プロフィール

とめきち

Author:とめきち
2013年夏カカイルにはまった新米カカイラーです。
煩悩のまま駄文を書き散らしております。

ギャグとシリアスが混沌としております。
闇鍋みたいなサイトです。

本人は読むのは雑食です。
書くのはカカイルメインでちょっこっと捧げ物でライアオ書いてます。
こちらはカカイルサイトなのでそちらはUPしてません。

溺愛するポケモンはラプラスと使いやすさでコバルオン。
お稲荷さんと聞くと変態仮面が真っ先に思い浮かびます。
意外と手先が器用です。

基本的にギャグのカカシ先生はイルカ先生の話をキチンと聞いてませんし変態です。
イルカ先生は基本ツッコミです。

現パロのリゾートシリーズは基本カカイルですが色々なキャラが出てます。
っていうか最近そっちがメインな気もします・・・。

高校生シリーズは一旦完結しましたがたまに番外編で出てきてます。

リンクフリーです。
報告とかしてもらっちゃったら即効お邪魔します。
相互とかさせていただいちゃったりしたら喜んで話の一本でも書かせていただいて手土産にお邪魔いたします(笑)

ではへっぽこで珍妙で拙い文ではありますが宜しければお楽しみいただければ幸いです。

カウンター

キリ番はしばらくお休み中です

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎのカカシとモルモットのイルカのお話 その1

先日UPしました『表裏一体 裏 完結編』好みが分かれる話かと思いますが、皆様たくさんの拍手をありがとうございます。
こちらは半月位で拍手から下げまして、好みの別れる話の為その後サイト掲載の予定はありません。
一応かなり話の内容を変え(エロい意味で)夏コミで少数ですが販売予定となっています。
最近更新遅くなりましたが話を書いていなかったわけではなく『表裏一体』って書くとなんか気力を吸い取られるんですよ。
多分いつもと違う感じの話だからと思いますが、更新してない間に書いたものはぼちぼちUPしていく予定です。

今回の話は打って変ってほのぼの系です。
擬人化?でカカシはウサギでイルカはモルモットになります。
ツイッターで出たネタで、ついのべで打たせていただいた話に加筆修正してあります。
最後にフォロワーさんが書かれたイラストを了承を経てUPさせていただいてます。
良ければ追記よりお読みください・・・。


ここは木の葉動物園。色々な動物がいっぱいいます。
その中でも子供たちに一番人気なのはここ『ふれあい広場』です。
今日も子供たちの楽しそうな、にぎやかな声が響いています。
中にはどんな動物がいるのでしょうか?
驚かせない様にそっと覗いてみましょう・・・。

ウサギのカカシとモルモットのイルカのお話 その1


「あ、あそこ!!あのウサギがいたわよ!!私・・・今日こそ抱っこしたいから捕まえて?」
「任せておけって・・・あ、あ・・・逃げられたってばよ!!おい、そっちに行ったってばよ!!」
「何やってんだ、このドベが!!チッどこ行きやがった!!」

子どもたちの声が響く中、銀色の毛並みのウサギは素早く子供たちの足元を潜り抜け、あっという間にどこかへと消え去ってしまいました。

その様子をボンヤリと眺めている一匹の薄汚れた黒とも灰色とも言い難い色のモルモットがいます。
『あのウサギ・・・子供達からいつも逃げてる…ひょっとして子供が嫌いなのかな?』
モルモットのイルカはふとそう思いました。
イルカが見る限りでは、ウサギはいつも子供達から逃げてばかりです。
ウサギを方をぼーっと見つめていると後ろから子供達の声がしました

「あ、モルモットがここにいたってばよ!」

ウサギに気を取られ自分も身を隠すのをすっかりと忘れていました。
子供達は嫌いではありませんが、この子達はちょっとやんちゃすぎです。
ついさっきまで、この子達に撫でまわされていたイルカは疲労懇杯です。
慌てて逃げようとしますが、ウサギと違って動きの遅いモルモットはすぐにつかまりそうになります。
(疲れてるんだよ~)そう思いながらちょこまかと手足を動かして、イルカは懸命に逃げようとします

その時です!!
イルカを追いかけてくる子供たちの前に何か銀色の塊が飛び出してきました!!

「ウサギがいたぞ!!」
「今度こそ捕まえるってばよ!!」
「そっちに行ったわ!!」

子供達の前に飛び出してきたのは銀色のウサギでした。
突然の出来事にイルカは動きを止めてウサギの事を目をまん丸くして眺めています。

「何やってんの!俺がこいつらを引き付けておくから早く隠れな!俺が出てきたそこの隙間にもぐりこんで!!」
「でもウサギさんが・・・」
「ウサギじゃなくてカカシ!!さっさと隠れて!!」

そうイルカに言い放つとカカシは軽やかに走り去り、子供達はウサギの後を追いかけて行ってしまいました。
一人取り残されたイルカは、カカシの出てきた辺りを探してみます。
良く見なければ気付かないような小さな隙間を見つけると、何とか体を押し込み中へと入りました。
中に入ると隙間の奥は思った以上に広くて清潔です。
良く見ると寝藁のベットまでありました。

「これって・・・ウサギさん・・・じゃなくてカカシさんが作ったのかな?」

そう思いながらイルカは周りをきょろきょろ見回します。
取り敢えずどこにいればいいか分からず端っこにちんまりと座ってみます。
座っているうちに子供たちに追いかけられた疲れが、今頃どっと出てきました。

(…寝ちゃダメだ。カカシさんに助けてもらったお礼を言わないと…)

そう思いますが眠気には勝てません。
いつの間にかイルカはうとうとと眠ってしまいました。
それを見計らったかのようなタイミングでカカシはぶつぶつ文句を言いながらひょっこりと帰ってきました。

「全くなんなのあの子たち。無駄に体力ありすぎ。走りすぎて俺の自慢の毛並みが乱れちゃったじゃないの。まああんなガキどもじゃ俺に触れもしないけどね」

そう言いながらふと見ると、部屋の隅で丸まっている薄汚れた黒の様な灰色の様なもつれた毛糸玉のような塊が見えます。

「…何でこんな端っこで寝ているの?」

薄汚れた毛糸玉に見えたのは丸まってクークーと寝息を立てているイルカでした。

「はー・・・。まったく、毎日毎日要領悪いんだから!!」

ブツブツ言いながら、カカシはイルカをひょいっと抱き上げると寝藁で作ったベッドに連れて行きます。

「全く何よこの色!!折角綺麗な真っ黒な毛並みをしているのに、埃まみれで台無しじゃないの!!」

文句を言いながらもカカシは走り回って乱れた自分の毛並みにはお構いなしにイルカを自分の膝に乗せると、丁寧にイルカの毛づくろいを始めます

「少しは身だしなみに気を使いなさいよ!あーっ何よこれ!!毛玉が出来ているじゃないの」

文句を言いながらも、カカシは優しく丁寧にイルカの毛づくろいをしていきます。

イルカは何だか暖かいような…ふわふわした気持ちよさでふっと目が覚めました。

『ここは、どこ?』そう思い薄目を開けるとすぐ近くにカカシの顔がありました!!
びっくりしたイルカはまた慌てて目をぎゅっと閉じます。
そう言えばいつの間にか固く冷たい地面ではなく、ふかふかの寝藁の上に移動しています。
暖かいと思ったのはカカシがイルカを抱きかかえるようにして毛づくろいをしていたからで、ふわふわしているのはカカシがイルカの毛づくろいをしてくれているからなのでした。

「こんなとこにも毛玉が!!全くもう、この子ったら・・・自分の手入れしなさすぎ!!」
「動きもとろいし、子供たちにすぐ掴まるし…本当に要領悪いんだから!!」

ぶつぶつとイルカに対して文句を言うカカシの言葉はかなりキツイです。
・・・言葉はきついのにイルカを毛づくろいをしている手はなぜかとても優しいのです。

(カカシさんって不思議だよな…)

そう思いながら優しく触ってくれる手の心地よさに、又イルカは眠くなってきてしまいうとうととしてきました。

「よし!!これでいかな…」

遠くからどこか満足げなカカシの声が聞こえてきます。
カカシはイルカの頭を何回か軽くなでています。
そのままイルカの顔の辺りにかがみこんできた気配がします。

(・・・どうしたのかな)

そう思ったイルカの頬の辺りに何かが触れた感触とチュッと言う軽い音が聞こえました

(今のは何?!)

イルカは考えようとしますが、眠くてうまく頭が働きません。

「俺だって眠いけど場所が無いんだもん。狭いし仕方がないよね。不可抗力だよね・・・」

カカシは自分に言い聞かすかのようにそう言うと、イルカをそっと膝から降ろし、後ろから抱きかかえるようにくっついてきました
カカシの行動にイルカはびっくりしました。
寂しがり屋のウサギと言いますがカカシはいつも一人です。
誰かにくっついたりしているところなんて見た事がありません。
そんなカカシがイルカにぴったりとくっついてきています!!
イルカはびっくりして思わず体を固くしてしまいました・・・。

でも背中に感じるカカシの温かさ、とくんとくんと聞こえてくるカカシの心臓の音が心地よくてイルカは段々と力が抜けていきます。
気付くとそのままイルカはことんと寝てしまいました。

くったりとイルカの全身から力が抜け、熟睡したのを確認すると、カカシは軽く起き上がります。
そうです、カカシは途中からイルカが起きていたのを気づいていたのです。
でもイルカが抵抗しないので気付かない振りをして、そのまま色々としていたのでした。

「…良く寝てるな」

今度は寝ているイルカのおでこの辺りに起こさないようにそっと唇を寄せます。

「本当に要領悪いんだから。まあそんな所も可愛いんだけどね」

そう呟くとイルカを後ろから抱きかかえるようにし、又自分も眠る体勢になります。
腕に抱えているイルカはじんわりと温かくてすぐにカカシもうとうとし始めます。
イルカとカカシは幸せそうにぐっすりと眠りにつきました。

外では子供たちが騒がしいですがここには2匹の邪魔をする物は何もありません・・・。

二匹はそのまま仲良くゆっくりと眠りつづけました・・・。

BpsxhC6CEAE5nfX.jpgBppxPaACAAAYZNl.jpg

<< うさぎカカシとモルモットのイルカのお話 その2 | ホーム | 窺伺(きし) >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。