの家から少し通うには距離があったのと、あいつの家の改築が重なったんで寮に入ったそうです。俺は最初は余り接点がありませんでしたが、まあ寮生同士はなんとなく仲良くなるもんですし、あいつは人懐っこいのもあったんで・・・」
「まあ、ここもそうだしね。一緒に生活していればそんなもんでしょう?」
「その後あいつが高校1年生の終わりの頃、ご両親は事故で亡くなりました。変な言い方ですが・・・葬儀が終わって戻ってきた後、一時期ちょっと人間不信な感じがあって、俺はあいつがそのまま、もっと荒れたりするんじゃないかと思いましたがそんな事は無かったです」
「…どことなく荒んでいた感じ?」
「はい、そんな感じです。その辺は俺もよく知りませんが・・・。話す事はありませんでしたが、遺産等で揉めたりもあったみたいです。その後も寮で仲の良かった俺とか他の奴は親しくしてますが新しく知り合った奴とは・・・何て言うか・・・」
「表面上は上手くやってる感じだよね。ただ深入りしないと言うか、人との付き合いは一定のラインをたもっている・・・しかも、それを上手く相手に悟られないというか・・・」
「・・・カカッさんは気づいてましたか?はいそんな感じです。俺はイルカとかなり親しい方だと思いますが…多分心の奥底までは見せていないと思います。まあそれは、イルカに限った事じゃありませんし。ここの奴らとはかなり親しくしていると思いますが・・・」

そう言いながらゲンマはちょっと考え込む。

「あいつは・・・イルカは明日が誕生日なんです」
「そうなの?!」
「はい、カカッさんがまだ来ていない最初の方で話が出ました。でもあいつは・・・多分誕生日があまりうれしくないんじゃないかと思います」
「・・・なんでそう思うの?」
「ハヤテじゃありませんが・・・何となく長い付き合いの勘です。・・・あいつ今までも俺達が祝っていやって、喜んでいても何かどこかよそよそしいって言うか。表面上は喜んでるんですが、本心からじゃないって言うか・・・。付き合いが長い分、何となくわかっちゃうんですよね?何か上手く言えなくてすいません」

ゲンマは目を細め、どこか遠くを見るような目をしながら話をしている。

「いや、ありがとう。色々話を聞かせてもらって助かったよ。でもいいのか?さっきはそこまで話してないんじゃないのか?」
「カカッさんには話しておいた方が良い気がします。ハヤテの勘じゃないですが」

そう言って軽く笑うとまたスッと真面目な顔になった。

「俺にとってイルカはある意味、弟みたいな奴です。あいつの周りにはあの年にしては不幸な事が起こりすぎているんじゃないか思います。俺は無理ですが、そんなイルカの事を分かって、支えるって・・・言い方も変ですが一緒にいてくれる奴が現れるといいなと思ってます。イルカには・・・あいつには今まで不幸な分、幸せになって欲しいんです」
「そうだね、まっすぐ立っているように見えて、実は足元が凄い不安定なんじゃないかと俺は思うよ?」
「カカッさん・・・いや、カカシさんはイルカの事を・・・」
「ん?なに?」

ゲンマはそう言って俺の顔を真っ直ぐ見つめてきたが、何か少し考えこむと首を軽く振った。

「・・・いえ、やっぱりいいです。俺の話が、少しでもカカシさんのお役にたてれば何よりです。さ、早く戻りましょう。俺、ハヤテに怒られちゃいますよ」
「そうだ、部屋の入り口にハヤテと約束したもの置いてあるから。そう伝えておいて」

ゲンマは笑って頷き、二人でレストランへと戻っていった。
ふと、ハヤテが言っていた『安心してください。無理に焦って、帰って来なくても大丈夫ですよ。何となくですが?逆に良い事があるかもしれませんよ?』と言うのは、ゲンマから話を聞けたことなんじゃないかと思った。

ホールに戻ると少し時間がかかったからか、すでにもぬけの殻だった。
鍵と電気の確認をしてキッチンに向かうと、ドアの所でハヤテが待っていた。

「お二人とも、ゆっくり話は出来ましたか?」
「ああ、ハヤテどうもありがとう。ゲンマの事、借りちゃって悪かったね?」
「良いんですよ、はたけチーフ。ところで今回は私からのアドバイスは必要ですか?」

ハヤテはそう言って微かに微笑んでみせる。
そんな彼に向かって首を振ってみせた。

「・・・いや、もう大丈夫だ。ハヤテに頼ってばかりじゃ、いつまでたっても自分自身で動けないだろう?」
「そうですね、私もその通りだと思います。イルカさんが外で待ってますよ。行きましょうか?」
「カカッさん、すいませんが先にイルカの所に行ってください」

裏口から外に出ると、ゴミを持ち直している彼のシルエットが見えた。
そっと近づき、彼の手に手を重ねると驚いたのか、手にしていた缶ごみを落としものすごい音が鳴り響いた。
帰りかけていた皆からの文句を軽くあしらい、片方のゴミを持ちゴミ置き場に行くと後ろから彼もついてきた。
鍵を開け手元のごみを捨て彼の元に戻ると、彼はボンヤリと夜空を見上げていた。
『星があまり見えないんです』と呟くように言った彼の手からもう一つのゴミを受け取り捨てに行く。
戻りながら俺は、ある事を心に決めていた。

まだ夜空を見上げながらやはりどこか悲しそうに、何か泣くのをこらえているかのように見える彼にそっと手を伸ばし、彼の手をとる。
そっと握り締める。

『ああ、捕まえた』

でもまだこれからだ・・・。

貴方が何で俺の事を怖がっているのかはわからない。

でも俺は俺の事を怖がっているのが、他の人に見せようとしない本当の貴方なんだろうと思う。

大丈夫だから、怖くないから、だから隠れていないで本当の貴方を俺に見せて?

もし貴方が俺から逃げても、きっと俺はどこかに隠れている本当の貴方を捕まえてみせるよ。

だから大丈夫だから、怖がらないで俺と一緒においで?

そのまま手を引き歩いていると軽く振り放そうとされたが、逆に力をこめて握り締める。
『何処に行くのか?』と聞かれたが『良いから行くよ』と短く答え彼を連れて行く。
彼は訳が分からないといった感じで、でも大人しく俺に手を引かれてついて来ている。

そして俺は彼の手を引いたまま、彼の中にいる本当の彼に会うべく、車へと向かって歩いて行った…。




<< 宿泊33日目 ~5月25日~当惑 | ホーム | さもしらじらな もゆるおもいを 2 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。